FC2ブログ
calender
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !
QR code
QR
counter

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1378' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
1596

COLNAGO CONCEPT

この土日、本当にいい陽気に恵まれた名古屋で連日レビューミーティングという憂き目に遭い、真っ白い灰になったおいちゃんです。沖縄では高岡さんが市民210kmで2連覇、通算4勝目を挙げるというご活躍だそうで、いたく感動しております。以前選手だったのでモノが違うのは当然なんですが、激務で知られる GS のフルタイムワーカーでありながらの快挙は称賛されて然るべきでしょう。おいちゃんも激務である点は向こうを張れそうで... この土日、本当にいい陽気に恵まれた名古屋で連日レビューミーティングという憂き目に遭い、真っ白い灰になったおいちゃんです。沖縄では高岡さんが市民210kmで2連覇、通算4勝目を挙げるというご活躍だそうで、いたく感動しております。以前選手だったのでモノが違うのは当然なんですが、激務で知られる GS のフルタイムワーカーでありながらの快挙は称賛されて然るべきでしょう。おいちゃんも激務である点は向こうを張れそうですが、脚の生まれたての小鹿なので、まるで比較になりません。やるならやらねば、と思った日曜の夜でした。<br /><br />さて今日は、初秋に発表されて散々な評判だった COLNAGO 初のエアロバイクを見てみましょう。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoconcept1.jpg" /><br />COLNAGO CONCEPT CHRD<div><br />フラッグシップの C60 と双璧を成す存在として既に発表された V1-r より、さらに TT バイクよりのフレームデザインを纏った COLNAGO 初のエアロロードバイク。古くからの COLNAGO ファンの記憶に刻まれ、全てが革新的だった CONCEPT の名を踏襲しつつ、最新のエアロダイナミクスを追求し、老若男女からお布施を集めるおつもりのようです。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoconcept19.jpg" /><br />1986年に ENZO FERRARRI とともに共同開発したカーボンフレームバイクが CONCEPT でした。BB 内装8段変速で FR ディレイラーなし、油圧ブレーキ仕様、インターナルケーブルルーティング、サスペンションシートポストというスペックは、発表から 30年経った今見るとその先見性に驚かされますね。この頃からず~っと写真撮る時はこのポーズなのねw しかし ERNESTO がお若い!<div><br />それでは、発表当時に散々な言われようだった新 CONCEPT のディテールを見ていきましょう。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoconcept5.jpg" /><br />まずはフォークから。伝統のストレートフォークは、全体の90%以上が薄いブレード状で、フレームと一体となった時のエアロダイナミクスが最適になるデザインとなっているそうです。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoconcept4.jpg" /><br />シートポストはまるっきり TT バイクのそれで、完全な専用品です。シートクランプはトップチューブとの接合部分に埋め込まれ、空気の流れを邪魔しません。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoconcept6.jpg" /><br />ブレーキはダイレクトマウントタイプをフツーの位置にセットすることを選択しました。エアロダイナミクスを考えるとフォーク裏とチェーンステー下にセットするという方式も検討したのかもしれませんが、そこは温故知新を地で行く COLNAGO, オーソドックスです。センターマウントタイプではないのは、エアロダイナミクスからの要求だけでなく、ハイスピードからの強力な制動力が必要になったこととも関係があるのでしょう。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoconcept7.jpg" /><br />BB は C60 から導入された COLNAGO ご自慢の THresadFit 82.5. 構造やらメリットやらなにやらは<a href="http://roadbikeequip.blog.fc2.com/blog-entry-754.html" target="_blank" title="こちら">こちら</a>をご参照くださいませ。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoconcept8.jpg" /><br />ケーブルはダウンチューブの上面から内側に引き込まれます。この場所でこの角度なら、紐組みでもそれほど引きが重くなるようなことはなさそうですね。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoconcept2.jpg" /><br />幅が広いダウンチューブに大書きされた COLNAGO のロゴと、現実にはなかなか履きこなせない BORA ULTRA 80 の組み合わせは、本当にド迫力ですね。この太さに負けないぶっとい剛脚がないと、なかなか乗りこなすことはできなさそうですし、似合わないでしょうね。<div><br />カラバリはフツーのものが4色、ART DECOR が2色です。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoconcept9.jpg" /><br />COLNAGO CONCEPT CHWH<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoconcept10.jpg" /><br />COLNAGO CONCEPT CHBK<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoconcept11.jpg" /><br />COLNAGO CONCEPT CHLB<div><br />ここから ART DECOR です。C60 のペイントでもお馴染みの Pana Paint の手によるものです。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoconcept12.jpg" /><br />COLNAGO CONCEPT CHDK<div><br />以下、ART DECOR の世界をお楽しみくださいw<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoconcept14.jpg" /><br />う、美しい、、、<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoconcept15.jpg" /><br />CONCEPT の名はここに入るんですね。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoconcept16.jpg" /><br />ハンドルバーは別売りだそうで、発表当時は発売・価格とも未定とのことでしたが、結局販売されるんでしょうかねぇ、、、ここまでキマるなら一緒に買わない手はないでしょうし。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoconcept17.jpg" /><br />ART DECOR だけに設定されたこの Piano Black とでも言うべきグロッシーな艶黒は、床の間に飾りたくなりますね。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoconcept18.jpg" /><br />上の写真と比較すると同じフレームとは思えないほど雰囲気が違うことがわかります。ART DECOR の名は伊達ではありませんね。この塗装だけでもお布施を積み増す信者が多いことも頷けます。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoconcept13.jpg" /><br />COLNAGO CONCEPT CHDB<div><br />流石にハイエンドモデルの C60 と同等の手の掛けかたとはいきませんが、それでもなかなか綺麗な模様を描いてくれているので、クラシックな佇まいが好きなおバカさんには人気が出るかもしれませんね。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoconcept20.jpg" /><br /><div><div><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoconcept21.jpg" /><br />ジオメトリはこちら。トップ 565 が欲しいおいちゃんは 54s ですね。<div><br />さて、COLNAGO がエアロバイクを造るとこうなった訳ですが、発表当時、信者達が随分シビアな評価を下していた記憶があります。まぁ世の「信者」といわれるほど熱狂的なファンの多くは「そもそもモノコックになった時点で COLNAGO じゃない」「COLNAGO はラグドフレームじゃなきゃダメ」なんて意見を述べるものなんでしょう。<br /><br />他メーカーのエアロフレームと似たりよったりのデザインではなく、COLNAGO ならではの独自デザインが提案されるのを楽しみにしていたことの裏返しなのかもしれませんが、そもそも最近のエアロバイクのデザイントレンドがエアロダイナミクスデータに基づいている訳ですし、さらに UCI によるルールがデザインの自由を奪う訳ですから、独自デザインしろというのは最早ムリゲーでしょう。<br /><br />それに、エアロフレームの本当の評価は、やはり走ってこそ得られるものでしょうから、これから発表されるだろうインプレッション記事を見てから自分なりにレビューすればいいんじゃないかな、なんてゆる~く考えてます。<br /><br />【SPEC】<br /><br />Wind-tunnel tested carbon frameset with truncated aerofoil tube sections, internal cabling and dedicated aero seatpost claims to save 20 watts at 50km/h against range-topping C60<br />Frame weight is a claimed 990g without paint, plus 400g for the fork<br />Direct mount brakes offer clearance for tyres up to 28mm (depending on rim choice)<br />Special composite headset cups absorb road vibration and isolate fork from frame<br />Colnago's own ThreadFit 82.5 bottom bracket shell claims to combine the best features of threaded and press-fit bottom brackets, and accepts all BB86 BBs<br /><br />【価格】<br /><br />CONCEPT(フレームセット、専用シートポスト付属)<br />価格:450,000円(税別)、CHDB[ブルー]は490,000円(税別)<br /><br />CONCEPT DISC(フレームセット、専用シートポスト付属)<br />価格:490,000円(税別)、CHDB[ブルー]は540,000円(税別)<br /><br />(from <a href="http://www.colnago.com/us/concept/" target="_blank" title="COLNAGO">COLNAGO</a>, <a href="http://friendsyokai.co.jp/asagaya_blog/2123" target="_blank" title="FRIEND SYOKAI">FRIEND SYOKAI</a>, <a href="http://www.bikeradar.com/road/gear/category/frames/road/product/colnago-concept-review-50706/" target="_blank" title="BIKERADAR">BIKERADAR</a>)
  • Date : 2016-11-14 (Mon)
  • Category : frame
1046

COLNAGO V1-r

天皇誕生日の名古屋は少し冷え込みが緩んだ晴れになり、家族を顧みないおバカさんにとっては絶好のサイクリング日和になりました。こんな日に走れればそりゃ気分は良いでしょうが、家族にしてみればこれ以上家族不孝なお父さんはいないわけで、きっと家族全員ブルークリスマスを迎える羽目になります。おいちゃんはちゃんとスナイパー孝行してましたから、きっとこの記事がアップされるイブはほのぼのした一日になることでしょう(... 天皇誕生日の名古屋は少し冷え込みが緩んだ晴れになり、家族を顧みないおバカさんにとっては絶好のサイクリング日和になりました。こんな日に走れればそりゃ気分は良いでしょうが、家族にしてみればこれ以上家族不孝なお父さんはいないわけで、きっと家族全員ブルークリスマスを迎える羽目になります。おいちゃんはちゃんとスナイパー孝行してましたから、きっとこの記事がアップされるイブはほのぼのした一日になることでしょう(願望)<br /><br />さて、そんなクリスマスイブにおバカさんにお届けする記事は、良くも悪くも誰もが気になっているこのフレームです。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-78.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagov1r1.jpg" /><br />COLNAGO V1-r UNRD<div><br />FERRARI とのコラボレーションによってデザインされた COLNAGO 史上最軽量の Carbon Monocoque エアロロードバイク。M10 の血統を受け継ぎつつ、徹底して保守的なスタンスで知られる COLNAGO の中では最も尖ったモデルとして、最新のテクノロジーを満載しています。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-78.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagov1r2.jpg" /><br />ありがたいご尊顔がこちら。ヘッドチューブからダウンチューブを経てチェーンステーに至るパワーラインががっちりしていて、フォークもゴツいものが奢られている半面、トップチューブとシートステー、シートチューブあたりで衝撃をいなし快適性を確保する、という最近の流行りはしっかり反映されていることがわかるシルエットです。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-78.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagov1r13.jpg" /><br />V1-r の特徴はこのあたりだそうですので、順番に見ていきましょう。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-78.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagov1r3.jpg" /><br />まず注目すべきはエアロフレーム。勿論カムテール理論に基づくチューブ断面形状になっています。835g というフレーム重量は UCI 規程の 6.8kg を下回る 5kg 台のバイクに仕上げることも簡単なので、軽量オタクにとって <a href="http://roadbikeequip.blog.fc2.com/blog-entry-872.html" target="_blank" title="EMONDA">EMONDA</a> と双璧をなす魅力を発しているんじゃないでしょうか。CALFEE とかも真っ青でしょうね。電動と紐の両方に対応する Compatibility も備えています。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-78.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagov1r4.jpg" /><br />古くは STAR Carbon フォークの時代から、COLNAGO のカーボンフォークはゴツくて固くて手にガンガンくるけれど、ダイレクト感があって操作性はキレキレというのが定番でした(乱暴なレビューですが)。でも V1-r のフォークは、エアロダイナミクスを重視して全体を小型化しながらも、新たに搭載されたダイレクトマウントブレーキをしっかり支える剛性を持ち、かつ軽く仕上げてあるとのことです。また、クリアランスも 28C を履けるよう拡げられています。なお、エンドはカーボンではなくアルミです。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-78.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagov1r5.jpg" /><br />こちらが FR ダイレクトマウントブレーキ。フォークと BB, チェーンステーの形状に沿うダイレクトマウントブレーキは、エアロフレームでは最早必須の装備になりました。BB 位置にリヤブレーキが装着されるのも当たり前になったようです。自宅でリヤブレーキをメンテナンスする時はちょっと面倒になりますね。フレームセットで購入する場合は好きなメーカーを選択すればいいんですが、完成車で買う場合、COLNAGO では SHIMANO なら DURA ACE と ULTEGRA, CAMPAGNOLO なら SUPER RECORD, RECORD, CHORUS, ATHENA, SRAM では RED22 から選択できるようになっています。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-78.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagov1r6.jpg" /><br />フロントフォークエンドがアルミなのに対し、リヤエンドは Carbon Monocoque を採用しています。M10 で採用されていたものよりも強度を高め、軽量化されたそうです。でもここは破損しやすい場所ということもあるので、評価は分かれそうです。また、チェーンステーのラインをやや下げてリヤエンドではね上がる形状は、路面追従性を高めてペダリングパワーを余すことなく推進力に変えられるためのデザインでしょう。要は「踏め!」ということでw<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-78.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagov1r7.jpg" /><br />シートチューブの断面形状がそのまま反映されたシートポストもカムテイル形状です。太めのシートポストが増えた中、27.2mm径という細身のこいつは、振動吸収性を確保するうえで一役買っています。ゲージプリントがあるのも雰囲気ありますし、なにより便利でしょう。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-78.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagov1r8.jpg" /><br />そして BB には Threadfit 82.5 を採用しました。この BB は COLNAGO が必要とする信頼性を確保するために開発したもの。<a href="http://roadbikeequip.blog.fc2.com/blog-entry-754.html" target="_blank" title="C60 もそう">C60 もそう</a>でした。アダプターが挿入されていて、SHIMANO, CAMPAGNOLO, SRAM は BB プレスフィットを使えば純正クランクが使用できるようになっています。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-78.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagov1r9.jpg" /><br />リヤブレーキが BB 位置に変更されましたが、シートステーを繋ぐブリッジは残されました。快適性を向上させつつも剛性を確保するためには必要という判断だったそうです。個人的にもここにブリッジがあると丈夫そうな気がします。所詮素人の戯言ですがね。<div><br />カラバリは3色です。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-78.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagov1r10.jpg" /><br />COLNAGO V1-r UNBK<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-78.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagov1r11.jpg" /><br />COLNAGO V1-r UNWH<div><br />おいちゃんはやはり UNRD が好みかな。せっかく FERRARI の手も入っていることだし(ミーハー)。そして気になるジオメトリはこちらです。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-78.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagov1r14.jpg" /><br /><br />Size  P  O  Ps Os  Pccs Scs Sc°  A  C   Hs<br /><br />420S 510 504 420 491 390  99  75.60°580 398 124<br />450S 515 515 450 503 420  111 75.10°582 399 127<br />480S 520 527 480 515 450  121 74.50°584 402 130<br />500S 540 537 500 526 470  131 74°  589 405 146<br />520S 560 550 520 536 490  141 73.57°593 408 166<br />540S 580 565 540 550 515  151 72.83°596 411 181<br />560S 600 580 560 565 525  156 72.72°606 412 190<br />580S 620 590 580 577 540  160 72.77°615 414 206<br /><br />おいちゃんの場合、トップチューブは 570前後欲しいので、540S でステム120mm装着すればいいでしょうかね。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-78.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagov1r19.jpg" /><br />新城のチームメート BRYAN COQUARD が 2014年の GIRO で V1-r を駆っていましたね。これが彼の愛機です。彼は身長169cmで平均的な日本人の体格とほぼ同じなので、サイズは450S or 480S あたりでしょうか。グランツールのゴールスプリントでも5位に食い込む戦闘力を発揮している訳ですから、素人レベルで文句を言っていい剛脚さんはそうそういないでしょう。おいちゃんなんざきっとこれでも十二分に剛性を実感できると思います。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-78.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagov1r015.jpg" /><br />BRYAN COQUARD 君自身はご覧の通りの童顔です。名前は知っていましたが、こんな童顔とは知らなんだ。<div><br />なお、早速 Disc モデルも追加されています。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-78.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagov1r16.jpg" /><br />COLNAGO V1-r Disc UNNE<div><br />なにがシブいって、この漆黒のカラーリングが一番カッコイイじゃありませんか。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-78.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagov1r17.jpg" /><br />まず、リヤのディスクブレーキマウントは <a href="http://roadbikeequip.blog.fc2.com/blog-entry-754.html" target="_blank" title="C60 の紹介記事でも書いた">C60 の紹介記事でも書いた</a>ように専用パーツをボルトで連結して設けています。フロント部分で注目すべきは、フロントディスクブレーキの強烈なストッピングパワーに対抗できるロッキングシステム Hexlock15 を搭載していることでしょう。見慣れたクイックやスキュワーとは一味違う剛性の高さが窺い知れますね。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-78.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagov1r18.jpg" /><br />ERNEST おいちゃん、ご満悦のドヤ顔。「どうだお前ら、C60, C60 って言ってないで、コイツにもお布施払わんかい!」とでも言いたいのでしょうかw <div><br />「ラグでチューブをつなぐフレームこそ COLNAGO だぜぃ!」という信者にとって、Monocoque フレームはどうしても亜流と思われがちですが、この V1-r に乗った人のレビューでは、ラグドフレームに通ずるフィーリングを味わえるそうなので、なかなか良好のよう。Puritan じゃなければ、そして「ちょっと新しい COLNAGO に興味があるんだけど♪」というおバカさんにはこれはこれで気になる存在だと思います。<br /><br />最適な用途はヒルクライムという意見が大勢ですが、貧脚のおいちゃんはオールマイティに乗るファーストバイクにしてもいいんじゃないかと思いました。C60 ほどのカリスマ性はないし、怪しい魅力もないけれど、所詮 C60 はおいちゃんの貧脚には余りあるし、踏み負けるし(そもそも踏めるものか?w)、脚終わっちゃったあとに重い C60 で登坂できる訳ないのでね。<br /><br />やはり V1-r がクリスマスプレゼントに相応しいんじゃないかと、、ねぇ、スナイパー?聞いてる?、、、ぐはっ!!(瞬殺)<br /><br />【SPEC】<br /><br />FRAME CARBON MONOCOQUE<br />FRAME MATERIAL HHM-HM CARBON<br />FORK V1-r CARBON<br />BB BB86<br />SEATPOST SIZE ORIGINAL<br />FRAME SIZE 420S / 450S / 480S / 500S / 520S / 540S / 560S / 580S<br />COLOR UNRD / UNBK / UNWH<br />ELECTRIC ○<br /><br />(from <a href="http://colnago.com/v1-r-2-2/?lang=am" target="_blank" title="COLNAGO">COLNAGO</a>, <a href="http://www.bikeradar.com/road/news/article/colnago-v1-r-aero-road-bike-launched-41450/" target="_blank" title="BIKERADAR">BIKERADAR</a>, <a href="http://www.cyclesports.jp/articles/detail.php?id=582" target="_blank" title="CYCLE SPORTS">CYCLE SPORTS</a>, <a href="http://blog.sideriver.com/bc/2014/07/v1-r-4a04.html" target="_blank" title="BiCYCLE CLUB">BiCYCLE CLUB</a>)
  • Date : 2014-12-24 (Wed)
  • Category : frame
754

COLNAGO C60 RACING, CLASSIC & ITALIA

寒さが一際身にしみる啓蟄になりましたね。虫が這い出す頃って、何故か毎年寒の戻りが厳しくなるように思うんですが、虫ってそんなに寒さに強いものなんでしょうか。ここまで寒けりゃまだ寝てりゃいいのに、なんて思ってしまいます。哺乳類のおいちゃんはまだまだ冬眠期間なので、エアコン付けてヌクヌクしてますからね。それでも仕事はしなけりゃなりませんから、時々目を覚ましながら働くとしますか。さて、今日紹介するのは、世... 寒さが一際身にしみる啓蟄になりましたね。虫が這い出す頃って、何故か毎年寒の戻りが厳しくなるように思うんですが、虫ってそんなに寒さに強いものなんでしょうか。ここまで寒けりゃまだ寝てりゃいいのに、なんて思ってしまいます。哺乳類のおいちゃんはまだまだ冬眠期間なので、エアコン付けてヌクヌクしてますからね。それでも仕事はしなけりゃなりませんから、時々目を覚ましながら働くとしますか。<br /><br />さて、今日紹介するのは、世界中のおバカさん達が待ちかねた話題のフレームです。おじちゃん、ちゃんと持って見せてね。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc6019.jpg" /><br />ERNESTO <a href="https://blog.fc2.com/tag/COLNAGO" class="tagword">COLNAGO</a>(1932- )おじちゃんが恒例のポーズで掲げているフレームが <a href="https://blog.fc2.com/tag/C60" class="tagword">C60</a>. 創業60周年ですかぁ、、、いやはやなんとも。トップレベルのフレームビルダーとして君臨し、世界中の信者から高額なお布施を集め続ける術に長けたイタリアン親爺ですが、なんか憎めないんですよねぇ。このショットでも童心が溢れつつ苦み走った渋さも醸し出してますから、気を許したら最後でしょう(何のだ)。<div><br />では、早速フレームを見てみましょう。おいちゃんも気合い入ってますから、今日は長いぞ~。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc602.jpg" /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/COLNAGO" class="tagword">COLNAGO</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/C60" class="tagword">C60</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/RACING" class="tagword">RACING</a> THBI<div><br />C59 と比べると一目でわかるのがゴツさ。ダウンチューブの下っ腹に <a href="https://blog.fc2.com/tag/C60" class="tagword">C60</a> の文字が入っているのがおわかりでしょうか。なんか、この下っ腹の幅が広くなってませんかね?なんだか期待できそうです。でも、ペイントデザインの基本は踏襲されている模様です。ここらへんが新型になっても一目で <a href="https://blog.fc2.com/tag/COLNAGO" class="tagword">COLNAGO</a> とわかる所以なのかもしれません。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc603.jpg" /><br />後ろ斜めから見ても、シルエットは C59 のイメージとほぼ被ります。ジオメトリは既に相当追求されているので今更変更することはないという自信の表れなのかもしれませんね。第一印象は「あまり変わってないのねん」的ですが、、、実は、体幹がスゴイことになっているんですよ。ま、それはおいおい。<br /><br />ここからは細部を見ていきましょう。<br /><br /><div><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc601.jpg" /><br />なんともお懐かしいジルコチューブが復活しているじゃあ~りませんかっ!Master X Light のオーナーだったおいちゃんには、涙ものですよほんとに。更に、丸チューブを潰したものじゃなく、スクエア形状に近いチューブの角を潰してます。あ、潰すというのとは違いますね、端っからこの形状に成型している訳ですから。中高年信者にとっては、これだけでもう高額なお布施を喜んで払う気になるんじゃないでしょうか。本当にバカですね。同類ですが。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc6020.jpg" /><br />インターナルケーブルルーティングの入口が、ラグと一体成型されたヘッドチューブに設置されています。他の多くのフレームはダウンチューブに入口があることが多いですけど、鉄時代のラグワークが特徴のひとつだった CLONAGO にとっては、ここに設けることが大切だったのでしょう。なにかのはずみでハンドル思いっきり切るとワイヤーがポッキリ逝くかもしれません。ま、修理代がかかるのさえも楽しいと思えるおバカさんならなんの問題もないでしょう。重ね重ねバカですね。同類ですが。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc6021.jpg" /><br />スクエアの四隅を潰した(また言っちゃった)ダウンチューブは、66 x 52mm という極太さ。道理で、下っ腹の <a href="https://blog.fc2.com/tag/C60" class="tagword">C60</a> の文字がデカいわけです。剛性感の命運を握るダウンチューブがこのゴツさですから、さぞかし脚にくることでしょう。剛脚さん御用達決定でしょうね、、、ところが、インプレ見るとそうでもないようです。絶対嘘でしょ。まともに受け止めたら最初の10分で脚が終わり、後の半日はヘロヘロでお仲間の足手まといになることでしょうよ。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc6034.jpg" /><br />次はここ。このショットだと何やらよくわかりませんが、、、ネジがヒントになるかな?<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc6035.jpg" /><br />正解はシートチューブです。BB 方向にいくについれてフレアするように拡がっています。チェーンクランク側もギリギリまで拡げてますね。ダウンチューブがあれだけゴツいんですから、そりゃバランスからいってもシートチューブもこうなるでしょうよ。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc6036.jpg" /><br />ちなみに、チューブの中はスッカラカンです。C59 では内部にリブを設けて剛性を確保していましたが、その必要がなくなったということの証でしょう。これで雨水が入ってもすぐ抜けるでしょう。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc6022.jpg" /><br />内側の ○ が C59 のシートチューブだそうです。ダウンチューブとともに、 C59 比1.5倍の太さになっているとのことです。ムキムキですね、本当に。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc6024.jpg" /><br />必然的に BB もこんなデカさになってます。左 : C59, 右 : <a href="https://blog.fc2.com/tag/C60" class="tagword">C60</a>. C59 の BB シェルが <a href="https://blog.fc2.com/tag/C60" class="tagword">C60</a> のにすっぽり入りそうです。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc6025.jpg" /><br />今回 <a href="https://blog.fc2.com/tag/COLNAGO" class="tagword">COLNAGO</a> が投入した BB 規格は、オリジナル規格の ThreadFit BB というもの。ネジが切ってあるアルミスリーブを BB シェルに挿入して、そこにプレスフィット BB を圧入する方式だそうです。BB 圧入時のフレームのダメージを軽減するとともに、 BB 着脱を簡単にできるので、整備性が向上するとも謳っています。ここらあたりに一流の機材はどうあるべきか、という <a href="https://blog.fc2.com/tag/COLNAGO" class="tagword">COLNAGO</a> の信念を感じます。でも、軽量モデルとかであっという間に変更されそうでもありますが。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc6026.jpg" /><br />BB シェルがここまでワイドになると、ワイヤーやケーブルの取り回しは非常に楽になるんじゃないでしょうか、、、ここらは、実際にメンテするメカニックの意見を待ちましょう。教えて、I 師匠。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc6027.jpg" /><br />ヘッドセットは 1 1/8 - 1 1/4 の上下異型サイズ。他のバイクがエアロ効果で細身になる中、一回りガッシリしたサイズになってます。フォークもこのボリュームですから、素人のおいちゃんが剛性どうの言えるようなレベルじゃないことは確かでしょう。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc6028.jpg" /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/COLNAGO" class="tagword">COLNAGO</a> らしさはこんな所にも。最近のハイエンドバイクの多くはフォークエンドまでカーボン製であることが多いですが、COLNAGO は頑ななまでにアルミを採用しています。ホイールをしっかり固定するなら金属同士をしっかり留めるに限る、と考えているのでしょう。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc6029.jpg" /><br />だから当然リヤエンドもアルミ製。しかも CNC 加工のワンピースものです。それと、この右側の CG で薄い赤になっている RD ハンガー、大多数のバイクはチェーンステーの外側から留められているんですが、これ、内側からネジ留めされているんですよ。何故かって?落車時に自分が曲がることで衝撃を逃がす役割を担っているハンガーですが、これが外側から留められていると結局フレームに衝撃が伝わり、損傷するおそれがあるんですね。それを防ぐために、内側留めにしているそうです。確かに、これなら衝撃を喰らったらハンガーがポッキリ逝くことはあっても、フレームが損傷することはまずないでしょう。やるな、流石 COLNAGO、、、でも、ハンガー折れたら RD も取れちゃいますね。自走はその時点で諦めましょう。な~に、C60 オーナーなんですから、金に物を言わせてタクシーで帰宅しちまえばいい訳ですね。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc6030.jpg" /><br />これが現物。リプレースはここから可能、ということですな。よ~く見ないとわかりませんが、ワイヤーやケーブルのアウトレットがチェーンステー側に開けられています。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc6031.jpg" /><br />そして、C60 にも DISC モデルが後日追加されるということで、ディスクブレーキ台座用のパーツも用意されています。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc6032.jpg" /><br />これがその現物。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc6033.jpg" /><br />こうして2つのパーツをボルトで連結して台座を設けるんですね。このパーツを組み込むためか、リアエンド幅はノーマルモデルでも135mmとなっています。<div><br />さて、カラーバリエーションは例によって非常に豊富です。<br /><br />まず、<a href="https://blog.fc2.com/tag/RACING" class="tagword">RACING</a> は全6色です。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc604.jpg" /><br />COLNAGO C60 <a href="https://blog.fc2.com/tag/RACING" class="tagword">RACING</a> THYL<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc605.jpg" /><br />COLNAGO C60 <a href="https://blog.fc2.com/tag/RACING" class="tagword">RACING</a> THWR<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc606.jpg" /><br />COLNAGO C60 <a href="https://blog.fc2.com/tag/RACING" class="tagword">RACING</a> THRD<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc607.jpg" /><br />COLNAGO C60 <a href="https://blog.fc2.com/tag/RACING" class="tagword">RACING</a> THOR<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc608.jpg" /><br />COLNAGO C60 RACING THNE<div><br />そして、おいちゃんが狙っているのがこの <a href="https://blog.fc2.com/tag/CLASSIC" class="tagword">CLASSIC</a>. <br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc609.jpg" /><br />COLNAGO C60 RACING <a href="https://blog.fc2.com/tag/CLASSIC" class="tagword">CLASSIC</a> OFRG<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc6010.jpg" /><br /><div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc6011.jpg" /><br />う、麗し過ぎる、、、昔の AD を彷彿とさせつつ、モダンかつスマートに仕上げてありますね。これ、きっと AD カラー出ると思います。RACING がある意味淡白なカラーリングなのは武器であるがゆえであり、武闘派としての COLNAGO の顔だから、ということなんですが、その一方で「御座敷自転車」を愛でる機材オタク達が崇め奉る御神体として、この <a href="https://blog.fc2.com/tag/CLASSIC" class="tagword">CLASSIC</a> が存在しているのではないかと、おいちゃんなどは考えてしまうわけです。神々しい雰囲気が満点ですね。こりゃ欲しい。<div><br />この <a href="https://blog.fc2.com/tag/CLASSIC" class="tagword">CLASSIC</a> は全4色となっています。こんな感じで塗っているんですねぇ。<br /><br /><iframe width="560" height="315" src="//www.youtube.com/embed/XgpwDqRuru8?rel=0" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br />職人技は見ていて飽きませんね。この動画では C59 のペイントですが、C60 も同じような工程で塗られるのでしょう。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc6012.jpg" /><br />COLNAGO C60 <a href="https://blog.fc2.com/tag/CLASSIC" class="tagword">CLASSIC</a> OFRG<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc6013.jpg" /><br />COLNAGO C60 <a href="https://blog.fc2.com/tag/CLASSIC" class="tagword">CLASSIC</a> OFMA<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc6014.jpg" /><br />COLNAGO C60 CLASSIC OFCG<div><br />そして最後は、イタリア~ンなモデルが2色となります。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc6015.jpg" /><br />COLNAGO C60 <a href="https://blog.fc2.com/tag/ITALIA" class="tagword">ITALIA</a> RSWH<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc6016.jpg" /><br /><div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc6017.jpg" /><br />こちらは極々シンプルなカラーリングですね。ここまでシンプルだと、まるでエントリーバイクにも見えてしまうカラーリングですが、ニーズはあるのかなぁ、、、あ、RSWH だとステッカーチューンなどでプライベーターがレースに使うのにいいかもしれません。スポンサーのステッカーを沢山貼るなら、これだけシンプルなカラーリングのほうが映えますからね。JAPAN NATIONAL Color や WORLD CHAMPION Color に仕立て上げるには絶好ではないかと。その場合、トリコローレをどう処理するかがセンスの見せどころになりますね。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc6018.jpg" /><br />COLNAGO C60 <a href="https://blog.fc2.com/tag/ITALIA" class="tagword">ITALIA</a> OFCG<div><br />黒いのもオツなものです。迫力はこちらのほうがありそうですが、<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc6038.jpg" /><br /><div><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc6039.jpg" /><br />ジオメトリはこんな感じ。サイズはスロピング9サイズ、ホリゾンタル5サイズとなっています。おいちゃんは身長180cm、腕は一人前以上に長いので、56s, 59 のどっちかになりそうですね。少し小さめのサイズにして、長めのステムを付けるほうが、カッコを気にするおいちゃんとしては好みかも。<div><br />これから様々なメディアでインプレッションが掲載されると思うと、ワクワクしますね。多分、「剛性感は5点満点中6点、反応性は完璧、それでいながら乗り心地も良く、ヒルクライムではダンシングでもシッティングでもよく進み、トルク重視、ケイデンス重視どちらのペダリングでもシャキシャキ進む、まさに万人のためのバイク」なんてニュアンスの記事が溢れるんでしょう。<br /><br />絶対信じないぞ、おいちゃんは。硬くて重くて、300W平均を平気で出せるような剛脚じゃなきゃとてもじゃないけど走れないバイクだと、個人的には思っています。そう思っていないと、ついフラフラとお布施を払ってしまいそうで、、、誰か、おいちゃんを止めてください。でないと、信者である I 師匠の口車に乗せられてしまいそうですよ、、、<br /><br />(from <a href="http://colnago.com/" target="_blank" title="COLNAGO">COLNAGO</a>, <a href="http://www.bikeradar.com/road/news/article/colnago-c60-released-blending-tradition-with-forward-thinking-40228/" target="_blank" title="BIKERADER.com">BIKERADER.com</a>, <a href="http://www.cyclesports.jp/depot/detail.php?id=8477" target="_blank" title="CYCLE SPORTS">CYCLE SPORTS</a>, <a href="http://www.cyclowired.jp/?q=node/128845" target="_blank" title="Cyclowired.jp">Cyclowired.jp</a>, <a href="http://blog.sideriver.com/bc/2014/03/c60-1f33.html" target="_blank" title="BiCYCLE CLUB">BiCYCLE CLUB</a>, <a href="http://cyclist.sanspo.com/123437" target="_blank" title="Cyclist">Cyclist</a>)
  • Date : 2014-03-07 (Fri)
  • Category : frame
532

COLNAGO C59 Art Decor 2014

2013年の COLNAGO C59 は、ディスクブレーキモデルが華々しいトピックスでしたね。2014年モデルは、2013年モデルのネガつぶしと、復刻版ペイントの登場というマイナーチェンジで熟成を図る模様。相変わらずお化粧美人、という印象です。最早プライスタグの何割かはお化粧代になっているんじゃないかって位、時々気合いの入ったデーハーな仕上がりを見せてくれます。では早速見てみましょ。COLNAGO C59 Art Decor 2014 MPWH懐かしい... 2013年の <a href="https://blog.fc2.com/tag/COLNAGO" class="tagword">COLNAGO</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/C59" class="tagword">C59</a> は、<a href="http://roadbikeequip.blog.fc2.com/blog-entry-192.html" target="_blank" title="ディスクブレーキモデル">ディスクブレーキモデル</a>が華々しいトピックスでしたね。<a href="https://blog.fc2.com/tag/2014" class="tagword">2014</a>年モデルは、2013年モデルのネガつぶしと、復刻版ペイントの登場というマイナーチェンジで熟成を図る模様。相変わらずお化粧美人、という印象です。最早プライスタグの何割かはお化粧代になっているんじゃないかって位、時々気合いの入ったデーハーな仕上がりを見せてくれます。では早速見てみましょ。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc59ad20141.jpg" /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/COLNAGO" class="tagword">COLNAGO</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/C59" class="tagword">C59</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/Art" class="tagword">Art</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/Decor" class="tagword">Decor</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/2014" class="tagword">2014</a> MPWH<div><br />懐かしい、、、懐かし過ぎる、、、Johan Museeuw, Andrea Tafi, Gianluca Bortolami,,,,,スター選手がずらっと並び、1990年代最強の呼び声高かった MAPEI. その強さを支えていたのが、<a href="https://blog.fc2.com/tag/COLNAGO" class="tagword">COLNAGO</a> C40 でした。そのバイクに施されていたカラーリングのひとつが、このカラーリングでした。<a href="https://blog.fc2.com/tag/C59" class="tagword">C59</a> の太っいチューブになってペイントのし甲斐があるって感じですね。ただ、ロゴのフォントが随分とモダンなものに変わっているので、ちょっと面白い風情になっています。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc59ad201411.jpg" /><br />Paris - Roubaix 1996, 1st Johan Museeuw, 2nd Gianluca Bortolami, 3rd Andrea Tafi<div><br />MAPEI が表彰台を独占したシーン、今見てもいかに MAPEI が強かったのかを思い知らされますね。今でもその系譜は OMEGA PHARMA - QUICK STEP や TOM BOONEN に引き継がれています。つまり、ず~っと強いまんまという訳です。もっとも、今のバイクは SPECIALIZED にとって替わられてしまいましたけど、MAPEI といえば <a href="https://blog.fc2.com/tag/COLNAGO" class="tagword">COLNAGO</a>, この図式だけは変えられませんね。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc59ad20142.jpg" /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/COLNAGO" class="tagword">COLNAGO</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/C59" class="tagword">C59</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/Art" class="tagword">Art</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/Decor" class="tagword">Decor</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/2014" class="tagword">2014</a> AD11<div><div><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc59ad20143.jpg" /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/COLNAGO" class="tagword">COLNAGO</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/C59" class="tagword">C59</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/Art" class="tagword">Art</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/Decor" class="tagword">Decor</a> 2014 AD10<div><div><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc59ad20144.jpg" /><br />COLNAGO <a href="https://blog.fc2.com/tag/C59" class="tagword">C59</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/Art" class="tagword">Art</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/Decor" class="tagword">Decor</a> 2014 AD14<div><br />そしてこの3色が、<a href="https://blog.fc2.com/tag/Art" class="tagword">Art</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/Decor" class="tagword">Decor</a> シリーズ。トップチューブにマッチョなレーサーがスプリントしているペイントがある、例のペイントのカラーバリエーションです。流石に Master, Master Olympic, <a href="http://roadbikeequip.blog.fc2.com/blog-entry-129.html" target="_blank" title="Master X light">Master X light</a> ほどのグラデーション使いはありませんが、Matt Black, シンプルなペイントを見慣れた眼には、改めて工芸品としての美しさを感じさせるものになっています。個人的にはもう少し凝ったディテールも再現してほしかったなぁ、、、胴抜きもラインナップしてほしかったし。 <br /><br /><br />そして、イタリアンバイクのリーダーとしての COLNAGO らしさが、今一つ感じられないペイントが6色あります。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc59ad20145.jpg" /><br />COLNAGO C59 <a href="https://blog.fc2.com/tag/Art" class="tagword">Art</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/Decor" class="tagword">Decor</a> 2014 INIT<div><div><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc59ad20146.jpg" /><br />COLNAGO C59 Art Decor 2014 INCI<div><div><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc59ad20147.jpg" /><br />COLNAGO C59 Art Decor 2014 INNR<div><div><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc59ad20148.jpg" /><br />COLNAGO C59 Art Decor 2014 INRD<div><div><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc59ad20149.jpg" /><br />COLNAGO C59 Art Decor 2014 INYL<div><div><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/colnagoc59ad201410.jpg" /><br />COLNAGO C59 Art Decor 2014 INGR<div><br />最後の INGR は公式 HP には出ていなかったので web から拾いましたが、このデザインで合っているのか自信ありまへん、ごめんなさい。<br /><br />う~ん、、、最近の流行りっぽいイメージこそありますが、なんかこう、C59 のペイントまで GIANT にしちゃったの?!的印象です。もっとも、ネオングリーンとか、エレガントさの欠片もなかったデザインに比べればまだマシかもしれませんが、個人的にはあまり魅かれませんねぇ、、、<br /><br /><br />さて、マイナーチェンジにおける嬉しいネガつぶしとしては、電動と紐のどちらにも対応できる兼用設計に変更されたことでしょう。これで好きなデザインのフレームに好きなコンポを組み付けることや、新しいコンポへの変更にも楽に対応できるようになりました。コンポ変更はサイクリストの大きな楽しみのひとつですから、これは喜ばしいことだと思います、、、最初から、そうしておいてくださいな。<br /><br />サイズ展開は、なんと 22!<br /><br />スローピング  420/450/480/500/520/540/560/580<br />ホリゾンタル  520/530/540/550/560/570/580/590/600/610/620/630/640/650<br /><br />650 って、、、2m 位の人でも大丈夫、ということでしょうか?!540, 560, 580 までスローピングをラインナップしていることにも注目ですね。乗り味や用途によっては大きなサイズでもスローピングを選択したいという選手たちのニーズにもきちんと応えているところは流石です。<br /><br />販売予定価格は C59 / C59 DISC が \570,000- / \620,000-。8月上旬に正式決定のようですから、円安に便乗してもう少し値上がりが懸念されますが、シートポストを別売りとすることでちょっとした良心的配慮(?)をしてくれたようです。<br /><br />そんなねぇ、このフレーム買っておいて他社製シートポスト買うなんてありえないし、信者なら喜んでお布施払うんだから、シレッと「値段?、フレームセットで \650,000- / \700,000- だよーん」でいいような気がします。<br /><br />私はまた Art Decor 逝ってみようかなぁ、、、どうしましょ、I 師匠?<br /><br />(from <a href="http://www.colnago.com/ja/%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A/" target="_blank" title="COLANGO">COLANGO</a>, <a href="http://www.cyclesports.jp/depot/detail.php?id=7009" target="_blank" title="CYCLE SPORTS">CYCLE SPORTS</a>, <a href="https://www.facebook.com/VELO.net.au?hc_location=timeline" target="_blank" title="VELO Bicycles Facebook">VELO Bicycles Facebook</a>)
  • Date : 2013-07-28 (Sun)
  • Category : frame
192

COLNAGO C59 DISC New Information

C59 DISC はすでに一度紹介していますが、新しい情報があるので、再掲します。COLNAGO C59 DISC TSIT油圧ブレーキを装着するために四肢をゴツくするだけでなく、エンド幅を130mmにしています。まずはブレーキシステムから見てみましょう。油圧式ディスクブレーキ機械式ではなく油圧式を採用したのは、軽量であること、自己補正できるブレーキパッド、対抗ピストン方式であることがその理由。ローター径は140mmリアブレーキは MTB ... C59 DISC は<a href="http://roadbikeequip.blog.fc2.com/blog-entry-45.html" target="_blank" title="すでに一度紹介しています">すでに一度紹介しています</a>が、<br />新しい情報があるので、再掲します。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/c593.jpg" /><br />COLNAGO C59 DISC TSIT<div><br />油圧ブレーキを装着するために四肢をゴツくする<br />だけでなく、エンド幅を130mmにしています。<br /><br />まずはブレーキシステムから見てみましょう。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/c596.jpg" /><br />油圧式ディスクブレーキ<div><br />機械式ではなく油圧式を採用したのは、<br />軽量であること、自己補正できるブレーキパッド、<br />対抗ピストン方式であることがその理由。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/c598.jpg" /><br />ローター径は140mm<div><br />リアブレーキは MTB で見られるシートステー上<br />ではなく、チェーンステーとシートステの間に<br />設置されています。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/c5912.jpg" /><br />前後共ポストマウント方式<div><br />ロードレースの過酷な環境に晒されるだけに、<br />制動力は勿論、耐久性や整備性にも気を配った<br />結果の判断なのでしょう。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/c597.jpg" /><br />電動コンポのみに対応という荒業か?!<div><br /><a href="http://www.cyclowired.jp/?q=node/88505" target="_blank" title="Cyclowired の記事">Cyclowired の記事</a>によればコンポは、<br />シマノ Di2 とカンパ EPS に対応、<br />各社のメカニカルコンポには非対応!!<br />ということですが、<br /><a href="http://www.colnago.com/ja/" target="_blank" title="COLNAGO のサイト">COLNAGO のサイト</a>には紐でも対応すると<br />書いてあります。<br /><br />これ、どういうこと?!<br />購入する時には必ずショップに確認しましょう。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/c599.jpg" /><br /><div><br /><div><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/c5911.jpg" /><br />シフト&ブレーキ操作はフォーミュラの専用レバー<div><br />こちらも Di2 と EPS に対応する2種類が<br />リリース予定です。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/c5910.jpg" /><br />ブレーキアーチがないステーまわりが新鮮<div><br /><br />カラーバリエーションは11色展開です。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/c591.jpg" /><br />TSMR<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/c592.jpg" /><br />TSIE<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/c594.jpg" /><br />TSCV<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/c595.jpg" /><br />NERO<div><br />モスグリーン(TSIE)とかマットブラック(NERO)など<br />流行りの色がラインナップされています。<br /><br />気になる価格は、フレームセットで62万円程度。<br />Super Record EPS が55万円程度、<br />BORA TWO が、、、、<br />諸々含めるとしめて180~200万円バイク?!<br /><br />おあとがよろしいようで、、、<br /><br />サイズ 420S~580S、520~650<br />カラー TSRD(レッド)、TSIT(ブルー)、TSIE(グリーン)、<br />    TSWH(ホワイト)、TSCV(グレー)、TSMR(ネイビー)、<br />    NERO(マットブラック)、TEAM B(ブラック)、<br />    TEAM A(ホワイト)、ADAR(オレンジ)、ADWH(ホワイト)<br />付属品 ヘッドセットシステム、カーボンシートポスト<br />価 格 619,500円(フレームセット・税込)、<br />    ADカラー21,000円アップ<br /><br />(from <a href="http://www.colnago.com/ja/" target="_blank" title="COLNAGO">COLNAGO</a>, <a href="http://www.cyclowired.jp/?q=node/88505" target="_blank" title="Cyclowired.jp">Cyclowired.jp</a>)
  • Date : 2012-08-23 (Thu)
  • Category : frame
129

COLNAGO MASTER X LIGHT with CINELLI INTEGRALTER

SOLD OUT !SALE! SALE!! SALE!!!ずっと大切にしていた COLNAGO MASTER X LIGHT ですが、大切に乗って下さる方がいらっしゃればお安くお譲りしようと思います。まずはご覧ください。COLNAGO MASTER X LIGHT with CINELLI INTEGRALTERサイズ(C-C) Top565 / Seat570 / Head180カラー ROSSO/BIANCO (復刻版ではなく本物の胴抜きです)ヘッドセット Campagnolo Recored (Ahead)        ※Campagnolo Record (Threadless)ありF... SOLD OUT !<br /><br /><span style="color:#0000FF"><strong>SALE! SALE!! SALE!!!</strong></span><br />ずっと大切にしていた COLNAGO MASTER X LIGHT ですが、<br />大切に乗って下さる方がいらっしゃればお安くお譲りしようと思います。<br /><br />まずはご覧ください。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/masterxlightrb1.jpg" /><br />COLNAGO MASTER X LIGHT <br />with CINELLI INTEGRALTER<div><br />サイズ(C-C) Top565 / Seat570 / Head180<br />カラー ROSSO/BIANCO (復刻版ではなく本物の胴抜きです)<br />ヘッドセット Campagnolo Recored (Ahead)<br />        ※Campagnolo Record (Threadless)あり<br />FORK ; Colnago Flash Carbon<br /> ※純正スチールフォークあり<br />【履歴】<br /> 1999年 名古屋のカトーサイクルにて購入<br /> 2000年 フレーム交換に伴い写真の状態にて保管<br /><br />走行距離記録を残していないんですが<br />1年程しか乗ってなかったので<br />記憶の限りでは 500km まで届かなかったと思います。<br /><br />舗装が荒れたところは走っていません。<br />週末は名古屋⇔香嵐渓で練習して、<br />ツーリングで能登半島半周程度、<br />あとは多摩川 SR で練習少々くらいでした。<br /><br />なお、購入以来ずっと室内保管です。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/masterxlightrb2.jpg" /><br />美しいペイントは今なお色褪せしていない<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/masterxlightrb3.jpg" /><br />走行中に彼を見ると「やる気」が湧いてくる<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/masterxlightrb4.jpg" /><br />COLNAGO & CINELLI は鉄板の組み合わせ<div><br />インテグラルターってある程度スピードが出ると<br />ヒュ~って風切り音するんです。<br />なで肩フォルムが気に入ってます。<br /><br />サイズ(C-C)は 400-100 だったんですが、<br />流石イタ物、実測したら 390-105 、、、ワケワカメ。<br /><br />インテグラルターのブレーキケーブルは<br />当時としては画期的でインナールーティングだったんですが、<br />なんと穴の位置が左右で高さが違ってました。<br /><br />穴に合わせると右ブランケットだけが<br />妙に上を向くことに、、、<br />そこで、カトーのIメカは言いました。<br /><br />「穴、掘りましょっ、、、」<br /><br />かくして正しい位置に穴が開きましたとさ。<br />あ、、、写真撮り忘れちゃいました、、、<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/masterxlightrb5.jpg" /><br />メッキラグの輝きはやはり特別ですね<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/masterxlightrb6.jpg" /><br />FD は直付け<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/masterxlightrb7.jpg" /><br />後ろ三角はお約束のメッキ<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/masterxlightrb8.jpg" /><br />これが名物ジルコチューブ<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/masterxlightrb9.jpg" /><br />トップチューブ、ダウンチューブもジルコです<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/masterxlightrb10.jpg" /><br />購入当初からあった右チェーンステーの傷2つ(横と下)<br />チェーンリングの隙間からチラ見えなのはご愛嬌<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/masterxlightrb11.jpg" /><br />跳ね石攻撃の跡<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/masterxlightrb12.jpg" /><br />トップチューブ下には自転車スタンドのフックで<br />ついてしまった2mm径のスポット傷が4つ<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/masterxlightrb13.jpg" /><br />純正のスチールストレートフォーク<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/masterxlightrb14.jpg" /><br />ヘッドセットはレコードのスレッドレス<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/masterxlightrb15.jpg" /><br />当時思い切って奮発した<br />レコードのカーボンポストも付けます<div><br />う~ん,懐かしいなぁ、、、<br /><br />そういえば渥美半島一周のために<br />友人と二人で車載して豊橋に到着、<br />駐車場で組み立てていた時、<br />シートピンを締めすぎてねじ切ってしまい<br />あろうことか DNS に終わったこともありました。<br />彼には本当に申し訳ありませんでした。<br /><br />ずっと手元にあったので手放すのは寂しいんですが、<br />大切に乗って下さる方なら<span style="color:#0000FF"><strong>価格応談</strong></span>でお譲りします。<br /><br />大切にしてはいましたが、小さな傷はそれなりにあります。<br />なので、写真などを見たいなど、気になる方はお問合せください。<br />できれば乗って下さる方がいいな、、、、<br /><br />なお、<br /><span style="color:#0000FF"><strong>インテグラルター欲しい、とか<br />レコードのシートピラー欲しいという方も<br />ご連絡頂ければ検討しますよ。</strong></span><br /><br />連絡先 roadbikeequip@gmail.com<br />(@を半角で打ち直してください)
  • Date : 2012-06-21 (Thu)
  • Category : sale
45

COLNAGO C59 DISC

ロードバイクにもディスクブレーキ、来ました。流石はコルナゴ、やってくれます。COLNAGO C59 DISCシクロみたいですが、C59 です。強力な制動力を発揮するディスクブレーキに合わせフレーム各部を再設計、ブレーキマウント部分を中心に強化してあります。[高画質で再生]COLNAGO C59disc[広告] VPSFormula-made, Colnago-branded front and rear hydraulic 140mm discsフィークもステーも太くガッチリした形状ですね。個人的にはフ... ロードバイクにもディスクブレーキ、来ました。<br />流石はコルナゴ、やってくれます。<br /><br /><div><a href="http://www.colnago.com/c59-disc/"><img src="http://blog-imgs-48.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/c59disc1.jpg" /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/COLNAGO" class="tagword">COLNAGO</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/C59" class="tagword">C59</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/DISC" class="tagword">DISC</a></a></div><br />シクロみたいですが、<a href="https://blog.fc2.com/tag/C59" class="tagword">C59</a> です。<br />強力な制動力を発揮するディスクブレーキに合わせ<br />フレーム各部を再設計、<br />ブレーキマウント部分を中心に強化してあります。<br /><script type="text/javascript" src="http://admin.blog.fc2.com/fc2video2.php?id=20120328wHNdn7aK&rel=1&uno=14013438"></script><noscript><br /><a href="http://video.fc2.com/payment.php?action=register&type=introduction&tk=TlRNek5qSXhNRFk9&id=20120328wHNdn7aK&v=20120328wHNdn7aK">[高画質で再生]</a><br /></noscript><noscript><a href="http://video.fc2.com/content/COLNAGO%20C59disc/20120328wHNdn7aK&tk=TlRNek5qSXhNRFk9">COLNAGO C59disc</a><br /></noscript>[<a href="http://textad.net/">広告</a>] <a href="http://fc2-vps.com/">VPS</a><br /><br /><div><a href="http://www.colnago.com/c59-disc/"><img src="http://blog-imgs-48.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/c59disc2.jpg" /><br /></a></div><br /><div><a href="http://www.colnago.com/c59-disc/"><img src="http://blog-imgs-48.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/c59disc3.jpg" /><br />Formula-made, Colnago-branded front and rear hydraulic 140mm discs</a></div><br />フィークもステーも太くガッチリした形状ですね。<br />個人的にはフォークエンドは細身のほうが好みですが、<br />剛性保持のための機能美を優先した結果なので、やむなし。<br /><br /><div><a href="http://www.colnago.com/c59-disc/"><img src="http://blog-imgs-48.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/c59disc4.jpg" /><br /></a></div><br /><div><a href="http://www.colnago.com/c59-disc/"><img src="http://blog-imgs-48.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/c59disc5.jpg" /><br />TT用みたいなフォーミュラ製ブレーキレバー</a></div><br />これでも DURA ACE STI と同等の<br />機能を搭載しているとのこと。<br />カンパ様の EPS じゃ、そうはいかなかったでしょうね。<br /><br /><div><a href="http://www.colnago.com/c59-disc/"><img src="http://blog-imgs-48.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/c59disc6.jpg" /><br />ブレーキアーチなきシートステー</a></div><br />BB付近にブレーキアーチをセットするTTマシンみたいです。<br />シンプルでも高剛性を確保しているのでしょう。<br /><br /><div><a href="http://www.colnago.com/c59-disc/"><img src="http://blog-imgs-48.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/c59disc7.jpg" /><br />コンポは DURA ACE Di2</a></div><br />コルナゴの本気度を感じます。<br />レースに勝ちに来たということでしょう。<br /><br />気になる重量ですが、<br />ディスクブレーキ化に伴う重量増を含めても<br />UCI規程下限の6.8kgに留まるとのこと!<br /><br />2013年モデルのハイエンドとして<br />2012年8~9月頃デビューという噂です。<br /><br />気になる価格は未定。<br />ん~と、160万円位でしょうかねぇ、、、<br />またしても「あれ」の出番かもしれませんな。<br /><br />詳細は2012年初夏までには発表される模様ですので、<br />期待して待ちましょう。<br /><br />今後、SRAM をはじめとする各メーカーが<br />ロードバイク用ディスクブレーキを続々投入してくるようです。<br />2012年はディスクブレーキ元年になるかも?!<br /><br />(from <a href="http://www.colnago.com/c59-disc/" target="_blank" title="COLNAGO">COLNAGO</a>, <a href="http://www.bikeradar.com/road/news/article/colnago-launch-c59-disc-33359/" target="_blank" title="bikerader.com">bikerader.com</a>)<br /><br /><iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=coolequippro-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4861441021&ref=qf_sp_asin_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe> <iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=coolequippro-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4777922308&ref=qf_sp_asin_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe><br /><iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=coolequippro-22&o=9&p=8&l=as1&asins=B0027P8NXM&ref=qf_sp_asin_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe> <iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=coolequippro-22&o=9&p=8&l=as1&asins=B001GCTQK6&ref=qf_sp_asin_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe><br /><br /><table cellpadding="0" cellspacing="0" border="0" style=" border-style: none; width:300px;"><tr style="border-style:none;"><td style="vertical-align:top; border-style:none; padding:10px;"><a href="http://rpx.a8.net/svt/ejp?a8mat=1ZKGLZ+CF4LMQ+2HOM+BWGDT&rakuten=y&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fhb.afl.rakuten.co.jp%2Fhgc%2F0ecfa219.9969f748.0ecfa21a.eac6374b%2Fa12020781256_1ZKGLZ_CF4LMQ_2HOM_BWGDT%3Fpc%3Dhttp%253A%252F%252Fitem.rakuten.co.jp%252Fmapsports-syuppin%252F2990010058666%252F%26m%3Dhttp%253A%252F%252Fm.rakuten.co.jp%252Fmapsports-syuppin%252Fi%252F10037696%252F" target="_blank"><img border="0" alt="" src="http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/mapsports-syuppin/cabinet/02155804/img58568840.jpg?_ex=128x128" /></a></td><td style="font-size:12px; vertical-align:middle; border-style:none; padding:10px;"><p style="padding:0; margin:0;"><a href="http://rpx.a8.net/svt/ejp?a8mat=1ZKGLZ+CF4LMQ+2HOM+BWGDT&rakuten=y&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fhb.afl.rakuten.co.jp%2Fhgc%2F0ecfa219.9969f748.0ecfa21a.eac6374b%2Fa12020781256_1ZKGLZ_CF4LMQ_2HOM_BWGDT%3Fpc%3Dhttp%253A%252F%252Fitem.rakuten.co.jp%252Fmapsports-syuppin%252F2990010058666%252F%26m%3Dhttp%253A%252F%252Fm.rakuten.co.jp%252Fmapsports-syuppin%252Fi%252F10037696%252F" target="_blank">【中古】【未使用品】COLNAGO (コルナゴ) C59 フレームセット 2012モデル サイズ500S ブラックシルバー</a></p><p style="color:#666; margin-top:5px line-height:1.5;">価格:<span style="font-size:14px; color:#C00; font-weight:bold;">389,000円</span><br/><span style="font-size:10px; font-weight:normal;">(2012/3/28 15:04時点)</span></p></td></tr></table><br /><img border="0" width="1" height="1" src="http://www10.a8.net/0.gif?a8mat=1ZKGLZ+CF4LMQ+2HOM+BWGDT" alt=""><br /><br /><table cellpadding="0" cellspacing="0" border="0" style=" border-style: none; width:300px;"><tr style="border-style:none;"><td style="vertical-align:top; border-style:none; padding:10px;"><a href="http://rpx.a8.net/svt/ejp?a8mat=1ZKGLZ+CF4LMQ+2HOM+BWGDT&rakuten=y&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fhb.afl.rakuten.co.jp%2Fhgc%2F0ecfa219.9969f748.0ecfa21a.eac6374b%2Fa12020781256_1ZKGLZ_CF4LMQ_2HOM_BWGDT%3Fpc%3Dhttp%253A%252F%252Fitem.rakuten.co.jp%252Fmapsports-syuppin%252F3000000047880%252F%26m%3Dhttp%253A%252F%252Fm.rakuten.co.jp%252Fmapsports-syuppin%252Fi%252F10028401%252F" target="_blank"><img border="0" alt="" src="http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/mapsports-syuppin/cabinet/3000000047880_1.jpg?_ex=128x128" /></a></td><td style="font-size:12px; vertical-align:middle; border-style:none; padding:10px;"><p style="padding:0; margin:0;"><a href="http://rpx.a8.net/svt/ejp?a8mat=1ZKGLZ+CF4LMQ+2HOM+BWGDT&rakuten=y&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fhb.afl.rakuten.co.jp%2Fhgc%2F0ecfa219.9969f748.0ecfa21a.eac6374b%2Fa12020781256_1ZKGLZ_CF4LMQ_2HOM_BWGDT%3Fpc%3Dhttp%253A%252F%252Fitem.rakuten.co.jp%252Fmapsports-syuppin%252F3000000047880%252F%26m%3Dhttp%253A%252F%252Fm.rakuten.co.jp%252Fmapsports-syuppin%252Fi%252F10028401%252F" target="_blank">【中古】【美品】COLNAGO (コルナゴ) C59 フレームセット サイズ520S ホワイト</a></p><p style="color:#666; margin-top:5px line-height:1.5;">価格:<span style="font-size:14px; color:#C00; font-weight:bold;">429,800円</span><br/><span style="font-size:10px; font-weight:normal;">(2012/3/28 15:04時点)</span></p></td></tr></table><br /><img border="0" width="1" height="1" src="http://www16.a8.net/0.gif?a8mat=1ZKGLZ+CF4LMQ+2HOM+BWGDT" alt=""><br /><br /><table cellpadding="0" cellspacing="0" border="0" style=" border-style: none; width:300px;"><tr style="border-style:none;"><td style="vertical-align:top; border-style:none; padding:10px;"><a href="http://rpx.a8.net/svt/ejp?a8mat=1ZKGLZ+CF4LMQ+2HOM+BWGDT&rakuten=y&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fhb.afl.rakuten.co.jp%2Fhgc%2F0ecfa219.9969f748.0ecfa21a.eac6374b%2Fa12020781256_1ZKGLZ_CF4LMQ_2HOM_BWGDT%3Fpc%3Dhttp%253A%252F%252Fitem.rakuten.co.jp%252Fmapsports-syuppin%252F2990010058369%252F%26m%3Dhttp%253A%252F%252Fm.rakuten.co.jp%252Fmapsports-syuppin%252Fi%252F10037438%252F" target="_blank"><img border="0" alt="" src="http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/mapsports-syuppin/cabinet/02155804/img58504494.jpg?_ex=128x128" /></a></td><td style="font-size:12px; vertical-align:middle; border-style:none; padding:10px;"><p style="padding:0; margin:0;"><a href="http://rpx.a8.net/svt/ejp?a8mat=1ZKGLZ+CF4LMQ+2HOM+BWGDT&rakuten=y&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fhb.afl.rakuten.co.jp%2Fhgc%2F0ecfa219.9969f748.0ecfa21a.eac6374b%2Fa12020781256_1ZKGLZ_CF4LMQ_2HOM_BWGDT%3Fpc%3Dhttp%253A%252F%252Fitem.rakuten.co.jp%252Fmapsports-syuppin%252F2990010058369%252F%26m%3Dhttp%253A%252F%252Fm.rakuten.co.jp%252Fmapsports-syuppin%252Fi%252F10037438%252F" target="_blank">【中古】【未使用品】COLNAGO (コルナゴ) C59 フレームセット 2012モデル サイズ50S ブラック</a></p><p style="color:#666; margin-top:5px line-height:1.5;">価格:<span style="font-size:14px; color:#C00; font-weight:bold;">389,000円</span><br/><span style="font-size:10px; font-weight:normal;">(2012/3/28 15:05時点)</span></p></td></tr></table><br /><img border="0" width="1" height="1" src="http://www13.a8.net/0.gif?a8mat=1ZKGLZ+CF4LMQ+2HOM+BWGDT" alt=""><br /><br /><iframe frameborder="0" allowtransparency="true" height="60" width="468" marginheight="0" scrolling="no" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=2863566&pid=880653061" marginwidth="0"><script language="javascript" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=2863566&pid=880653061"></script><noscript><a href="http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2863566&pid=880653061" target="_blank" ><img src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2863566&pid=880653061" height="60" width="468" border="0"></a></noscript></iframe><br />
  • Date : 2012-03-29 (Thu)
  • Category : frame
13

COLNAGO MASTER X LIGHT PR08

温故知新。コルナゴが日本国内限定35本のみ製造した MASTER X LIGHT 。カラーも限定 PR08 です。COLNAGO MASTER X LIGHT PR08 10年以上前に赤い MASTER X LIGHT に乗ってました。その後乗った PINARELLO PRINCE より手強かったですね。本来、鉄っちゃんにはスチールが持つ「しなやかさ」「粘り」という味があるんですが、MASTER X LIGHT の場合それがそれほど感じられない。ジルコチューブのためか、はたまたストレートフォ... 温故知新。<br />コルナゴが日本国内限定35本のみ製造した <a href="https://blog.fc2.com/tag/MASTER" class="tagword">MASTER</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/X" class="tagword">X</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/LIGHT" class="tagword">LIGHT</a> 。<br />カラーも限定 PR08 です。<br /><div><a href="http://colnago.jugem.jp/?eid=790"><br /><img src="http://blog-imgs-48.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/masterpro01.jpg" /><br /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/COLNAGO" class="tagword">COLNAGO</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/MASTER" class="tagword">MASTER</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/X" class="tagword">X</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/LIGHT" class="tagword">LIGHT</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/%EF%BC%B0%EF%BC%B2%EF%BC%90%EF%BC%98" class="tagword">PR08</a></a></div> <br />10年以上前に赤い <a href="https://blog.fc2.com/tag/MASTER" class="tagword">MASTER</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/X" class="tagword">X</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/LIGHT" class="tagword">LIGHT</a> に乗ってました。<br />その後乗った PINARELLO PRINCE より手強かったですね。<br /><br />本来、鉄っちゃんには<br />スチールが持つ「しなやかさ」「粘り」という味があるんですが、<br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/MASTER" class="tagword">MASTER</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/X" class="tagword">X</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/LIGHT" class="tagword">LIGHT</a> の場合それがそれほど感じられない。<br /><br />ジルコチューブのためか、<br />はたまたストレートフォークのせいか、<br />当時の私には剛性が高過ぎたようで、<br />フラッシュカーボンフォークに換装してました。<br /><br />今乗れば違う感想になるかもしれませんが、<br />当時は硬かったですね。<br /><br />今でも大事に保管してあって<br />近々 Di2 で復活させる予定です。<br /><br />このフレーム、名古屋市の<a href="http://www.katocycle.com/weblog1/2012/02/colnago_master_x_light.html#more" target="_blank" title="カトーサイクル">カトーサイクル</a>に<br />500/510/520/530mm が入荷してます!!<br />名古屋近辺の方、今なら間に合いますよ!<br /><br /><iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=coolequippro-22&o=9&p=8&l=as1&asins=B0027P8NXM&ref=qf_sp_asin_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe> <iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=coolequippro-22&o=9&p=8&l=as1&asins=B001GCTQSS&ref=qf_sp_asin_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe><br /><iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=coolequippro-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4861441021&ref=qf_sp_asin_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe> <iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=coolequippro-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4777922308&ref=qf_sp_asin_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe><br /><br /><br /><iframe frameborder="0" allowtransparency="true" height="60" width="468" marginheight="0" scrolling="no" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=2863566&pid=880653061" marginwidth="0"><script language="javascript" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=2863566&pid=880653061"></script><noscript><a href="http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2863566&pid=880653061" target="_blank" ><img src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2863566&pid=880653061" height="60" width="468" border="0"></a></noscript></iframe><br />
  • Date : 2012-02-26 (Sun)
  • Category : frame
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。