calender
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !
QR code
QR
counter

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1378' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
1292

SEALSKINZ LIGHTWEIGHT HALO OVERSHOE

水曜日の名古屋は昼前に一時的に豪雨に見舞われましたが、午後から天気が回復し、暑くなりました。また暑さがぶり返すそうなので、行く夏を惜しむというより残暑に苦しむ日々がもう少し続きそうです。晴れてくれるのはいいんですが、そろそろ秋晴れを期待したいところですねぇ、、、さて今日は、そうはいってもそろそろ寒さ対策も必要ということで、ちょっと面白いシューズカバーを見つけてきましたよ。SEALSKINZ LIGHTWEIGHT HALO... 水曜日の名古屋は昼前に一時的に豪雨に見舞われましたが、午後から天気が回復し、暑くなりました。また暑さがぶり返すそうなので、行く夏を惜しむというより残暑に苦しむ日々がもう少し続きそうです。晴れてくれるのはいいんですが、そろそろ秋晴れを期待したいところですねぇ、、、<br /><br />さて今日は、そうはいってもそろそろ寒さ対策も必要ということで、ちょっと面白いシューズカバーを見つけてきましたよ。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-82.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/sslwhaloovershoe1.jpg" /><br />SEALSKINZ LIGHTWEIGHT HALO OVERSHOE<div><br />踵に LED テールライトを仕込んだ、防水・防風・防寒用の軽量・高性能オーバーシューズ。夜が長くなる秋冬に夜間の被視認性を確保できるので、ブルベやロングライド、ジテ通にも使えて便利でしょう。<br /><br />まずは紹介動画をご覧ください。<br /><br /><iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/vD9hlZU1HP0" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br />まぁ、見たまんまの機能を発揮してくれることはわかりましたね。ではオサライしましょう。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-82.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/sslwhaloovershoe2.jpg" /><br />この手の製品はリヤエントリータイプも多いんですが、LIGHTWEIGHT HALO OVERSHOE はサイドオープンタイプ。YKK 製止水ファスナーなので、上げ下げもスムースでしょうね。なお、足首にはシリコングリッパーが配され、上からの浸水や風の侵入を許しません。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-82.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/sslwhaloovershoe3.jpg" /><br />LED は 4LM で、点灯と2種類の点滅という3つのモードが搭載されています。ペダリングで上下する踵が光ることで 500m 以上後方からでも視認できるので、シートポストあたりのテールライトと一緒に使えば、相当なアピール力を発揮してくれることでしょう。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-82.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/sslwhaloovershoe4.jpg" /><br />ソールはオープンソールで土踏まず部分をベルクロで留める方式ですから、各種ペダル・クリートに対応可能です。<div><br />秋口ともなると早朝はもう寒さを感じ始めますから、末端冷え性のおいちゃんはまずソックスから冬用にします。それで耐えられなくなってくるとシューズカバーを投入したいんですが、厳冬期用シューズカバーしか持っていないので、これがあると丁度お手頃かもしれません。夜間の被視認性を確保できるし、ちょっと逝ってみましょうかね。<br /><br />【仕様】<br /><br />素材 ネオプレン防水、ケブラー糸仕様でつま先とかかと部補強、ライトウエイト<br />サイズ S(23-24cm)/M(25-26cm)/L(27-28cm)/XL(29-30cm)<br />点灯時間:連続点灯/約120時間、連続点滅/約240時間、電池交換可能<br />サイドジッパー:YKK製防水ジッパー、ストームフラップ内臓<br />ライト機能:ライト部を1回クリックする毎に<点灯-点滅1-点滅2-消灯>のサイクルで光り方が変わります<br />(from SEALSKINZ JAPAN, <a href="http://cyclist.sanspo.com/199300" target="_blank" title="Cyclist">Cyclist</a>)<br /><br />※ Amazon にありました。左から順に、S, M, L, XL です。S, XL は Sold out で再入荷未定ですが、通知設定できるようです。<br /><br /><iframe src="http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?t=coolequippro-22&o=9&p=8&l=as1&asins=B00W4I03N0&ref=qf_sp_asin_til&fc1=000000&IS2=1<1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe> <iframe src="http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?t=coolequippro-22&o=9&p=8&l=as1&asins=B00W4I05E2&ref=qf_sp_asin_til&fc1=000000&IS2=1<1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe> <iframe src="http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?t=coolequippro-22&o=9&p=8&l=as1&asins=B00W4I06VE&ref=qf_sp_asin_til&fc1=000000&IS2=1<1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe> <iframe src="http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?t=coolequippro-22&o=9&p=8&l=as1&asins=B00W4I0BIC&ref=qf_sp_asin_til&fc1=000000&IS2=1<1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe>
  • Date : 2015-08-27 (Thu)
  • Category : warmer
1270

LIGHTWEIGHT KOMPAKTBÜGEL

全国のおバカさん達、生きてますか?文字通りの炎暑が続き、焼け死にそうになっているおバカさんを見かけると心配になりますね。ジテ通も早朝じゃないとシンドいレベルになってきましたから、頑張る人達はどうかお気をつけください。虚弱なおいちゃんは既にロードバイクに乗るのをあっさり諦め、地下鉄や車での移動で身体を休めていますwさて今日は、例のカーボンメーカーが新たにリリースしたハンドルバーを紹介しましょう。LIGHT... 全国のおバカさん達、生きてますか?文字通りの炎暑が続き、焼け死にそうになっているおバカさんを見かけると心配になりますね。ジテ通も早朝じゃないとシンドいレベルになってきましたから、頑張る人達はどうかお気をつけください。虚弱なおいちゃんは既にロードバイクに乗るのをあっさり諦め、地下鉄や車での移動で身体を休めていますw<br /><br />さて今日は、例のカーボンメーカーが新たにリリースしたハンドルバーを紹介しましょう。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-79.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/lwkompaktbuegel1.jpg" /><br />LIGHTWEIGHT KOMPAKTBÜGEL<div><br />ハイエンドモデルの <a href="http://roadbikeequip.blog.fc2.com/blog-entry-702.html" target="_blank" title="RENNBÜGEL">RENNBÜGEL</a> より名前の通りコンパクトなハンドルバーをリリースしました。RENNBÜGEL は限界まで軽さを追求したモデルでしたが、KOMPAKTBÜGEL は軽さよりも耐久性と使い勝手を重視したモデルなので、コンパクトな形状でありながら <a href="http://roadbikeequip.blog.fc2.com/blog-entry-702.html" target="_blank" title="RENNBÜGEL">RENNBÜGEL</a> よりはちょっと重くなっています(十分軽いですけどね)。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-79.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/lwkompaktbuegel2.jpg" /><br />RENNBÜGEL と比較しながらスペックを紹介すると、クランプ径は同じ 31.8mm, リーチ/ドロップは RENNBÜGEL 79/136 mm, KOMPAKTBÜGEL 75/123 mm となっているほか、クランプ部からショルダーに向けてグッと細く絞りこまれていることと、曲がりが RENNBÜGEL が比較的クラシックなラウンド形状なのに対し、KOMPAKTBÜGEL はコンパクトらしくブラケット位置から急に近くなる形状です。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-79.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/lwkompaktbuegel3.jpg" /><br />違いはもうひとつあって、RENNBÜGEL ではクランプ部分からショルダーにかけてアップバーの上部形状が変化するのに対し、KOMPAKTBÜGEL では一直線に伸びています。つまり、絞り込まれているのはバーの下側のみなんですね。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-79.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/lwkompaktbuegel4.jpg" /><br />この形状のおかげで、クリップオンタイプのエアロバーを装着しやすいというメリットも手に入れています。別に RENNBÜGEL でエアロバーが装着できないわけではありませんが、LIGHTWEIGHT は推奨していません。ギリギリまで軽量化していることを考えると、そういう使い方はしないほうがいいでしょうしね。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-79.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/lwkompaktbuegel5.jpg" /><br />RENNBÜGEL だとちょっとデリケートだし、ハンドルバー遠いしなぁ、と思っていお大尽様、こちらならそこまで神経質にならなくても大丈夫なようです。現時点では価格未定ですが、ハイエンドの RENNBÜGEL が片手ちょっぴり超でしたので、片手まではいかないとは思います、、、でも RENNBÜGEL 登場時は円高だったしなぁ、、、<div><br />お盆休みで奥方様とお子様が帰省している隙に、逝ってみるというのもアリかもしれませんよw なお、奥方様達が戻って来た時に何があっても当方は一切関知いたしませんので、自己責任でお願いします m(_ _)m<br /><br />【SPEC】<br /><br />WIDTH (CENTRE/CENTRE) 400/420/440 mm<br />WEIGHT 192/196/200 g <br />CLAMPING 31,8 mm<br />MATERIAL High Modular Carbon Fiber<br />DEPTH 123 mm<br />REICHWEITE 75 mm<br />SURFACEUD black matt<br />MISCELLANEOUS Aero bar compatible<br /><br />(from <a href="http://lightweight.info/jp/en/components/kompaktbuegel" target="_blank" title="LIGHTWEIGHT">LIGHTWEIGHT</a>, <a href="http://www.bikerumor.com/2015/08/03/lightweight-goes-compact-with-new-kompaktbugel-drop-handlebar/" target="_blank" title="BIKERUMOR">BIKERUMOR</a>)
  • Date : 2015-08-05 (Wed)
  • Category : handlebar
737

LIGHTWEIGHT URGESTALT

週末の大雪で被災された皆様、心よりお見舞い申し上げます。名古屋では思ったより早めに雪が上がったので大したことなかったなんて思っていたら、北関東を中心に大変な被害が出てしまいました。幸い、関東方面のおバカ友達は無事とのことでホッとしましたが、ジテ通もくれぐれもご注意くださいね。さて、気を取り直して、今日紹介するのはこちらです。とうとうフレーム作っちまいましたね、ヤツぁ。LIGHTWEIGHT URGESTALTシリアス... 週末の大雪で被災された皆様、心よりお見舞い申し上げます。名古屋では思ったより早めに雪が上がったので大したことなかったなんて思っていたら、北関東を中心に大変な被害が出てしまいました。幸い、関東方面のおバカ友達は無事とのことでホッとしましたが、ジテ通もくれぐれもご注意くださいね。<br /><br />さて、気を取り直して、今日紹介するのはこちらです。とうとうフレーム作っちまいましたね、ヤツぁ。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/lightweighturgestalt1.jpg" /><br />LIGHTWEIGHT URGESTALT<div><br />シリアスレーサーもしくは金満オヤジ様御用達でお馴染みの超絶ホイールメーカーだった LIGHTWEIGHT が、つい先日なにやら小物を出したと思っていたら、調子に乗ってフレームまで拵えてきましたとさ。ヘッドマークの安物っぽさがかえって不気味に見えますね、、、にしてももう少しこのロゴデザインなんとかならなかったのかなぁ、、、<br /><br />紹介動画もありましたよ。<br /><br /><iframe width="560" height="315" src="//www.youtube.com/embed/9np60n_dRQs?rel=0" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br />なにやら、おどろおどろしい、、、<br /><br />ちょっとグルグル回して見てみましょうかね。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/lightweighturgestalt2.jpg" /><br />はぁ。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/lightweighturgestalt3.jpg" /><br />ふぅ。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/lightweighturgestalt4.jpg" /><br />ほぅ。CERVELO っぽくも見える造形は Simple & Clean ですね。ホリゾンタルっぽく見えますが、少しだけスローピングしているようです。ま、おいちゃん的には○ですかな。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/lightweighturgestalt5.jpg" /><br />BB はプレスフィット86で、ダウンチューブからチェーンステーにかけてのパワーラインのゴツさといったらありませんね。剛性感と反応性に関してはなかなかのものをお持ちのようです。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/lightweighturgestalt6.jpg" /><br />シートポストピンはこんなところに隠れています。サイドビューが真っ黒に見えるのは、そのせいですね。意外にも整備性は悪くなさそうですが、おいちゃんなんぞはアーレンキーをシートチューブに「カンッ」とか当ててしまいそうで、ちとコワいですな。ちゃんと UCI マークもありますから、安心してレースに出て下さい、、、って、これで出るの?<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/lightweighturgestalt7.jpg" /><br />黒の濃淡でネームを入れるのが流行って久しいですが、老眼が進んだこともあってか、パッと見るとどこのフレームなのかがわかりません。いや、停まっていれば読めますけど、対向車線を走っていたら読み取れるだけの自信はないぞ。高級感があるっちゃあるんでしょうけどね。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/lightweighturgestalt8.jpg" /><br />チェーンステーの付け根に誇らしげにはためくゲルマン魂。この角度からフレームを見ることはめったにないので、なんだかイケナイものを覗いている気がするのはなぜでしょう?!切れあがった小股は、タイヤ幅 25mm までしか許容しない締まりの良さ(?)です。イイ女はこうじゃなきゃいけませんから、おいちゃん的にはこれも○です。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/lightweighturgestalt9.jpg" /><br />ボックス型ストレートチェーンステーには Handarbeit fur Beinarbeit (Handmade in Germany) の文字。これまたゲルマン魂炸裂です。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/lightweighturgestalt10.jpg" /><br />ドロップエンドを良く見ると、こんなところにも小さなロゴマークが刻印されています。横尾双輪館が仕立てる DE ROSA の真似でもしたんじゃないのかと思いました。横尾のおじさん、元気かなぁ、、、<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/lightweighturgestalt11.jpg" /><br />トップチューブには FRAME MY WHEELS の文字。要するに、ホイールも LIGHTWEIGHT じゃなきゃダメ、と。飽くまでも高額なお布施を強いるフレームという訳ですね。わかります、わかりますともさ、、、あれこれ書くのがお好きなようです。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/lightweighturgestalt12.jpg" /><br />ちっさい<s>おっさん</s>ロゴマークは、ワイヤー入口のパーツや、、、<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/lightweighturgestalt13.jpg" /><br />出口にも。芸は細かいぞと。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/lightweighturgestalt14.jpg" /><br />で、LIGHTWEIGHT が想定している完成車スタイルがこちら。ま、オーバー150万円コースですよっということですね。このフレームは LIGHTWEIGHT のホイールが持つ高性能を最大限発揮するために生まれたということですから、間違っても BORA なんて安物を履かせてはなりますまい。書いているだけでなにやら別の物を吐きそうな予感がします、、、<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/lightweighturgestalt15.jpg" /><br />このバイクは流石に購入できるのが金満オヤジしかいないということもあってか、グランフォンドやヒルクライムなどにフォーカスして仕立てられていますので、それ用のバイクが欲しいという方におススメとのことです。フレーム単体790g、ヘッドセット、フォーク、シートポストも合わせると1340gという軽さですから、それも頷けますね。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/lightweighturgestalt16.jpg" /><br />しかし、LIGHTWEIGHT という名前、まさに懐が LIGHTWEIGHT になるってことのメタファーなんじゃないでしょうね?オヤジ?ほっといてくれぃ!<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/lightweighturgestalt17.jpg" /><br />あ、フォークショルダーにもロゴあったっけ、、、<div><br />カムテール理論、上下異型ヘッドセットなどの最新テクノロジーを LIGHTWEIGHT の誇るカーボン成型技術で具現化したバイクですから、確かに魅力はあるでしょう。地味過ぎますけど、飽きはこないデザインだし、長い間乗っていたとしても金持ってんどオーラが霞むことはないと思われます。家庭の中での立場は、霞むどころの騒ぎじゃなくなるとも思いますけどね。夫婦円満、家内安全を祈念致しておりまするぞ。<br /><br />【スペック】<br /><br />サイズ:XS(460)、S(490)、M(520)、L(540) C-T<br />チューブ:ハイモジュラスカーボン<br />BB規格:PFBB86<br />重 量:790g(フレーム単体)<br />カラー:マットブラック<br />価 格:610,000円(税抜)<br /><br />(from <a href="http://lightweight.info/jp/en/components/urgestalt" target="_blank" title="LIGHTWEIGHT">LIGHTWEIGHT</a>, <a href="http://www.cyclowired.jp/?q=node/124434" target="_blank" title="Cyclowired.jp">Cyclowired.jp</a>)
  • Date : 2014-02-18 (Tue)
  • Category : frame
703

LIGHTWEIGHT EDELHELFER

冷え込んでいる上に強風まで吹きすさぶ中、自転車に乗っているおバカさん達、こんにちは。元気に走ってますか?時々凍結路で転倒して骨折ったとかいうお話をネットでも見かけますので、走る時にはくれぐれも安全確保に気を付けて走ってくださいね。社会人は「無事これ名馬」を肝に銘じておかないと、この世知辛いご時世ですから、「チャリでコケて骨折って休職?んな奴ぁクビだクビ!」ということもありえますからねぇ。さて、連日 LIG... 冷え込んでいる上に強風まで吹きすさぶ中、自転車に乗っているおバカさん達、こんにちは。元気に走ってますか?時々凍結路で転倒して骨折ったとかいうお話をネットでも見かけますので、走る時にはくれぐれも安全確保に気を付けて走ってくださいね。社会人は「無事これ名馬」を肝に銘じておかないと、この世知辛いご時世ですから、「チャリでコケて骨折って休職?んな奴ぁクビだクビ!」ということもありえますからねぇ。<br /><br />さて、連日 <a href="https://blog.fc2.com/tag/LIGHTWEIGHT" class="tagword">LIGHTWEIGHT</a> ネタで恐縮ですけど、インパクトある製品なもので、我慢してお付き合いください。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/lightweightedelhelfer1.jpg" /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/LIGHTWEIGHT" class="tagword">LIGHTWEIGHT</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/EDELHELFER" class="tagword">EDELHELFER</a><div><br />今日はボトルケージです。そりゃ、簡単に作れるでしょうね、<a href="https://blog.fc2.com/tag/LIGHTWEIGHT" class="tagword">LIGHTWEIGHT</a> なら。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/lightweightedelhelfer2.jpg" /><br />軽量化を追求するおバカさんがこぞって競い合うのがボトルケージのカーボン化ですが、他社製品でもカーボン製は数多くあります。それでもこの製品をリリースするのは、「<a href="https://blog.fc2.com/tag/LIGHTWEIGHT" class="tagword">LIGHTWEIGHT</a> 製品ほしいヤツはいっぱいいるだろうけど、皆が皆お金がある訳じゃない。それなら懐の軽いお父さんにも買える価格の製品を作ってやれば、念願の <a href="https://blog.fc2.com/tag/LIGHTWEIGHT" class="tagword">LIGHTWEIGHT</a> ユーザになれるでしょ?(嘲)」的発想が透けて見えて、かえって気持ち良いくらいです(Mだなこりゃ)。ただ、その割に L と W を組み合わせたロゴマークが安っぽいのが名より実を取る独逸メーカーらしいところでしょうか。イタ物だと、こんな不細工なロゴ、腹を抱えて笑われることでしょう。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/lightweightedelhelfer3.jpg" /><br />ただ、このフォルムはどっかで見たことがあるような、、、ELITE だったかな?、、、それとも OGK とかだっけかな?、、、要するに、安いヤツの何かに似ているような気がします(哀)。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/lightweightedelhelfer4.jpg" /><br />でも、二つの楕円形状のアームの交差部分には、ホイールでお馴染みの結線技術が応用されているそうです。はぁ、、、それ、要る?要るんです、なんてったって <a href="https://blog.fc2.com/tag/LIGHTWEIGHT" class="tagword">LIGHTWEIGHT</a> なんだからっ!<div><br />このケージは、LIGHTWEIGHT のホイール履いてない方は使わない方が無難でしょうね。「あ、貧乏人が見栄はってる(ププッ)」という嘲笑の的になっても平気な人は、逝ってみましょう。<br /><br />もっとも、このケージよりも遥かにブランド価値の高いフレームを乗りこなしている方なら、「あ、オシャレじゃん」みたく見られるんでしょう。おいちゃんは、その線を狙いたいなぁ、、、<br /><br />【スペック】<br /><br />素 材:HMカーボンファイバー<br />重 量:18g<br />カラー:ブラック<br />付属品:アルミ製ボルト<br />価 格:14,000円(税抜)<br /><br />(from <a href="http://lightweight.info/jp/en/components/rennbuegel" target="_blank" title="LIGHTWEIGHT">LIGHTWEIGHT</a>, <a href="http://www.intermax.co.jp/products/lightweight/" target="_blank" title="INTERMAX">INTERMAX</a>, <a href="http://www.cyclowired.jp/?q=node/124584" target="_blank" title="Cuclowired.jp">Cuclowired.jp</a>)<br /><br />※ Amazon にありました。<br /><br /><iframe src="http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=coolequippro-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=B00XBD5FSK" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe><br />
702

LIGHTWEIGHT RENNBÜGEL

全国的に冷え込んだ日曜日ですが、センター試験への影響は最小限で済んだようですね。受験生のおバカさん達が全員全力を尽くせる環境にはあったようで、おいちゃんも一安心です(なんでだ)。思う存分実力を発揮して、志望校合格を勝ち取ってくださいね。さて、今日紹介するのは、驚異的なスペックとプライスでおバカさんの物欲をバジキ飛ばしてくれる LIGHTWEIGHT の製品です。でもホイールじゃないのよ。LIGHTWEIGHT RENNBÜGELなん... 全国的に冷え込んだ日曜日ですが、センター試験への影響は最小限で済んだようですね。受験生のおバカさん達が全員全力を尽くせる環境にはあったようで、おいちゃんも一安心です(なんでだ)。思う存分実力を発揮して、志望校合格を勝ち取ってくださいね。<br /><br />さて、今日紹介するのは、驚異的なスペックとプライスでおバカさんの物欲をバジキ飛ばしてくれる <a href="https://blog.fc2.com/tag/LIGHTWEIGHT" class="tagword">LIGHTWEIGHT</a> の製品です。でもホイールじゃないのよ。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/lightweightrennbugel5.jpg" /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/LIGHTWEIGHT" class="tagword">LIGHTWEIGHT</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/RENNB%C3%9CGEL" class="tagword">RENNBÜGEL</a><div><br />なんと、カーボンハンドルバーを投入してきました。もっとも、フレームまで作り始めた同社のことですから、これからも様々なパーツを製品化してくるのかもしれませんね。<br /><br />さて、このハンドルバーですが、まず驚くのがその軽さ。400mmで166g!166g?おいちゃん家にある手近なものだと、SONY BRAVIA のリモコンが 155g でしたので、これより 11g 重いだけ。はぁ?この質量でもライディングに必要な剛性を確保できているということなんでしょうけど、俄かには信じられませんな。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/lightweightrennbugel1.jpg" /><br />そんな超絶スペックでも、これまで数々の名ホイールを産み出してきた <a href="https://blog.fc2.com/tag/LIGHTWEIGHT" class="tagword">LIGHTWEIGHT</a> のことですから、きっと問題はないんだろうと思わされてしまうのが、ブランド価値なんでしょうね。写真の撮影の仕方もありますが、纏っているオーラを感じてしまいます。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/lightweightrennbugel2.jpg" /><br />ハンドルクランプ径は31.8mm、リーチ79mm、ドロップ136mm というサイズとフォルムは、様々なハンドルバーの中で程良くシャローといった印象。ちなみに、このところキているブランド <a href="http://roadbikeequip.blog.fc2.com/blog-entry-657.html" target="_blank" title="Fi'zi:k の Cockpit システムのサイズはこんな感じ">Fi'zi:k の Cockpit システムのサイズはこんな感じ</a>です。良く言えば中庸、悪く言えば万人受け狙い、なんでしょうかね。どうせ金満サイクリストしか買えないんだから、こちらのモデルはあくまでもフラッグシップとしてイメージアップを担わせて、そのうちもっとシャローでコンパクトなサイズがラインナップされることでしょう。あくまでも私見ですよ。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/lightweightrennbugel3.jpg" /><br />基本フォルムはプレーンなもので、アップバー付近が扁平加工されていたり、バーエンドが拡がっているようなこともありません。フレームとのコーデは簡単でしょう。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/lightweightrennbugel4.jpg" /><br />こうして見ると、握り周辺のカーブはエルゴバーですね。設計思想としては Fi'zi:k のほうが先進的かも。ま、保守的であることに価値がないわけじゃありませんし、このあたりはメーカーとしての思想ですから、気に入らなければ他社製品買えばいいだけのことですな。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-46.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/lightweightrennbugel6.jpg" /><br />ステムとブラケットを取り付けるところには滑り止め加工とゲージがプリントされていますから、セッティングには便利でしょう。最高級品でも使い勝手を考慮してくれているところは、流石独逸製でいらっしゃいます。<div><br />物としては綺麗な仕上がりを見せてくれるこのハンドルバーですが、二の足を踏んでしまうのはやはりその価格の高さ。単純に価格だけで考えれば、<a href="http://roadbikeequip.blog.fc2.com/blog-entry-76.html" target="_blank" title="CINELLI">CINELLI</a> なんかも対抗馬になるんでしょうが、あちらはステム一体型だし、工芸品だし、その価値を実感しやすいというものです。洒落っ気はなにもないもののブランドネームだけは凄いということに、片手以上の万券を叩ける金満サイクリストは、敢えてこちらを選ぶのかもしれません。<br /><br />おいちゃん?スペックで考えるなら <a href="https://blog.fc2.com/tag/RENNB%C3%9CGEL" class="tagword">RENNBÜGEL</a> かもしれませんが、体内に流れるラテンの血(嘘)が <a href="http://roadbikeequip.blog.fc2.com/blog-entry-76.html" target="_blank" title="CINELLI">CINELLI</a> だ <a href="http://roadbikeequip.blog.fc2.com/blog-entry-76.html" target="_blank" title="CINELLI">CINELLI</a> だと叫ぶんです。個人的には独逸製は車だけでいいかな、という考えがあるんですよねぇ。<br /><br />【スペック】<br /><br />素 材:HMカーボンファイバー<br />ハンドルクランプ径:31.8mm<br />リーチ:79㎜<br />ドロップ:136㎜<br />サイズ:400mm、420mm(C-C)<br />重 量:166g(400mm)、168g(420mm)<br />価 格:53,500円(税抜)<br /><br />(from <a href="http://lightweight.info/jp/en/components/rennbuegel" target="_blank" title="LIGHTWEIGHT">LIGHTWEIGHT</a>, <a href="http://www.intermax.co.jp/products/lightweight/" target="_blank" title="INTERMAX">INTERMAX</a>, <a href="http://www.cyclowired.jp/?q=node/124584" target="_blank" title="Cuclowired.jp">Cuclowired.jp</a>)
  • Date : 2014-01-14 (Tue)
  • Category : handlebar
478

VULPINE LIGHTWEIGHT HARRINGTON JACKET

今週の名古屋地方はずっと晴れの予報で、思いっきり空梅雨ですね。雨が大切だとはわかっているものの、サイクリストにとっては恨めしいものですから、この空梅雨の晴れ間は思いっきり走って楽しませて頂きましょう。でも、来週以降はどうやら本格的な梅雨空になるようですから、今のうちにお気に入りのレインウェアを用意しておきませんか?たとえば、こんなちょっとこ洒落たものはどうでしょうか。VULPINE LIGHTWEIGHT HARRINGTON... 今週の名古屋地方はずっと晴れの予報で、思いっきり空梅雨ですね。雨が大切だとはわかっているものの、サイクリストにとっては恨めしいものですから、この空梅雨の晴れ間は思いっきり走って楽しませて頂きましょう。でも、来週以降はどうやら本格的な梅雨空になるようですから、今のうちにお気に入りのレインウェアを用意しておきませんか?たとえば、こんなちょっとこ洒落たものはどうでしょうか。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/vulpineharringtonjacket1.jpg" /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/VULPINE" class="tagword">VULPINE</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/LIGHTWEIGHT" class="tagword">LIGHTWEIGHT</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/HARRINGTON" class="tagword">HARRINGTON</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/JACKET" class="tagword">JACKET</a> Skyblue<div><br />イギリスで人気急上昇中の <a href="https://blog.fc2.com/tag/VULPINE" class="tagword">VULPINE</a> の、ナイロンや高機能繊維が当たり前のレインウェアがほとんどの中にあって、珍しいコットン100%の軽量ジャケット。撥水加工なので、多少の雨ならこれで十分凌げます。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/vulpineharringtonjacket2.jpg" /><br />、、、なんか、工場で働く方が着る制服っぽくも見える気が、、、いやいや、それは気のせいでしょう。背中の着丈がやや長いところがサイクルウェアらしさを感じさせますが、カジュアルな装いでも使えるデザインになっています。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/vulpineharringtonjacket4.jpg" /><br />内側のパイピングも綺麗に仕上げられています。韓国の縫製も、結構やるもんですね。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/vulpineharringtonjacket5.jpg" /><br />ファスナータブが風で暴れないようにスタンドカラーが包み込んでくれます。ここは、マグネットボタンになっているようです。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/vulpineharringtonjacket6.jpg" /><br />胸ポケットはボタン留めですが、注目すべきはポケットの内側。ここ、非常に柔らかい裏布が張ってあるので、スマホの液晶画面など、傷付きを気にしなくて済みそうです。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/vulpineharringtonjacket8.jpg" /><br />ポケットのファスナーもパイピングと同じカラーでキメてます。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/vulpineharringtonjacket3.jpg" /><br />背中で目につくのは、肩のエアベンチレーションでしょう。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/vulpineharringtonjacket7.jpg" /><br />コットン製で、しかもエアベンチレーションなので、ナイロンなどで気になる肌への貼りつきはだいぶ軽減されているでしょうね。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/vulpineharringtonjacket9.jpg" /><br />ウェストも絞れます。ボタンまでカラーコーデしているところは、流石英吉利デザイン。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/vulpineharringtonjacket10.jpg" /><br />バックポケットのフラップも、マグネットで留められるのは嬉しいですね。フラップ裏のカラーコーデも完璧です。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/vulpineharringtonjacket11.jpg" /><br />袖口もしっかりストレッチ素材で絞られています。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/vulpineharringtonjacket12.jpg" /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/VULPINE" class="tagword">VULPINE</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/LIGHTWEIGHT" class="tagword">LIGHTWEIGHT</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/HARRINGTON" class="tagword">HARRINGTON</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/JACKET" class="tagword">JACKET</a> Sage<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/vulpineharringtonjacket13.jpg" /><br />個人的にはこの Sage カラーの方が気になりますね。<div><br />レインウェアはどうしても「黒っぽいビニール製」というイメージですが、こんな爽やかなカラーだと鬱陶しい雨の日でも、少しだけ気持ちが明るくなるような気がします。本格的に走る時ではなく、街乗りやジテ通時に使うと、一味違う個性を主張できるんじゃないでしょうか。<br /><br />例によって少数入荷ということなので、そろそろ Sold out のものも出ているようです。気になる方はお早めに下記バナーからご注文ください。<br /><br />(from TOKYO Wheels)<br /><br /><iframe frameborder="0" allowtransparency="true" height="60" width="468" marginheight="0" scrolling="no" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=2863566&pid=881152335" marginwidth="0"><script language="javascript" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=2863566&pid=881152335"></script><noscript><a href="http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2863566&pid=881152335" target="_blank" ><img src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2863566&pid=881152335" height="60" width="468" border="0"></a></noscript></iframe>
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。