FC2ブログ
calender
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !
QR code
QR
counter
1526

PINARELLO BOLIDE TT Bike 2017

日曜の名古屋は曇り時々晴れのおバカさん日和でした。梅雨入り前のこの時期は一年のなかでもベストシーズンなので、できる限りロードバイクに乗っていたいところですが、アラフィフともなるといろんな野暮用があるもので、なかなか乗る時間が確保できません。同じようなお悩みを持つ方々もいらっしゃるでしょうから、こんな与太ブログでも遊びにきていただけるんでしょうね。あ~走りたい。さて今日は、そんな願いを突き詰めて形に... 日曜の名古屋は曇り時々晴れのおバカさん日和でした。梅雨入り前のこの時期は一年のなかでもベストシーズンなので、できる限りロードバイクに乗っていたいところですが、アラフィフともなるといろんな野暮用があるもので、なかなか乗る時間が確保できません。同じようなお悩みを持つ方々もいらっしゃるでしょうから、こんな与太ブログでも遊びにきていただけるんでしょうね。あ~走りたい。<br /><br />さて今日は、そんな願いを突き詰めて形にした TT Bike を見てみましょう。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/pinarellobolide20175.jpg" /><br />PINARELLO BOLIDE TT Bike 2017<div><br />Hour Record, TDF Maillot Jaune などのビッグタイトルを獲得した <a href="http://roadbikeequip.blog.fc2.com/blog-entry-447.html" target="_blank" title="PINARELLO BOLIDE">PINARELLO BOLIDE</a> が2016年モデルのネガを潰して正常進化、開催中の GIRO d'ITALIA に登場しています。Torayca T1100 1K カーボンを採用したこの BOLIDE, 随所に改良の跡があります。 どこがどう変わったのか、2016年モデルと比べながら見てみましょう。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/pinarellobolide20179.jpg" /><br />こちらが 2016年モデルの IL BOLIDE. 2017年モデルと比較してみると、ホリゾンタルからスローピングになると同時に、トップチューブが弧を描き、ボトルケージ付近のダウンチューブ形状も変わって、全体的にコンパクトになったことがわかります。これらの変更などによって 2016年モデル比 350g の軽量化に成功、空気抵抗やドラッグも低減化したそうです。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/pinarellobolide20172.jpg" /><br />一見地味ながらも大胆な形状変更となったボトル付近のダウンチューブ形状がこちら。この凹みによりボトルとダウンチューブの間隔を狭め、空気の流れを整えることで更にエアロダイナミクス性能を向上させているとのことです。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/pinarellobolide20173.jpg" /><br />たしかに、ダウンチューブからボトルにかけての空気の流れ方がスムースになるように三角錘状に拡がっていますね。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/pinarellobolide20177.jpg" /><br />ボトルケージの凹み上部のハッチの下に、 SHIMANO Di2 バッテリーが収納できるようになっています。CAMPY EPS も入るでしょうね。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/pinarellobolide20174.jpg" /><br />このアングルだとトップチューブ形状がよくわかりますね。ヘッドチューブやシートチューブとの接合部がフィン状になっていることもあって、ヘッドチューブからシートステーまで流れるようなラインが連続しています。小さな前△は、エアロダイナミクス上有利であるだけでなく、剛性向上にも貢献するし、ダンシングなどで振りやすいというメリットもあります。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/pinarellobolide201710.jpg" /><br />ブレーキシステムは、例によって PINARELLO オリジナルエアロカバーを装着したタイプ。2016年モデルはキャリパーブレーキをカバーしたタイプでしたが、2017年モデルは <a href="http://roadbikeequip.blog.fc2.com/blog-entry-899.html" target="_blank" title="LOOK 795 AEROLIGHT">LOOK 795 AEROLIGHT</a> のそれと似た構造になっているのかな?細かい写真がないのでよくわかりませんが、ダイレクトマウントブレーキか V ブレーキベースのオリジナルブレーキシステムが採用されているようですね。ヘッドチューブとの溶け込み具合は良いものの、フォークとは完全に別体化しているのがアレですが、フォークのど真ん中に穴を開けた LOOK との差別化もあるのでしょうか。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/pinarellobolide20176.jpg" /><br />リヤブレーキカバーは "Batmobile" を想起させると言われ、これまた新しい形状です。このコンパクトさから考えると、FR ともやはりダイレクトマウントブレーキかなぁ、、、<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/pinarellobolide20171.jpg" /><br />このアングルから見ると、ホリゾンタルだった2016年モデルで感じた腰高感がなくなり、重心の位置が非常に低く下がったことも窺えます。走行安定性を高める効果がある事は勿論、時折出現する登りなどでのダンシングもしやすくなったことでしょう。おいちゃんなんざその恩恵を受けることは生涯ないでしょうが、選手にとっては大きなメリットが実感できるのでしょうね。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-96.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/pinarellobolide20178.jpg" /><br />こちらは GIRO のオープニングステージで BOLIDE を駆るMIKEL LANDA (Team Sky) の雄姿。BOLIDE はこれからも数多くのタイトルを獲ることでしょうね。<div><br />冒頭で2016年モデル比 -350g と書きましたが、最近のカーボンフォークが 350g前後ということを考えると、TT バイクでこれほどの軽量化に成功したことは驚きです。TT バイクの場合、ヒルクライムバイクと違って軽ければいいというものじゃありませんが、必要な剛性を確保できていて軽くできたのなら、バラストで重心を下げられるとか、パーツ選択の幅が拡がる等のメリットはあるでしょう。あ、バラスト貼るとか、ルール上大丈夫だったっけ?、、、<br /><br />日本導入時期やおいくら万円なのかはまだわかりませんが、楽しみにして待ちましょう。Stage 9 の ITT, LANDA 君は何位でフィニッシュできるかな、、、<br /><br />(from <a href="https://www.facebook.com/PinarelloBikes/" target="_blank" title="PINARELLO Facebook">PINARELLO Facebook</a>, <a href="http://www.cyclingnews.com/news/landa-to-ride-new-pinarello-bolide-at-giro-ditalia-time-trial/" target="_blank" title="CYCLINGNEWS">CYCLINGNEWS</a>, <a href="http://www.bikeradar.com/road/news/article/pinarello-refines-bolide-with-new-aero-shaping-47067/" target="_blank" title="BIKERADAR">BIKERADAR</a>, <a href="http://road.cc/content/tech-news/189845-pinarello-launch-latest-bolide-tt-bike-giro-ditalia" target="_blank" title="ROAD.CC">ROAD.CC</a>)
  • Date : 2016-05-16 (Mon)
  • Category : frame
1213

HAERO CARBON H.253 TT, H.155 Limted mountain TT & H.145 Racing bike Handlebar

月曜日の名古屋はとうとう梅雨入りということで、曇りのち雨となりました。今後1ヶ月半位は心身とも鬱陶しい日々になりますねぇ。梅雨が明ければ連日の夏日でしょうし、おバカさんにとっては厳しい季節になります。こんな時は新製品でも見て雨が止むのを祈るしかありませんね。ということで、今日は独逸からのブランニュー製品を紹介しましょう。HAERO CARBON H.253 TT, H.155 Limted mountain TT & H.145 Racing bike Handlebar... 月曜日の名古屋はとうとう梅雨入りということで、曇りのち雨となりました。今後1ヶ月半位は心身とも鬱陶しい日々になりますねぇ。梅雨が明ければ連日の夏日でしょうし、おバカさんにとっては厳しい季節になります。こんな時は新製品でも見て雨が止むのを祈るしかありませんね。<br /><br />ということで、今日は独逸からのブランニュー製品を紹介しましょう。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-78.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/haerocarbon201511.jpg" /><br />HAERO CARBON H.253 TT, H.155 Limted mountain TT & H.145 Racing bike Handlebar<div><br />独逸の HAERO CARBON は、DAIMLER, AUDI, BMW, VOLKSWAGEN, VOLVO 等のカーボンパーツを製造している HÄRER をバックボーンとするカーボンパーツブランド。 世界最軽量 TT ハンドルバー H.253 のようなトガッた製品をリリースしています。今のところはハンドルバー周りだけのようですが、優れた技術力を持っているようなので、今後の展開が楽しみでもあります。<br /><br />では最初に、世界最軽量 TT バーから見てみましょう。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-78.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/haerocarbon20151.jpg" /><br />HAERO CARBON H.253 TT Handlebar<div><br />重量なんと 350g という世界最軽量 TT バー。サイズは C-C で 400mm 、クランプ径は 31.8mm, グリップ部分は 103mm です。まずは紹介動画をご覧いただきましょう。<br /><br /><iframe src="https://player.vimeo.com/video/35138971?color=636262&title=0&byline=0&portrait=0" width="500" height="281" frameborder="0" webkitallowfullscreen mozallowfullscreen allowfullscreen></iframe> <p><a href="https://vimeo.com/35138971">Haero Carbon - "H.253" spot</a> from <a href="https://vimeo.com/staudstudios">STAUD STUDIOS</a> on <a href="https://vimeo.com">Vimeo</a>.</p><br /><br />いい感じですね。昨日のアメリカンな動画とは一味違うのは、ゲルマン民族らしい几帳面さがゆえでしょう。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-78.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/haerocarbon20152.jpg" /><br />前から見ても横から見ても、最早真っ平らな形状ですね。こりゃ空気を切り裂いてくれるわけです。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-78.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/haerocarbon20153.jpg" /><br />SHIMANO DURA ACE Di2 レディなので、当然こういう仕上がりになります。エクステンションバーの付き出しは最大 312mm まで調整可能です。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-78.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/haerocarbon20154.jpg" /><br />アームレストは個別に角度調整ができて、前後に±9度のアングルを付けることができます。左右幅も 258-296mm の範囲内で調整できますので、ベストポジションを見つけやすいでしょう。こちらはなかなかのお値段でして、\98,000-(税別)のタグが付いています。税込10万超ですね。剛脚に加え、強靭な懐も必須ですな。<div><br />次に、なかなか珍しい山岳 TT バーです。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-78.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/haerocarbon20155.jpg" /><br />HAERO CARBO H.155 Limted mountain TT Handlebar<div><br />2種類のエクステンションバーを装着できる山岳 TT 用のハンドルバー。ベースバーをドロップ形状にすることで、ダンシングやダウンヒル時の使い勝手を向上させています。山岳 TT 用ということなので、伊吹山とか乗鞍とか富士山とかで使用する人が出てきそうです。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-78.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/haerocarbon20156.jpg" /><br />エクステンションバーとのジョイント部分は、なんだか「そりゃそうなんでしょうけど、もう少しなんとかできなかったんでしょうかデザイナーさん」的形状ですが、理に叶ってはいるので、クラフツマンシップ的にはこれが是なんでしょう。余計な装飾を施すことで重量増を招くより、よっぽどこの方がいいということなのでしょう。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-78.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/haerocarbon20157.jpg" /><br />サイズは 外-外 で 400/420/440mm, 重さは 170g~、クランプ径 31.8mm, リーチ/ドロップは 82/132mm となっています。 最近の流行り通り、ドロップ部がややハの字型に広がったコンパクト形状です。エクステ外した時の表情はなんともいえない趣がそこはかとなく感じられま、、、す?<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-78.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/haerocarbon20158.jpg" /><br />このアングルから見るとなんとなく STARWARS のなかで一番人気のないキャラ、ジャージャービンクスを思い出しますが、、、飛び道具のデザインとしてはこれが是なんでしょう。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-78.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/haerocarbon20159.jpg" /><br />エクステンションバーの脱着は付属するスパナでクイクイッと行いましょう。なお、脱着時にはちゃんとグリスを確認しましょう。この位置は汗やドリンクがよくかかるので、ちゃんと綺麗に掃除しておかないと固着しちゃいますからね。こちらは\70,000-(税別)だそうです。ニッチな製品にここまで投資できるかどうかは、リターン次第かもしれませんね。<div><br />最後はノーマルのハンドルバーです。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-78.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/haerocarbon201510.jpg" /><br />HAERO CARBON H.145 Racing bike Handlebar<div><br />こちらも先程のベースバーと同様、サイズは 外-外 で 400/420/440mm, クランプ径 31.8mm, リーチ/ドロップは 82/132mm のコンパクト形状ですが、重さはなんと 153g という軽さです。 懐の軽量化効果も高く、\55,000-(税別)のタグが付いてます。ステムも用意することを考えると、なかなかの出費になりますねぇ。<a href="http://roadbikeequip.blog.fc2.com/blog-entry-702.html" target="_blank" title="LIGHTWEIGHT RENNBÜGEL">LIGHTWEIGHT RENNBÜGEL</a> あたりと競合しそうですが、あちらは 166g ですから、軽さだけならこちらの勝ち。でも、今のところは勝負にならないでしょうけどね。<br /><br />欧米では結構ポピュラーでも日本未入荷という製品はまだまだ沢山ありますので、これからもぼちぼち新製品は入ってくるでしょう。ただ、カーボンパーツは特に落車時等の修理や保証の問題がありますので、できることなら正規輸入代理店の正規輸入品を購入しておくほうがなにかと安心だとは思います。PODIUM さんが LIGHTWEIGHT で相当思い切った保証制度を始めるようですので、ここはひとつ、ZETA TRADING さんの奮闘に期待しましょう。<br /><br />(from <a href="https://www.haero-carbon.com/en/shop/handlebars" target="_blank" title="HAERO CARBON">HAERO CARBON</a>, <a href="http://www.zetatrading.jp/product/haero.html" target="_blank" title="ZETA TRADING">ZETA TRADING</a>, <a href="http://www.bikerumor.com/2014/10/29/eb14-haero-carbon-makes-worlds-lightest-aero-handlebars/" target="_blank" title="BIKERUMOR">BIKERUMOR</a>, <a href="http://www.cyclesports.jp/depot/detail.php?id=12521" target="_blank" title="CYCLE SPORTS">CYCLE SPORTS</a>, <a href="http://www.cyclowired.jp/news/node/168731" target="_blank" title="Cyclowired">Cyclowired</a>, <a href="http://blog.sideriver.com/bc/2015/06/haero-carbon-a217.html" target="_blank" title="BiCYCLE CLUB">BiCYCLE CLUB</a>)
  • Date : 2015-06-09 (Tue)
  • Category : handlebar
1064

MET DRONE WIDEBODY TT HELMET

三連休初日の名古屋は、曇りがちで夕方には小雨も降った寒い一日でした。でもまだ陽が射している日中には楽しそうに走っているおバカさんもちょくちょく見かけたので、皆さんそれなりに楽しめたようですね。あと2日、せめて晴れておバカさんたちが駆け回れますよう、おいちゃんも祈ってますよ。さて、昨日少々ナンパな商品を紹介したぶん、今日は喧嘩上等な超ハードコアな商品を紹介しましょう。MET DRONE WIDEBODY TT HELMETMET ... 三連休初日の名古屋は、曇りがちで夕方には小雨も降った寒い一日でした。でもまだ陽が射している日中には楽しそうに走っているおバカさんもちょくちょく見かけたので、皆さんそれなりに楽しめたようですね。あと2日、せめて晴れておバカさんたちが駆け回れますよう、おいちゃんも祈ってますよ。<br /><br />さて、昨日少々ナンパな商品を紹介したぶん、今日は喧嘩上等な超ハードコアな商品を紹介しましょう。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-78.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/metdrone10.jpg" /><br />MET DRONE WIDEBODY TT HELMET<div><br />MET ご自慢の <a href="http://roadbikeequip.blog.fc2.com/blog-entry-674.html" target="_blank" title="HES (Homothetic Embedded Skelton) テクノロジー">HES (Homothetic Embedded Skelton) テクノロジー</a>を搭載、開発に2年をかけた 1/100秒を削ぎ落とすためのエアロヘルメット。最近の流行りと逆行するかのようなロングテールフォルムなのかと思いきや、WIDEBODY とあるように、よく見知った TT ヘルメットよりひと回り幅が広いところが実はミソという最新デザインです。この写真のように TT ポジションだと、頭から肩にかけての空気の流れをスムーズに整える幅を算出していることが窺えるとは思いませんか?<br /><br />まず、開発プロセスなどがわかる紹介動画をご覧ください。<br /><br /><iframe src="//player.vimeo.com/video/111027913" width="500" height="281" frameborder="0" webkitallowfullscreen mozallowfullscreen allowfullscreen></iframe><br /><br /><a href="http://www.teammtnqhubeka.com/" target="_blank" title="MTN QHUBEKA">MTN QHUBEKA</a> といえば、2015年 UCI Pro-Continental Licence を発給されたチームです。EDVALD BOASSON HAGEN, THEO BOS, GERALD CIOLEK, TYLER FARRAR, MATTHEW GOSS 等、錚々たる顔触れが在籍しているので、プロコンチームとはいえひと暴れしてくれそうな予感がします。<br /><br />ではオサライしましょう。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-78.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/metdrone2.jpg" /><br />形状自体はトラディショナルなロングテールっぽいんですが、、、、<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-78.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/metdrone5.jpg" /><br />サイドビューを見ると、ロングテールではなくミッドテールですね。後端が丁度肩甲骨のあたりに位置しているので、エアアウトレットから排出されたエアがスムーズに背中の上を通過していく様子が窺えます。風洞実験を繰り返して導き出されたデザインだけのことはありますね。ま、おいちゃんはこのポジションだと多分1分位しか走れませんけど。しかもエアロダイナミクスの恩恵に浴することができそうにない遅さでしょうけどorz<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-78.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/metdrone3.jpg" /><br />滑らかな曲線で繋がる一体型アイシールドは勿論脱着可能です。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-78.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/metdrone4.jpg" /><br />フロントビューがこちら。エアインテークの開き方はどことなく <a href="http://roadbikeequip.blog.fc2.com/blog-entry-519.html" target="_blank" title="SPECIALIZED S-WORKS EVADE">SPECIALIZED S-WORKS EVADE</a> を思い起こさせますが、圧倒的に開口面積は小さいですね。冷却機能を確保していない訳ではないでしょうが、日本の酷暑だと結構堪えそう。もともと MET は COOLMAX パッドの搭載をはじめ冷却性能を重視しているので、まだ明かされていない何らかのギミックが他にもあるのかもしれません。そのうちレビュー記事が出ると思いますので、それを待ちましょう。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-78.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/metdrone6.jpg" /><br />テール部分はまんま排気口です。なお、このアングルで一番手前側のヘルメット後半部分の内部構造に HES が搭載されていて、万一の際の衝撃を全体に分散、吸収しておバカさんの頭を守ってくれます。<div><br />カラバリは3色用意されています。<br /><div><img src="http://blog-imgs-78.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/metdrone7.jpg" /><br />MET DRONE WIDEBODY TT HELMET MTN QHUBEKA<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-78.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/metdrone8.jpg" /><br />MET DRONE WIDEBODY TT HELMET White/Black/Red<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-78.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/metdrone9.jpg" /><br />MET DRONE WIDEBODY TT HELMET Texture Black/Green<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-78.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/metdrone1.jpg" /><br />MET の一つ前のエアロモデルだった PAC に比べ、50km/h で 10W のパワーをセーブできるというこの DRONE, 同社の風洞実験ではどの競合製品よりもドラッグが少ないという結果を出しているそうですから、「今年は TT で勝負してやるぜ!」という男道を逝くおバカさんには、これ、良いかもしれませんね。おいちゃんは、、、、Texture Black/Green で、虫っぽく攻めてみようかな?<div><br />【SPEC】<br /><br />Construction<br /> IN-MOULDING INTELLIGENT FUSION, FULL WRAP, HOMOTHETIC EMBEDDED SKELETON, WIDE BODY<br />Size Adjuster<br /> SAFE-T ADVANCED<br />Straps<br /> AIR LITE STRAPS, EMBEDDED STRAPS ANCHORING POINTS, AIR LITE LATERAL DIVIDERS,<br /> POLYCARBONATE VISOR<br />Comfort<br /> COOLMAX™ INTERNAL PADDING<br />Certification<br /> CE EN 1078 AUS AS/NZ 2063<br />Air Scale<br /> Cooling Factor 6, Head Contact Surface 50<br />Size Chart & Weight<br /> M (54-58) 350g, L (58-61) 400g<br /><br />(from MET, <a href="http://www.bikeradar.com/gear/article/friday-five-a-side-this-weeks-new-bike-gear-2015-week-2-43351/" target="_blank" title="BIKERADAR">BIKERADAR</a>, <a href="http://www.bikerumor.com/2014/09/29/eb14-met-goes-enduro-w-700g-full-face-helmet-plus-new-drone-triathlon-helmet-more/" target="_blank" title="BIKERUMOR">BIKERUMOR</a>)<br /><br />※ 楽天ショップにありました。<br /><br /><table cellpadding="0" cellspacing="0" border="0" style=" border-style: none; width:300px;"><tr style="border-style:none;"><td style="vertical-align:top; border-style:none; padding:10px;"><a href="http://rpx.a8.net/svt/ejp?a8mat=1ZKGLZ+CF4K36+2HOM+BWGDT&rakuten=y&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fhb.afl.rakuten.co.jp%2Fhgc%2Fg00pou14.2bo110f4.g00pou14.2bo127dd%2Fa12020781256_1ZKGLZ_CF4K36_2HOM_BWGDT%3Fpc%3Dhttp%253A%252F%252Fitem.rakuten.co.jp%252Fatomic-cycle%252F15-met-02%252F%26m%3Dhttp%253A%252F%252Fm.rakuten.co.jp%252Fatomic-cycle%252Fi%252F10135639%252F" target="_blank"><img border="0" alt="" src="http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/atomic-cycle/cabinet/intermax/15-met-02.jpg?_ex=128x128" /></a></td><td style="font-size:12px; vertical-align:middle; border-style:none; padding:10px;"><p style="padding:0; margin:0;"><a href="http://rpx.a8.net/svt/ejp?a8mat=1ZKGLZ+CF4K36+2HOM+BWGDT&rakuten=y&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fhb.afl.rakuten.co.jp%2Fhgc%2Fg00pou14.2bo110f4.g00pou14.2bo127dd%2Fa12020781256_1ZKGLZ_CF4K36_2HOM_BWGDT%3Fpc%3Dhttp%253A%252F%252Fitem.rakuten.co.jp%252Fatomic-cycle%252F15-met-02%252F%26m%3Dhttp%253A%252F%252Fm.rakuten.co.jp%252Fatomic-cycle%252Fi%252F10135639%252F" target="_blank">【予約受付中】 MET ドローンHES MTNエディション(ヘルメット・自転車パーツ)</a></p><p style="color:#666; margin-top:5px line-height:1.5;">価格:<span style="font-size:14px; color:#C00; font-weight:bold;">38,685円</span><br/><span style="font-size:10px; font-weight:normal;">(2015/1/10 20:29時点)</span></p></td></tr></table><br /><img border="0" width="1" height="1" src="http://www19.a8.net/0.gif?a8mat=1ZKGLZ+CF4K36+2HOM+BWGDT" alt=""><br /><br /><table cellpadding="0" cellspacing="0" border="0" style=" border-style: none; width:300px;"><tr style="border-style:none;"><td style="vertical-align:top; border-style:none; padding:10px;"><a href="http://rpx.a8.net/svt/ejp?a8mat=1ZKGLZ+CF4LMQ+2HOM+BWGDT&rakuten=y&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fhb.afl.rakuten.co.jp%2Fhgc%2Fg00pou14.2bo110f4.g00pou14.2bo127dd%2Fa12020781256_1ZKGLZ_CF4LMQ_2HOM_BWGDT%3Fpc%3Dhttp%253A%252F%252Fitem.rakuten.co.jp%252Fatomic-cycle%252F15-met-01%252F%26m%3Dhttp%253A%252F%252Fm.rakuten.co.jp%252Fatomic-cycle%252Fi%252F10135589%252F" target="_blank"><img border="0" alt="" src="http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/atomic-cycle/cabinet/intermax/15-met-01.jpg?_ex=128x128" /></a></td><td style="font-size:12px; vertical-align:middle; border-style:none; padding:10px;"><p style="padding:0; margin:0;"><a href="http://rpx.a8.net/svt/ejp?a8mat=1ZKGLZ+CF4LMQ+2HOM+BWGDT&rakuten=y&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fhb.afl.rakuten.co.jp%2Fhgc%2Fg00pou14.2bo110f4.g00pou14.2bo127dd%2Fa12020781256_1ZKGLZ_CF4LMQ_2HOM_BWGDT%3Fpc%3Dhttp%253A%252F%252Fitem.rakuten.co.jp%252Fatomic-cycle%252F15-met-01%252F%26m%3Dhttp%253A%252F%252Fm.rakuten.co.jp%252Fatomic-cycle%252Fi%252F10135589%252F" target="_blank">【予約受付中】 MET ドローンHES ホワイトブラックレッド(ヘルメット・自転車パーツ)</a></p><p style="color:#666; margin-top:5px line-height:1.5;">価格:<span style="font-size:14px; color:#C00; font-weight:bold;">38,685円</span><br/><span style="font-size:10px; font-weight:normal;">(2015/1/10 20:29時点)</span></p></td></tr></table><br /><img border="0" width="1" height="1" src="http://www11.a8.net/0.gif?a8mat=1ZKGLZ+CF4LMQ+2HOM+BWGDT" alt=""><br /><br /><table cellpadding="0" cellspacing="0" border="0" style=" border-style: none; width:300px;"><tr style="border-style:none;"><td style="vertical-align:top; border-style:none; padding:10px;"><a href="http://rpx.a8.net/svt/ejp?a8mat=1ZKGLZ+CF4LMQ+2HOM+BWGDT&rakuten=y&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fhb.afl.rakuten.co.jp%2Fhgc%2Fg00pou14.2bo110f4.g00pou14.2bo127dd%2Fa12020781256_1ZKGLZ_CF4LMQ_2HOM_BWGDT%3Fpc%3Dhttp%253A%252F%252Fitem.rakuten.co.jp%252Fatomic-cycle%252F15-met-03%252F%26m%3Dhttp%253A%252F%252Fm.rakuten.co.jp%252Fatomic-cycle%252Fi%252F10135590%252F" target="_blank"><img border="0" alt="" src="http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/atomic-cycle/cabinet/intermax/15-met-03.jpg?_ex=128x128" /></a></td><td style="font-size:12px; vertical-align:middle; border-style:none; padding:10px;"><p style="padding:0; margin:0;"><a href="http://rpx.a8.net/svt/ejp?a8mat=1ZKGLZ+CF4LMQ+2HOM+BWGDT&rakuten=y&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fhb.afl.rakuten.co.jp%2Fhgc%2Fg00pou14.2bo110f4.g00pou14.2bo127dd%2Fa12020781256_1ZKGLZ_CF4LMQ_2HOM_BWGDT%3Fpc%3Dhttp%253A%252F%252Fitem.rakuten.co.jp%252Fatomic-cycle%252F15-met-03%252F%26m%3Dhttp%253A%252F%252Fm.rakuten.co.jp%252Fatomic-cycle%252Fi%252F10135590%252F" target="_blank">【予約受付中】 MET ドローンHES テクスターブラックグリーン(ヘルメット・自転車パーツ)</a></p><p style="color:#666; margin-top:5px line-height:1.5;">価格:<span style="font-size:14px; color:#C00; font-weight:bold;">38,685円</span><br/><span style="font-size:10px; font-weight:normal;">(2015/1/10 20:30時点)</span></p></td></tr></table><br /><img border="0" width="1" height="1" src="http://www14.a8.net/0.gif?a8mat=1ZKGLZ+CF4LMQ+2HOM+BWGDT" alt="">
  • Date : 2015-01-11 (Sun)
  • Category : helmet
914

SCOTT PLASMA 5 TT BIKE 2015

本格的なお盆休みの初日、名古屋は蒸っし暑い一日となりました。やっとお休みになったおいちゃんは、なぜか一番暑い時間帯にスーツ着て仕事に出掛けてました。あれ?お休みじゃないじゃん、、、、おっかしいなぁ、お休みだったんだけどなぁ、、、、気が付いたら働いてましたw まぁ暇よりはいっか。今年のお盆休みは休みらしい休みはとれなさそうですが、どうせ天気もあまり良くないことですし、せいぜい働くとしますか、、、でも一... 本格的なお盆休みの初日、名古屋は蒸っし暑い一日となりました。やっとお休みになったおいちゃんは、なぜか一番暑い時間帯にスーツ着て仕事に出掛けてました。あれ?お休みじゃないじゃん、、、、おっかしいなぁ、お休みだったんだけどなぁ、、、、気が付いたら働いてましたw まぁ暇よりはいっか。今年のお盆休みは休みらしい休みはとれなさそうですが、どうせ天気もあまり良くないことですし、せいぜい働くとしますか、、、でも一応今週末まではお休みのはずなんですがごにょごにょ、、、<br /><br />さ、今日はそんな残念な気持ちを切り替えてくれそうなインパクトのあるコイツを一緒に見てみましょう。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/scottplasma51.jpg" /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/SCOTT" class="tagword">SCOTT</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/PLASMA" class="tagword">PLASMA</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/5" class="tagword">5</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/TT" class="tagword">TT</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/BIKE" class="tagword">BIKE</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/2015" class="tagword">2015</a><div><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/2015" class="tagword">2015</a>年、<a href="https://blog.fc2.com/tag/SCOTT" class="tagword">SCOTT</a> の <a href="https://blog.fc2.com/tag/TT" class="tagword">TT</a> バイクはカブトムシになりました。最早おいちゃんの知っている TT バイクとは別物になってしまった感さえ漂うコイツ、少しくらいの夏バテなら一気に解消させてくれそうなインパクト、ありません?TT バーがあるおかげで、ライフル二連装しているように見えます。これで前走者を一気に、、、、お盆だというのに不謹慎ですね、自粛します m(_ _)m<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/scottplasma54.jpg" /><br />あまりふざけたことばかり書いているとおバカさんに愛想を尽かされそうなので、ちょっと真面目にいきましょう。このヘッドチューブとトップチューブ周辺の造形は、Nose Cone Hydration System と Storage Box だそうです。つまり、水筒と弁当箱、です。どこに置いたって大きな空気抵抗を生む水筒なんざ、いっそのことタイヤ以外で一番前に持ってきて、その後方のタービュランスの中に弁当箱もいれちまえば、 Aerodynamics 的にイケんじゃね?みたいな発想をデザインにしたらこの位置になったということなのでしょう。<div><br />ちょっと長いですが、紹介動画がありました。見てみる?<br /><br /><iframe width="560" height="315" src="//www.youtube.com/embed/uSD6xiudZdI" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br />これはもう F1 と同じですね。自転車は車でいえば F1 マシンと同じものを市販品として買えるというワンダフルな世界ですから、一度は乗ってみたいものです。では、おさらいしましょう。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/scottplasma512.jpg" /><br />ステムはチューブと面一になる TT 用と、TT 用より 45mm アップライトなポジションにできるトライアスロン用の2種類が用意されています。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/scottplasma513.jpg" /><br />ステムが2種類用意されているなら、ベースバーも3種類用意されていて、構成パーツもこれだけの調整代があれば、ポジションは相当詰めることができそうです。いえ、おいちゃんはライズ100mm位欲しいんですけどってか、あったところで体幹がもちましぇん、、、<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/scottplasma58.jpg" /><br />こちらがお弁当箱。あ、忘れてましたが、このお弁当箱と水筒を外せば(外せるんだな)、ちゃんと UCI のルールには適合するそうです。トライアスロン専用設計ではないんですな。このお弁当箱には、エナジーバーやジェル、替えチューブや CO2 カートリッジなどを詰め込むのに十分な容積がありますから、トライアスリ-トの方はご安心ください。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/scottplasma52.jpg" /><br />さて、水筒と弁当箱の話題はここまでにして、と。旧型でも誰も「軟いよこれ」なんて言ってなかったそうですが、更に130g軽量化して47%も剛性を高めたそうです。おまけに、この水筒をここに持ってきたせいかどうかはわかりませんが、ステムの下にあった上ワンのベアリング位置をステムの上に変更して、ここでも90gの軽量化を果たしているそうです。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/scottplasma53.jpg" /><br />この写真ではちょっとわかりにくいですが、フロントブレーキはフォークブレードに完全に組み込まれ、ダイレクトマウントタイプになっています。リヤブレーキもダイレクトマウントで BB 後ろに搭載されるので、LOOK と同じですね。TT バイクでもあるし、ケーブル類は当然インターナルルーティングです。ガゼットとかフィンっぽい形状が随所にあるフレームですから、タイトなフレームよりも自然なルートを確保できていそう。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/scottplasma55.jpg" /><br />お約束の風洞実験は、MERCEDES BENZ の設備を利用して行われています。ゲルマン人のお仕事ですから、悪かろうはずはありません。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-64.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/scottplasma57.jpg" /><br />チェーンステーは独特の造形です。動画に時々チラッと映るので、もう一度見ておいてください。この形状が TT バイクに必要な駆動力を効率的に後輪に伝達するのに最適だという結論だったのでしょうが、他のバイクとは一味違うデザインになっています。<div><br />さてこの<a href="https://blog.fc2.com/tag/PLASMA" class="tagword">PLASMA</a> 5, パッと見は現行の <a href="https://blog.fc2.com/tag/PLASMA" class="tagword">PLASMA</a> 3 とあまり大差ありませんが、シートチューブとリアホイールフレアが更に「エアロしてる」んだそうです。流石にこの手のバイクはおいそれと買うわけにはいきませんので、おいちゃんには雲の上の存在ではありますが、アラ還になる頃には1台手に入れてみたいなぁ、、、、真夏の夜の夢です。そうか、もう還暦が近いのか、、、、愕然。<br /><br />(from <a href="http://road.cc/content/news/126396-scott-launch-plasma-5-tt-bike" target="_blank" title="ROAD.CC">ROAD.CC</a>)
  • Date : 2014-08-14 (Thu)
  • Category : frame
717

SHIMANO PRO AEROFUEL TT Saddle

陽射しに当たっていれば暖かさは感じるものの、予報通りまた冷え込んできました。なに?そんな寒さにもめげずに今日も元気に乗ってるって?おバカさんですね。そんなおバカさんの分まで、おいちゃんがしっかり暖房の効いた事務所で暖まっておきますから、風邪ひかないようにしてくださいね。さて今日紹介するのは、暖かくなってからじゃないととてもじゃないけど走れない TT 用のサドルです。名より実を取りたい方向け、かな?SHIM... 陽射しに当たっていれば暖かさは感じるものの、予報通りまた冷え込んできました。なに?そんな寒さにもめげずに今日も元気に乗ってるって?おバカさんですね。そんなおバカさんの分まで、おいちゃんがしっかり暖房の効いた事務所で暖まっておきますから、風邪ひかないようにしてくださいね。<br /><br />さて今日紹介するのは、暖かくなってからじゃないととてもじゃないけど走れない <a href="https://blog.fc2.com/tag/TT" class="tagword">TT</a> 用のサドルです。名より実を取りたい方向け、かな?<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-58.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/shimanoproaerofuel1.jpg" /><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/SHIMANO" class="tagword">SHIMANO</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/PRO" class="tagword">PRO</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/AEROFUEL" class="tagword">AEROFUEL</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/TT" class="tagword">TT</a> <a href="https://blog.fc2.com/tag/Saddle" class="tagword">Saddle</a> White/Red, Black/Gray<div><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/PRO" class="tagword">PRO</a> 御用達、武器系の <a href="https://blog.fc2.com/tag/TT" class="tagword">TT</a> サドル。お父さん達にはあまり縁がないかもしれませんが、男の子たるもの <a href="https://blog.fc2.com/tag/TT" class="tagword">TT</a> バイクには惹かれてしまうものですから、こうした武器っぽい製品もたまにはいいんじゃないでしょうか。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-58.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/shimanoproaerofuel2.jpg" /><br />サドルトップの前半分は比較的平らな形状で、後ろ半分は緩やかな傾斜を描きながら下方向にカーブしています。前乗りが基本スタイルなので、ロード用サドルとはかなり異なるルックスになってます。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-58.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/shimanoproaerofuel4.jpg" /><br />センターの溝は深さ 20mm, サドル前端部の横幅は 55mm となっていて、痛みが発生しにくいように配慮されています。表皮素材は耐久性に優れるライトフォームマイクロファイバーで、滑り止め加工を施してあるそうです。濡れた股間(表現がヤラシイな)で乗ることが当たり前のトライアスリートにとっては必須の加工ですね。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-58.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/shimanoproaerofuel3.jpg" /><br />で、お股にも優しい当たり具合を誇る、という訳ですね。ここまで柔軟性に富んでいるなら、安心して肛門をブッ挿してフルモガキできるというものでしょう。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-58.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/shimanoproaerofuel6.jpg" /><br />ベースは耐久性と適度な撓りを両立するカーボン強化樹脂で、アーチ形状になった部分と金属製レールを接合することによってサスペンション効果を高めているそうです。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-58.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/shimanoproaerofuel5.jpg" /><br />そうそう、この角度だとアーチ形状がよくわかりますね。確かに衝撃緩衝効果は期待できそうです。でも、こんな形状だとサドル後端にボトルケージ取り付けできないように思えるんですけど、、、<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-58.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/shimanoproaerofuel8.jpg" /><br />トライアスリートの Bart Aernouts のCERVELO P5 に装着されている <a href="https://blog.fc2.com/tag/AEROFUEL" class="tagword">AEROFUEL</a>. だいぶ斜め後ろ方向にはなってますが、ちゃんとボトルマウントできてますね。ロードの <a href="https://blog.fc2.com/tag/TT" class="tagword">TT</a> だと多分ここまで多くのボトルは必要ないでしょうから、それほど気にしなくてもいいかもしれません。<div><br />たまにはこんなサドルとこんなハンドルバーを装着して、「一人 <a href="https://blog.fc2.com/tag/TT" class="tagword">TT</a> だ!スピード練だぜ!!」と嘯いて夜明けの練習コースに駆け出してみるのも、いいかもしれません。でも、暖かくなってからじゃなきゃやーよ。<br /><br />(from <a href="http://cycle.shimano.co.jp/publish/content/global_cycle/ja/jp/index/products/pro/pro2014.download.-mainParsys-0003-downloadFile.html/2014PRO.pdf" target="_blank" title="SHIMANO">SHIMANO</a>, <a href="http://www.cyclowired.jp/?q=node/125138" target="_blank" title="Cyclowired.jp">Cyclowired.jp</a>, <a href="http://www.slowtwitch.com/News/2013_Kona_Top_15_Men_Bike_4071.html" target="_blank" title="SLOWTWITCH.com">SLOWTWITCH.com</a>)<br /><br /><iframe src="http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=coolequippro-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=B00H3TPPR4" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe> <iframe src="http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=coolequippro-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=B00H3TPQ46" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe><br /><br /><table cellpadding="0" cellspacing="0" border="0" style=" border-style: none; width:300px;"><trstyle="border-style:none;"><td style="vertical-align:top; border-style:none; padding:10px;"><ahref="http://rpx.a8.net/svt/ejp?a8mat=1ZKGLZ+CF4LMQ+2HOM+BWGDT&rakuten=y&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fhb.afl.rakuten.co.jp%2Fhgc%2Fg00puxr4.2bo11ce6.g00puxr4.2bo120ce%2Fa12020781256_1ZKGLZ_CF4LMQ_2HOM_BWGDT%3Fpc%3Dhttp%253A%252F%252Fitem.rakuten.co.jp%252Fworldcycle%252Fpro-i-aero-fuel-sdl%252F%26m%3Dhttp%253A%252F%252Fm.rakuten.co.jp%252Fworldcycle%252Fi%252F10138127%252F" target="_blank"><img border="0" alt=""src="http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/worldcycle/cabinet/itiran29/pro-i-aero-fuel-sdl.jpg?_ex=128x128" /></a></td><td style="font-size:12px; vertical-align:middle; border-style:none;padding:10px;"><p style="padding:0; margin:0;"><a href="http://rpx.a8.net/svt/ejp?a8mat=1ZKGLZ+CF4LMQ+2HOM+BWGDT&rakuten=y&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fhb.afl.rakuten.co.jp%2Fhgc<br />%2Fg00puxr4.2bo11ce6.g00puxr4.2bo120ce%2Fa12020781256_1ZKGLZ_CF4LMQ_2HOM_BWGDT%3Fpc%3Dhttp%253A%252F%252Fitem.rakuten.co.jp%252Fworldcycle%252Fpro-i-aero-fuel-sdl%252F%26m%3Dhttp%253A%252F%252Fm.rakuten.co.jp%252Fworldcycle%252Fi%252F10138127%252F" target="_blank">シマノプロ エアロフューエル サドル</a></p><p style="color:#666; margin-top:5px line-height:1.5;">価格:<span style="font-size:14px; color:#C00; font-weight:bold;">14,784円</span><br/><span style="font-size:10px; font-weight:normal;">(2014/1/28 10:02時点)</span></p></td></tr></table><br /><img border="0" width="1" height="1" src="http://www18.a8.net/0.gif?a8mat=1ZKGLZ+CF4LMQ+2HOM+BWGDT"alt="">
  • Date : 2014-01-29 (Wed)
  • Category : saddle
149

Kask Bambino TT Helmet

今日紹介するのは、TT で気になった TEAM SKY のヘルメットです。Kask Bambino TT Helmet TEAM SKYKask Bambino TT Helmet BlackTEAM SKYが使用する特徴的なTTヘルメット。フレームデザインで新たに導入されたカムテールロジックにも通ずる設計なのでしょう。これまで TT ヘルメットの定番だった尻尾がなくなり横風の影響を低減したフォルムです。口元近くまでの大型バイザーが顔の凹凸をカバーバイザーの固定方式はマグネット3D D... 今日紹介するのは、<br />TT で気になった TEAM SKY のヘルメットです。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/kaskteamsky1.jpg" /><br /><div><div><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/kaskteamsky2.jpg" /><br />Kask Bambino TT Helmet TEAM SKY<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/bambino1.jpg" /><br />Kask Bambino TT Helmet Black<div><br />TEAM SKYが使用する特徴的なTTヘルメット。<br />フレームデザインで新たに導入された<br />カムテールロジックにも通ずる設計なのでしょう。<br />これまで TT ヘルメットの定番だった尻尾がなくなり<br />横風の影響を低減したフォルムです。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/bambino2.jpg" /><br />口元近くまでの大型バイザーが顔の凹凸をカバー<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/bambino3.jpg" /><br />バイザーの固定方式はマグネット<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/bambino4.jpg" /><br /><div><div><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/bambino5.jpg" /><br />3D DRY インナーパッドや ECO レザーストラップ<br />などの快適装備は VERTIGO、固定用バンドは <br />MOJITO から譲り受けた模様<div><br /><br />この他のカラバリは白色です。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/kaskteamsky5.jpg" /><br />White<div><br />サイズはワンサイズで48-58cmです。<br />げっ、、、もしかして入らないという日本人、多いかも。<br /><br />今のところ国内発売は未定のようです。<br />でもきっと発売されるでしょう。<br />wiggle さんでは売ってますしね。<br /><br />TT ヘルメットとしては大人しいフォルムなので、<br />発売されれば結構人気出ると思いますから、<br />今から注視しておきましょう。<br /><br />(from <a href="http://www.diatechproducts.com/kask/tt.html" target="_blank" title="DIATECH PRODUCTS">DIATECH PRODUCTS</a>, <a href="http://www.bikeradar.com/news/article/kask-crono-tt-helmet-first-look-33310/" target="_blank" title="BIKERADER,com">BIKERADER,com</a>)<br /><br /><iframe frameborder="0" allowtransparency="true" height="250" width="300" marginheight="0" scrolling="no" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=2863566&pid=881165206" marginwidth="0"><script language="javascript" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=2863566&pid=881165206"></script><noscript><a href="http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2863566&pid=881165206" target="_blank" ><img src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2863566&pid=881165206" height="250" width="300" border="0"></a></noscript></iframe>
  • Date : 2012-07-11 (Wed)
  • Category : helmet
    Return to Pagetop