calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
485

BIANCHI FORLDING BIKE Joint Broke vol.1

先日、2001年の購入以来、ほとんど乗っていなかった妻用の BIANCHI FOLDING BIKE に乗って、ご近所で所用を済ませていた時、ジョイント部分が折れてしまったので、その状況と修理についてアップしておきます。同型式の自転車にお乗りの方のためにもシェアしておくべきと思ったので、おヒマならご覧ください。こちらが問題の BIANCHI. 2001年式の DAHON 製で、当時購入したのは横浜のお店でした。購入以来の走行距離はわずか30km程... 先日、2001年の購入以来、ほとんど乗っていなかった妻用の <a href="http://blog.fc2.com/tag/BIANCHI" class="tagword">BIANCHI</a> FOLDING <a href="http://blog.fc2.com/tag/BIKE" class="tagword">BIKE</a> に乗って、ご近所で所用を済ませていた時、ジョイント部分が折れてしまったので、その状況と修理についてアップしておきます。同型式の自転車にお乗りの方のためにもシェアしておくべきと思ったので、おヒマならご覧ください。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/bianchiaccident1.jpg" /><br />こちらが問題の <a href="http://blog.fc2.com/tag/BIANCHI" class="tagword">BIANCHI</a>. 2001年式の DAHON 製で、当時購入したのは横浜のお店でした。購入以来の走行距離はわずか30km程度に過ぎず、ずっと室内保管で雨天走行はありませんでした。折り畳んだ状態で保管していたのが約11年半、ここ半年ほどは組みあげた状態でバイクタワーに掛けてありました。メンテナンスは、ホコリ払いの掃除と注油、ワイヤ交換を時折行って、空気圧もタイヤの指定空気圧通りにしてあり、いつでも走れる状態を保っていました。<div><br />さて、実際に破断した時の状況ですが、信号待ちで停車後、青信号に変わったので歩道から横断歩道の自転車走行帯に降りたとたん、「ガチャン!」という金属音とともにジョイント部のストッパーレバーが折れました。最初は何が起きたのかわからなかったんですが、すぐにフレームがガタガタし始めたので、上からジョイント部を見たら、前半分が左に曲がりかけ、後半分はそれに遅れて左側に引きずられていましたよ。もう少しで落車するところでしたが、漕ぎ出し始めだったのが幸いでした。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/bianchiaccident2.jpg" /><br />チェレステカラーのジョイント部の中央のシルバーのパーツが件のストッパーレバーです。この写真だとわかりにくいですが、、、<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-62.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/bianchiaccident3.jpg" /><br />こんな感じでパッカン!と破断しています。<div><br />カトーサイクルの I 師匠に見てもらったところ、「ヒビが入った跡もないから、一発でバキッ!と割れたみたいですねぇ。」とのことでした。破断面をじっくり見てみましたが、錆などの痕跡はなく、見事(?)に割れてました。チェレステカラーに塗られた周辺のジョイント部分にもヒビ割れなども何もなかったので、応力がこのパーツに集中していたってことなんでしょう。でも、それって設計的にアリなんでしょうか?<br /><br />さて、修理ですが、現在カトーから DAHON に問い合わせしてもらっているところです。なにぶん古いモデルですから、果たして補修用パーツがあるのかどうかもわからないし、もしなかったら廃車にしなければならないかも、なんて言われて凹んでます。でも、こんなパーツひとつのせいで廃車というのもなんですし、、、折り畳めなくなってもいいから、溶接とかしてしまおうか、なんて考えてもいます。<br /><br />とりあえず、今は連絡待ちなので、後日状況が進展次第、追記しますね。<br /><br />なお、同型式の DAHON ユーザの方は、一度状態をチェックしておくことをお薦めします。
  • Date : 2013-06-11 (Tue)
  • Category : accident
    Return to Pagetop