calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1378' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
1605

WILIER CENTO 10 AIR FILIPPO POZZATO

年末です。仕事、終わりません orz というか、年末年始休暇はどうやらなくなったようです、、、まぁ三連休とかクリスマスとかいうものも結局事務所外の世界での他人事でしたし、年明け早々のキックオフとか決めてきやがっていただいた社長のご活躍とかもありまして、こんな体と相成りましてございまするぅぅぅぅ~~~ orz ま、いっか。可哀相なのはシニア以下で、彼等こそ本当に山ほど画と紙書かなきゃならないので、本当に寝る暇... 年末です。仕事、終わりません orz というか、年末年始休暇はどうやらなくなったようです、、、まぁ三連休とかクリスマスとかいうものも結局事務所外の世界での他人事でしたし、年明け早々のキックオフとか決めてき<s>やがっ</s>ていただいた社長のご活躍とかもありまして、こんな体と相成りましてございまするぅぅぅぅ~~~ orz <br /><br />ま、いっか。可哀相なのはシニア以下で、彼等こそ本当に山ほど画と紙書かなきゃならないので、本当に寝る暇もないことでしょう。彼等に比べればおいちゃんはまだましですから、せめて餅でも差し入れしましょうかね、、、何?お前も一緒に働けだと?おいちゃんにはおいちゃんなりのお仕事があるのですから、そこんとこわかっといて下さいまし m(_ _)m<br /><br />さて、多分2016年最後の記事になると思しき今日は、今一番欲しいフレームについて見てみます。い~な~、こんなフレーム見ていると現実を忘れていられる、、、、<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/wiliercento10airpozzato7.jpg" /><br />WILIER CENTO 10 AIR FILIPPO POZZATO<div><br />1906年創業、2016年で創業110周年を迎えた伊太利亜の老舗 WILIER のハイエンドエアロロードバイク CENTO 10 AIR に追加された数量限定のスペシャルカラーモデル。FILIPPO POZZATO が世界選手権と DUBAI TOUR で駆ったものと同じカラーリングで、伊太利亜のナショナルカラーである AZZURRA をベースに、Yellow Fluo を随所に入れ込んだ、なんとも華やかなラテン系フレームです。 <br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/wiliercento10airpozzato1.jpg" /><br />エアロロードフレームというと、前面投影面積を削ぎ落すために極限まで横方向に扁平加工したモデルが多かったですが、昨今のワイドリムやダイレクトマウントブレーキなどの普及に伴って前面投影面積が増加したため、WILIER ではエアロロードフレームのデザイン手法を抜本的に見直したそうです。<div><br />つまり、風を受けるところでの抵抗が増えるぶん、「抜け」を良くすることで全体のエアロダイナミクスを向上させよう、という発想の転換だそうです。車のエンジンチューンナップで言うならば、出力アップに必須の吸気効率を上げるために排気効率を高めるごっついマフラー入れる、アレと同じですね。<br /><br />細かい各部の改良も積み重ねた結果、エアロダイナミクス性能は前モデル CENTO 1 AIR 比 8%向上しているそうです。重さも同サイズ比で 15%ダウンだそうで、発想の転換は正解だった模様です。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/wiliercento10airpozzato31.jpg" /><br />ギミック一覧はこんな感じ。簡潔に言うなら、ケーブルルーティングはステム一体型ハンドル ALABARDA の裏側にセットして蓋をすることで内蔵化していること、エアロロードらしくワイドリム化&28C 装着を前提としているので、フォーク、ステーともクリアランスを広くとっていることと、そしてダウンチューブのトップチューブ寄りに紐組時のケーブルアジャスタをセットしたケーブルプレートがあること、といったあたりでしょうか。フレーム各部がちゃんとカムテール形状になっているのは当然です。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/wiliercento10airpozzato8.jpg" /><br />ではまず、FILIPPO POZZATO の実車から見てみましょう。POZZATO は 183cm, 73kg というプロポーションなんで、180cm, 58kg というおいちゃんとは身長で 3cm, 体重では 15kg の差があります。しかし、恐るべきはその手脚の長さで、とてもじゃありませんが、リーチや股下は比較することすらできないほど。多分フレームサイズは XL でしょうからトップチューブ 571mm あるはずで、しかも最早130mmではきかないと思しきこのステムの驚愕の長さといったら!リーチは余裕で 195cm 越えているんでしょうねぇ。ちなみにおいちゃんのリーチは 190cm にも届きません orz <div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/wiliercento10airpozzato3.jpg" /><br />まず目に付くのが、このステム一体型ハンドルバー、ALABARDA。WILIER オリジナルパーツで、シフトケーブルをアップバー下、ステム内部、ヘッドチューブ内部、ダウンチューブ内部へと通すインターナルルーティングの肝になってます。電動の場合は、ステム下にターミナルをセットできるとのことなので、仕上がりはなかなか cool になりそうです。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/wiliercento10airpozzato21.jpg" /><br />ALABARDA には Yellow Fluo で WILIER のロゴが入ります。サイコンは SRM PC8 がセットされていますね。 翼断面形状のアップバーもお約束通り。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/wiliercento10airpozzato23.jpg" /><br />ステムもアップバーに向って薄く扁平加工されているのがミソでしょう。<a href="http://www.cyclowired.jp/news/node/217898" target="_blank" title="Cyclowired のインプレッション">Cyclowired のインプレッション</a>を読む限りでは、この薄さでも剛性面に不安はなさそうです。しかし、ホントに長いステムだこと。150mm 位あるんじゃないでしょうか?<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/wiliercento10airpozzato22.jpg" /><br />深曲がりのハンドルバーがお好みの POZZATO は、右ブラケット下内側にスプリンタースイッチをセットしています。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/wiliercento10airpozzato2.jpg" /><br />ヘッドチューブの造形のゴツいことゴツいこと。剛性確保のための造形なのは勿論なんですが、この形状が実は内部のケーブルルーティングを少し楽にしているということも事実でしょう。紐組みの場合、ステム→ヘッドチューブ→ダウンチューブへと短い距離でカクカクッとひん曲げられるケーブルにとっては、少しでも R が緩い方が引きが軽くなりますからね。それから、このゼッケンプレートですが、フレームにセット用のネジ穴などがないためか、黒いビニールテープで雑に貼り付けられていますね。実践的というか気にしてないというか、プロ用はこういうところも魅力的です。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/wiliercento10airpozzato25.jpg" /><br />トップチューブも天地方向に潰しが入り、、、<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/wiliercento10airpozzato18.jpg" /><br />ここにどどんと御車名が入ります。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/wiliercento10airpozzato15.jpg" /><br />シートクランプはこの位置に。エアロシートポストはエアロフレーム特有のアイテムで、ある意味「ハレ」のパーツですから、クランプも綺麗に収めたいところなので、この位置にセットされることが増えてきましたね。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/wiliercento10airpozzato9.jpg" /><br />サドルは SELLE ITALIA SLR TEAM EDITION ですね。SLR ではありますが、普及品グレードというか、フツーのヤツというか、それほど値が張るモデルではありません。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/wiliercento10airpozzato14.jpg" /><br />比較的細身のストレートフォークにはワンポイントで Italian Tricolore が、そして内側にはロゴが入ります。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/wiliercento10airpozzato13.jpg" /><br />アッセンブルされているホイール、デカールデザインが純正モデルとはちょっと違うようですが、URSUS MIURA T47 のようです。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/wiliercento10airpozzato4.jpg" /><br />ちょっと見にくい、というか見えませんが、ダウンチューブのボトルケージ用ネジは3箇所用意されていて、TT などの時には BB に近い所まで下げられるように工夫されています。普段使いの時はこの位置で問題ないでしょう。しかし、こうして見るとつくづく華やかなフレームですねぇ。このカラーリングだけでも欲しくなってきます。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/wiliercento10airpozzato19.jpg" /><br />シートチューブとシートステーの接点は、UCI ルール上ギリギリの位置まで下げられてコンパクトなリヤ△を形作ります。そうそう、FR キャリパーブレーキはダイレクトマウントタイプです。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/wiliercento10airpozzato20.jpg" /><br />しかし、ワイドタイヤを装着するためのガニ股ステー、見た目には美しさに欠けるというか、見ようによってはフォーククラウン付近のようにも見えますね。機能美、と呼べるようになるか、おいちゃんあまり自信がありません。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/wiliercento10airpozzato24.jpg" /><br />BB はプレスフィット 86.5 x 41 を採用、ボックス形状の各チューブと接合されていていかにも剛性の塊といった印象。貧脚ではとても踏めそうにありませんが、インプレを読むと貧脚なら貧脚なりに心地良く走れそうな気もしますが、、、多分気のせいでしょうw 騙されて買うと痛い目に遭うことでしょうな。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/wiliercento10airpozzato11.jpg" /><br />DURA ACE のチェーんリングは 54 x 46 というギッグギア。今時 46 だとアウターでも使う人がいるほどの歯数ですが、これがインナーたぁプロ選手恐るべし。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/wiliercento10airpozzato17.jpg" /><br />Yellow Fluo が挿し色で入るステーはなかなか綺麗。フォークと同様、内側に入るロゴも効いてます。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/wiliercento10airpozzato5.jpg" /><br />チェーンステーを見るとよくわかるんですが、実はこの AZZURRA 、単なるメタリックブルーであるだけでなく、濃淡も入っているんですね。派手な Yellow Fluo に目が奪われがちですが、ナショナルカラーに対するコダワリが感じられていいですね。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/wiliercento10airpozzato10.jpg" /><br />リヤエンドはダイレクトマウントタイプではないものの、かなりコンパクトな形状です。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/wiliercento10airpozzato16.jpg" /><br />反対側を見ると、2本のステーとエンドが一体成型されている様子がわかります。カーボンフレームになってこうした造形がフツーになってきましたが、万一の際の修理とかを考えると、修理費が心配にはなります。少し前だとエンドまでカーボンだと修理不能じゃないの?なんて思いましたが、今は修理できるようにもなってきたので、あとは懐具合の心配だけでしょうか。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/wiliercento10airpozzato26.jpg" /><br /><div><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/wiliercento10airpozzato32.jpg" /><br />ジオメトリはこちら。トップチューブ(L) 565mm だと一番近いのは L ですねぇ。これで POZZATO ばりにステム130mm あたりブチ込めばまぁそこそこ見られるフォルムに仕上げられるかな。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/wiliercento10airpozzato6.jpg" /><br />こちらは世界選手権での FILIPPO POZZATO の雄姿。右腕内側のキアラ tatoo は見えませんが、奥さんだし、多分まだちゃんと残っていることでしょうね。キャリア的にはピークアウトしている感は否めませんが、伊太利亜の世界戦メンバーに選ばれていることからもわかるようにパンチャーとしての実力はまだまだ一流なのでしょう。女性ファンも多いと思しきイケメン選手なので、これからも活躍してもらいたいものですね。そのほうがこのフレームにもプレミアムが付く、ちゅーもんです。いや、買えませんけど。<div><br />さて、POZZATO カラーはあまりにもアレでこっ恥ずかしいというおバカさんのために用意されたスタンダードカラバリは3色です。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/wiliercento10airpozzato28.jpg" /><br />WILIER CENTO 10 AIR White<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/wiliercento10airpozzato29.jpg" /><br />WILIER CENTO 10 AIR Matte Black<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/wiliercento10airpozzato30.jpg" /><br />WILIER CENTO 10 AIR Red<div><br />、、、いやいや、POZZATO カラー見た後じゃなんとも地味に見えてしまいますが、もう少しカラーリングに凝ってもらいたいと思いますw<br /><br />さて、長々と書き連ねてきましたが、この POZZATO スペシャルカラーフレーム、アップチャージは 10万円だそうで、しかもすでに12/25日に受注〆切を迎えておりました。けっこうショックでかいぞ、というアナタ、まだギリ間に合うかもしれませんので、取扱い先の服部産業さんに直接連絡してみてはいかがでしょうか?それが無理なら、転売狙いでアンテナ張って下さいませw<br /><br />今年も与太ブログにお付き合いくださいまして、ありがとうございました。更新ペースはかなり不規則になってしまいましたが、これからも時間がある時にはちょこちょこ記事を書こうと思ってはいますので、お暇な時に遊びに来て頂けますと嬉しいです。全国のおバカさん達、走り納め&走り初めで事故や怪我などしませぬよう、祈念しております。<br /><br />それでは皆々様、よいお年を~~~~<br /><br />【仕様】<br /><br /><FILIPPO POZZATO カラーフレームセット><br /><br />サイズ:XS、S、M、L、XL<br />ハンドルサイズ:90×40、100×40、100×42、110×42、120×43、133.5×42<br />(これ以外の仕様は下記スタンダードモデルを参照)<br />価格:600,000円(税抜)<br /><br /><スタンダードカラーモデル><br /><br />フレーム:60tカーボン<br />フォーク:60tカーボン<br />ボトムブラケット:BB86<br />最大タイヤ幅:28mm<br />サイズ:XS、S、M、L、XL、XXL(6種類)<br />カラー:ホワイト、マットブラック、レッド<br />税抜価格:<br />フレームセット 440,000円<br />ALABARDA単体 72,000円 <br />フレーム+ALABARDAセット 500,000円<br />シマノ R9100系DURA-ACE+WH-R9100-C40-CL 910,000円<br />シマノ R9100系DURA-ACE+WH-RS11 710,000円<br />シマノ 6800系ULTEGRA+WH-RS11 585,000円<br /><br />(from <a href="http://www.wilier.jp/road/cento10air.php" target="_blank" title="WILIER">WILIER</a>, <a href="http://www.cyclingnews.com/news/filippo-pozzatos-wilier-triestina-cento10-air-gallery/" target="_blank" title="CYCLINGNEWS">CYCLINGNEWS</a>, <a href="http://www.cyclowired.jp/news/node/219561" target="_blank" title="Cyclowired">Cyclowired</a>)
  • Date : 2016-12-28 (Wed)
  • Category : frame
1604

VITTORIA CORSA SPEED Tubeless Ready

火曜日の名古屋は曇り。気温は平年より高めだったようですが、寒がりのおいちゃんにとっては仕事が進まない程度には寒いので、今日も今日とて年末モードでまったりしておりました。おかげで(?)周囲は大忙しだったそうで、年末進行スケジュールは計画通り片づいていくという見事な仕事ぶり。やはり「PMなんぞいてもいなくても同じ。あてにせず自分達で進めようぜ、おう!」というメンバーの気力と実力を育んだおいちゃんの腕もなかな... 火曜日の名古屋は曇り。気温は平年より高めだったようですが、寒がりのおいちゃんにとっては仕事が進まない程度には寒いので、今日も今日とて年末モードでまったりしておりました。おかげで(?)周囲は大忙しだったそうで、年末進行スケジュールは計画通り片づいていくという見事な仕事ぶり。やはり「PMなんぞいてもいなくても同じ。あてにせず自分達で進めようぜ、おう!」というメンバーの気力と実力を育んだおいちゃんの腕もなかなかのものでしょう?ここまで育てるのも苦労してるんですよ社長?って、話し聞いてます?、、、あ、どっか行っちゃった、、、、<br /><br />えー、なんだか年明けに席があるかどうか不安な一日の終わりでしたが、気にせずタイヤでも見てみましょう。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/vittoriacorsaspeedtlr1.jpg" /><br />VITTORIA CORSA SPEED Tubeless Ready TLR<div><br />VITTORIA のハイエンドラインの双璧のひとつ、TT用のチューブレスレディ (TLR) タイヤ。オールラウンドモデルの <a href="http://roadbikeequip.blog.fc2.com/blog-entry-1450.html" target="_blank" title="CORSA SPEED">CORSA SPEED</a> は TU で既に紹介済みですが、TLR は旧 CHRONO CS の系譜を受け継ぐモデルとして登場しています。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/vittoriacorsaspeedtlr2.jpg" /><br /><div><br />TT モデルと謳うその特徴は、ご覧のチャートでおわかりのように、非常にしなやかで転がり抵抗も少なく、耐パンク性能にも優れているというものです。マイレージは稼げないようなのでまさに決戦用といったところでしょう。耐パンク性能は例の GRAPHENE のおかげですな。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/vittoriacorsaspeedtlr3.jpg" /><br />折り畳んだ状態で販売されるんですが、TL とは違いビードはそれほど硬くない印象。セッティングで指の皮がむけることはなさそうです。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/vittoriacorsaspeedtlr4.jpg" /><br />他モデルとの外見上の違いはグレーのサイドケーシング。モノトーンフレームとのコーデは勿論、フレームカラーを選ばないところもいい感じです。トレッド面は円周方向にグルーブが掘られるパタンで、センター部分はほぼスリックでサイドに向うにつれ間隔が細かくなるデザインになっています。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/vittoriacorsaspeedtlr5.jpg" /><br />チューブの内側のインナーシールもグレーでコーデしてます。この TLR 、オープンチューブラー製法と呼ばれる TU と同じ工程でハンドメイドされるんだそうで、しなやかなケーシングは 320TPI というハイレベルな仕上がりです。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/vittoriacorsaspeedtlr7.jpg" /><br />ブランドロゴには推奨空気圧 8~9BAR, 87~130PSI の指定がありますね。右のほうに GRAPHENE を示す G+ マークが誇らしげにプリントされています。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/vittoriacorsaspeedtlr8.jpg" /><br />こちらのタイヤには、VITTORIA PIT STOP TNT EVO Sealant の使用が推奨されています。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/vittoriacorsaspeedtlr10.jpg" /><br />TT用らしく 23C しか用意されていませんが、ちゃんとワイドリムにも対応しますので安心して決戦に投入してください。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/vittoriacorsaspeedtlr9.jpg" /><br />ホイールも Black だとかなり精悍な印象になります。ロープロファイルホイールに装着してヒルクライムに、ディープホイールやディスクに装着して TTに 、という使い方がいいんでしょうなぁ。週末サイクリング用にするには寿命が短めなので、おいちゃんが乗る機会はちょっとなさげですが、おバカ仲間と山に行く時くらいにこそっと装着してみようかな、なんて思いました。<div><br />【仕様】<br /><br />サイズ 700x23c<br />ケーシング コアスパン320TPI<br />コンパウンド グラフェンG+Isotech<br />重量 225g(平均値)<br /><br />(from <a href="http://www.vittoriajapan.co.jp/vittoria/corsa-speed/" target="_blank" title="VITTORIA JAPAN">VITTORIA JAPAN</a>, <a href="http://www.cyclowired.jp/news/node/218505" target="_blank" title="Cyclowired">Cyclowired</a>)<br /><br />※ Amazon はこちら。左:1本 右:2本セットです。<br /><br /><iframe src="https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?t=coolequippro-22&o=9&p=8&l=as1&asins=B01BMKMBVW&ref=qf_sp_asin_til&fc1=000000&IS2=1<1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe> <iframe src="https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?t=coolequippro-22&o=9&p=8&l=as1&asins=B01N00ZFKO&ref=qf_sp_asin_til&fc1=000000&IS2=1<1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe> <iframe style="width:120px;height:240px;" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" frameborder="0" src="//rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=coolequippro-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=as_ss_li_til&asins=B007SNV0LU&linkId=b6a06736c1e4d7726c37efafabcf9f82"></iframe><br /><br />※ こちらは楽天ショップです。<br /><br /><table cellpadding="0" cellspacing="0" border="0" style=" border-style: none; width:300px;"><tr style="border-style:none;"><td style="vertical-align:top; border-style:none; padding:10px; width:108px;"><a href="https://rpx.a8.net/svt/ejp?a8mat=1ZKGLZ+CF4LMQ+2HOM+BWGDT&rakuten=y&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fhb.afl.rakuten.co.jp%2Fhgc%2Fg00rhj94.2bo11d7c.g00rhj94.2bo128b8%2Fa12020781256_1ZKGLZ_CF4LMQ_2HOM_BWGDT%3Fpc%3Dhttp%253A%252F%252Fitem.rakuten.co.jp%252Fguts-cycle%252F10006643%252F%26m%3Dhttp%253A%252F%252Fm.rakuten.co.jp%252Fguts-cycle%252Fi%252F10006643%252F" target="_blank"><img border="0" alt="" src="http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/guts-cycle/cabinet/03151703/imgrc0064606658.jpg?_ex=128x128" /></a></td><td style="font-size:12px; vertical-align:middle; border-style:none; padding:10px;"><p style="padding:0; margin:0;"><a href="https://rpx.a8.net/svt/ejp?a8mat=1ZKGLZ+CF4LMQ+2HOM+BWGDT&rakuten=y&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fhb.afl.rakuten.co.jp%2Fhgc%2Fg00rhj94.2bo11d7c.g00rhj94.2bo128b8%2Fa12020781256_1ZKGLZ_CF4LMQ_2HOM_BWGDT%3Fpc%3Dhttp%253A%252F%252Fitem.rakuten.co.jp%252Fguts-cycle%252F10006643%252F%26m%3Dhttp%253A%252F%252Fm.rakuten.co.jp%252Fguts-cycle%252Fi%252F10006643%252F" target="_blank">ヴィットリア vittoria コルサ スピード CORSA SPEED チューブレスレディ タイヤ 700×23c</a></p><p style="color:#666; margin-top:5px line-height:1.5;">価格:<span style="font-size:14px; color:#C00; font-weight:bold;">7,290円</span><br/><span style="font-size:10px; font-weight:normal;">(2016/12/20 22:56時点)</span></p></td></tr></table><br /><img border="0" width="1" height="1" src="https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=1ZKGLZ+CF4LMQ+2HOM+BWGDT" alt=""><br /><br /><table cellpadding="0" cellspacing="0" border="0" style=" border-style: none; width:300px;"><tr style="border-style:none;"><td style="vertical-align:top; border-style:none; padding:10px; width:108px;"><a href="https://rpx.a8.net/svt/ejp?a8mat=1ZKGLZ+CF4LMQ+2HOM+BWGDT&rakuten=y&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fhb.afl.rakuten.co.jp%2Fhgc%2Fg00rhj94.2bo11d7c.g00rhj94.2bo128b8%2Fa12020781256_1ZKGLZ_CF4LMQ_2HOM_BWGDT%3Fpc%3Dhttp%253A%252F%252Fitem.rakuten.co.jp%252Fguts-cycle%252F10002901%252F%26m%3Dhttp%253A%252F%252Fm.rakuten.co.jp%252Fguts-cycle%252Fi%252F10002901%252F" target="_blank"><img border="0" alt="" src="http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/guts-cycle/cabinet/03151703/img60019402.jpg?_ex=128x128" /></a></td><td style="font-size:12px; vertical-align:middle; border-style:none; padding:10px;"><p style="padding:0; margin:0;"><a href="https://rpx.a8.net/svt/ejp?a8mat=1ZKGLZ+CF4LMQ+2HOM+BWGDT&rakuten=y&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fhb.afl.rakuten.co.jp%2Fhgc%2Fg00rhj94.2bo11d7c.g00rhj94.2bo128b8%2Fa12020781256_1ZKGLZ_CF4LMQ_2HOM_BWGDT%3Fpc%3Dhttp%253A%252F%252Fitem.rakuten.co.jp%252Fguts-cycle%252F10002901%252F%26m%3Dhttp%253A%252F%252Fm.rakuten.co.jp%252Fguts-cycle%252Fi%252F10002901%252F" target="_blank">ビットリア vittoria PITSTOP TNT EVO</a></p><p style="color:#666; margin-top:5px line-height:1.5;">価格:<span style="font-size:14px; color:#C00; font-weight:bold;">1,360円</span><br/><span style="font-size:10px; font-weight:normal;">(2016/12/20 23:04時点)</span></p></td></tr></table><br /><img border="0" width="1" height="1" src="https://www12.a8.net/0.gif?a8mat=1ZKGLZ+CF4LMQ+2HOM+BWGDT" alt="">
  • Date : 2016-12-21 (Wed)
  • Category : tyre
1603

UOMI SMART AIR PUMP M1

月曜の名古屋は暖かい晴天で、まさにおバカさん日和でした。今週末はもうクリスマスだし、年末進行でイライラするし、いい天気だし、、、仕事なんてしてられませんねぇ。まぁ来たるクリスマスのために体力を温存しつつ、仕事をテキトーにメンバーに丸投げして上司には目眩ましの報告を喰らわせておくことで、年内をやり過そうと企んでいます。上手くいくといいんですが、まぁバレたところで対処は年明けしかできないので、サラッと... 月曜の名古屋は暖かい晴天で、まさにおバカさん日和でした。今週末はもうクリスマスだし、年末進行でイライラするし、いい天気だし、、、仕事なんてしてられませんねぇ。まぁ来たるクリスマスのために体力を温存しつつ、仕事をテキトーにメンバーに丸投げして上司には目眩ましの報告を喰らわせておくことで、年内をやり過そうと企んでいます。上手くいくといいんですが、まぁバレたところで対処は年明けしかできないので、サラッと流しておくとしましょう。じゃなきゃブログも書けやしないw(違)<br /><br />さて今日は、おいちゃんには珍しく中華製品の面白いヤツを見つけてきましたよ。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/smartairpumpm11.jpg" /><br />UOMI SMART AIR PUMP M1 Black<div><br />指定空気圧まで自動的にエアを充填してくれる小型電動エアポンプ。PSI, BAR, KPA, kgf/㎠ の4単位で設定できて、最大 100PSI, 6.89BAR, 690KPA, 7.03kgf/㎠ まで充填可能で、Presta (フレンチ), Schrader (米式), Dunlop (英式)の全てに対応します。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/smartairpumpm111.jpg" /><br />本体左端に Power ボタン、真ん中には LCD Pressure Gage, ゲージ横にエア充填コントローラ(U;気圧単位切替ボタン, +;気圧↑, -;気圧↓)、その右隣には Green;Full, Orange;Moderate, Red;Low で示すバッテリーインジケータ、右端に Micro USB Charging Port があります。背面にはエアの吸排出グリルとチューブを繋ぐベントがありますね。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/smartairpumpm17.jpg" /><br />大きさはこのくらい。文字通りちょっと手に余る大きさですが、このサイズにコンプレッサーとリチウムイオン電池が詰め込まれていると思えば、かなり頑張ってコンパクトに仕上げたと言えるのかもしれません。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/smartairpumpm18.jpg" /><br />使い方はフツーのポンプと同じです。I have an UOMI,,,,,♪<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/smartairpumpm19.jpg" /><br />I have a tube,,,,,♪ Uuuun!w<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/smartairpumpm110.jpg" /><br />バルブにセ~ット♪ なぜあらぬ方向を見ているのかは、ナゾw<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/smartairpumpm12.jpg" /><br />指定空気圧をセットしたら、、、<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/smartairpumpm14.jpg" /><br />放置プレーw ロード用タイヤなら約 3分半、MTB用なら約 5分半で充填できるそうです。一度の充電で MTB用タイヤを 3回程度充填できるようですので、ロード用タイヤなら 5回くらいイケるかもしれませんね。まぁ最大 100PSI までしか入らないので、ロードレース用だと少々エアが足りません。シリアスレーサーには不向きですが、素人アラフィフがサイクリング中にパンクして急場を凌ぐ程度の使い方なら問題ないでしょう。エアが入る間に作業後の片づけとかできますから、かえっていいかも。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/smartairpumpm13.jpg" /><br />ボールや浮き輪などにも使えるアダプタも付属しているので、これがあれば様々なレジャーにも使えますね。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/smartairpumpm15.jpg" /><br />シリコンカバーは付属しますが、ソフトケースは別途購入が必要ということですが、チューブやアダプタなどを一緒に持ち運ぶことを考えればソフトケースもセットで付属品としてほしいところです。他の袋に入れておけばいいだけの話ではありますが、SMART の名が付いているんですから Smart に持ち運べるようにしてほしいものです。<div><br />カラバリは2種類です。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/smartairpumpm16.jpg" /><br />UOMI SMART AIR PUMP M1 White<div><br />ポータブルポンプから CO2 カートリッジになって随分進化したと思っていましたが、とうとうポンプも電動化になったんですね。第一世代としてはこんな感じのフォルムでの登場となりましたが、近い将来フレームイン形状で登場する可能性も感じます。その時は Di2 や EPS のバッテリーを共用する仕様とかになってくれればいいんですけどね。<br /><br />とりあえず今予約しても1月上旬以降からの出荷となるようですが、新しモノ好きなおバカさんはいかがでしょうか。<br /><br />【仕様】<br /><br />サイズ:長さ148.5x幅77x高さ26.5mm<br />重量:400g<br />カラー:ブラック<br />出力最大圧力:6.89BAR(100PSI、690KPA、7.03kgf/cm2)<br />自動停止機能:PSI、BAR、KPA、kgf/cm2、4種を小数点2桁までデジタル設定可能<br />空気圧記憶:設定した空気圧を記憶し次回起動時は再設定の必要なし<br />充電時間:マイクロUSBでおよそ3時間 ※一度の充電で約6カ月間は使用可能<br />利用可能頻度:マウンテンバイクのタイヤであれば3回程度<br />充填速度:マウンテンバイク約5.5分、ロードバイク約3.5分<br />付属バルブ:自転車(仏、米、英式)、ボール用空気針、プラスチックノズル<br /><br />(from <a href="http://www.uomi-china.com/index.php?v=show&amp;cid=2&amp;id=1" target="_blank" title="UOMI">UOMI</a>, <a href="http://www.cyclesports.jp/depot/detail/73349" target="_blank" title="CYCLE SPORTS">CYCLE SPORTS</a>, <a href="http://cyclist.sanspo.com/304331" target="_blank" title="Cyclist">Cyclist</a>)<br /><br />※ Amazon にあります。在庫はあるようです。クリスマスに間に合うかも。<br /><br /><iframe style="width:120px;height:240px;" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" frameborder="0" src="//rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=coolequippro-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=as_ss_li_til&asins=B01LYZJZIW&linkId=fdafd626a0b232fc2822d38c2e328a5b"></iframe><br /><br />※ こちらは楽天ショップ。ソフトケースなしのほうだけ Black の在庫あり。それ以外は再入荷待ちの模様です。<br /><br /><table cellpadding="0" cellspacing="0" border="0" style=" border-style: none; width:300px;"><tr style="border-style:none;"><td style="vertical-align:top; border-style:none; padding:10px; width:108px;"><a href="https://rpx.a8.net/svt/ejp?a8mat=1ZKGLZ+CF4LMQ+2HOM+BWGDT&rakuten=y&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fhb.afl.rakuten.co.jp%2Fhgc%2Fg00sje64.2bo11ce1.g00sje64.2bo12d07%2Fa12020781256_1ZKGLZ_CF4LMQ_2HOM_BWGDT%3Fpc%3Dhttp%253A%252F%252Fitem.rakuten.co.jp%252Fbssupply%252Fair-pump-m1%252F%26m%3Dhttp%253A%252F%252Fm.rakuten.co.jp%252Fbssupply%252Fi%252F10000026%252F" target="_blank"><img border="0" alt="" src="http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/bssupply/cabinet/smartairpumpm1/imgrc0067269381.jpg?_ex=128x128" /></a></td><td style="font-size:12px; vertical-align:middle; border-style:none; padding:10px;"><p style="padding:0; margin:0;"><a href="https://rpx.a8.net/svt/ejp?a8mat=1ZKGLZ+CF4LMQ+2HOM+BWGDT&rakuten=y&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fhb.afl.rakuten.co.jp%2Fhgc%2Fg00sje64.2bo11ce1.g00sje64.2bo12d07%2Fa12020781256_1ZKGLZ_CF4LMQ_2HOM_BWGDT%3Fpc%3Dhttp%253A%252F%252Fitem.rakuten.co.jp%252Fbssupply%252Fair-pump-m1%252F%26m%3Dhttp%253A%252F%252Fm.rakuten.co.jp%252Fbssupply%252Fi%252F10000026%252F" target="_blank">1月上旬発送予定! Smart Air Pump M1(スマートエアーポンプ)【シリコンカバー付き】【送料無料】※シリコンカバーは別送の場合があります</a></p><p style="color:#666; margin-top:5px line-height:1.5;">価格:<span style="font-size:14px; color:#C00; font-weight:bold;">12,420円</span><br/><span style="font-size:10px; font-weight:normal;">(2016/12/19 23:36時点)</span></p></td></tr></table><br /><img border="0" width="1" height="1" src="https://www17.a8.net/0.gif?a8mat=1ZKGLZ+CF4LMQ+2HOM+BWGDT" alt=""><br /><br /><table cellpadding="0" cellspacing="0" border="0" style=" border-style: none; width:300px;"><tr style="border-style:none;"><td style="vertical-align:top; border-style:none; padding:10px; width:108px;"><a href="https://rpx.a8.net/svt/ejp?a8mat=1ZKGLZ+CF4LMQ+2HOM+BWGDT&rakuten=y&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fhb.afl.rakuten.co.jp%2Fhgc%2Fg00sje64.2bo11ce1.g00sje64.2bo12d07%2Fa12020781256_1ZKGLZ_CF4LMQ_2HOM_BWGDT%3Fpc%3Dhttp%253A%252F%252Fitem.rakuten.co.jp%252Fbssupply%252Fair-pump-m1-set%252F%26m%3Dhttp%253A%252F%252Fm.rakuten.co.jp%252Fbssupply%252Fi%252F10000027%252F" target="_blank"><img border="0" alt="" src="http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/bssupply/cabinet/smartairpumpm1/imgrc0067269377.jpg?_ex=128x128" /></a></td><td style="font-size:12px; vertical-align:middle; border-style:none; padding:10px;"><p style="padding:0; margin:0;"><a href="https://rpx.a8.net/svt/ejp?a8mat=1ZKGLZ+CF4LMQ+2HOM+BWGDT&rakuten=y&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fhb.afl.rakuten.co.jp%2Fhgc%2Fg00sje64.2bo11ce1.g00sje64.2bo12d07%2Fa12020781256_1ZKGLZ_CF4LMQ_2HOM_BWGDT%3Fpc%3Dhttp%253A%252F%252Fitem.rakuten.co.jp%252Fbssupply%252Fair-pump-m1-set%252F%26m%3Dhttp%253A%252F%252Fm.rakuten.co.jp%252Fbssupply%252Fi%252F10000027%252F" target="_blank">1月上旬発送予定! Smart Air Pump M1(スマートエアーポンプ)【シリコンカバー付き】【オプション(ソフトケース)付き】【送料無料】※シリコンカバー・ソフトケースは別送の場合があります</a></p><p style="color:#666; margin-top:5px line-height:1.5;">価格:<span style="font-size:14px; color:#C00; font-weight:bold;">12,852円</span><br/><span style="font-size:10px; font-weight:normal;">(2016/12/19 23:36時点)</span></p></td></tr></table><br /><img border="0" width="1" height="1" src="https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=1ZKGLZ+CF4LMQ+2HOM+BWGDT" alt="">
  • Date : 2016-12-20 (Tue)
  • Category : pump
1602

PISSEI LAVAREDO JACKET

週末の名古屋は、土曜は寒い曇りでしたが、日曜日は暖かい晴れに恵まれ、あちこちで楽しそうに駆け回っているおバカさん達がいました。おいちゃんは年末進行の煽りをまともに喰らってましたので、例によってアレでしたが、晴れて暖かければとりあえず体温が上がるので、渋々仕事してましたよ。ブログも全然掛けてなくてすみません m(_ _)mさて今日は、ようやくぽつぽつ入荷してきた PISSEI 2016AW シリーズから、ジャケットを見つ... 週末の名古屋は、土曜は寒い曇りでしたが、日曜日は暖かい晴れに恵まれ、あちこちで楽しそうに駆け回っているおバカさん達がいました。おいちゃんは年末進行の煽りをまともに喰らってましたので、例によってアレでしたが、晴れて暖かければとりあえず体温が上がるので、渋々仕事してましたよ。ブログも全然掛けてなくてすみません m(_ _)m<br /><br />さて今日は、ようやくぽつぽつ入荷してきた PISSEI 2016AW シリーズから、ジャケットを見つけてきましたよ。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/pisseilavaredojacket12.jpg" /><br />PISSEI LAVAREDO JACKET<div><br />前身頃に ZERO WIND という防風性に優れた素材を採用した厳冬期用ジャケット。薄手で軽量ながら 0℃ を切る気温でも十分な暖かさをキープできるそうです。また、PISSEI といえばイメージされる派手なカラーリングではなく、シックな Black で統一されているので、インナーやタイツなどとのコーデも問題なくできるでしょう。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/pisseilavaredojacket11.jpg" /><br />メインファブリックは Polyamide 85%、Polyurethane 15%、その他の部位も Polyester 92%、Polyurethane 8%と、柔らかくて伸縮性に富むので、タイトなフィッティングでも着心地が良いのが特徴です。しかし、単に Black 一色というのもなんだか芸がないような気がしてしまいますが、そこはやはり PISSEI, 黙っていられるはずもなく、、、 <div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/pisseilavaredojacket4.jpg" /><br />ファスナーを開けばやはりそこにはこんな鮮やかな Celeste が顔を出します。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/pisseilavaredojacket10.jpg" /><br />フルオープンすると、Celeste の裏地に Italian Tricolor があしらわれていますね。まぁこれが PISSEI 魂というやつでしょう。起毛フリース仕様なので、暖かさはしっかり確保しています。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/pisseilavaredojacket5.jpg" /><br />おバカさんの身体にフィットする造りなので、ツルシの状態だとショルダーはこんな感じでクタッとしてますが、これでいいんでしょう。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/pisseilavaredojacket6.jpg" /><br />リスト部分は襟元と同じでタイト過ぎずにフィットする造りです。こうした造りは最新ジャージと同じですね。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/pisseilavaredojacket7.jpg" /><br />バックショットがこちら。表面をメッシュ素材にして通気性と透湿性を高めてあるので、ジャケット内の不快な蒸れを上手く排出してくれます。ウェストのグリッパーにさりげなく PISSEI PISSEI の文字が見えますが、CUORE マークはセンターポケットに小さく入るだけに留めています。これもシックなデザインを優先した結果なのでしょう。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/pisseilavaredojacket8.jpg" /><br />バックポケットはオーソドックスな3つのオープンポケットと、、、<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/pisseilavaredojacket9.jpg" /><br />右側に縦型のファスナーポケットを装備しています。スマホはここに入れることになるでしょうか。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/pisseilavaredojacket1.jpg" /><br />気持~ち「地味」な印象ではありますが、他社のジャケットがゴワゴワモコモコしがちなのに対し、着心地に並々ならぬコダワリを持つ PISSEI らしいしなやかな着心地が得られそうな予感がします。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/pisseilavaredojacket2.jpg" /><br />これだけしなやかで薄くて軽いのに暖かいとは未だに信じられませんが、モデルさんはジャケットの下はおそらくビブタイツだけというレイヤリング。この状態で 0℃ 以下の気温で走れるのが本当だとするなら、少なくともおいちゃんにとっては驚異的な保温性でしょう。欲しい。<div><br />例によって国内に入ってくるのが遅いのが PISSEI の弱点です。しかもフルラインナップを一気に投入してこないので、どれを買うか迷っているうちに Sold out になることもしばしばで、結局買えず終いになるという、なんとも残念な結果になる方も多いでしょう。今はまだ TOKYO Wheels さんに少しだけありますので、気になる方はお早めにどうぞ。<br /><br />【サイズ・素材】<br /><br />サイズ(着丈/脅威/裄丈:cm)<br /> S 55/92/77<br /> M 58/94/81<br /> L 60/96/82<br /><br />素材<br /> メインファブリック:ポリアミド85%、ポリウレタン15%<br /> その他:ポリエステル92%、ポリウレタン8%<br /><br />(from <a href="http://www.pissei.com/product/lavaredo-jacket/?lang=en" target="_blank" title="PISSEI">PISSEI</a>, TOKYO Wheels)<br /><br />※ TOKYO Wheels に取扱いがありました。在庫僅少につき、年内にご注文するのがよろしいかと。下記バナーからどうぞ。<br /><br /><script language="javascript" src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=2863566&pid=884445065"></script><noscript><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2863566&pid=884445065" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2863566&pid=884445065" border="0"></a></noscript>
  • Date : 2016-12-19 (Mon)
  • Category : jersey
1601

KASK OPTICS KOO OPEN

この週末、名古屋は寒いもののいい天気に恵まれました。病みあがりのおいちゃんですが、日曜は用事を済ませに街乗りで出掛け、あまりの風の冷たさにひーひー言いながら帰ってきました。おいちゃん家から都心までは往復 15km くらいのものですが、帰宅間際でハンガーノックに見舞われ、よれよれになりながら家に辿りつきましたよ。燃費が悪いにもほどがある、、、さて今日は、発表そのものはずいぶん前でしたが、ようやく予約受付が... この週末、名古屋は寒いもののいい天気に恵まれました。病みあがりのおいちゃんですが、日曜は用事を済ませに街乗りで出掛け、あまりの風の冷たさにひーひー言いながら帰ってきました。おいちゃん家から都心までは往復 15km くらいのものですが、帰宅間際でハンガーノックに見舞われ、よれよれになりながら家に辿りつきましたよ。燃費が悪いにもほどがある、、、<br /><br />さて今日は、発表そのものはずいぶん前でしたが、ようやく予約受付が始まったアイウェアを見てみましょう。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/kaskopticskooopen1.jpg" /><br />KASK OPTICS KOO OPEN<div><br />TeamSKY のヘルメットであっという間に市場を席巻した KASK がリリースするアイウェアブランド KOO の第一弾モデル。一見トラディショナルな外観ですが、ところどころに凝ったギミックを搭載して、当然ながら KASK のヘルメットとのコーデが完璧に嵌ります。では、紹介動画をご覧ください。<br /><br /><iframe width="360" height="203" src="https://www.youtube.com/embed/AtlTvU9ihxU" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br />豪州のプロコンチーム DRAPAC は昨年日本国内のレースでもかなり活躍していたので、記憶に残っているおバカさんも多いでしょう。彼等と伊太利亜の U23 チームコルパック(こちらも懐かしい名前だ)の協力を得て開発されてきたそうです。TeamSKY の協力は得られなかったんですねw ではオサライしましょう。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/kaskopticskooopen2.jpg" /><br />KASK OPTICS KOO OPEN Black (Lense ; Smoke Mirror & Clear)<div><br />モノアイタイプのレンズは視界が広くで多くのファンがいます。おいちゃんも見た目がすっきりしていて好きなんですが、どのみち眼鏡タイプのアダプタ入れないとダメなので、モノアイの恩恵にあずかることはできません。残念。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/kaskopticskooopen3.jpg" /><br />レンズはかの ZEISS 製。歪みが少なく、光学機器メーカーがこぞって採用したがる、アレです。品質が劣る訳がありません。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/kaskopticskooopen4.jpg" /><br />モノアイタイプだと少々フレームの強度が落ちてしまうという懸念を払拭するのが、このセンターブリッジ。小さくでもあるとないとでは大きな違いがあるんでしょう。デザイン上もちょどいいアクセントになっていますね。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/kaskopticskooopen7.jpg" /><br />さて、KOO OPEN の大きな特徴は、このテンプルの畳み方。なんか変な方向にテンプルが曲がるかと思ったら、、、<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/kaskopticskooopen8.jpg" /><br />こんな方向に回転を初めて、、、<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/kaskopticskooopen9.jpg" /><br />こうなるんです。なんとも変わった畳み方です。知らない人に貸したらいつものように畳もうとしてバキッ!と瞬殺されそうです。他人に触れさせてはいけませんね。<div><br />また、このテンプルには Airflow Active System というレンズ角度調整機能も搭載されています。ヒンジ部分を基点としてレンズ角度を調整できるので、ヒルクライムなどの低速走行時には額との間隔を広くして曇りを防ぎ、ダウンヒルや高速走行時は反対に狭くして風の巻き込みを減らすことができます。アダプタ付けたら、その分の調整シロは削がれるでしょうけど、、、そもそもアダプタ付けられるかどうかが不明ですが、多分ダメでしょうねぇ、、、<br /><br />そうそう、レンズ交換も簡単にできます。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/kaskopticskooopen5.jpg" /><br />ヒンジ部分についているこのブルーのパーツ、たんなるデザイン上のアクセントではなく、レンズを両端で押さえているタブなんですね。これを押し下げると固定が外れ、、、<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/kaskopticskooopen6.jpg" /><br />内側からレンズを押せば、簡単に外せます。セットする時は逆の順番であっという間に出来上がります。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/kaskopticskooopen10.jpg" /><br />ちょっとポップなケースには、標準レンズと交換用レンズ、スモールノーズパッドが同封されます。<div><br />カラバリはヘルメットとコーデしやすい7色が揃います。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/kaskopticskooopen11.jpg" /><br />KASK OPTICS KOO OPEN White (Lense ; Smoke Mirror & Clear)<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/kaskopticskooopen12.jpg" /><br />KASK OPTICS KOO OPEN Black/Red (Lense ; Smoke Mirror & Clear)<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/kaskopticskooopen13.jpg" /><br />KASK OPTICS KOO OPEN Black/Blue (Lense ; Blue Sky & Clear)<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/kaskopticskooopen14.jpg" /><br />KASK OPTICS KOO OPEN Black/Lime (Lense ; Smoke Mirror & Clear)<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/kaskopticskooopen15.jpg" /><br />KASK OPTICS KOO OPEN Navy/Blue (Lense ; Super Blue & Clear)<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/kaskopticskooopen16.jpg" /><br />KASK OPTICS KOO OPEN Pink Navy/Blue Matte (Lense ; Silver Mirror & Clear)<div><br />う~ん、、、結局一番カッコイイのが DRAPAC Red ってどーなのよ KASK さん ?! きっとそのうちスペシャルカラーとして発売するんでしょうけどねぇ、、、 KASK 製品としては比較的良心的な価格(予価23,000円税別)なので、<a href="http://roadbikeequip.blog.fc2.com/blog-entry-1471.html" target="_blank" title="MOJITO">MOJITO</a> と合わせるなら 4万円強、<a href="http://roadbikeequip.blog.fc2.com/blog-entry-1518.html" target="_blank" title="PROTONE">PROTONE</a> や <a href="http://roadbikeequip.blog.fc2.com/blog-entry-1471.html" target="_blank" title="VERTIGO">VERTIGO</a> となら 6万円強といった具合でしょうか。今なら <a href="http://roadbikeequip.blog.fc2.com/blog-entry-502.html" target="_blank" title="INFINITY">INFINITY</a> と合わせるべきかな?入荷はもう少し先のようですが、今のうちから予約しておけば間違いなく入手できますので、オネエチャンにクリスマスプレゼントとしてオネダリしてみてはいかがでしょうか。<br /><br />(from <a href="http://www.kask-helmet.jp/news/?p=128" target="_blank" title="KASK">KASK</a>, <a href="http://www.bikeradar.com/road/news/article/kask-optics-launches-new-glasses-adds-colours-and-sizes-too-48023/" target="_blank" title="BIKERADAR">BIKERADAR</a>, <a href="http://www.cyclowired.jp/news/node/217420" target="_blank" title="Cyclowired">Cyclowired</a>)<br /><br />※ 楽天ショップにありました。只今予約受付中ですよ。<br /><br /><table cellpadding="0" cellspacing="0" border="0" style=" border-style: none; width:300px;"><tr style="border-style:none;"><td style="vertical-align:top; border-style:none; padding:10px; width:108px;"><a href="https://rpx.a8.net/svt/ejp?a8mat=1ZKGLZ+CF4LMQ+2HOM+BWGDT&rakuten=y&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fhb.afl.rakuten.co.jp%2Fhgc%2Fg00pw4k4.2bo119e5.g00pw4k4.2bo123ae%2Fa12020781256_1ZKGLZ_CF4LMQ_2HOM_BWGDT%3Fpc%3Dhttp%253A%252F%252Fitem.rakuten.co.jp%252Fqbei%252Fpi-218556%252F%26m%3Dhttp%253A%252F%252Fm.rakuten.co.jp%252Fqbei%252Fi%252F10182503%252F" target="_blank"><img border="0" alt="" src="http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/qbei/cabinet/i20161128_01/pi-218556_1.jpg?_ex=128x128" /></a></td><td style="font-size:12px; vertical-align:middle; border-style:none; padding:10px;"><p style="padding:0; margin:0;"><a href="https://rpx.a8.net/svt/ejp?a8mat=1ZKGLZ+CF4LMQ+2HOM+BWGDT&rakuten=y&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fhb.afl.rakuten.co.jp%2Fhgc%2Fg00pw4k4.2bo119e5.g00pw4k4.2bo123ae%2Fa12020781256_1ZKGLZ_CF4LMQ_2HOM_BWGDT%3Fpc%3Dhttp%253A%252F%252Fitem.rakuten.co.jp%252Fqbei%252Fpi-218556%252F%26m%3Dhttp%253A%252F%252Fm.rakuten.co.jp%252Fqbei%252Fi%252F10182503%252F" target="_blank">【先行予約受付中】KASK(カスク)/KOO(クー) 2017年モデル OPEN (オープンフレームカラーブラック)[調光レンズ][サングラス]</a></p><p style="color:#666; margin-top:5px line-height:1.5;">価格:<span style="font-size:14px; color:#C00; font-weight:bold;">24,840円</span><br/><span style="font-size:10px; font-weight:normal;">(2016/12/11 20:27時点)</span></p></td></tr></table><br /><img border="0" width="1" height="1" src="https://www12.a8.net/0.gif?a8mat=1ZKGLZ+CF4LMQ+2HOM+BWGDT" alt="">
  • Date : 2016-12-12 (Mon)
  • Category : eye wear
1600

SCOTT CADENCE PLUS & CENTRIC PLUS

やはり師走は慌ただしいですねぇ。先月末から風邪もひいていたこともあって、ずいぶん更新できませんでした。寝ている時に twitter のTL を見ていたら、このクソ寒い中、おバカさん達が元気に駆け回っている様子を見ては「、、、寒そぅ、、、」としか思えず、毛布を重ねて薬飲んでぬくぬくするしかできず、合間を見てはテキトーに指示をメールしてあとはメンバーにお任せというスタイルで激務を乗り切りましたわw ふふふ、確実に上... やはり師走は慌ただしいですねぇ。先月末から風邪もひいていたこともあって、ずいぶん更新できませんでした。寝ている時に twitter のTL を見ていたら、この<s>クソ</s>寒い中、おバカさん達が元気に駆け回っている様子を見ては「、、、寒そぅ、、、」としか思えず、毛布を重ねて薬飲んでぬくぬくするしかできず、合間を見てはテキトーに指示をメールしてあとはメンバーにお任せというスタイルで激務を乗り切りましたわw ふふふ、確実に上司と部下から見放されたぞ、、、<br /><br />ま、周囲の雑音は放っておくとして、今日はやたら冷却性能がよさげなエアロヘルメット2種類を見てみましょう。暑くなるまで絶対かぶれませんが、、、<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/scottcadenceplus13.jpg" /><br />SCOTT CADENCE PLUS & CENTRIC PLUS<div><br />MIPS 搭載でヘルメット非装着時よりも涼しいエアベンチレーション効果を実現したエアロヘルメット。エアロ効果がより高いロード用 CADENCE PLUS と、通気性に優れ MTB にも使える CENTRIC PLUS という2枚看板での登場です。まずは紹介動画をご覧ください。<br /><br /><iframe width="360" height="203" src="https://www.youtube.com/embed/9SlSELZbVb0" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br />MIPS 搭載してても通気性いいんですねぇ。MIPS 登場当初、インナーシェル構造がなにやらゴテゴテしてましたが、フィッティングシステムと連結したモデルも増えるなど、デザインは徐々に成熟してきたようです。ではオサライしましょう。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/scottcadenceplus1.jpg" /><br />SCOTT CADENCE PLUS GREEN FLASH/BLACK<div><br />まず CADENCE PLUS. このヘルメットは既に ORICA BIKE EXCHANGE の面々が使用していたので、見慣れたモデルです。エアロヘルメットらしい全体的にまるーんとしたシルエットがすっきりした印象です。もうトゲトゲのヘルメットかぶっている時代じゃなくなりましたねぇ。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/scottcadenceplus5.jpg" /><br />この形状は航空宇宙工学と流体動力学の権威であるリチャード・ケルソ氏 (The University of Adelaide) との共同開発だそうで、ヘルメット内外の気流を最適化してエアロ性能と通気性を高いレベルでバランスさせているとのことです。旧モデルとなる VANISH aero 比では、40km走ると最大10秒以上タイムを削り落し、冷却性能も 23%向上したそうです。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/scottcadenceplus6.jpg" /><br />そして MIPS. すっかり収まりが良くなったものですねぇ。インナーパッドも薄そうなので、なんとなくクッション性は悪くなったような気もしますが、頭を守るためですからそのくらいは我慢しましょう。そうそう、「MIPS ってなんだっけ?今更聞けねぇ、、、」というおバカさんのために、わかりやすく説明してくれている動画も置いておきます。<div><br /><iframe width="360" height="203" src="https://www.youtube.com/embed/tZZ5NJEewcc" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br />ずる~んとずれて、頭を守ってくれる訳です。いいですねぇ、ずれ具合がw <br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/scottcadenceplus8.jpg" /><br />ムキ身w フィッティングシステムと一体化しているので、快適性を犠牲にせずにより安全性が高まることを期待しましょう。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/scottcadenceplus14.jpg" /><br />さてこの MIPS をはじめ、インナーシェル形状のデザインは、頭部の動脈と神経のマッピングに基づいているんだそうです。このイラストの赤とピンクが動脈で、オレンジが神経だそうで、こんな解析をした結果、フィット感と快適性、冷却性、そして安全性を考慮して先程見たムキ身とインナーシェル形状が決まったんですね。ちゃんと科学してます。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/scottcadenceplus7.jpg" /><br />リヤビューもまん丸。パッと見、エア抜けはあまり良さそうではありませんが、前傾姿勢時(前傾角度 15°)にもっともエア抜けが良くなるようになっているようですので、これで大丈夫なんでしょう。昔のゲーム(<a href="https://www.youtube.com/watch?v=286RIQQqzhU" target="_blank" title="DigDag">DigDag</a>って、わかる?)のキャラっぽく見えて仕方ないw わかるアナタはアラフィフ確定!<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/scottcadenceplus10.jpg" /><br />大きく開けられたエアインテークにはちゃんと蓋も付属してます。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/scottcadenceplus11.jpg" /><br />蓋するとこう。荒天時やエアロ重視の TT とかはこれでいきましょー。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/scottcadenceplus12.jpg" /><br />個人的に造りが親切だと思ったのが、このストラップの取り回し方です。アナログっちゃアナログなアジャスタですが、変に緩むこともなさそうだし、下手なバックルよりも確実に調整できていい気がします。<div><br />カラバリは4色です。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/scottcadenceplus2.jpg" /><br />SCOTT CADENCE PLUS WHITE/BLACK<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/scottcadenceplus3.jpg" /><br />SCOTT CADENCE PLUS DARK GREY/RED<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/scottcadenceplus4.jpg" /><br />SCOTT CADENCE PLUS BLACK<div><br />【仕様】<br /><br />サイズM, L<br /><br />CONSTRUCTION: In-Mold Technology PC Micro Shell<br />FIT SYSTEM: HALO<br />APPROX. WEIGHT: 270g<br />++Aero Optimized<br />++MIPS with SCOTT AIR Technology<br />++Optimized Ventilation<br />++X-Static® anti-bacterial padding<br />++AERO Plugs<br /><br />続いて、MTB にもいける CENTRIC PLUS です。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/scottcentricplus1.jpg" /><br />SCOTT CENTRIC PLUS BLACK/YELLOW RC<div><br />基本コンセプトは同じながら、こちらは通気性、つまり冷却性能に重きを置いたモデル。実は CADENCE PLUS よりも 20g軽い 250g なので、ロードで使うならヒルクライムとか酷暑時に使うのがお薦めでしょう。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/scottcentricplus5.jpg" /><br />エアインテークとアウトレットが増えたおかげで、ヘルメットを装着すると非装着時より 2%冷却効果が高いんだそうですよ。速度域が不明なのでなんともいえませんが、すくなくともダウンヒルとかで飛ばしたら頭は涼しいんでしょうね。エアロ形状になったおかげで旧モデル VANISH evo よりも 17%ものスピードアップを実現しているとかで、おったまげー(平野ノラ風でどうぞ)。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/scottcentricplus6.jpg" /><br />MIPS は CADENCE PLUS と同じデザインのようですね。<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/scottcentricplus7.jpg" /><br />熱がこもりやすい頭頂部付近を中心に CADENCE PLUS よりエアアウトレットが増やされているのがわかりますね。これが通気性の良さの理由でしょう。なお、こちらには蓋はありません。雨が降ったら濡れてください。<div><br />カラバリはやはり4色です。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/scottcentricplus2.jpg" /><br />SCOTT CENTRIC PLUS GREEN FLASH/BLACK<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/scottcentricplus3.jpg" /><br />SCOTT CENTRIC PLUS WHITE/RED<div><br /><div><img src="http://blog-imgs-100.fc2.com/r/o/a/roadbikeequip/scottcentricplus4.jpg" /><br />SCOTT CENTRIC PLUS BLACK<div><br />【仕様】<br /><br />サイズM, L<br /><br />CONSTRUCTION: In-Mold Technology PC Micro Shell<br />FIT SYSTEM: HALO<br />APPROX. WEIGHT: 250g<br />++Aero Optimized<br />++MIPS with SCOTT AIR Technology<br />++Optimized Ventilation<br />++X-Static® anti-bacterial padding<br /><br />個人的には、せっかく買うなら今時の CADENCE PLUS DARK GREY/RED にします。軽さや涼しさよりも「見た目」ですw<br /><br />(from <a href="http://www.scott-japan.com/bikes/term/93" target="_blank" title="SCOTT JAPAN">SCOTT JAPAN</a>, <a href="http://www.cyclesports.jp/depot/detail/72951" target="_blank" title="CYCLE SPORTS">CYCLE SPORTS</a>, <a href="http://www.cyclowired.jp/news/node/217982" target="_blank" title="Cyclowired">Cyclowired</a>, <a href="http://road.cc/content/tech-news/195275-scott-launches-cadence-plus-and-centric-plus-aero-helmets" target="_blank" title="ROAD.CC">ROAD.CC</a>, <a href="https://cyclingtips.com/2016/07/scott-cadence-plus-aero-helmet-review/" target="_blank" title="CYCLINGTIPS">CYCLINGTIPS</a>)<br /><br />※ 楽天ショップにありました。<br /><br /><table cellpadding="0" cellspacing="0" border="0" style=" border-style: none; width:300px;"><tr style="border-style:none;"><td style="vertical-align:top; border-style:none; padding:10px; width:108px;"><a href="https://rpx.a8.net/svt/ejp?a8mat=1ZKGLZ+CF4LMQ+2HOM+BWGDT&rakuten=y&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fhb.afl.rakuten.co.jp%2Fhgc%2Fg00s86t4.2bo11caa.g00s86t4.2bo12a6e%2Fa12020781256_1ZKGLZ_CF4LMQ_2HOM_BWGDT%3Fpc%3Dhttp%253A%252F%252Fitem.rakuten.co.jp%252Fkeig%252F10004331%252F%26m%3Dhttp%253A%252F%252Fm.rakuten.co.jp%252Fkeig%252Fi%252F10004331%252F" target="_blank"><img border="0" alt="" src="http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/keig/cabinet/04787783/05280407/imgrc0071148728.jpg?_ex=128x128" /></a></td><td style="font-size:12px; vertical-align:middle; border-style:none; padding:10px;"><p style="padding:0; margin:0;"><a href="https://rpx.a8.net/svt/ejp?a8mat=1ZKGLZ+CF4LMQ+2HOM+BWGDT&rakuten=y&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fhb.afl.rakuten.co.jp%2Fhgc%2Fg00s86t4.2bo11caa.g00s86t4.2bo12a6e%2Fa12020781256_1ZKGLZ_CF4LMQ_2HOM_BWGDT%3Fpc%3Dhttp%253A%252F%252Fitem.rakuten.co.jp%252Fkeig%252F10004331%252F%26m%3Dhttp%253A%252F%252Fm.rakuten.co.jp%252Fkeig%252Fi%252F10004331%252F" target="_blank">SCOTT スコット CADENCE PLUS ヘルメット アジアンフィット 250026</a></p><p style="color:#666; margin-top:5px line-height:1.5;">価格:<span style="font-size:14px; color:#C00; font-weight:bold;">27,497円</span><br/><span style="font-size:10px; font-weight:normal;">(2016/12/8 15:47時点)</span></p></td></tr></table><br /><img border="0" width="1" height="1" src="https://www15.a8.net/0.gif?a8mat=1ZKGLZ+CF4LMQ+2HOM+BWGDT" alt=""><br /><br /><table cellpadding="0" cellspacing="0" border="0" style=" border-style: none; width:300px;"><tr style="border-style:none;"><td style="vertical-align:top; border-style:none; padding:10px; width:108px;"><a href="https://rpx.a8.net/svt/ejp?a8mat=1ZKGLZ+CF4LMQ+2HOM+BWGDT&rakuten=y&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fhb.afl.rakuten.co.jp%2Fhgc%2Fg00s86t4.2bo11caa.g00s86t4.2bo12a6e%2Fa12020781256_1ZKGLZ_CF4LMQ_2HOM_BWGDT%3Fpc%3Dhttp%253A%252F%252Fitem.rakuten.co.jp%252Fkeig%252F10004332%252F%26m%3Dhttp%253A%252F%252Fm.rakuten.co.jp%252Fkeig%252Fi%252F10004332%252F" target="_blank"><img border="0" alt="" src="http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/keig/cabinet/04787783/05280407/imgrc0071148930.jpg?_ex=128x128" /></a></td><td style="font-size:12px; vertical-align:middle; border-style:none; padding:10px;"><p style="padding:0; margin:0;"><a href="https://rpx.a8.net/svt/ejp?a8mat=1ZKGLZ+CF4LMQ+2HOM+BWGDT&rakuten=y&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fhb.afl.rakuten.co.jp%2Fhgc%2Fg00s86t4.2bo11caa.g00s86t4.2bo12a6e%2Fa12020781256_1ZKGLZ_CF4LMQ_2HOM_BWGDT%3Fpc%3Dhttp%253A%252F%252Fitem.rakuten.co.jp%252Fkeig%252F10004332%252F%26m%3Dhttp%253A%252F%252Fm.rakuten.co.jp%252Fkeig%252Fi%252F10004332%252F" target="_blank">SCOTT スコット CENTRIC PLUS ヘルメット アジアンフィット 250023</a></p><p style="color:#666; margin-top:5px line-height:1.5;">価格:<span style="font-size:14px; color:#C00; font-weight:bold;">28,523円</span><br/><span style="font-size:10px; font-weight:normal;">(2016/12/8 15:47時点)</span></p></td></tr></table><br /><img border="0" width="1" height="1" src="https://www13.a8.net/0.gif?a8mat=1ZKGLZ+CF4LMQ+2HOM+BWGDT" alt="">
  • Date : 2016-12-09 (Fri)
  • Category : helmet
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。