calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1022

reric Altail High Jacket & Libra High Vento Block Bibtights

土曜日の名古屋は午前中が土砂降りだったのでバイクに乗れた人はちょっと少なかったようです。気温は比較的高くて暖かかったのに、残念でした。日曜日はどうやら今シーズン最後の自転車日和らしいので、この記事がアップされる頃はおバカさん達は嬉々として駆け回っていることでしょうね。

さて、そろそろ越冬時期ということもあって、ハイテクを駆使した厳冬期用ウェアを探してみましたよ。これがあればおいちゃんも真冬に乗れるかも?!


reric Altail High Jacket & Libra High Vento Block Bibtights

高品質かつハイセンスデザインを標榜する Made in JAPAN ブランドの reric の厳冬期用ジャケットとビブタイツ。防風透湿パネルやサーモライト裏地、ウポーツライクラ2WAY素材など、ハイテク素材をフル装備しているうえ、立体裁断パターンにより前傾姿勢でピッタリフィットする構造になっています。使用推奨気温は上下とも 0℃までを想定していますので、山間部じゃなければほぼなんとかなるでしょう。

では、順番に見てみましょう。


reric Altail High Jacket White

ジャケット全体に防風透湿パネルを採用し、立体裁断で前傾姿勢時にジャストフィットする reric 2014年冬用ジャケットのハイエンドモデル。Black のパネルが艶やかに光っていて、いかにも防風性が高そうな外観ですね。


全素材が 2WAY方向に伸縮するので、身体の動きにちゃんとついてきてくれます。肩、肘、背中の部分が攣れないようになっているのはいいことなんですが、おいちゃんのように常にアップバー握っている肩や肘まわりがダブついたりしないか心配ですw


体側パネルのカットラインもいかにも「わかってるだろな、前傾だぞ前傾、下ハン握ってモガき続けろってことだぜ!」と言わんばかりのググッと前に出たラインが目につきます。なお、この写真のモデルは元オリンピック日本代表のシルベストサイクルの山崎敏正統括店長です。このお腹周り、きっと驚異的な体幹筋に違いなく、間違ってもおいちゃんのような脂身ではありません。でもちょっとむっちりした見た目は似てますね、、、腹は似てても脚は天と地ほどの差があることだけは違いありません。


裏地にはハニカム模様のパイル素材であるサーモライト生地を採用、高い保温性を確保しています。reric の文字が入っているのがワカエエ。


バックポケットはオーソドックスな3ポケットタイプをベースに、ファスナーポケットを左右に用意した5ポケット仕様になっています。背中部分の一部には通気性の良い起毛生地を使用して、蒸れを軽減してくれます。

カラバリは3色です。


reric Altail High Jacket Black


、、、強そうだぞ。


reric Altail High Jacket Red


見た目重視ならこれかな。


サイズに関しては、タイトフィットなので他の reric ジャケットよりもワンサイズ大きめがおススメとのことです。タイトフィットがお好みなら、他のジャケットと同サイズを選べばピチピチフィットになるでしょうから、緊縛趣味のある M 気質の方はどうぞw

続いて、ビブタイツです。


reric Libra High Vento Block Bibtights

ヒップラインから膝にかけての立体裁断パターンのおかげでストレスのないペダリングをサポートしてくれるハイエンドビブタイツ。吊るした状態だと、自然に膝がくの字に曲がるので、まるで誰かが着ているように見えるので、暗がりに吊るしておくのはやめておきましょう。ちなみにこの膝部分はフィルムラミネート素材を貼ってあって、冷えから膝を守ってくれます。

外側の 3レイヤー構造で風を防ぎ、内側の裏起毛スポーツライクラ 2WAY 素材で保温性を確保しつつ、背中側のメッシュで汗を蒸発させるので、0℃の気温でも快適なライドが楽しめるというわけです。


パッドは伊太利亜の専門メーカー製で、部位ごとに厚みを変えた 3D 構造になっています。おかげで6時間にもなるロングライドにも十分対応できる快適性を持っているそうです。


裏面にエアスルーホールを開けてムレを軽減できるので、その点でも快適なわけですね。


こちらも基本的にはワンサイズ大きめかジャストサイズのどちらかがおススメでしょう。

PEARL IZUMI や SHIMANO ACCU 3D ではちょっと、、、という印象を抱いているおバカさんなら、reric の良さがおわかり頂けるかもしれませんので、気になった方は今のうちにポチッておきましょう。

(from reric, CYCLE SPORTS, Cyclowired.jp, BiCYCLE CLUB)

※ Amazon はこちら。リンク先でカラーとサイズが選択できます。



※ ここから楽天ショップです。

レリック アルタイル ハイジャケット ホワイト (0-8℃)

価格:28,080円
(2014/11/29 21:14時点)




レリック アルタイル ハイジャケット レッド (0-8℃)

価格:28,080円
(2014/11/29 21:14時点)




レリック アルタイル ハイジャケット ブラック (0-8℃)

価格:28,080円
(2014/11/29 21:15時点)




レリック リブラ ハイベントブロック ビブタイツ ブラック(0~8℃)

価格:24,300円
(2014/11/29 22:00時点)


関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back