calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1104

LAPIERRE AIRCODE ULTIMATE

木曜日の名古屋は冬晴れの一日でした。少し暖かくなったので、おいちゃんは例によって午睡を堪能できました(ダメじゃん)。仕事中にウツラウツラするのは何故こんなにも気持ち良いのでしょうね、、、気付くとコードがえらいことになっていましたが、どこがどう間違っているのかさっぱりわからないので、眠くなってから目が覚めた時までに書いたコードを全て削除してやりましたよ。これで大丈夫です(違)。

さて今日は、ここ数年こっそりマークしていたお仏蘭西のフレームを紹介しましょう。


LAPIERRE AIRCODE ULTIMATE Maglia Rossa

創業以来69年もの歴史を誇り、LOOK と双璧をなす仏蘭西のメーカー LAPIERRE 初のエアロロードバイクのハイエンドモデル。カムテール理論、ダイレクトマウントブレーキ、セミインテグレーテッドステムなど、エアロロードバイクの最先端ギミックを搭載する一方、整備性にも配慮、魅力的な Parisienne のように美しい R を描くフレームワークは、妖しくも逞しさをかんじさせる高性能フレームです。


エアロバイクらしさは、まず細身にシェイプされたヘッドチューブに現われています。ヘッドベアリングの下ワンは 1-1/4 と、最近のゴツいヘッドに比べてかなりの細身に仕上げられ、前面投影面積の低減に貢献しています。


注目すべきはステムの取付位置。ヘッドチューブ上面とトップチューブ上面に段差があり、ステムが少し埋没するような位置にあることがわかります。これがエアロに効く訳ですね。ケーブル類はこの位置でフレームインされています。


ダウンチューブとシーとチューブはカムテール形状で、トップチューブは上面が扁平形状になっています。今やエアロロードなら必須ですもの、そりゃそうでしょうね。


フロントブレーキはダイレクトマウント方式で、フォークはブレーキを包み込むような形状になっています。なおオフセット量は 50mm となっていて、ノーマルモデルの XELIUS の 43mm よりも長くなりました。エアルロードバイクなので、高速域での安定性を重視した結果なのでしょう。


フォークのカットモデルがこちら。クラウン部分にはブレーキシューが入る窪みがあり、いかにもエアロバイクらしいです。断面形状は見事な翼断面形状です。ここをカムテールにしなかった理由はなんだろ、、、整流にはあまり影響がないと判断したのでしょうかね。


凝った造りのフロントに比べると、リヤブレーキは通常の位置に通常のキャリパーブレーキです。BB位置にダイレクトマウントブレーキを搭載するエアロロードバイクも多い中、ここにキャリパーブレーキを搭載することを決めたのは、整備性と信頼性の高さを重視した結果とのことです。


シートクランプはここに隠れています。クランプ方式は各社の個性が発揮されるところでもありますが、これは斜臼タイプです。ラバーキャップで蓋できるので、ボルトを雨や汗、汚れから守ってくれます。


18ヶ月の開発期間中には、Formula 1 でもお馴染みの Magny-Cours にある風洞実験施設でテストが入念に繰り返されました。エアロロードバイクでありながら、ヒルクライムでもスプリントでもイケるフレームに仕上げるには、相当な努力を要したはずですが、、、


苦労した甲斐があったと見えて NACER BOUHANNI が大活躍しましたね。GIRO で Maglia Rosso を纏った雄姿がこちらです。ゴールスプリントでの独特な切れ味には驚かされました。TDF でも THIBAUT PINOT が総合3位に入りましたっけ。



ジオメトリを見ると、トップ長 575mm が基本のおいちゃんは L ですね。サイズに関わらずリヤセンターが 408mm ということにも注目。反応良さげですな。これがゴールスプリントに活きているのでしょう。


こちらがデフォの LAPIERRE AIRCODE ULTIMATE FDJ.fr カラー。お仏蘭西の香りプンプンの Tricolor ですので、エスプリ効かすならこちらのほうがらしいでしょう。

お仏蘭西フレームといえば LOOK, TIME とくるんですが、こうして見てみると LAPIERRE も結構興味深いかもしれません。最新のエアロフレームでありながら、ヒルクライムやスプリントにも受け容れてくれる懐の深さを見ると、素人のおいちゃんは何の不満もありません。むむ、書いているうちにちょっと欲しくなってきましたよ、、、スナイパー、3台目これにしてもいい?1台目はイタ物、2台目はアメ車、なんですけど、、、(殺)

【スペック(フレームセット)】

カラー FDJ.fr、レッド
サイズ 46、49、52、55
フレーム AIRCODE ULTIMATE VHM CARBON50%+HM/HR CARBON
フォーク AIRCODE ULTIMATE CARBON/CARBON STEERER
 ※ダイレクトマウントブレーキ専用
対応コンポーネント シマノDi2、カンパニョーロEPS、機械式コンポーネント全般
対応BB シマノプレスフィット86.5mm
改定税抜価格(2015/1/30より) ¥389,000-

(from LAPIERRE, AZUMA SHOKAI, Cyclowire.jp, CYCLE SPORTS)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back