calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1106

VITTORIA QURANO 46 CARBON TUBULAR

土曜日の名古屋は晴れのち曇り。厳しい冷え込みは一段落したようで、陽射しが弱かったことを除けばまあまあのおバカさん日和でした。おいちゃんは今日はスナイパー孝行デーでしたので、運転手さんしてましたよ。これで徳を積めば、春にはいよいよ新車を導入できるかもしれないという淡い期待を胸に頑張りました。果たしてどうなるか、、、これからも功徳に励みましょう。

さて今日は、ちょっと前から気になっていたホイールを紹介しましょう。


VITTORIA QURANO 46 CARBON TUBULAR

2015年から新たに展開される VITTORIA ホイールのハイエンドホイール。リムハイトには 46mm (F42mm / R46mm) / 60mm / 84mm のバリエーションがあり、一番オールマイティに使えそうなのがこの QURANO 46 です。VITTORIA TU と併用することで最高のパフォーマンスを発揮できるようデザインされているので、VITTORIA TU 愛用おバカさんには待望の純正カーボンホイールでしょう。

まずは紹介動画をご覧ください。あ、同時リリースされている他のホイールについても紹介していますので、悪しからずご了承ください。



なんとなく特徴がわかりましたね。ではオサライしましょう。


まず注目すべきはその素材。このラベルにある GRAPHENE PLUS は、炭素原子がハニカム結合した極めて薄い素材でありながら、鋼鉄の200倍という強度を有しているとのことです。この GRAPHENE PLUS を従来のカーボン素材にブレンドすることで、ブレーキング時の温度上昇を抑えたり、横方向全体とスポーク穴周辺の強度引上げに成功したんだとか。


TU リムの一番の特徴はこのリムベッドですが、その形状は VITTORIA TU に最適化されたものになっていて、まさにピッタリフィットします。リム幅は 23 ~ 25mm 幅のタイヤに最もフィットする 23.5mm(リム外幅)です。エアロ重視の姿勢がここに見てとれますね。


整備性を考慮して、スポークのニップルはリム外に出されています。この辺りはプロ選手の要望を反映したものなのでしょう。バルブの下に QR コードが貼られているのがおわかりでしょうか?これ、オンライン登録しておくと最大3年の保証が受けられるので、買ったら早速登録しましょう。また、リム側面の膨らみ方は結構ボテッとして見えますが、、、


このリム、ロープロファイルホイールではよくありますがディープリムとしてはちょっと珍しいオフセット仕様なんです。


右側の垂線が物理的なセンターですが、左側に 2.5mm オフセットされた垂線が構造設計上のセンターになっていて、スポークテンションの左右差を抑える効果があります。

次はハブ。


フロントハブはこれといった特徴のないごくごくフツーのシンプルなハブですね。


16本のエアロスポークはストレートプル方式のラジアル組みです。


特徴があるのはリヤハブ。ギヤ側だけをラージフランジにしてここでも左右の剛性バランスを調整しているだけでなく、Switch IT Technology なる独自技術が投入されています。


ハブだけ見てもその特徴はあまりよくわかりませんが、、、


実は、工具なしでフリーボディをそっくりそのままスポッと交換できるんです。フツーのハブは専用工具でスプロケ外さないとフリー交換できませんが、その手間がないというのは、素早くメンテを済ませたいプロ選手やメカニックに対して大いにアピールするポイントです。勿論、コンポ交換が大きな楽しみのひとつであるおバカさんにとっても大きな魅力でしょうね。


VITTORIA のレーダーチャートを見ると、軽さ、エアロ、加速性能については自信があるようですね。剛性や制動性能に関しては及第点、といった自己評価ですが、素人が乗って不満が出るレベルではないでしょう。少なくともおいちゃんはあまりガチガチじゃなさそうな点が気に入っています。



付属品として、ニップル回しなどの携帯工具、QRレバー、セラミックブレーキパッド、バルブエクステンダー、ホイールバッグがついてきます。充実してますね。


三兄弟揃い踏みの図。全部揃えておいてシーンや目的によって使い分ける、、、なんて贅沢なんでしょう。おバカ度 MAX ですね。

実はこれだけのスペックでありながら、前後セットで \218,500- というプライスはなんとも驚異的なので、うわ言のように「BORA~ BORA~」と唱えながらもなかなか実現できないお父さんにはかな~り魅力のあるホイールだと思います。おいちゃんもセカンドホイールとして買ってみたくなっちゃいました。あとは、、、スナイパー次第でしょうねorz

【SPEC】

Bearings Front: 2sb - Rear: 4sb
Freewheel mounting SwitchIT - alloy - 11spd
QR Alloy / steel
Accessories Brake pad (ceramic) - Foldable tool - Valve extender - Wheelbag
Material G+ Carbon
Rim (size/height/width) 700C / 42-46mm / 23
Weight (g) 1298
Hub Alloy - 104/260g
Spokes Vittoria Aero Lite - 16/21 - stainless steel - alloy nipples

(from VITTORIA, Cyclowired.jp)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back