calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1107

CARRERA SL730

日曜日の名古屋は朝のうちは晴れていましたが、昼頃には曇り、やがて雨という残念な一日になりました。おいちゃんはせっせとお仕事してましたが、ほのかに暖かさも感じたので、徐々に春が近づいてきているのを実感しましたよ。今週が終わればもう3月になるわけですから、花粉対策を怠らずにもう少し辛抱しましょうかね。

さて今日は、貧脚のおいちゃんにはちょっと敷居の高いブランドのハイエンドフレームを紹介しますよ。


CARRERA SL730 A5-02

2015年、CARRERA が放つフレーム単体重量 730g という超軽量ハイエンドバイク。軽量・高剛性・耐久性を追求する CARRERA 独自の R.R.B.M (Road Racing Bike Manufacturing) Technology を駆使して造られたフレームですから、走行性能には一切の妥協はないでしょう。

イメージビデオ?がありましたので、雰囲気だけでも味わってみましょう。



特に何かがわかる訳ではありませんでしたが、、、ま、こんなものでしょうね。では、オサライしましょう。


非常にクリーンな直線で形作られたフォルムは、シンプルの一語に尽きます。パワーラインであるヘッドチューブ、ダウンチューブ、チェーンステーはスクエア形状で逞しいですが、快適性に大きな影響を及ぼすトップチューブ、シートステーは細身です。特にシートステーは極細楕円扁平形状なので、バックからの衝撃を上手にいなしてくれるでしょう。


ヘッドチューブ周辺の造形を見ると、スクエア形状のダウンチューブの角は面とりされているようですね。丁度面とりされているところからケーブル類がインされています。フォーククラウンも逞しく見えますが、実はこうい見えてヘッドセット径は 1-1/8 - 1-1/4 とやや細めに仕上げられています。前面投影面積を減らすためにヘッドチューブが一時より細身に作られるようになったトレンドをちゃんと押さえていますね。


ストレート形状のフォーク(330g)のオフセット量が不明なんですが、従来の CARRERA の乗り味から考えるとハンドリングはクイックに仕上げられていることでしょう。このアングルから見ると、他メーカーのハイエンドモデルともよく似たフォルムになっているような気がします。Formula 1 のようにフレームデザインのレギュレーション範囲内でトレンドを踏まえたデザインをすると、どうしても似通ってくるのかもしれませんが、見た目にはちょっと新鮮味に欠けるかなぁ。カラーリングは C59 に似てる気もするしぃ。


このアングルでの注目点は、楕円扁平加工されたシートステーですね。垂直方向にはよく動きそうですが、左右に張り出した形状とゴツいシートステーにより、横方向の剛性は旧モデルよりも大きく向上させたとのことです。なお、チェーンステーは勿論アシンメトリ形状になっています。


BB はPress Fit 86.5 で、いかにも掛かりが良さそうですが、この真髄を味わうには相当な剛脚が必要でしょう。貧脚のおいちゃんだと早々に脚にきてヘロヘロになることでしょう。反応性も良いはずですが、この BB 見るだけでもちょっと気分はゲンナリしますね。CARRERA SL バッジの貼り方がなんだか雑な気がするのは、おいちゃんだけ?ま、雑味はラテンの持ち味ですからね。


シートポストは 31.6mm 径です。サドルには超絶軽量モデルをアッセンブルしたいところですね。



ジオメトリを見ると、意外にトップ長が短めになっている印象です。おいちゃんはトップ長 575mm なんですが、 L で 568mm, XL で 585mm ですからね。L を選んでステムで調整、といういつものパターンですかな。

カラバリは3色です。


CARRERA SL730 A5-01




CARRERA SL730 A5-03



CARRERA らしさ、という点ではブルー系がないのが少々残念かなぁ。それに、Matte Black 以外のベースカラーも期待したいところです。

最近の CARRERA は「かつての名車」みたいな扱いをされることも多いんですが、実は ERAKLE とか PHIBRA とか VELENO とか NITRO とか、あまり目立たないものの結構いいバイクを揃えているので、試乗機会があったら乗ってみたいバイクのひとつです。貧脚がゆえに軽量バイクを選んで登坂が楽になるはずなのに、あまりに高性能なバイクに返り討ちに遭って脚ガクガクうという羽目になるかもしれませんが、ちょっと乗ってみたいなぁ、、、

【SPEC】

Forcella Monocoque CM43 HS 1-1/8” - 1,4” weight 330gr.
Materiale Carbon T 800 HM-HS 60T SHM XN60 special nano graphite
Sistema assemblaggio Monocoque advanced process vabm (vacuum bladder molding)
Movimento / Botton bracket Press Fit 86,5
Predisposto per elettronico
Passaggi interni
Forcellini posteriori
Target: PRO-SCALATORE

(from CARRERA, PODIUM)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back