calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1137

PETER SAGAN'S "Camouflage" SPECIALIZED S-WORKS VENGE

火曜日の名古屋は冬晴れと言ってもよいほどの寒い一日になりました。とくに夕方になってからの冷え込みはおいちゃんにはキツく感じられ、帰宅後ふるふる震えていたくらいです(大袈裟)。金曜日くらいまでこの寒さが続くそうですので、明日からはまた冬服に衣替えして乗り切るしかないですね。

さて今日は、例の怪童が今年乗ることになった最強兵器について見てみますよ。


PETER SAGAN'S "Camouflage" SPECIALIZED S-WORKS VENGE

スプリンター並みの爆発力、クライマーと互角に渡り合う登坂力、抜群のバイクコントロール力を併せ持つ最強パンチャーでありながら、ポディウムガールのお尻をつまむ悪事を働き、叱られてしょげ、でもレースでは勝つという PETER SAGAN が乗るスペシャルペイントが施された VENGE. Camouflage 柄にはプロトンの中に潜んでゴール前で飛び出して勝利を掴むという意図はあるそうですが、本人は「これで隠れられるかどうかなんて、わからんがな」と笑い飛ばしていたそうですw


通常の khaki ベースのカモ柄ではなく、Winter Camouflage っぽい配色に加えて、SAGAN の出身である SLOVAKIA のナショナルフラッグカラーを加えたセンスは、SPECIALIZED にしてはまあ及第点を上げてもいいんじゃないでしょうか。以前紹介した KWIATO のお花畑といい、最近のスペシャはカラーリングに注力しているようですね。でもなんとなく粗さを感じるのは根っこの部分のセンスがアメリカンだからでしょうか、、、偏見です、はい。


緩やかにカーブを描くトップチューブを SLOVALIA カラーが一直線に描かれ、Signature もここに入っています。


コンポは SHIMANO DURA ACE Di2 ですね、、、


チェーンリングは FSA の 53-39T, クランクも FSA K-FORCE LIGHT に SRM を装備しています。


サドルは PROLOGO NAGO EVO CPC Camouflage PETER SAGAN Signature モデル。これ、市販されるのかな?


ホイールはお馴染みの ROVAL. このホイール、地味ながら結構評価高いですよね。フォークの内側に Camouflage がしっかり入っています。書き忘れてましたが、ブレーキも DA.


ハンドルバーは FSA ですが、ステムは ZIPP SL Sprint のロゴをマスクして使用しているとのことです。


さてこのスペシャルペイントバイク、MILAN- SAN REMO の前日に公開されたんですが、SAGAN はご覧のようにヒョイと担いで出て行って、、、


見事優勝してきましたとさ。今シーズンはここまで活躍してはいたものの、いまひとつ勝ち切れずにいたので、意外ですがシーズン初勝利。ただ、それを MILAN-SAN REMO でキメるところが普通ではありませんね。やはりスゴイ男です。

この Camouflage VENGE, €3,350(\438,117- 3/24時点)で市販されるそうですので、ご興味のあるおバカさんは販売店にお問い合わせください。TARMAC にも設定されるようなので、オールマイティに使いたいなら TARMAC がおススメかも。いや、Camouflage だけに、とかいう訳じゃないですよごめんなさいもう言いません m(_ _)m

(from CYCLINGNEWS, VELONEWS, TECH-CYCLING)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back