calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1147

PINARELLO DOGMA K8-S T1100 1K


PINARELLO DOGMA K8-S T1100 1K 689 CARBON RED

DOGMA F8 のフロントチューブに PAVE 仕様のリアステーを装備、シートステーとシートチューブの接合部にピボットサスペンションを搭載した DOGMA K の後継モデル。世界中のあらゆる路面を踏破してきた JAGUAR とのコラボレーションによって誕生したその仕上がりは、WIGGO をして「 PAVE の GAME CHANGER だ!」との評価を得ています。

では、まずプレゼンテーションの様子をご覧頂きましょう。



ふむ、、、造り手の情熱は伝わってきましたが、肝心のフレームデザインがよくわからなかったので、もう一本見て下さい。

[広告] VPS

こっちの方がわかりやすかったですね。では、オサライしましょう。


投入されているテクノロジーの多くは、F8 と同じですので、詳細を知りたい方はこちらでご覧くださいね。サイドビューで一番目を惹くのが、やはりリヤ三角でしょう。ステー類の細さと形状が F8 とは随分変わっています。


このアングルだと、ステー類の細さがわかりやすいですね。アキレス腱が細いのなんのって、こんなオネエチャンはおいちゃんの大好物www


アップにするとこんな感じです。いかにも振動や衝撃を吸収します的な形状になっています。特にチェーンステーのか細さといったら、、、


BB 付近はかなりの太さがありますが、リアエンドに向けてどんどん細くなり、こんなにも上下方向に扁平しているんですね。おまけにいかにも「動きますよ」的なカーブを描いています。この FLEXSTAYS と名付けられたチェーンステーには、10mm のストロークが与えられているとのことです。


注目の DSS 1.0 (DOGMA SUSPENSION SYSTEM) は、一昔前のリヤサス MTB でよく見たピボットタイプです。昔この手の MTB に乗っていましたが、最近のスウィングアーム式リヤサス MTB よりも随分リジットな乗り心地だったことを記憶していますので、多分その乗り心地に近いんでしょうねぇ。技術の進歩を考えると、似た乗り心地なんていったら叱られるでしょうけど、おいちゃんの衰えた感覚だとそんな程度にしか感じ取れないでしょうよ、どうせw なお、DSS 1.0 は重さ僅か 95g に仕上げられていて、これを搭載することで振動を 50%低減したとのことです。

DSS 1.0 の構造と動きのシミュレーションがこちら。

[広告] VPS

MTB の世界では結構長い間熟成されてきたテクノロジーなので、ある意味冒険ではありません。その分、信頼性があるので採用したのでしょう。


GERANT THOMAS 君、アツい眼差しとともに DSS 1.0 をイジるの図。「そうかぁ、、、ここがあの走りを産み出すヒミツなのかぁ、、、」的感想なのか、それとも「、、、これがあれば WIGGO を喰えるかもしれんな、、、ぐふふ」的野望を抱いているのかはわかりませんが、いずれにせよ感慨深げです。

実際にどんな感じで作動しているのかは、このテストをご覧頂きましょう。

[広告] VPS

上下左右に捻じれながら振動をいなしているところがよくわかりました。


細かい違いですが、F8 では2つのネジでピラーを固定していましたが、K8-S では3つに増えています。PAVE の振動でサドルが下がってしまうのを避ける用心なのかもしれません。


なお、コンポは SHIMANO DURA ACE Di2 が採用されていますが、勿論 THINK 2 テクノロジーなので紐でも組めます。


また、PAVE 仕様ということで、ボトルケージは保持力重視 ELITE CIUSSI GEL が採用されているようです。


後姿ばかり注目してしまい後回しになっっちゃったヘッドチューブは、上 1-1/8 下 1-1/2 。PINARELLO は 65.1 以降、ヘッドサイズはこれで押してきています。


F8 と同じ形状のフォークですが、今回は K8-S 向けに少々改良した模様。実は 2016年モデルでフロントサス搭載、とかだったら笑います。数多くのロード用フロントサスが出ては消え出ては消えでしたので、ここらで PINARELLO に一発かまして頂きたいものです。


こちらはテストの様子。今回のテストではキャリパーブレーキモデルしか見当たりませんでしたけど、PINARELLO のモデルチェンジサイクルから考えると、次は HYDRO を出してくるでしょうねぇ。

カラバリは4色です。これもまた多分限定カラーとか小出しにしてくると思いますよw


PINARELLO DOGMA K8-S T1100 1K 672 TEAM SKY


PINARELLO DOGMA K8-S T1100 1K 691 YELLOW FLUO


PINARELLO DOGMA K8-S T1100 1K 693 BOB


例によってサイズ展開は豊富で、身長160 ~ 200 cm 超まで対応してくれますw


ジオメトリを見ると、流石にリアセンター(P)が長め。安定性重視ですな。おいちゃんはトップチューブ 575 がジャストサイズなので、575 が欲しいところです。

入荷予定も価格も未定だそうですので、分かり次第追記するつもりです。おいちゃんはこれの HYDRO が最強だと思いますので、それを待つかな~♪ どうせ買えないくせにorz、、、

【スペック】

マテリアル T1100-1K CARBON Nanoalloy ™ Torayca®
フロントフォーク ONDA ™ F8 Carbon T1100-1K Nanoalloy ™ Torayca®
ボトムブラケット スレッド・イタリアン
対応コンポ THNIK2・電動/ メカニカル
UCIアプルーブド
フレーム重量 990gr(サスペンション付き、塗装前サイズ53)
カラー 672/チームスカイ、691/カーボンイエローフルオ、689/カーボンレッド、693/BOB
サイズ 44, 46.5, 50, 515, 53, 54, 55, 56, 57.5, 59.5(C-C)

(from PINARELLO, KAWASHIMA CYCLE SUPPLY, CYCLINGNEWS, ROAD.CC, BIKERADAR, Cyclowired, Cyclist)

※ 4/7 追記 本日より予約受付が始まりました!

価格:フレームセット 81万円(税抜)、DURA ACE 完成車 135万円(税抜) ← 激高!

※ 価格は2015シーズン価格となり、 2016モデル発表時には変更になる場合があります。納品が2016モデル発表後になった場合、新価格の方が安ければ新価格を適用、価格が上がる場合は受注時の価格とします。

※ 納品予定:689/カーボンレッド フレームセット 6~7月、689/カーボンレッド DA完成車 7~8月、その他カラー 10月~順次
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back