calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1160

RIBCAP HARDY

木曜日の名古屋は晴れのち曇りで、陽射しがあった割には体感的には肌寒い一日でした。徐々に春の装いにしているせいで冷たい風が吹くと手足が冷得て困ります。これ位の季節が結構風邪ひきやすいので用心しないといけませんね。週末は土曜日が良い天気のようですから、なんとか土曜日にお休みできるようにしたいんですけど、、、

さて今日は、いくらおバカさんでも大切なオツムを守るヘルメットの重要性はわかっていますが、それでも「どーしても抵抗があってヘルメットなんざかぶりたくないんだもん!」というワガママなオネエチャンに、「せめてこれだけでもかぶんなさい!」と優しく手渡すキャップを紹介しましょう。


RIBCAP HARDY Azura, Rose, Sand & Platina

衝撃吸収材を内蔵した折り畳めるカジュアルキャップ。ribcap は瑞西に本拠を置くスポーツキャップメーカーで、この手のキャップを数多く手掛けています。彼の地で開発された粘弾性ポリウレタン素材をプロテクターとして内蔵し、低温でも硬くならず、かぶり心地にも変化はありません。


これがプロテクション素材。白い外側は柔らかく、黒い内側は硬めな粘弾性ポリウレタン樹脂を使用しています。これが帽体にみっちり敷き詰められている訳です。


何もかぶっていない場合と、HARDY をかぶった場合の比較を見ると、素の状態で自転車に乗ることの危険性はおわかり頂けると思います。いくらおバカさんでも、自分が惚れているオネエチャンを危ない目に遭わせたくはないでしょう?これをオネエチャンに見せながら「ね?だからこれかぶろうよ?」と説得してみてください。


もっとも、強固なシェルで頭部を守るヘルメットではなく、所謂「安全帽子」なので、安全性はヘルメットには及びませんが、こんな芸当ができるのがいいところなんです。携帯性の良さにも通じるので、「ヘルメット持って歩くのジャマなんだから!」というワガママなオネエチャンの抵抗もクリアしやすいんじゃないでしょうか。


裏地には CoolMax を採用しているので、吸汗速乾性、通気性を確保して蒸れを防いでくれます。髪型が茄子のヘタみたくなりにくいのも、オネエチャンにはウケがいいかもしれません。


チンストラップはヘルメットのものより簡素で、顎部分で固定するだけ。ベルクロで長さ調整も可能です。この仕様を見ても、本格的なヘルメットとは根本的に違うものだということがわかりますね。


オネエチャンの安全にも配慮できるおバカさんは、こんな感じで街乗りデートが楽しめることでしょう。ん?そもそもそんなオネエチャンがいないからどうしようもないって?そんなこたぁおいちゃんの知ったこっちゃござんせんので、ご自分でなんとかして下さい。おいちゃんは自分用に Platina を、スナイパーには Azura を用意しておきます。

なお、おいちゃん家のスナイパーは、ちゃんと LASER のヘルメットを持っていて、自転車に乗ることがメインの時はちゃんと LASER かぶってます。HARDY はあくまでもほんの少し乗る時や、アウトドアでライトなアクティビティで遊ぶ時用に用意するので、ご心配には及びませんよ。

【サイズ等】

サイズ:M(56~58cm相当)、Lサイズ(59~61cm相当)
重 量:160g(Mサイズ)、202g(Lサイズ、いずれも実測値)
カラー:Azura(ライトブルー)、Platin(ライトグレー)、Rose(ピンク)、Sand(ライトブラウン)

(from FUTABA SHOTEN, CYCLE SPORTS, Cyclowired)

※ Amazon にありました。

<サイズ M >



<サイズ L >

関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back