calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1166

DMF01 OUSIA

水曜日も名古屋はいい天気でした。いいですねぇ、晴れって。大して嬉しいことがなくても気分が浮き浮きするものです。若人は「アラフィフなんざ感受性が年々衰えるんじゃね?」と思っているかもしれませんが、実はその逆。年々衰えるどころか、老いてますます盛んてなもんですから、おいちゃん達をナメちゃいけませんよ。

さて今日は、世界で初めて 3D プリンタで製作された Made in JAPAN のチタンカーボンバイクを紹介しましょう。


DMF01 OUSIA

デザインスタジオの Triple Bottom Line と DMM. make AKIBA がコラボして製作されたロードバイク。3D プリンタで製作されたタグでカーボンパイプを繋いだもので、実は UCI 規定に則っていて、完成車重量 7kg で仕上げられています。


トップチューブ、ダウンチューブを接合するラグは、強度面を考慮したのか、結果的にヘッドチューブ全体を 3D プリンタで製造。表面のポリゴン形状はまるで CG を想わせるものです。ヘッドには CHRIS KING, フォークにはENVE 2.0 ROAD フォーク が採用されていますね。なにげにステム下にジャンクションがチラッと顔を出しています。


トップチューブ、シートチューブ、シートステーをつなぐラグは少々ヒゲが長いタイプです。


そういえばブレーキが見当たりませんねぇ、、、


ちょっと見にくいですが、ちゃんと BB 下にダイレクトマウントブレーキが装着されていました。最新のトレンドもしっかり押さえているということですね。


しかし、この BB 周辺からチェーンステーにかけての造形は最早彫刻ですな。


しかしこの BB 形状は面白いですねぇ。なんとなく中からエイリアンとか出てきそう、、、

アッセンブルは、コンポ SHIMANO DURA ACE 9070, ENVE のステム、ハンドル、2.0 ROAD フォーク、ホイールはリムに SMART ENVE に SAPIM CX-RAY スポーク、CHRIS KING のハブで組まれている模様。タイヤは CONTINENTAL, サドルは FI'ZI:K ARIONE, シートポストのヤグラは RITCHY と来て、ケーブル処理はインターナルルーティングで、バッテリーも内蔵されているんじゃないかとの予想です。

実際に販売することも考えられているそうで、50万円~というプライスタグが付きそうとのことですので、最新ハイエンドカーボンフレームと同価格帯で勝負したいみたいですね。

他の何にも似ていないフレームに乗りたいおバカさんにとって、ちょっと気にしておきたい存在でしょう。今後追従する他社が出てくるかもしれず、おいちゃんも注意しておきますよん。

(from Triple Bottom Line, road.cc, IT Engineer Road Bike Diary)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back