calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1173

ASSOS sJ.blitzFeder

G.W.初日、名古屋は曇りになりました。気温もほどほどだったので、自転車に乗るにはいい陽気だったことでしょう。連休前半はいい天気が続く予報なので、おいちゃんも気分が上がってます。予定はいろいろあるものの、お休み特有の雰囲気で時間の流れが少し緩くなるのが心地良いですしね。全国のおバカさんともども事故には気を付けて楽しみましょう。

さて今日は、やや天気がぐずつく予報の連休後半のために用意しておきたいソフトシェルを紹介しましょう。


ASSOS sJ.blitzFeder

朝晩の肌寒い時間やヒルクライム、小雨時に役立つポケッタブルウィンドブレーカー。ソフトシェルもいろいろありますが、高級サイクリングウェアの代名詞 ASSOS が作ると、こうなります。M サイズで 96g という軽さですので、山岳コースやロングライドの時にはバックポケットに入れておくのが賢いおバカさんですね(奇妙な日本語w)。


ASSOS お馴染みのドヤ顔写真ですが、見るべきはその下のタイトフィットのシルエットです。山岳用やアウトドアブランドのシェルとは一線を画すものです。前傾姿勢時でも身体の動きを妨げず、走行風でバタつくこともないのは、おバカさんなら当然重視すると思いますが、これが意外とちゃんとできていないシェルが多いんですよね。流石は専門メーカー、それも ASSOS だけのことはあります。


フロントファスナーを開けると、、、


左胸裏には FOIL043 の文字が見えますね。ソフトでペラッペラで薄いのに、防風性、撥水性、通気性に優れた ASSOS 独自の素材です。防水ではないので、レインウェアとしての機能は期待してはいけませんが、小雨時に雨宿りできる場所まで走ったりするには十分です。30~40分程度の小雨なら大丈夫ですが、基本、ウィンドブレーカーとして扱って下さい。


右脇腹部分には、収納用ポケットが用意されています。


ここにこんな感じで全体を上手に仕舞いこんでいくと、、、


こんなにコンパクトにまとまります。


裾と袖口にはスリップストップテープが配されていて、雨風の侵入や裾のずり上がりを防いでくれます。


フロントファスナー下端には、薄っぺらい素材を補強するブランドロゴ付きの補強が施され、ファスナーの開閉がスムーズに行えるよう配慮されています。


こちらはバックビュー。袖口から肩甲骨、そして脇腹から腰までを覆う黒い部分はメッシュ構造で、ここから熱気が抜けていきます。


実は襟元も熱気が籠りやすいエリアなので、ちゃんとメッシュになっています。


そして面白いのがこちら。このフラップ下にはスリットが入っていて、ジャージのバックポケットにアクセスできるようになっているんですね。フツーのシェルを着るとジャージのバックポケットが使いにくくなるんですが、ASSOS なら大丈夫。いちいち裾を捲くり上げるような無様な目に遭わずに済みます。

いつものように緻密な造りのソフトシェル、いつものようなプライスタグが付いていますが、どうせならイイモノを選びたいという大人なおバカさん、是非一着どうぞ。

【サイズ・素材等】

サイズ(着丈/胸囲/裄丈:cm)
 XS 69 / 102 / 82
  S 71 / 105 / 82
  M 75 / 112 / 84
  L 76 / 114 / 84
 XL 79 / 118 / 86
素 材 ポリアミド 95%、エラスティン5%
重 量 96g

(from ASSOS, TOKYO Wheels)

※ TOKYO Wheels にありましたが、S サイズは Sold out で、他サイズも残り僅かになっています。

関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back