calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1177

CANYON SPEEDMAX WHR

日曜の名古屋は朝のうちは晴れていましたが、徐々に曇りになり、どうやら予報通り月曜日は雨になるようですね。せっかくのお休みだというのに。お休み前半に駆け回ったおバカさんにとっては小休止かもしれませんので、この雨を利用してコンディションを整えて下さい。

さて今日は、昨年来挑戦者が相次いでいるアワーレコードが更新されたのを記念して、その TT バイクを紹介しましょう。


CANYON SPEEDMAX WHR

5/2 に英吉利 Manchester の National Cycling Center で ALEX DOWSETT (MOVISTAR) がアワーレコードに挑戦し、見事 52.937km の新記録を樹立しました。その時のバイクがこの SPEEDMAX WHR です。ALEX DOWSETT が普段レースで使っている TT バイク、SPEEDMAX CF から、変速ギアやボトルなどを取り払い、トラック専用に造られています。


流石にトラックバイク、余計なものは一切なく、全てがスピードを追求するためのデザインになっています。あまりにクリーン過ぎて物足りないほどですが、まさに機能美の極致です。


コンポーネントは CAMPAGNOLO PISTA でアsッセンブルされています。しかも、POWER2MAX パワーメーターがセットされていますね。なお、チェーンは KMC を使用しています。



反対側のクランクには思い切り宣伝ロゴw さながら CAMPAGNOLO の宣伝バイクのような仕上がりですが、SHIMANO DURA ACE に水をあけられているぶん、これくらいしても罰は当たらないでしょう。


Checkered Flag 模様の化粧カーボンが一際目を惹く DISC ホイールは、勿論 CAMPAGNOLO PISTA. この PISTA は、新素材を用いて製造技術も見直した結果、軽量化と高剛性を両立したそうで、重さは僅か 825g しかないそうです。


そしてフロントは 800g となっています。前後で 1625g という訳ですね。なおタイヤは CONTINENTAL OLYMPIC Ⅱ TU, 19C か 21C を装着しているようです。随分前になりますが、普段 23C で走っていたおいちゃんがたまたま 21C を装着していつものコースを走ったら、えらくハンドリングがシャープになって軌道も不安定になったことを覚えています。これで最高巡航速度で走り続けられるとは、、、最早同じ人間技とは思えません。


リヤエンドは勿論トラックエンド。しかも強化タイプとのことです。やはり世界最速を絞り出すパワーを支えるには並みのエンドでは足らないんでしょうね。そうそう、ギア比は 53 x 13 だそうです。


ハンドルバー周りは、SPEEDMAX CF 仕様の AEROBAR のままのようですね。注目すべきはエアロポジションの高さ。一昔前ならもっと低い位置にセットされていたでしょうが、最新のエルゴノミクスとエアロダイナミクスに基づいてデザインされた結果、最高のパフォーマンスを発揮できるポジションがこれだったということです。


それを実現できたのは、エアロダイナミクスの大家 SIMON SMART と MERCEDES AMG PETRONAS F1 Wind Tunnel での実験の賜物です。また、エアロポジションの検証と同時に Endura Speed Suit の改良も行ったそうです。


トップチューブからステムにかけて面一になっているのも当然の帰結。それにしても、THE #PERFECTHOUR とはイケてます。生中継で実況祭りでもして欲しかったのでしょうかw


贅肉が一切なく、純粋にスピードを出すだけのために徹底的に無駄を廃したエアロフォルムは、こうまで神々しいものなのでしょうかね、、、


ペダルは LOOK Keo Blade Carbon AERO Red 16 Nm ということで、特別モデルという訳ではありません。エアロ重視の選択ということなのでしょう。ただ、LOOK KEO BLADE 2 Carbon Ti の 20Nm という選択肢もあったとは思うんですが、やはり CAVENDISH モデルだと脚質が合わないのでしょうか?


しかし、1時間で52.937km とはねぇ、、、おいちゃんは走り慣れた 35km 前後のコースでさえ最速でも1時間15分ほどかかるんですけど、、、あ、一応アップダウンはありますよ、でも1時間走って 20km 位引き離されるって、一体なんなんでしょうね、、、ALEX はん、MOTORCYCLE?!ともあれ、世界記録樹立、おめでとうございます!



【SPEC】

ヘッドチューブ剛性 80Nm
BB剛性 65Nm
重量(ペダル込み) 7.3kg
フレームセット SPEEDMAX WHR
ハンドルバー SPEEDMAX フラットハンドルバー
エクステンション SPEEDMAX L ベンドエクステンション
ペダル LOOK KEO ブレードエアロ
サドル FIZIK アンタレス VS
チェーン KMC トラックチェーン
ホイール CAMPAGNOLO ピスタディスクホイール
クランクセット CAMPAGNOLO ピスタ
パワーメーター POWER2MAX
タイヤ CONTINENTAL テンポⅡ 22mm
バーテープ LIZARD SKINS 1.8mm

(from BIKERADAR, VELONEWS, ROULEUR, CYCLING WEEKLY, CYCLE SPORTS, Cyclist)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back