calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1195

BRIDGESTONE EXTENZA R1X, R1G & R1S

木曜日の名古屋は爽やかな風が吹く絶好のおバカ日和になりました。最高気温が 25℃くらいだったので、ジテ通には最高だったでしょうね。こんな日に限って野暮用が立て込み、事務所にカンヅメというおいちゃん、、、日頃の行いは良い方だと思うんですが(自覚なしだからダメなのかw)、、、6月初旬の梅雨入りまでの2週間弱、できる限り晴天が続きますように、、、、

さて今日は、意外なことに忘れてしまっていた、日本の巨人の新製品を紹介しましょう。


BRIDGESTONE EXTENZA R1X, R1G & R1S

世界に誇れる日本の巨人といえば、石橋さんのお宅です。その石橋さん家のロードバイク用タイヤのフラッグシップモデルが5年ぶりにフルモデルチェンジを果たしました。用途に合わせて3種類、それぞれに特化した性能を備えています。では順番に見ていきましょう。


BRIDGESTONE EXTENZA R1X はオールラウンド用。23C(180g), 25C(190g) というラインナップです。ドライでもウェットでもレースでも練習でも、全てのシーンをこの一本でこなせるバランスの良さが魅力の逸品です。前モデルの特徴だったお握りのように尖った断面形状だった Double Crown R を止めて、Single Crown R というフツーの丸断面に変わり、コーナリングでバイクを倒し込んでもグリップ力が変わらなくなりました。

また、コンパウンドも前モデルのハイグリップモデル RR1HG のものに変更されています。その分転がり抵抗は増えたそうなんですが、ベースラバーを廃ししたことでトレッドを薄型化して、トータルで見た転がり抵抗は軽減されているとのことです。そりゃモデルチェンジしたんならそうこなくっちゃいけませんからね。


BRIDGESTONE EXTENZA R1G はスーパーハイグリップモデルで、いわゆるウェット用。23C(185g) だけです。前モデルとは異なる新開発のコンパウンドを採用していますが、この新コンパウンド、プロ選手にウェット用として供給され、信頼を得ていたそうですので、その性能は折り紙つきでしょう。相当なグリップ力のせいで、これまた転がり抵抗は大きくなったそうですが、やはりベースラバーを廃止してトレッドを薄型化以下同文w 断面形状に関しても以下同文ww


BRIDGESTONE EXTENZA R1S は、究極の超軽量タイヤで、ヒルクライムや決戦用に徹した構造になっています。23C で 145g って、分厚いインナーチューブ並みの軽さじゃないでしょうか(言い過ぎかも)。単純な重量だけでなく、用途から考えても転がり抵抗を極限まで減らすために、断面形状は Double Crown R のままです。接地面積をできる限り小さくすることでコロコロよく転がるようにしている訳です。

ケーシングも新開発の高密度モデルを採用しているので、さらにコロコロ以下同文www コンパウンドは R1X と同じなので、レーシングスピードで必要なグリップレベルは維持していますが、なにぶんにも決戦用ですので、耐パンク性能はばっさり切り捨てています。すぐパンクするし、摩耗も激しいので、練習用には向いてません。


3モデルのスペックの違いは、このレーダーチャートで一目瞭然ですね。


パッケージカラーもブランドカラーと同じ。老眼は字が読みづらいので、色が違うとわかりやすい♪


そして、これに合わせたいインナーチューブが厚さ 0.45mm で超軽量の EXTENZA チューブ F310100. バルブ長は 48mm と 60mm の2種類、それぞれ 52g と 53g ですから、R1S との組み合わせでは合計 200g を切るという激軽さ。ヒルクライムや決戦用 WO に相応しいですね。


パッケージはこちら。購入前にはバルブ長をちゃんと確認しましょうね。

車も含め、石橋さん家の製品はアラフィフ人生の中で一度も使ったことがないというおいちゃんですが、コスパを考えると一度くらいお試し買いしてみてもよいのかもしれませんねぇ。でも、車ようの POTENZA と同じで、高性能モデルだと摩耗が激しくてタイヤ交換サイクルが非常に短くなるんじゃないかと心配しています。スーパーハイグリップ、なんて聞くと、その懸念がより一層強くなるんですけど、、、でも、R1S にはちょっと惹かれてます。

(from BRIDGESTONE, Cyclowired, Cyclist)

※ Amazon では R1S は Sold out のご様子。左:R1X 左中:R1G 右中:48mm 右:60mm です。



※ こちらは楽天ショップです。

《即納》BRIDGESTONE(ブリヂストン) EXTENZA R1X (エクステンザR1X)700×23C/25C R1X7023/R1X7025 【ロード用クリンチャータイヤ】【タイヤ】

価格:5,637円
(2015/5/21 19:00時点)




《即納》BRIDGESTONE(ブリヂストン) EXTENZA R1G (エクステンザR1G)700×23C R1G7023 【ロード用クリンチャータイヤ】【タイヤ】

価格:6,123円
(2015/5/21 19:01時点)




BRIDGESTONE(ブリヂストン) EXTENZA R1S (エクステンザR1S)700×23C R1S7023 【ロード用クリンチャータイヤ】【タイヤ】

価格:6,123円
(2015/5/21 19:02時点)




【即納在庫】ブリヂストン BRIDGESTONE EXTENZA TUBE エクステンザチューブ 48mm 超軽量チューブ(ゴム厚0.45mm)P27Mar15F310100(718254FM)P27Mar15

価格:1,711円
(2015/5/21 19:02時点)




【即納在庫】ブリヂストン BRIDGESTONE EXTENZA TUBE エクステンザチューブ 60mm 超軽量チューブ(ゴム厚0.45mm)P27Mar15F310101(718254FL)P27Mar15

価格:1,758円
(2015/5/21 19:03時点)


関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back