calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1212

SERFAS TSL-750

日曜日の名古屋は曇りで、比較的過ごしやすい気温でした。梅雨前だし、あまり贅沢は言えませんが、これくらいの気温で晴れてくれるといいんですけどねぇ。これから当分の間、曇りならもうけもの、という時期が続きますので、おバカの皆さんもレインウェア用意して雨の合間にちゃちゃっと走って楽しみましょう。

さて今日は、おいちゃんはあまり目にしたことがないブランドのライトを、自分の学習を含めて紹介しましょう。


SERFAS TSL-750

SERFAS は California のどちらかというと MTB よりのアクセサリブランドで、まったく明りのないシングルトラックやトレイルランでもクリアな視界を確保できるように工夫されたライトをラインナップしています。この TSL-750 は、最も明るいオーバードライブモードで 750LM を照射するリチャージャブルライトです。

では、ちょっとピンぼけで時々肝心の商品がフレームアウトする、なんともアバウトな紹介動画をご覧くださいw



見にくいってばw ま、肝心のモード別明るさについてはわかりやすかったので、良しとしましょう。では、おさらいです。


照射角はワイド角で100度、スポット角では 35度ですから、他社製ライトと大差ない視野は確保できるでしょう。しかし、距離別の明るさがどの程度なのか、このイラストからはわかりませんねぇ。それがユーザーとしては知りたいところなんですけど。先程の動画でイメージは掴めますが、スペックオタクの要望には応えてくれていません。流石アメリカン、大雑把です。


急速充電ならフル充電まで 3.5h しかかからないという点は評価ポイント。この写真では左側の別売りバッテリーから充電していますが、付属しているのは AC/USB 変換です。念のため。


ユニバーサルマウントはクイックリリース式ですが、これの固定力について、ユーザーレビューではちょっと不満が出ているようです。つまり、パヴェやトレイルなど、路面状況が良くないところを走った時に、振動でライトがぶれることが多いんだそうで、ゴム製シムを咬ませるなど、固定力を増すために工夫しているとのことでした。それに、メガチューブになるとクイックレバーがちゃんと下げられるかも不安です。


ユーザーがおススメする固定方式は、標準で付属するヘルメットマウントです。こちらの固定方法のほうがおバカさんの身体が振動を吸収してくれる分、安定するんだとか。流石アメリカン、人の身体をショックアブソーバーにするなんざ、考えようによってはエルゴノミック?なのかもしれませんw

モノの造り込み自体の評価は高く、品質感も高いそうなので、所有欲はそれなりに満たしてくれそうです。新し物好きな方には、いいのかも。

【スペック】

明るさ 750LM
充 電 USB急速充電により3時間30分で満充電
モード  オーバードライブ、ハイ、ミディアム、ローとフラッシュ
点灯時間 1.5時間(750LM)、7.5時間(160LM)
付属品 クイックリリース・ユニバーサルハンドルバーマウント、充電ケーブル、AC/USB変換アダプター
      交換用レンズ(ワイド照射とノーマル照射の2種類)

(from SERFAS, RITEWAY PRODUCTS JAPAN)

※ Amazon はこちら。



※ こちらは楽天ショップです。

【送料無料】【SERFAS】 サーファス フロント LIGHT ライト TSL-750【028973】

価格:15,206円
(2015/6/8 0:35時点)


関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back