calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1231

LOOK 796 TIME TRIAL BIKE

金曜日の名古屋は大雨の一日でした。最高気温は22℃程度で風もあってやや肌寒さを感じるくらいでしたが、室内だと結構蒸してなかなかの不愉快さ。そうそう、梅雨はこうでなくっちゃいけません。これで雨上がりに強烈な陽射しを浴びようものなら、最悪の気分になる訳ですが、晴れてさえくれればバイクに乗れるので、その分いくらか救われます。そういう意味では、おバカさんだと真夏でも楽しく過ごせて幸せなのかもしれませんね。早く梅雨が明けてほしいなぁ、、、

さて今日は、TDF で目にすることになりそうな新型 TT バイクを紹介しましょう。しかも、LOOK ですよ。


LOOK 796 TIME TRIAL BIKE

既に仏蘭西選手権でお披露目は済ませている新型 TT バイク 796 は 596 の後継モデルとなりますが、あまりの異形で賛否両論を巻き起こした 795 AEROLIGHT から様々なギミックを流用しています。フロントはフォーク内蔵型、リヤはチェーンステーにダイレクトマウントされた LOOK オリジナルの V ブレーキ、フラットなトップチューブと面一にセットされるステムなど、今見てもアヴァンギャルドさは変わりません。



前後どちらから見ても、可能な限り空気抵抗を低減するよう前面投影面積を極限まで削ぎ落とした造形であることがわかります。こうして見ると、フォーククラウンの位置よりシートステーとシートチューブの接合位置のほうが低い位置にあるんですね。後ろ△の剛性と駆動効率を高めるためだけでなく、ペダリングで空気の流れが乱れる影響を受けにくいように接合部を下げているのかな、、、


インテグレーテッド TT バーも当然オリジナル。795 でインターナルケーブルルーティングの特許を取得しているので、796もそれを踏襲しています。ヘッドチューブ右上からケーブルをフレーム内にインサートする、例のアレですね。795 ではステムの高さ調整幅が 57mm ありましたが、こちらはどうなっているんでしょうか、興味があります。なお、コンポは SHIMANO DURA ACE Di2 がアッセンブルされています。


そして、カーボンエアロクランクセットは ZED 2 クランク譲りと思われます。重量剛性比に優れた LOOK 独自の 65mm BB も変わりないようですね。


BIKERADAR によると、この赤いオニギリ型の偏心パーツを遣ったペダルマウンティングシステム TRILOBE を搭載しているんじゃないか、とのことです。これがあればひとつのクランクで 170/172.5/175mm 長と同じように調整できるというシロモノです。ペダルの位置で長さを決められるんだ、、、こんなのあったっけ?


シートチューブとリヤホイールの間にある空間に注目。この部分、他社製 TT バイクでは隙間をうめるべくフレア形状にするモデルが多いですね。LOOK はそうしなかったということは、何か考えがあってこうしたに違いありません。思うに、シートステーの接合部が低くて、ステーが左右に張り出すことでこの隙間からエアをリヤホイールに当てるほうがエアロダイナミクス上優位だと判断したんでしょうね(あくまでも素人考えですから、責任はもちませんw)

このフレームカラーはティザーフォト用なのか、細部が分かりにくくてしょうがありません。正式発表前らしいのでわかりにくくて当然なんですが、これはこれで人気が出そうな気がします。なんだか LOUIS VUTTON のモノグラムを想起させませんか?流石、仏蘭西つながり、とか?


実際に走っていたらチェッカーフラッグ柄に見えるのかもしれませんが、なかなかエスプリが効いていて LOOK にしては上等な仕上がりかもw

795 AEROLIGHT をベースにしている分、まっさらなバイクという印象は正直ありませんが、細かな改良点はありそうです。詳細は TDF にワイルドカードで参戦する Bretagne-Séché Environnement チームが TT でお披露目してくれるのを待ちましょう。

どうせお高いんでしょうけど、ねorz

(from BIKERADAR, ROAD.CC)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back