calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1232

SCOTT FOIL PREMIUM 2016

土曜日の名古屋は今にも降り出しそうな黒い雲に覆われ、それでもなんとか降らずにすんだ一日でした。陽射しがなくて涼しかったんですが、やはり湿度は高くて、少し動いただけでもじっとり汗をかく状態だったので、お世辞にもおバカさん日和とは言えませんでしたが、雨さえ降らなきゃ駆け回るという性をおバカさんたちが抑えられる訳がなく、ぼちぼちお見かけしましたw 日曜日はもう少し陽射しが出そうですので、楽しんでくださいね。

さて今日は、昨日に引き続き新型フレームを紹介します。エアロバイクの先鞭をつけた、あのメーカーの新型ですよ。


SCOTT FOIL PREMIUM 2016

F01 Technology,,, というより、今では「カムテール」という表現のほうがしっくりくるエアロフレーム形状を事実世界で初めて採用した初代 FOIL がモデルチェンジしました。最新フレームを見て着た目で初代 FOIL を見直し、ダウンチューブに面影を留めるものの、ほぼ全てのチューブ形状を変更した結果、初代比 6W 分の空気抵抗を削減したとのことです。

ではまず、全面刷新と言って良いフレームが、どんなスペックなのか、新旧比較で見てみましょう。


まずは形状の比較。赤が新型、青が初代です。これを見ると、ヘッドチューブが旧型より長くなり、トップチューブも初代より高い位置からより大きな傾斜角のスローピング、しかも扁平化したことと、ダウンチューブがフロントホイールとの隙間を埋めるかのように下げられて、シートステーとシートチューブの接合部が大きく下げられたことがわかりますね。あ、あとちょっと見にくいですが、フォークのオフセットも少し小さくなっています。


左が新型、右が初代。ダウンチューブがフロントホイールに近づいたことで、ダウンチューブとホイールの隙間に発生していた Turbulence が解消されたことがわかります。


これは空気抵抗の比較。新型が緑、初代が紫です。全ヨーアングルにおいて新型が初代を上回っています。


これはフォークとフレームのどの部分がドラッグに影響しているのかをヨーアングル別に解析したデータです。これを見ると、フォーク(ピンク)とヘッドチューブ、トップチューブ(赤)の合計が、全てのヨーアングルにおいて全体の 32~54%を占めていることがわかります。よーあんぐるが大きくなった時のシートチューブも相当なものですが、やはり一番前で空気を切り裂くことになる以上、どうしてもフォーク、ヘッドチューブ、トップチューブのドラッグ低減を追求せざるを得ないことは明らかです。素人的にもそりゃそうだろうと思うんですが、愚直な実験データの蓄積は開発上重要ですからね。


こちらはドラッグの比較。赤が新型、黄色が初代です。6W分セーブできることで、平均 45km/h で 40km 走行時、27秒ものアドバンテージを得られるとのことです。平均 45km/h がクリアできないので、平均 20km/h のデータがあると参考になる(かも)んですが、、、いや、山坂入るとそれすら難しいんですが orz

快適性を左右する弾性係数はこんなに向上しました。


フレームは初代比 89%増。細身のシートステーが相当快適性の向上に効いているということでしょう。


フォークは 11%増。路面からの衝撃を少し減衰してくれることでしょう。

では、F01 Technology 本家の「意地の権化」ともいえる新型の細部を見ていきましょう。


ヘッドチューブ、ダウンチューブ、シートチューブ、シートステーの全てがカムテール形状になっています。流石、本家w


でも今回は本気度が違います。エアロハンドルバーステムシステム " SYNCROS Integrated Carbon Bars/Stem " のアップバー断面形状もカムテールなんです。


外見上のインパクトとしても存在感を放つ SYNCROS Integrated Carbon Bars/Stem. 様々なメーカーがこの手のステムインテグレーテッドバーをリリースしていますが、どれも似たような外見になっていますね。ほぼ同じ理論に基づくだけに形状が似てしまうのややむを得ないとは思いますが、、、


こちらは SYNCROS を下から覗いたショット。Di2 ジャンクションとケーブルで混雑しているところになにやら取り外し可能なキャップがあるのがわかります。これは何かというと、、、


GARMIN EDGE シリーズのマウントが装着できるようになっているそうです。他社製サイコンマウントとの相性が気になるところではありますが、アダプタ咬ませるとかすればなんとかなりそうな気もしますが、どうなんでしょうかね。


でもまぁ、SYNCROS になったことでコクピットが随分スマートな印象になったことは事実です。エアロ的なアプローチはやはり正義なんでしょう。


ヘッドは 1-1/4 から 1-1/2 へと大径化し、ねじれ剛性を 13.5%高めました。


ステムとヘッドチューブの接触面積を拡大したことも剛性向上に貢献しているんですが、さらにスペーサーまでエアロダイナミクスを意識した専用デザインの逸品が付属してます。


ちなみに、ステムクランプ部分のエアロカバーは、こんなふうに開けられます。別にどうでもいいんですがw


しかし、こうして見ると、ヘッドチューブが本当に長いですねぇ。ダウンチューブとタイヤの隙間をここまで詰めていく必要があることは理解できますが、伝統的なフレームワークを見慣れた目からは違和感があります。でも、エアロダイナミクスを追求した結果のデザインがこれなら正義なんでしょうし、そのうちこれが美しいと感じる日がくるのかもしれません。フォークとダウンチューブのつながり具合も見事にナチュラル。


下ワンが拡大されたことでフォーククラウンへのつながりもスムースになり、いかにも剛性が高そうです。フロントブレーキはダイレクトマウントタイプ。


リヤに伸びるケーブルはダウンチューブ上部からフレーム内に引き込まれています。



シートポストクランプは臼を使うことは初代と同じですが、初代がフレームサイドから締め込むタイプだったのに比べ、上から締め込む方法への変更されました。シートポスト形状も勿論カムテールです。


シートステーとシートチューブの接合位置はここまで下げられました。TT バイクの PLASMA にも似たデザインになりましたね。エアロフレームはどんどん TT バイクフレームに近づいていきますねぇ。


弾性の大幅アップは、シートステーのカーボン積層を薄くしたことから実現されました。


シートステーは 25C のタイヤに最適化された幅になっていますが、28C も履けるので、パヴェにも対応できますね。


BB はプレスフィット86 となり、シートチューブを左右から包み込むような形状。これにより、BB ハンガーまわりの剛性が 13%向上しています。


エアロバイクのスタンダードになりつつあるチェーンステーへのダイレクトマウントリヤブレーキ。泥はねや汚れが酷く、いちいちバイクをひっくり返さないと整備できないとメカからの評判は悪いものの、エアロダイナミクスの旗印のもとではこうなるのが当然なのでしょう。


チェーンウォッチャーも最初からビルドインされていますね。

ざっと見てきましたが、個人的な印象としては、カムテール理論の本家のハイエンドモデルだけにかなり気合いが入った仕上がりになっていると思いました。それだけにお値段も気合いが入っているのかどうかが気になるところなんですが、、、思った以上に高額なのでガッカリ。スキー用品でも SCOTT は強気の値付けが気になることが多いんですが、ロードバイクもそうでした(泣)

お大尽様、是非人柱になってくださいまし m(_ _)m

【スペック】

フレーム HMX#IMP, F01 AERO Carbon tech
シフター Shimano Dura-Ace ST-9070 Electronic Shift
ブレーキ Shimano Dura Ace BR-9010
ディレイラー Shimano Dura-Ace FD-9070#Eletronic Shift
クランクセット Shimano Dura-Ace FC-9000 52x36 T
ホイール Zipp 404 Firecrest Carbon Clincher
サイズ XXS、XS、S、M、L
価 格 1,580,000円 ← (!)

(from BIKERADAR, MERKABICI, CYCLINGTIPS, CYCLINGNEWS, CYCLINGWEEKLY, Cyclowired)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back