calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1260

CERVÉLO Rca 2016

土曜日の名古屋は猛暑日。熱中症警報が出る中、早朝から走りまわったおバカさん達、今頃体調おかしくなってませんか?この記事がアップされる日曜日も猛暑日予報ですから、日曜も走ると流石にダメージを喰らうでしょうし、月曜日は見事に体調不良で職場で顰蹙を買うことになるでしょうから、休養も大切にして楽しみましょうね。

さて今日は、熱中症の頭じゃないと、絶対に清水の舞台から飛び降りられなさそうな、超弩級フレームを紹介しましょう。


CERVÉLO Rca 2016

CERVELO が持てる技術の粋を惜しみなく投入して作られる Rca が新型になりました。フォークとヘッドパーツ込みで 947g(56サイズ)!という超弩級の軽さを誇る Rca は、専用施設で熟練の匠が 500枚のカーボンプリプレグを数日かけて積層して造り出しています。塗装後の軽量で 15g以上の差が出たら破棄されるという厳格な品質管理を徹底、フレームセットで販売される Rca は、完全受注生産モデルですので、オーダーした人だけが実物を目にすることができるという逸品です。


フレームは非常にプレーンなラインで構成されています。PINARELLO をはじめ、シミュレーションに基づいて様々なカーブを描いたフレームが一時増えましたが、今はカーボン素材や積層技術、エアロダイナミクス等の技術革新が進んで、形状自体は Rca のようなストレートチューブが増えたように感じます。結局、シンプルなほうが飽きがこないし、よろしいんじゃないでしょうか。それにつけても、シートステーの細いこと。

また、All Carbon Taperd Rca Fork は、わずかにベントしているタイプ。ボロン・フィラメントで補強され、前モデル比で横剛性は +20%、縦方向の柔軟性は +31%、さらに 38g の軽量化に成功しています。左右によく踏ん張り、路面からの突き上げはいなしてくれるうえに軽くなったので、ハンドリングは更にシャープになったでしょうね。


トップチューブとダウンチューブは耐衝撃性能が強化されたそうです。写真はトップチューブのシートチューブ寄りのあたりですが、ユニディレクショナルカーボンと思しき表情が無機的な迫力を感じさせますね。


カムテール理論に基づく楕円形の後ろ側をカットアウトした SQUOVAL 3 形状は、垂直方向に伸びる全てのチューブに採用されています。これはもう鉄板です。


リヤドロップアウトまでフルカーボンですから、落車は勿論、倒すことすら許されません。RD ケーブルはチェーンステーの最後部まで内蔵され、外側には最小限しか露出しないルーティングになっています。


ケーブルルーティングには Future-Proof Cable Management と呼ばれるタイプで、ダウンチューブのここからフレーム内に引き込まれる形式を採用しました。現行の電動、紐どちらにも対応するだけでなく、将来登場するだろう様々なシフトやブレーキシステムとも互換性を持たせたそうです。しかし、バッテリーが FD, RD それぞれに搭載されて、シフトもブレーキも無線で操作できるようになったら、ケーブルなんざ不要になると思うんですけど、、、昔みたいに、ハンドリングにも影響が出たと言われるトップチューブからケーブルを引き込むスタイルを廃止しただけでも良しとしましょうw


そして、お約束の BBRight. 左右非対称形状で軽量化と剛性を高い次元でバランスさせたこの BB じゃなければ CERVÉLO じゃない、という独自規格.。様々なクランクとの互換性があるので、SHIMANO, CAMPAGNOLO, SRAM, FSA, ROTOR など、なんでもござれです。


そこに嵌め込まれるのが、古くションを低減した BB ガイドです。走り込むと必ずここに汚れがこびり付くので、「どうもシフトの引きが重いなぁ」と思ったら、一番最初にここを掃除するくらい抵抗の原因となりやすい場所なので、スモールパーツにも徹底的に拘っています。


そして出来上がったのがこのパワーライン。ドライブトレーン側のチェーンステーに比べ、反対側のチェーンステーは倍くらいの太さになっていて、駆動力を効果的に伝達するよう工夫されていることがおわかりいただけると思います。


この写真は、ステアリングコラムの新しい形状を産み出す Evolved Steerer Design を適用しているところです。コラムの大径化は今に始まったことではありませんが、前面投影面積を最小にすべくヘッドチューブ形状をシミュレートし、最適なコラム形状を算出するというのはなかなか手間のかかる作業のようで、CERVÉLO はちゃんと専用アプリケーションを使用していてすごい形状造れるのよ、だそうです。


フレームセット販売のみですが、公式 HP ではこんなアッセンブル例をイメージとして掲載していました。HED ホイール、SHIMANO DURA ACE Di2, ROTOR といったところでしょうか、、、


しかし、Rca と言えば天文学的な金額がお約束ですよね。今回もちゃんと約束を守る律義さを発揮してくれやがってまして、フレームセットでなんと \1,500,000-(しかも税別!)という超強気です。CERVÉLO はカナダ商人なので、大阪商人が言うところの「150万円(ホントは150円)」ではありませんので、念のため。ふさけているとしか思えないようなお値段ですが、それでも唯一無二のフレームを探しているお大尽様は、オーダーしてみてはいかがでしょうか、、、LIGHTWEIGHT と CAMPAGNOLO Super Record EPS で組んだら、夢の \3,000,000-オーバーバイクになるかもしれませんね、、、


【SPEC】

Fork Cervélo All-Carbon, Rca Fork
Headset FSA IS2 1-1/8 x 1-3/8"
Bottom Bracket BBright PF-30 Ceramic
Size 48, 51, 54, 56
Weight 947g(56)
Price \1,500,000-(without tax)

(from CERVÉLO, AZUMA SHOKAI, Cyclowired)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back