calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1263

LAPIERRE XELIUS SL ULTIMATE

火曜日の名古屋は暑い一日に、、、って、もういつもの事ですからねぇ。夏は暑いものですし。夏祭りの TDF が終わったので、気持ちはもう秋なんですが(早っ)、現実はこれから夏真っ盛りな訳ですから、夏バテしないように新製品を漁っていきたいものです。そういえば近場の花火も終わっていたっけ、、、だんだん季節のイベント情報に疎くなってきたのは、歳のせいなんでしょうか orz

さて今日は、TDF でコケまくりながらも一瞬だけ煌めいたお仏蘭西製フレームを紹介しましょう。


LAPIERRE XELIUS SL ULTIMATE TDF Stage 20, FDJ's THIBAUT PINOT lands huge win on l'Alpe d'Huez !

TDF Stage 20, あの l'Alpe d'Huez で、仏蘭西の期待の星 THIBAUT PINOT の勝利を支えたのが LAPIERRE XELIUS SL ULTIMATE. 名作の誉れ高き XELIUS EFI ULTIMATE をベースに、軽量化と快適性を向上させたオールラウンドモデルの正常進化版です。シートステーがトップチューブと接合するデザインはどこかで見たことがありますが、独自開発となる 3D TUBULAR TECHNOLOGY の賜物で、マネっこではないようですw


XELIUS SL は5月の GIRO で既にデビューしていたので、注目していたおバカさんも多かったと思います。こちらがその時の実車。Stendhal カラーだとちょっと武器っぽい雰囲気になりますね。TIMEっぽいし。


カーボンレイアップの見直しや、臼式の内蔵シートクランプ、インナーワイヤーだけをフレーム内に通すインターナルケーブルルーティングなど、様々な改良がある中で、最もわかりやすい変更がこのフレームデザイン。考え方は TREK の IsoSpeed とも同じようですが、非常に細いシートステーを見ると XELIUS SL のほうがデリケートな印象です。


本来穴がないはずの場所に大きな穴があるというのは、結構衝撃的な景色ですね。このアングルから見ると特にそう思います。


ダイレクトマウントされるフロントブレーキはフォークにめり込むようなセミインテグレーテッドデザインになっています。でも、リヤブレーキは 26C を履けるクリアランスを確保するために、ノーマルタイプのキャリパーブレーキを搭載しています。フォーク形状自体は EFI と同じようです。


軽量化と快適性だけでなく、肝心要の駆動力の心臓部 BB 周りはかなりゴツくなり、剛性は 15%アップ。FDJ のコンポはフル SHIMANO DURA ACE Di2 です。


BB 形状がゴツくなった理由は実は Di2 バッテリーをダウンチューブに内蔵する方式に変更したからでもあります。ご覧の BB 下の黒いパーツをパカッと開けて、プスッと挿します。なお、写真で目に付く "Stiffer" ステッカーは、どうやら市販品よりも高剛性のフレームがプロ用に用意されていたんじゃないか、ということみたいです。


RD ケーブル出口は比較的前方に位置していて、自然なワイヤリングになっています。紐なら意味がありますからね。また、このチェーンステーは EFI 比で 3mm短くなっていて、剛性もリヤ△で 15%アップさせているので、加速とダイレクト感が向上しているそうです。


現時点でのカラバリは FDJ とこちらの Neon Yellow の2色だそうです。


l'Alpe d'Huez で勝ったとはいえ、TDF ではちょっと期待外れの感が否めなかった FDJ ですが、AG2R とともに仏蘭西の期待を背負っているだけに、これからの活躍を期待したいですね。それと同時に、XELIUS SL ULTIMATE の販売も伸びるでしょうし、最近のハイエンドモデルにしては良心的な価格設定ということもメリットですから、お仏蘭西のエスプリがよく似合うおいちゃんにとっても魅力的なフレームです。ま、DOGMA F8 の魅力の前にはとても敵わんけどねw

【スペック】

サイズ 46、49、52、55
カラー FDJ、NeonYellow(共に表面仕上げはマッド)
価 格 \389,000-(without tax)

(from LAPIERRE, ROADCYCLING UK, Cyclowired, CYCLING WEEKLY)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back