calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1270

LIGHTWEIGHT KOMPAKTBÜGEL

全国のおバカさん達、生きてますか?文字通りの炎暑が続き、焼け死にそうになっているおバカさんを見かけると心配になりますね。ジテ通も早朝じゃないとシンドいレベルになってきましたから、頑張る人達はどうかお気をつけください。虚弱なおいちゃんは既にロードバイクに乗るのをあっさり諦め、地下鉄や車での移動で身体を休めていますw

さて今日は、例のカーボンメーカーが新たにリリースしたハンドルバーを紹介しましょう。


LIGHTWEIGHT KOMPAKTBÜGEL

ハイエンドモデルの RENNBÜGEL より名前の通りコンパクトなハンドルバーをリリースしました。RENNBÜGEL は限界まで軽さを追求したモデルでしたが、KOMPAKTBÜGEL は軽さよりも耐久性と使い勝手を重視したモデルなので、コンパクトな形状でありながら RENNBÜGEL よりはちょっと重くなっています(十分軽いですけどね)。


RENNBÜGEL と比較しながらスペックを紹介すると、クランプ径は同じ 31.8mm, リーチ/ドロップは RENNBÜGEL 79/136 mm, KOMPAKTBÜGEL 75/123 mm となっているほか、クランプ部からショルダーに向けてグッと細く絞りこまれていることと、曲がりが RENNBÜGEL が比較的クラシックなラウンド形状なのに対し、KOMPAKTBÜGEL はコンパクトらしくブラケット位置から急に近くなる形状です。


違いはもうひとつあって、RENNBÜGEL ではクランプ部分からショルダーにかけてアップバーの上部形状が変化するのに対し、KOMPAKTBÜGEL では一直線に伸びています。つまり、絞り込まれているのはバーの下側のみなんですね。


この形状のおかげで、クリップオンタイプのエアロバーを装着しやすいというメリットも手に入れています。別に RENNBÜGEL でエアロバーが装着できないわけではありませんが、LIGHTWEIGHT は推奨していません。ギリギリまで軽量化していることを考えると、そういう使い方はしないほうがいいでしょうしね。


RENNBÜGEL だとちょっとデリケートだし、ハンドルバー遠いしなぁ、と思っていお大尽様、こちらならそこまで神経質にならなくても大丈夫なようです。現時点では価格未定ですが、ハイエンドの RENNBÜGEL が片手ちょっぴり超でしたので、片手まではいかないとは思います、、、でも RENNBÜGEL 登場時は円高だったしなぁ、、、

お盆休みで奥方様とお子様が帰省している隙に、逝ってみるというのもアリかもしれませんよw なお、奥方様達が戻って来た時に何があっても当方は一切関知いたしませんので、自己責任でお願いします m(_ _)m

【SPEC】

WIDTH (CENTRE/CENTRE) 400/420/440 mm
WEIGHT 192/196/200 g
CLAMPING 31,8 mm
MATERIAL High Modular Carbon Fiber
DEPTH 123 mm
REICHWEITE 75 mm
SURFACEUD black matt
MISCELLANEOUS Aero bar compatible

(from LIGHTWEIGHT, BIKERUMOR)
関連記事
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back