calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1274

ALCOHO-LOCK presented by KOOWHO

土曜日も名古屋は猛暑日。これだけ暑さが続くと、いろいろテキトーになってきますね。世間的には今日からお盆休みに入る企業も多く、少し街の雰囲気がお休みモードになってきました。都内や東日本はこれから少し暑さがおさまるそうですが、名古屋以西はまだまだ猛暑日が続くらしいので、おいちゃんも休みたいところですけどねぇ、、、こればかりは仕方ないか。

さて今日は、都内の自転車ショップがプロデュースした変わり種のロックを紹介しましょう。


ALCOHO-LOCK presented by KOOWHO

呼気からアルコールを検出すると、パートナーのスマホにアラートを自動送信し、飲酒ライドをやめるよう本人を説得できるロック。愛する人からの警告ですから、我に返ってちゃんと自転車を置いて公共交通機関を使うか、押して帰るかの二択になるでしょうね。ロック本体と専用アプリケーションから構成されています。

では紹介動画を見てみましょう。



荏原にあるサイクランド KOOWHO は、昔おいちゃんが住んでいた街にあったサイクルショップ。当時何度かお邪魔したことがありましたが、拘りを感じさせる品揃えだった記憶があります。ではオサライしましょ。


専用アプリケーションの画面がこちら。最初に家族や友人などのパートナーを登録しておくと、本人の呼気からアルコールが検出された時にアルコール濃度と検出場所(これ重要)がアラートとして送信されます。これを見たパートナーが本人のスマホに連絡し、「間違っても飲酒ライドなんかしちゃダメよ!これで検挙されたら、会社クビになって再就職もできず、私達は路頭に迷う羽目になるんだからね!電車で帰ってらっしゃい!!」ってなお叱りを受ける訳ですから、そりゃ酔いも醒めることでしょう。でも、いくら酔いが醒めたからと言っても絶対乗っちゃいけませんからね。


製品のコンセプトはよくわかりますし、飲酒ライドの抑止力としてもそこそこ期待はできそうです。ただ、ちょっと課題もあるかなぁ。ひとつめの課題は、ロック本体にアルコール検知機を搭載している点が使い勝手をスポイルしていること。写真のようにリヤブレーキあたりにロックしたら、しゃがみこんで呼気を吹きかけなきゃいけないので、ちょい面倒じゃないでしょうか。

二つ目の課題は、アルコールが検知された場合でも解錠可能なこと。これ、電話を切った後に誘惑に負けて乗っちゃうことできるんですよね。違法駐輪や放置自転車にならないための仕様だそうですが、せめてパートナーからの遠隔操作で解錠できるようにしておくべきではないでしょうか。なにせ相手は酔っ払い、普段の分別盛りの面影のかけらもなくなっていることも多いので、念には念を入れておく方が宜しいかと思います。

存在意義や良し、あとは使い勝手の改良が望ましい、といったところでしょうか。本当はこんなロックがなくても、自分自身でちゃんと弁えられるのが望ましいんですけど、つい魔がさして、ということがあるのが飲酒ライド。大きな事故につながりかねないので、愛するおバカさんと家族を守る意味でも、こんなロックを使ってみるのもいいかもしれません。

【仕様】

サイズ 130(W)×25(D)×150(H)mm/約466g
内蔵バッテリー 800mAh
入力電圧 5V
充電 マイクロUSB(充電時間約1時間約1時間、満充電で約40回使用可能)
通信 Bluetooth4.0
アルコール測定方式 半導体ガスセンサー(MQ-3モジュール)
測定範囲 0.04~4mg/リットル
予定価格 \30,000-~\40,000-
発売時期 年内予定
お問い合わせ先 サイクランド KOOWHO

(from KOOWHO, CYCLE SPORTS, WEEKLY ASCII)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back