calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1280

KABUTO ZENARD-CV

金曜日の名古屋は予報通り猛暑が復活しました。仕事の合間に家事をこなすために出掛けたら、熱中症気味になりましたよ。気をつけていたんですけどねぇ。道中で MTB に乗った亜細亜人と思しき2人組みを見かけましたが、相当暑そうで真っ赤な顔をしていました。やはりこの季節は日中にバイク乗るもんじゃありませんね。まだ当分残暑が続きそうなので、お互い気をつけましょう。

さて今日は、国産ヘルメットの雄として気を吐いている KABUTO から登場した軽量エアロヘルメットを紹介しましょう。


KABUTO ZENARD-CV

KABUTO のフラッグシップモデル ZENARD にオーバーシェルを被せる方式で誕生したエアロヘルメット。専用設計ではありませんが、ベースモデルの優れたエアフローを活かし、必要最低限度のモディファイで良好なエアロダイナミクスを手にしています。


専用設計モデルとの一番の違いがわかるのがこのリヤクォーターアングル。側頭部から後ろにかけて、ZENARD のまんまです。エア抜けの良さで吸気効率を高めると同時に、軽さも得るためにシェルでフルカバーしなかったのでしょう。


アウターシェル以外の構造は ZENARD と同じですから、インナーパッドが3種類付属するのも同じ。デフォではノーマルパッドが装着されています。


左端が A.I.ネット、真ん中がノーマル、右端が Winter パッドです。この辺りの配慮が舶来品には真似できない「おもてなし」なんでしょう。


内側からヘルメットフロント側を覗くの図。細いスリットが4本入っているのがおわかりでしょうか?この細いスリットがエアインテークなんですが、後方からエアが大量に抜けるおかげで、こんなに小さな入口でも吸気効率は良いそうで、エアロヘルメットとしての冷却性能は十分満足できるレベルに到達しているようです。


後頭部のフィッティングシステムは、例によって XF-5. 上下3段階、前後2段階に調整できるので、ベスポジを探すのはそんなに手間ではないでしょう。


チンストラップは中空タイプなので、強度を保ったまま軽くて通気性にも優れています。


瞬間消臭繊維 MOFF を採用しているので、休憩でヘルメットを脱いだ時でも周囲の迷惑にならないで済みますw

巡航スピードが遅い貧脚のおいちゃんだとあまり冷却効果が得られないような気がしますが、破損時のも半額保証してくれる「ヘルメット破損交換制度」の対象にもなっているので、ちょっと考えてみようかなぁ~

【仕様】

サイズ XS/S、S/M、L
アジャスター XF-5
重 量 245g(XS/Sサイズ)、253g(S/Mサイズ、実測)、275g(Lサイズ)
カラー ブラック
付属品 パッド3種類(AIネット、ノーマルインナーパッド、Winterインナーパッド)

(from KABUTO, Cyclowired)

※ Amazon はこちら。



※ こちらは楽天ショップです。

《送料無料!》OGK ヘルメット Kabuto Zenard-CV

価格:25,650円
(2015/8/14 23:04時点)


関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back