calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1290

FUJI SL 1.1

月曜日の名古屋は、日中の陽射しはまだ暑いものの、朝夕めっきり涼しくなって過ごしやすくなりました。台風の影響で天気はだんだん下り坂ですが、できれば台風が過ぎた後は涼しい秋の空気に入れ変わってもらいたいものです。でもその前に、台風対策もちゃんとしておかないといけませんね。沖縄や九州方面のおバカさん達が大きな被害に遭わないことを祈っています。

さて今日は、世界最軽量フレームになることを目指して開発された新型バイクを紹介しましょう。


FUJI SL 1.1

フレーム単体重量わずか 695g という超軽量ロードバイク。先代の ALTAMIRA よりも 237g 軽量化することに成功しながらも、各部に改良を加えて剛性を高め、駆動伝達効率やハンドリング性能も向上させています。超軽量バイクにありがちな「登りは軽いけど下りはコワイ」という訳ではなく、狙ったラインをトレースできるバイク、ということでしょう。では、まずは紹介動画からどうぞ。



、、、多分にイメージビデオでしたので、ディテールはわかりませんでしたね。ではオサライしましょう。


全体のフォルムは最新バイクのトレンドを押さえたそれで、ヘッドチューブ-ダウンチューブ-チェーンステーのパワーラインにゴツいチューブを配置し、トップチューブ-シートステーには乗り心地や快適性をもたらす細くて柔軟性に優れ、かつ路面追従性も高いチューブを採用しています。


フレームセットだけで見ると、シンプルでクリーンなフォルムがよくわかります。どこのメーカーもトレンドは外さないので、だんだん似かよってきました。


よく見るとダウンチューブの断面形状は8角形になっています。COLNAGO のジルコチューブを思い出しましたよw この8角形の各平面に超高張力カーボンを貼り付けることで、剛性を最大限に高めることに成功したそうです。なお、この超高張力カーボンは、シートチューブ、トップチューブ、フォークの平面にも貼られているそうです。


シートステーは ALTAMIRA 譲りの楕円形の超薄型を踏襲しました。ロードからの突き上げを緩和しつつ、凸凹があってもしなやかに路面に追従させて駆動力のロスを防いでくれます。


FUJI SL 1.1 の強度重量比を実現できたのは、独自製法の HIGH COMPACTION MOLDING によるところが大きいそうです。チューブ交差部や各チューブ内側のシワ、ヒダ、余分な樹脂を除去すると同時に、カーボン積層を強力に圧縮するこの製法により、軽くて強いフレームができたとのことです。写真が小さいとわかりにくいですが、左側のフツーの製法で作られたフレームには沢山あったシワやヒダが、右側の HC 製法では綺麗に処理されています。ま、いわばバリ取りですね。


また、ジョイント箇所を半減させたことも改良点です。ALTAMIRA では8箇所あったジョイントを4箇所に、しかもシートステーとチェーンステーに集約したことにより、カーボンの高弾性が発揮できるようにもなっているそうです。高強度と高弾性率を両立させたということは、PINARELLO の TORAYCA と同じということなので、どっちの方が優れているのか興味をソソられます。実は TORAYCA の供給を受けている、なんてオチかな?w


ケーブルは最早インターナルルーティングがデフォですが、注目すべきはケーブルストッパー。これもどうやら射出成型された軽量パーツです。紐と電動の両方に対応し、交換も可能です。軽量化の努力はまさにグラム単位の積み重ね、ということですね。フレームがこうして頑張ってダイエットしてくれているわけですから、メタボなお父さん方もダイエットに励みましょう。


フォーク内部にはリブが設けられ、軽くてもしっかりした剛性を確保しています。少し前の C59 もそうでしたっけ、、、記憶が曖昧。ボケ始めたかもしれません orz


駆動力の要は BB30 です。PINARELLO はイタリアン に戻りましたが、FUJI は新規格を選択しています。どちらが正解なのかはまだわかりませんね。


ステアリングの安定性とダイレクトなハンドリングを両立させるために、フレームサイズによってフォークオフセットは2種類、ヘッドアングルは3種類を用意して、最適なトレイル値になるようデザインされています。


フレームサイズが違っても、同じライドフィールを感じられるように、サイズが違うチューブは直径も違っています。サイズが大きくなれば直径も太くなる、という訳です。


チェーンウォッチャーとチェーンステーガードもはじめから装着されているんですね。もともと日本にルーツを持つ FUJI には、やはり日本人の細やかな配慮が DNA として刷り込まれているのでしょう。ちがうか?


気になるのはやはりお値段。超軽量バイクの場合、いくらおバカさんでも目が醒めるような天文学的なプライスタグがぶら下がるのが常なんですが、FUJI SL 1.1 はちと違って、フレームセットで \260,000-(without tax) というお父さんにも手が出せそうなタグが付いているんですよ。ある意味レア物でもあり、コスパも良いと思われる FUJI SL 1.1, 狙ってみてはいかがでしょうか。


【SPEC】

SIZES XXS (46cm), XS (49cm), S (52cm), M (54cm), L (56cm), XL (58cm), XXL (61cm)
COLOR(S) Satin Carbon / Citrus
MAIN FRAME
 C15 ultra high-modulus carbon w/ High Compaction Molding System, integrated head tube w/ 1 1/2″ lower,
 oversized press fit BB30 shell, double water bottle mounts
REAR TRIANGLE
 C15 ultra high-modulus carbon thin seatstays, oversized chainstays, carbon dropout w/ replaceable hanger
FORK FC-330 carbon monocoque w/ tapered carbon steerer & carbon dropout
CRANKSET SRAM Red22 carbon, 53/39T
BOTTOM BRACKE SRAM Red, press-fit BB30, ceramic bearing
PEDALS N/A
FRONT DERAILLEUR SRAM Red22, braze-on mount
REAR DERAILLEUR SRAM Red22, 11-speed
SHIFTERS SRAM Red22, ErgoDynamic, 11-speed
CASSETTE SRAM Red XG-1190, 11-26T
CHAIN KMC X11SL Ni-Ti plated, 11-speed
WHEELSET Reynolds RZR 46 carbon tubular
TIRES Vittoria Chrono CS 28 x 22mm tubular
BRAKE SET EE Cycleworks eebrake
BRAKE LEVERS SRAM Red22 ErgoDynamic
HEADSET FSA Super Lite, 1 1/8″ upper – 1 1/2″ lower, integrated w/ carbon top cover
HANDLEBAR Oval Concepts R910SL, carbon, 31.8mm
STEM Oval Concepts 777SL, 3D-forged 7050 alloy, 31.8mm, +/- 7°
TAPE/GRIP Oval Concepts 300, padded suede
SADDLE Ritchey SuperLogic Vector Evo
SEAT POST Ritchey SuperLogic Carbon Vector Evo, 27.2mm
WEIGHT, LB./KG 10.91lbs. / 4.96kg.

(from FUJI, BIKERADAR, CYCLE SPORTS)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back