calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1302

DE ROSA SK PININFARINA

土曜日の名古屋は晴れて暑くなりました。一旦涼しくなってから32℃とかになると、老体にはちと応えますが、なにせ週末なので妙に元気だけはありました。でも、ここんところずっと予定がてんこ盛りなので、せっかくの貴重な晴れ間も事務所から指をくわえて眺めているのが精一杯で、楽しそうに駆け回っているだろうおバカさんたちを想像しながらキーボード叩きまくってました orz

さて今日は、そんな欲求不満を一掃してくれそうな新しいバイクを探してきましたので、一緒に見てみましょう。


DE ROSA SK PININFARINA Nero Terra

伊太利亜最後の巨人 DE ROSA が、レーシングカーやスポーツカーでお馴染みの PININFARINA とコラボして初めて産み出した新型エアロロードバイク。最新のエアロダイナミクスを身に纏い、DE ROSA が長年培ってきたロードバイクに感する知見と、類まれなデザイン力で世界中を虜にしてきた PININFARINA が手を組むとロードバイクはこうなるんですね。


PININFARINA が一役買うとなると、当然風洞実験は PININFARINA が担当します。DE ROSA SUPERKING の後継モデルということは、ラインナップにおいては PROTOS, KING XS に次ぐ 3rd グレードという位置付けですね。エアロロードバイクとフツーのバイクは別物という考え方もありますが、お値段的にもそのあたりに落ち着くようです。個人的にはこの風洞から産み出された数々の名車に想いを馳せてしまいますね。


では、SK に戻りましょう。フロントクォータービューからは、フォークに埋まるようなダイレクトマウントブレーキ、カムテール形状、リヤホイールを覆うように拡がるシートチューブ、ケーブル類は全てインターナルルーティングなど、最新のエアロバイクのギミックが満載されていることがわかりますね。ステム一体型ハンドルバーはおそらく CINELLI RAM 3 でしょうか? 4 って出てなかったよね??


電動も紐も両方いけますが、シフトケーブルはトップチューブの上から横向きに、リヤブレーキケーブルは斜め下からフレームインされています。ちょっと新しい感じですが、紐だとこの向きでは引きが重くなるので、多分ちょっと調整することになるのでしょう。前面投影面積を減らすために、ヘッドチューブは1-1/8 - 1-1/4 とやや細身のテーパーになっています。


ものゴッツいダウンチューブの後ろ、シートチューブの根本近くに CAMPAGNOLO EPS V2 用のポートがありますね。ちなみに SHIMANO Di2 BTR2 はここではなくてシートポストマウントで対応するそうです。低重心になるぶん、CAMPAGNOLO のほうが優位でしょう。


BB386 の周囲はいかにも空気抵抗が少なそうな滑らかな球形状になっています。PINARELLO はイタリアンに戻りましたが、DE ROSA はこっちに行きましたか。


シートポストクランプ部分にはカバーが被さっていますが、おそらくトップチューブ上部に臼が仕込まれていると予想しています。違ったらごめんなさい m(_ _)m


ようやくリリースされた CAMPAGNOLO のダイレクトマウントブレーキを FR とも搭載して、制動力を強化しました。サードパーティ製のブレーキだとどうしても心配が拭いきれないという CAMPAGNOLO 信者の一人としては、待望の登場ですね。


ホイールは VISION METRON 81 に PININFARINA デカールを貼り付けたもの。ややデザインはアレですが、3rd ポジションだとここまでしかできないのかもしれません。ここはひとつ、PROTOS の仕上げに期待しておきましょう。

カラバリは結構ありますねぇ。


DE ROSA SK PININFARINA Bianco Aria


DE ROSA SK PININFARINA Rosso Fuoco


DE ROSA SK PININFARINA Nero Rosso Fuoco


DE ROSA SK PININFARINA Blu Acqua


DE ROSA SK PININFARINA Blu Oro Fuoco は高額なお布施をも厭わない日本限定カラーです。


DE ROSA SK PININFARINA Bianco Nero Fuoco も本国サイトにはなくて日本のサイトにしか出ていませんね、、、

日本のサイトを良く見ると、入ってくるのは Blu Acqua (Blue Black Glossy) / Bianco Nero Fuoco (White Black Glossy) / Blu Oro Fuoco (Blue Gold Glossy) / Nero Rosso Fuoco (Black Red Matt) の4色のようです。Nero Terra が一番魅力的なのに orz


ジオメトリはこちら。トップチューブは 575mm 欲しいおいちゃんは、560 あたりが良さげです。これだとヘッドチューブが166mm でハンドル低くできますし、シートポストも結構出せそうですから、見栄え良く仕上げられると思います。遅いんですけど。

SUPERKING の後継モデルで、フレームセットで \348,000-(without tax)というタグからいっても、はっきり言えば中華フレームなんでしょう。「DE ROSA なんだからどうしてもイタ物じゃなきゃイヤだ」という御仁は、思う存分お布施を包んで頂いて PROTOS 逝っちゃってくださいまし。

(from DE ROSA, BIKERUMOR, CYCLING WEEKLY, CICLICORSA, AUTOBLOG)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back