calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1307

CAMPAGNOLO EPS & DIRECT MOUNT BRAKE 2016

木曜日の名古屋は台風一過で綺麗に晴れました。でも北関東では甚大な被害が多発、鬼怒川界隈のあまりの惨状に茫然としてしまいました。被災者の皆様、お見舞い申し上げます。一刻も早く皆様が救出されて復旧の日が来る事を祈っております。

さて今日は、ちょっぴり期待はずれ?だった CAMPAGNOLO EPS の2016年モデルを紹介しましょう。


CAMPAGNOLO EPS 2016

EUROBIKE 2015 で他社が華々しく無線化をぶち上げる中、絶対王者として孤高の地位を誇る CAMPAGNOLO がどのような進化を遂げるのか注目が集まりましたが、ERGOPOWER, FD, RD といったメカはキャリーオーバーながら、インターフェイス、バッテリー、アプリケーションとの連携を強化、メンテナンス機能や一部のサイコン機能、そしてシフトチェンジに関するカスタマイズ機能を搭載しての登場となりました。


まずはインターフェイス。CAMPAGNOLO DTI (DIGITAL INTELLIGENCE) は、やや丸っこい形状に変わり、本体上部後方に充電ケーブルをつなぐジャックが設置されました。 これにより、フレームに穴を開ける必要がなくなり、数多くのフレームにセットすることができるようになりますね。


横から見るとこんなフォルム。ジャックにはちゃんとキャップがあります。


CAMPAGNOLO では DTI をステムにセットすることを推奨しているようですが、何も横に付けなくてもねぇって思うんですが、何か理由があるのでしょうか。思い当たるのは充電用ジャックへのアクセスがしやすいから、というものですけど、イラストにあるように横に付けるとケーブルの取り回しがなにやらフクザツなことになりそうなので、フツーはステム下につけるのをわかりやすくするためにここにしたのかと思うんですけど、、、わかりません。


そして、細身になった内蔵バッテリーがこちら。一番大きな違いは充電ジャックがなくなったことです。これでフレーム選ぶことはなくなります。16.6mm x 232mm のサイズは、Di2 のバッテリーの太さ近くになりました。シートポストにマウントする場合には、付属する2種類のシム(27.2mm/31.6mm)を使います。

次は、MY CAMPY です。これが面白いですよ。


MY CAMPY をiPhone やパソコンにインストールして、Bluetooth と連携させることで EPS の機能を拡張できるようになります。CAMPAGNOLO 独自のアカウントを作成して使用するか、Google, STRAVA, Facebook のアカウントとの連携もできるので、ご活躍ぶりをシェアすることも簡単です。


こちらがiPhone のホーム画面で、MyGarage, MyCampySessions, MyEPS という3つの機能にはここからアクセスします。


MyGarage とは、簡単に言えばメンテナンス時期を判断して通知してくれる機能です。バイク、コンポ、ホイール、チェーンリングとコグの歯数を最初に登録すると、バイクごとに積算走行距離を管理してくれて、チェーン、コグ、ホイールのベアリングなどの摩耗具合を判断してくれるんですね。定期的にメンテナンスして常に最高性能を発揮できる状態を維持するようお布施を強要するとは、流石はコンポの絶対王者ですw 信者は喜んでお布施包むことでしょうw


MyCampySessions はいわばサイコンの一部機能とかぶるもので、走行時間、距離、スピードなどのほかに、シフト回数、いつ、どこで、どのギアを使っていたのかというログが残ります。いつも使うギアは大体同じなので、こうしたログを見直すことで何か発見できる可能性がありますから、これはちょっと興味深いかも。


そして MyEPS は、シフト操作の反応スピードや、シフトレバーを押しっぱなしした時の多段変速段数を 1~10 段の間で自由に設定できるカスタマイズ機能です。また、フロント変速時に自動的にリアも変速するをシフトアシストという機能もあります。大きなトルク変動を調整するために、従来は自分で調整していたものを代わりにやってくれるんですね。

さらに、ERGOPOWER のレバー操作の割り当てを変更できるシフトセッティング機能も追加されています。右フロント、左リヤという操作の左右入れ換えや、右レバーだけでFD, RD とも操作できるようにも変えられるそうなので、落車などで片方の ERGOPOWER を破損した時などでも走れるようにできそうです。



CAMPAGNOLO DIRECT MOUNT BRAKE 2016

あとは、遅ればせながらやっとダイレクトマウントブレーキがラインナップに加わったことがトピックスでしょう。サードパーティ製のブレーキではどうも心許ないと思ってきた信者の皆様には待望の純正品の登場で、新しいエアロフレームへの乗り換えが進むかもしれませんね。スピードコントロール性能や効き具合で定評のあるキャリパーブレーキと同じように、信者から高く評価されるかどうか、注視していきましょう。

個人的には「やはりそろそろ無線化だよな」と期待していた分、やや期待外れという気もしましたが、MY CAMPY の目の付けどころが他社がまだ取り組んでいない領域もあるのが割と面白く感じました。2017年モデルで無線電動メカに進化するのかもしれませんが、その前に様々なアプリケーションを試しておきたいのかもしれません。

いずれにせよ、早く電動無線化してくらはい、CANPAGNOLO さん。じゃないと何度もコンポ買わないといけませんから、、、おいちゃんは結構年新な信者だけど、懐具合はちょっとした登坂でも 34-32T 仕込みたいくらい軽軽なのよ~~(泣)

(from CAMPAGNOLO, CYCLE SPORTS)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back