calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1308

CARRERA AR-01

金曜日の名古屋は引き続き晴天に恵まれました。豪雨による災害も今度は東北にまで及んでしまいましたね。被災者の皆様には心からお見舞い申し上げます。一日でも早く河川の氾濫が治まって復旧が始まりますよう、祈念しております。

さて今日は、EUROBIKE2015 でちょっと目を惹いた新型エアロロードバイクを紹介しましょう。しかし、猫も杓子もエアロバイクをリリースしてくれますねぇ、、、


CARRERA AR-01 AG-32 Direct Mount Brake Model

かの MARCO PANTANI やカッチカチのフレームというイメージが強いことから、硬派御用達のフレームとも言える CARRERA がリリースした新型エアロロードバイク。LOOK 795 のようなインテグレーテッドステムを採用しつつ、コースや好みに合わせてブレーキシステムを選択できるように、ダイレクトマウント/キャリパー/ディスクに対応できるフレームワークを揃えています。勝敗を左右するブレーキを自由に選べるとは、目のつけどころが CARRERA でしょ(意味不明)。


インパクトのあるステムは、本家に比べると少しゴツさが目立つ気はしますが、ステム周りの Turbulence をできるだけ抑えてエアロ効果を高めるには有効なアプローチなのでしょう。ステムの高さ調整代がどの程度あるのかはちょっとわかりませんが、CARRERA 自ら Ultra High Performance の Competition Machine と謳っている以上、ポジション出しには妥協するはずがないので、どんなギミックなのか興味が惹かれますね。


LOOK と違ってステムの先端がハンドルバーと面一になっていないところをどうとらえましょうかね。LOOK のほうがデザインに優れていると見るのか、それとも CARRERA がハンドルバーのセッティングに関する整備性を重視したと見るのか、、、おいちゃん的にはゾウムシちっくな見た目がやや気になるところ、、、じゃなくて、ハンドルバーのエアロダイナミクスまで手が回らなかったのかな?という詰めの甘さを感じました。プロ選手が好みのハンドルバーが選べて良いという考え方もできますが、CANYON みたいにインテグレーテッドエアロバンドルバーをわざわざ開発するフレームメーカーが増える中、ここはちょっとウィークポイントかもしれません。


ダイレクトマウントブレーキモデルは、リヤブレーキは BB 下にセットされるのでシートステーがすっきりしています。背景とフレームカラー、ブレーキカラーがかぶると、なんにも見えやしませんねぇ。


CARRERA AR-01 AG-30 Calliper Brake Model

キャリパーブレーキモデルになると、リヤブレーキはシートステーブリッジにセットされます。ダイレクトマウントの制動力より、スピードコントロールや整備性を重視するプロの場合は、キャリパーブレーキを選ぶのでしょう。ただ、エアロダイナミクスはダイレクトマウントの方が優れているでしょうね。

そして、ディスクブレーキモデル。


CARRERA AR-01 AG-31 Disc Brake Model

AR-01 は、剛性向上に注力したとのことで、横方向や捻じれへの剛性に優れるだけでなく、ペダリング伝達効率 100%を目指すなど、硬派イメージに恥じないフレームに仕上げてあるそうです。最近のトレンドでは、衝撃吸収性や快適性を左右するトップチューブやシートチューブは細めに仕上げるフレームが多いですが、AR-01はゴツいボリュームですから、この言葉にウソはなさそうです。勿論、エアロロードバイクとして相応しいフレーム形状であるカムテールが随所に用いられていますし、シートチューブとリヤホイールの隙間も限界まで詰めてあり、小さなリヤ△も反応性の良さを予想させます。


CARRERA は SHIMANO のフラットマウントディスクブレーキを採用しました。2016年シーズンはいよいよ本格的にレースでも使用されるでしょうから、各社ともディスクブレーキモデルの開発に余念がありません。


リヤエンドの形状がちょっと変わっていますが、これまたどっかで見たことがあるような気が、、、



ジオメトリはこちら。トップ長が 575mm のおいちゃんの場合、 L サイズが良さそうです。先日の DE ROSA SK PININFARINA といい CIPOLLINI NK1K といい、イタ物だと比較的サイズが合うのは、流石ラテンの血が流れているだけのことはありますねぇ(嘘)って、厳密には全く合ってませんがね。

個人的には保守的なアラフィフらしく ERAKLE AIR のほうを選んでしまいそうなですがw、好き嫌いがはっきり分かれるデザインなので、795 のことを嫌いじゃなければ乗ってみてもいいんじゃないでしょうか。

【SPEC】

Fork CM58 Carbon 60HM finish 1K 1-1/8” - 1,5” weight 365gr.
Material Carbon Pre-Preg T-800sC HM50 T - Hs40 - Hs60 T 1K
Assembly system Monocoque
Integrated headset system 1-1/8” - 1,5”
Bottom bracket PRESS FIT 86x41
Rear dropouts Carbon integrated Chainstay
Frame weight 1180gr. size M
Internal cabling
READY FOR ELECTRONICS SYSTEMS
READY FOR FLAT MOUNT BRAKE
READY FOR DIRECT MOUNT BRAKE UNDER BOTTOM BRAKET

(from CARRERA, ROAD.CC)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back