calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1326

YAMAHA YPJ-R

火曜日の名古屋は快晴で暑い一日でした。夕方からぐっと冷えてきたのでやや風邪っぽいおいちゃんですが、平日はなんとかだましだましやり過ごして週末に復活できればいいか、くらいで月末月初を乗り切りたいと思っています。本当は上期末下期初で地獄の真っ只中なんですが、ブログ書いて現実逃避している間くらいは、まったりしたいんですよ(泣)

さて今日は、心身とも弱って来た虚弱なおいちゃんの次の愛機になりそうなコイツを紹介しましょう。結構、本気だったりしてw


YAMAHA YPJ-R M Black/Gray

PAS でお馴染みの YAMAHA 発動機が仕立てた電動アシストロードバイク。アルミフレームのダウンチューブにバッテリ-をセットして SHIMANO 105 で組み、比較的標準的なパーツでアッセンブルしながら重量は 15kg に抑えられています。


上から見ると、電動アシストやバッテリーがかなりスリムに仕上げられていることがわかると思います。おバカさんにとっては見慣れたバイクのシルエットとそれほど違いがないんじゃないでしょうか。アルミフレームは YAMAHA オリジナルデザインですが、モーターサイクルで培われたフレームデザイン力があるので、それほど馬鹿にしたものではないと思います。ま、現状のペダルはアレですがw


サイドビューを見ると流石になんだか野暮ったい印象にはなってしまいます。SHIMANO, CAMPAGNOLO のようにバッテリーをフレームに内蔵できるようになれば、BB 周辺のアシスト部分だけが特徴的なものに進化することでしょうし、次回モデルチェンジでそうなることを期待しましょう。


電動アシスト機構はすでに欧州市場に投入すみのものなので、信頼性や耐久性は実証済み。どことなくモーターサイクルエンジンと似たデザインなような気がします。


Max 240W の出力を発生する電動アシストは、 ~10km/h 未満では比例補助、10~24km/h 未満では逓減補助、24km/h 以上は補助がなくなるというもの。これだと激坂では常にアシストしてもらえるんですねぇ、ぐふふ。


モノクロではありますが、大型液晶マルチファンクションディスプレイとスイッチユニットがステム上に鎮座します。ディスプレイは着脱式なので、降車時には忘れずに外しましょう。


スペックの詳細はご覧の通りです。基本、これがあればサイコンを別に用意する必要はなくなるようですね。ただ、GPS 機能やマップ機能が非搭載なのが残念です。これが欲しい人は、別途 GARMIN EDGE 1000J でも載せてください。


リチウムイオンバッテリーは、容量 2.4Ah でコンパクトにまとまっています。肝心のアシスト走行距離は、HIGH:15km, STD:22km, ECO:48km といった具合です。ワンデーロングライドで峠越え祭りとなると、ECOモードで逝くしかありませんねぇ。一番キツイところだと HIGH にしたくなるところですが、一瞬の天国を堪能した後、延々と続く地獄に落ちるというのもなんですし、、、ECO モードで淡々と回すしかなさそうです orz


充電が 1時間で完了するのは嬉しいですね。USB ポートが2つ用意されているので、iPhone や iPad への給電も可能です。


コンポは 105ですので、とり急ぎ購入したらさっさと交換しちゃいましょう。せっかく電動アシストなんですから、コンポも DURA ACE Di2 にしないでどーする、というのがおいちゃん考えたんですが、実はケーブルの処理が大変なことになりそうなんですね、これ。ディスプレイやスイッチ関係のケーブルがすでにフレーム内にのたくっているので、Di2 のケーブルやジャンクションなどをセットするのに結構苦労することでしょうね。この辺りは I 師匠に相談してみないとできるかどうかもわかりませんから、チューンナップを考えているおバカさんはショップに相談してから買いましょうね。

フレームサイズは M, XS の2種類で、それぞれカラバリは2色用意されています。


YAMAHA YPJ-R M Tricolor


YAMAHA YPJ-R XS Black/Blue


YAMAHA YPJ-R XS Tricolor


公式サイトにあるスペックは上記の通りです。

おいちゃんの素人考えで言うと、これ買って、コンポは紐 DURA, コクピット周りをはじめ、交換できるパーツは全て軽量パーツに換装し、BORA ONE か同等のカーボンホイールを履かせて12kg 切りを目指したいところです。そうすれば、結構面白いオモチャになってくれるんじゃないでしょうか。

発売は 12/10 予定、完成車価格で \230,000-(without tax) というあたりもいい塩梅ですし、自分用の3台目とか、スナイパー用に欲しくなってきました。スナイパーにもロードバイクの爽快感を味わってほしいけど、登りで酸欠になっちゃうから、これなら大丈夫だろうし、、、一緒に走るとなると、結局自分は自力で走ることになるんだと思いますがね orz

(from YAMAHA, Cyclist)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back