calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1331

KINETIC ROCK and ROLL T-2300

日曜日の名古屋は爽やかな秋晴れ。朝夕は冷えましたが、日中はまさにベストシ―ズンという快適な陽気だったので、おバカさん達はあちこちに出没していましたね。3ヶ月予報では年内は例年より暖かいようなので、寒がりのおいちゃんでも乗れる期間が長くなるかもしれません。晩秋の紅葉狩りライドとかできるかもしれませんが、ちょっとでも寒かったらあっという間に冬籠りするんだろうなぁw

さて今日は、実走行感を大事にした冬籠り時期のトレーニングパートナーを紹介します。


KINETIC ROCK and ROLL T-2300

固定ローラーなのにダンシングできるという衝撃の登場を飾った初代に比べ、小型化・軽量化に成功した2代目 ROCK AND ROLLER. 実走行と非常に近いペダリングができるため、固定ローラーと3本ロ-ラーの両方のよいところをミックスしたトレーニング効果を期待できます。Bluetooth Smart で iPhone と連携し、トレーニングデータを確認できるようになっています。

もうご存知でしょうけど、まずは動画をご覧ください。



セットアップが簡単とか、バイクのセッティングもワンタッチ、ということですが、乗ってからはまさにハードコアトレーニングですね。では、オサライしましょう。


これが2代目の全体像。先代で特徴的だった外側にぐっと張り出したスタンド形状がシンプルなストレートに変更されました。横幅が狭くなった分、先端のグリップにかかる荷重が大きくなるわけですが、それを考慮して固定力を増すためにグリッパーの形状も改良されています。


重ねてみると違いがよくわかります。12インチ、というから約 30cm も横幅が狭くなっているんですね。初代では「面白いんだけど横幅とるから置き場所に困るんだよねぇ」という声が多かったので、これは嬉しい変更でしょう。


負荷装置は医療グレードのシリコーンを使用したフルード方式。わざわざ医療グレードのシリコーンを使うのは、温度の高低にかかわらずいつでも一定のワークアウト抵抗を提供するためだそうです。また、フライホイールは 6.25ポンド(約 2.8kg)というヘビー級のものを採用、慣性までも実走行に近いものを実感できるようになっています。なお、冷却には内部ファンと80枚の冷却フィンを使用しています。


こちらは KINETIC(実線) と実走行時(破線)のパワーカーブの比較です。ほぼ一致しているのがわかりますね。最大出力は 1000W といったところでしょうか。


ROCK and ROLL の最大の特徴であるダンシングを支えるのが、この2つのエラストマーです。従って、ここのお手入れは必須です。


フィキシングボルトを外して、上下2つのエラストマーにしっかりとルブリカントを塗布します。ここが滑らかに作動しないと、バイクを左右に振る時にひっかかりが出たり、振り幅に左右差が発生するおそれがありますので、ちゃんとメンテナンスしましょう。


そして、KINETIC Powre Tech の心臓部がこの KINETIC inRide Watt Meter がこちら。iPhone 4S/5/6 シリーズなどと連携して主要なトレーニングデータを計測します。コクピットに iPhone を装着しておけば、見ながらトレーニングできますが、ダンシング中には注視しないほうが良いでしょうね。


タイヤが載るローラーの下に inRide センサーをセットして、HRセンサーを胸に装着すれば、準備 OK です。





対応できるバイクは、ロードバイク、MTB は勿論ですが、29er でも大丈夫ですし、コーンカップや小型ホイールアダプタを使用すれば 22インチホイールでも OK です。写真のような 12mm スルーアクスルでも逝けます。


さて、こちらはフロントホイールを載せる Turntable Riser Ring. ダンシングに合わせてフロントタイヤも左右に振れるので、ちゃんと Turntable 機構が備えられているんですね。ライズ量も様々なので、ヒルクライムやダウンヒルなども想定したトレーニングもできます。




ローラーにつきもののスウェットパッドやトレーナーマットも用意されていますが、全て別売りなので忘れずに購入しましょう。

バイクがある程度振れることで、固定ローラーが抱える懸念のひとつであるステーに対する捻じれ負荷がある程度は軽減されることもメリットのひとつでしょう。最新のカーボンフレームは特にシートステーが細いので、リヤエンドをがっちり固定してしまうと破断しちゃうんじゃないかと心配のそこのアナタ、これならいかがでしょうか。おいちゃんもちょっと狙ってますよ。

(from KINETIC)

※ 楽天にありました。

【日曜日はポイント3倍】KINETIC ROCK AND ROLL

価格:75,924円
(2015/10/4 23:46時点)


関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back