calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1333

NITERIDER LUMINA OLED 800 & SENTINEL 40

名古屋は火曜日も秋晴れの一日でした。平日にこんないい天気が続くなんて、なんと勿体ないことでしょう。仕事している場合じゃないですよ、おバカさん達w でも下期初で諸々予定が詰まっているという方は、我慢我慢ですね、ご愁傷様でございます。おいちゃんも夢の中でペダルを回しているようで、起きると布団が脚に絡まっていますw あと少しで三連休だからもう少し辛抱しましょ。

さて今日は、秋の夜長のお供にしたいライトを紹介しましょう。


NITERIDER LUMINA OLED 800 & SENTINEL 40

驚異的な明るさを放つライトで有名な NITERIDER が、INTERBIKE 2015 で発表した新型フロント & テールライト。バッテリー内蔵式ライトの LUMINA シリーズのハイエンドモデルは OLED ディスプレーを採用、テールライトは路上にセーフティゾーンを照射して後方から迫る自動車への注意喚起を促す最新モデルです。では順番に見ていきましょう。


NITERIDER LUMINA OLED 800

名前の通り 800LM を放つこちらは、Ride Safety Daylight Flash Mode を含めた4つのモード(Flash/Pulse/SOS/Beacon)、明るさは High/Mid/Low の三段階、4種類の Flash を選べます。操作には新採用となった OLED ディスプレイでをポチポチします。


この OLED ディスプレイは、バッテリー消耗度をパーセンテージ(左)と残りのランタイム(右)のどちらでも表示できるようになっています。実用上、残りのランタイムがわかるほうが使いやすいでしょうね。ライトの明るさもイラスト表示されます。先程下記忘れましたが、ランタイムはHigh 1.5時間/Mid 3時間/Low 5.5時間です。


800LM での見え方はこんな感じ。照射範囲はあくまでも路面に集中させるタイプで、周辺に光が散乱しないようになっていますね。40m先まで照らし出してくれるので、街中でのジテ通ならなんの支障もないでしょうし、堤防道路など街路灯が少ない場面でも心強いでしょう。


サイドビューは随分スマートになり、大光量ライトの必須アイテムである放熱用グルーブを上手にデザインに活かしています。

リチウムイオンバッテリーの容量は 2900mAh で、フル充電にかかる時間は 500mAh以上なら 3時間、それ未満なら 6時間となっています。ちゃんと上司の許可取って同梱の USB ケーブルで、オフィスのノートパソコンからサクサクっと充電しましょう。

【SPEC】

Lumen Output 800
Run Time 1:30 – 18:00hrs
Quick Charge Time 3:00hrs at 1Amp
Normal Charge Time 6:00hrs at 500mA
Weight 172g
Battery Li-Ion

続いてテールライト。


NITERIDER SENTINEL 40

路面に2本のレーザーレーンを照射する最新機能を搭載したテールライト。最初に動画をご覧頂ければ、おいちゃんがどうこう言わずともおわかり頂けるでしょう。



他のライトでもありましたが、最近はこれが流行りなんでしょう。一定の範囲を確保することで、接触事故を減らせる効果が期待できることでしょうね。ではオサライしましょう。


ライト上面にあるスイッチで後方を照らすのか、路面をレーザー照射するのかを切り替えます。


中央のラバーパーツは USB の挿し込み口。その左右にlレーザーを照射する LED が配置されています。ここから、、、


LASER BEAM ! という訳です。


この範囲に近づいちゃダメよ、という警告は、ドライバーから見てもわかりやすいでしょうから、幅寄せされるようなことも減るんじゃないでしょうか。

最大 40LM の明るさは High/Low 2段階に調整できるほか、Flash も2パターンあります。ランタイムは High 4.5時間/Low 7時間、Flash1 18時間/Flash2 7時間、1000mAh のリチウムポリマー電池をフル充電するには 4時間必要です。 面白いのはグループライドモードというもので、おバカ仲間と一緒にツーリングする時は、このモードにしておくと後続者が眩しい思いをせずに済みます。

【SPEC】

Lumen Output: 40
Run Time: 4:30 – 36:00hrs
Charge Time: 4:00hrs
Weight: 73g
Battery: Li-Po

NITERIDER は元プロサーファーが夜間早朝のサーフィン時の視界を確保するために起業したライトメーカーなので、暗闇を明るく照らす大光量ライトが得意です。そんな拘りのライト、発売までもう少し時間がかかるようですが、ライトを新調したいなら、一応これ見てから決めてみてはいかがでしょうか。

(from NITERIDER, BIKERUMOR)

※ Wiggle さんには10月下旬入荷予定とのことですので、リストに載せておきますね。その頃またご覧ください。


NiteRider Lumina 800 OLED Front Light 日本に無料配送
割引 10% 定価 ¥20530 ¥18477



NiteRider Sentinel 40 Rear Light
割引 10% 定価 ¥7107 ¥6396


関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back