calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1338

GOKISO GD2 Full Carbon Wheels ~ 24/38/50mm Wide Clincher, 38mm Clincher & 50mm Tubular

日曜日の名古屋はやはり雨に祟られました。朝のうちに雨は上がったんですが、結局陽が射さなかったので道路が渇かず、肌寒い曇りのまま日が暮れてしまいました。雨が降って寒くなると、とたんに体調が崩れるおいちゃんは、目覚めたときから鼻水ズルズルで喉が痛くなってきましたよ。日中に風邪薬を飲みましたが、果たして明日走れるかどうか、、、火曜日に倒れてもいいから、明日は走りたいんだけどな、、、あ、火曜日って仕事かw

さて今日は、「チャリダー」で乗鞍を見たことで思いだした例のホイールを紹介しましょう。


GOKISO GD2 Full Carbon Wheels

愛知県蟹江にある超精密工作機械メーカー、近藤機械製作所が航空機ジェットエンジン用軸受の生産で培った技術を投入して製造する究極の回転体が GOKISO ホイールです。当初注目を集めたハブに加えて、カーボンリムの製造も手掛け、用途に合わせて様々なリムハイトやハブを選び、最高のホイールを受注生産しています。


こちらが世界に衝撃を与えた GOKISO SUPER CLIMBER HUB です。その一種異様な外観は、一度見たら忘れられないほどのインパクトでしたね。個人的には航空機エンジンのフィンを想起させるデザインに興味を惹かれたものでしたが、本当の凄さはその構造にありました。


このフィンに見えるデザインは、「外側弾性体構造」というシロモノで、フローティング想像を成し、路面からの衝撃などを弾性変形することで吸収してくれるんだそうです。冷却フィンじゃないんですねw ハブボディとシャフトは全て Ti-6AL-4V のチタン合金の削り出し、ベアリングは NTN 社製の P5 グレードのセラミックベアリングです。NTN って、旧東洋ベアリング製造でしたっけ。懐かしいな、つい昔の仕事を思い出しましたw ま、文系の素人がどうこう言っても説得力はありませんね。


こちらがフロントハブ。そして解説動画がこちら。




発想や着目点自体は、文系のおいちゃんにも頷けるものです。というか、他社はこの発想をしなかったのが不思議ですね。おそらく、コストアップや高額製品を受け容れる市場があるかどうかを懸念して、あるいは「そこまでの超高精度をハブに求めるこたぁねんじゃね?」みたいな思いこみがあったんでしょう。


こちらがリヤハブ。ボディを部部的に薄肉化することで意図的に弾性率の変化をつけることで弾性体構造として機能するんだそうです。で、解説動画がこちらです。



動画自体が少し昔のものですし、ハブも SUPER CLIMBER HUB ではありませんが、基本的な構造は同じです。こちらはフリーがある分、複雑な構造になりますが、とはいえ原理はフロントハブと同じですから、「ベアリングがもうひと組み増えるわけね」ということです。では、オサライしましょう。



GOKISO HUB の特徴はこちらの3つ。フローティング構造で衝撃を吸収する弾性体サスペンションがハブ内部の構造に仕込まれているというのがまずスゴイですね。フローティング構造がゆえにベアリングが歪むことなく、常に真円を保ち続けるうえに、球面形状のナットとワッシャーが軸受にストレスをかけないということがどんな意味を持つかというと、、、


ほんの少しの力でもいつまでも回転し続ける様に思えるほど、転がり抵抗が少なくなることに結実するんですね。このグラフの一番下に位置する紺色の折れ線グラフが SUPER CLIMBER HUB のものです。


ちなみに、フリーボディは専用工具を使って SHIMANO/SRAM と CAMPAGNOLO に換装することができます。


スポークは SAPIM CX-RAY AISI 302 を採用し、フランジとスポーク穴はこれ専用に設計されています。穴の両端にはしっかりフィットするように R を付けてあるんですって。これにより、スポークとリムが面で接することになり、耐久性が飛躍的に向上したとのことです。


また、リムには従来品に加えてワイドリムを追加、昨今のワイドタイヤのエアロ効果を引き出すことは勿論、コーナーリング時のタイヤの変形を軽減することで、転がり抵抗の低減を図るとともに、自然なフィーリングをフィードバックしてくれます。


ワイドリムの場合、タイヤと路面の接地面積が減り、接地長も短くなり、更なる転がり抵抗の低減を叶えることができました。

ホイールのバリエーション例はこちらです。以下のモデルではハブは CLIMBER HUB になっていますので、悪しからず。


GOKISO GD2 24mm Wide ClincherFull Carbon Wheel


GOKISO GD2 38mm Wide Clincher Full Carbon Wheel


GOKISO GD2 38mm Clincher Full Carbon Wheel


GOKISO GD2 50mm Wide Clincher Full Carbon Wheel


GOKISO GD2 Full Carbon Wheels 50mm Tubular


究極の回転体ゆえの受注生産ということで、上記の表以外の仕様でも相談にのってくれるとのことですし、蟹江に行けるなら試乗も受け付けてくれるそうですから、本気で勝利を狙っていることが伝われば、いろいろ無理を聞いてくれるかもしれませんよ。でも、それに見合うだけの財力も必要ですので、頑張って働きましょーw

しかし、こんなにすごいホイール履いても貧脚なら宝の持ち腐れ。貧脚なりに少しは楽に登れるっちゃ登れるのでしょうが、少しでも剛脚になるように努力して履いたら、その真価を発揮してくれるんでしょうから、頑張って鍛えましょう、、、ave. 200W の壁は高過ぎるぞぃ orz

(from GOKISO, BIKERUMOR)

※ 楽天ショップにあります。こちらのハブはちゃんと SUPER CLIMBER HUB 仕様ですので、ご安心ください。

GOKISO (ゴキソ) スーパークライマーホイール フルカーボンチューブラー 50mm 【ホイール】【ハブ】【自転車】【RCP】【05P30Nov14】

価格:907,200円
(2015/10/11 23:27時点)




GOKISO (ゴキソ) スーパークライマーホイール フルカーボン オリジナル ワイドクリンチャー 38mm 【ホイール】【ハブ】【自転車】【RCP】【05P30Nov14】

価格:1,036,800円
(2015/10/11 23:28時点)




GOKISO (ゴキソ) スーパークライマーホイール フルカーボンクリンチャー 38mm・50mm 【ホイール】【ハブ】【自転車】【RCP】【05P30Nov14】

価格:907,200円
(2015/10/11 23:28時点)




GOKISO (ゴキソ) スーパークライマーホイール フルカーボン ワイドクリンチャー 24/30mm・30/30mm 【ホイール】【ハブ】【自転車】【RCP】【05P30Nov14】

価格:907,200円
(2015/10/11 23:29時点)


関連記事
スポンサーサイト
1

Comment

  1. -

    2015-10-14 (Wed) 22:57

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back