calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1343

ELITE L'EROICA Timeless Glory VNTAGE BOTTLE & CAGE

金曜日の名古屋は穏やかな晴れでした。絶好のおバカさん日和だというのに平日だなんて、こういう時は風邪ひいて休まなきゃいけませんねぇ。仕事なんざ雨の日にできるんですから、晴れたら朝電話一本いれるだけでお休みにできる勤務形態にしないと、優秀なおバカさんはみんな退職しちゃいますよね(違)。はやくそんな日本になるといいんですけどね、、、ならんかw

さて今日は、ちょっいと趣向を変えて古き良き時代のおバカさんに倣ってみようかというお話でもしてみましょう。


ELITE L'EROICA Timeless Glory VNTAGE BOTTLE & CAGE

スプロケットが11枚もある現在では考えられないかもしれませんが、当時たかだか5,6枚のスプロケットで今の TDF とほぼ同じようなコース、しかも未舗装路ばかり走っていた頃に使われていたボトルとケージが現代に甦りました。クラシックというより他はありませんが、これはこれで真性度の高いおバカさんにとってはなかなかの魅力を放っていると思います。

では、これのもとになった物が使われていた時代にしばし戻ってみたかのごときイベントの様子を見てみましょう。それが、L'EROICA です。


L'EROICA とは、かつてグラベルやパヴェなどの未舗装路を走り続けたおバカ先人「L'EROICA 英雄」達に敬意を表して行われる伊太利亜はトスカーナ州キャンティの Strade Bianche (白い砂利道)で毎年行われるヴィンテージスティールバイク限定のイベントです。ジャージもクラシックジャージですし、装備も含めて当時のままで踏破しなければなりません。コースは 38/75/135/209km の4つから選べますが、209km コースの獲得標高はなんと 3700m 以上にもなります。しかも、当時のバイクは6枚ギアがあれば良いほうですから、剛脚さん以外は完走さえできないことでしょう。おいちゃんは38kmが精一杯でしょうな、、、しかも、あまりの人気ゆえ、定員5000名のところに2万人以上の参加希望者が殺到するので、当選するのもひと苦労ということです。


国際的な人気が高まったので、2013年に初めての海外大会としてなんと日本で開催されたことを皮切りに、英吉利、亜米利加、西班牙へと拡がってゆきました。この写真は英吉利で行われた L'EROICA のスタート前の様子でしょうね。


しかし、この雰囲気たるや、どうよ?60年代でしょ、これ。昔読んだ雑誌とか、こんな感じでしたねw


今年も日本では 5/17 に開催されました。参加者は200名弱で、コースはショート 36.6/ミドル 65.5/ロング 90.5km の3種類が用意されたそうです。いいですね、だいぶ真性度が高そうですし、濃いぃ感じがプンプンしています。あ、肝心のコースは、今年は富士山世界文化遺産の構成資産を巡るものだったそうです。


しかし、この味を出せるようになるにはアラフィフを軽く超越してアラ還あたりでしょうか、、、おこちゃまのおいちゃんには一生無理な気がする、、、でも、これでも MASTER X LIGHT にも乗っていたことがあるんですよ。なので、雰囲気だけでも真似っ子しようと思うなら、、、


ELITE L'EROICA Timeless Glory VNTAGE BOTTLE

この辺りから徐々に揃えていくのが楽しいのかもしれません。見た目はまんま当時の水筒ですが、アルミ製ボディにコルクキャップを合わせた L'EROICA という名のヴィンテージボトルです。600ml なので普段使っているプラスティック製ボトルとそれほど変わりありません。あちこちブツけてベコベコになるのもまたオツなもの。内径は 74mm です。


ELITE L'EROICA Timeless Glory DOUBLE BOTTLE CAGE

そして、このダブルケージでハンドルバーにセットする訳ですね。未舗装路を走り続けてもボトルが落ちないよう、レバークローズシステムを採用しているので、走行中にボトルを脱着するのは無理でしょうけど、しっかり固定してくれます。サテンフィニッシュがなかなかの品質感を漂わせています。


ダブルボトルまでは要らないというおバカさんは、シングルボトルでいいかもしれません。


ELITE L'EROICA Timeless Glory SINGLE BOTTLE CAGE

そんな時はこちら。ケージがひとつになっただけで構造等は変わりありません。両モデルともケージ内径は 70~78mm で、ノーマルハンドルバーとクイルステム専用設計なので、アヘッドには装着できませんから、ヴィンテージバイク専用だと考えて下さい。

参加条件であるヴィンテージバイクの定義は、ビンディングペダルの登場以前に製造されたモデルなんだそうですから、Master X Light なんざ若造なんですな。う~ん、参加するにはフレームから組まなきゃダメじゃん(嬉) カーボンフレーム買ってる場合じゃないんですかそうですか、、、そこからまた楽しめるとは、流石 L'EROICA ですね。真性度を上げる修行もラクじゃありません(嬉々)

(from L'EROICA, STEEL VINTAGE BIKES, THE TELEGRAPH, ELITE, KAWASHIMA CYCLE SUPPLY)

※ 楽天ショップにありました。











関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back