calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1352

RIDLEY HELIUM SL 10

土曜日の名古屋は見事なおバカさん日和になりました。埼玉でも FUMY & YUKIYA がいいレースしましたね。FROOME や DEGENKOLB を相手にあれだけの戦いを見せるとは思いませんでした。まぁ大抵の外国人選手にとってこのレースはレースというよりもシーズンオフ直前のツーリズムという位置付けとも言われているので、ガチかどうかというお話はあるにせよ、ね。

さて今日は、ラテンの血が流れている(嘘)おいちゃんが、ちょっと本気で宗旨変えを考えて見ようかなと思っているフレームを紹介しましょう。


RIDLEY HELIUM SL 10

ARDENNES CLASSIQUE やグランツールの山岳ステージなど、主に急峻なステージやパヴェなどで一際輝きを放つ RIDLEY のスーパーライトウェイトオールラウンダー。60/40/30t の3種類の HM カーボン弾性率を部位ごとに使い分けることでパワー伝道効率と衝撃吸収性を高い次元でバランスさせつつ、フレーム単体重量はわずか 750g という驚異的なフレームです。

まずは紹介動画をご覧ください。



ベースモデルの HELIUM と比べると、かなり剛性を高めたうえに軽く仕上げてあることがわかりますね。虚弱貧脚のおいちゃんは、たぶん性能の1/10も発揮させることはできないでしょうな orz 、、、では、オサライしましょう。


ヘッドチューブは、剛性、軽量性、ハンドリングの丁度良いところを探った結果、1-1/8 - 1-1/4 とやや細身の上下異径。 ワーヤー類は当然インターナルなんですが、この位置から引き込まれていると心配になるのが、メンテナンスの時など、ハンドルを不用意に大きく切った時に根本からポッキリ逝く可能性があることと、ハンドリングに対する影響が懸念されることでしょうか。もう少しダウンチューブ側にしたようが良いとは思いますけど、素人の戯言ですから無視してください RIDLEY さん。


リヤクォーターアングルから見て気がつくのは、軽量フレームらしく各チューブが比較的細身なのに対し、異様な存在感があるダウンチューブです。パワーラインの中核を担っているだけに、かなりの大口径でヘッドチューブとの接合部は縦スクエア形状になっていることがわかりますね。この写真では見えませんが、BB 側では横スクエア形状で接合されています。流行りのカムテール形状ではない理由は棲み分けでしょう。RIDLEY には NOAH SL というエアロバイクがあるので、エアロ重視なら NOAH SL を、オールラウンダーとしての性格が必要なステージなら HELIUM SL を、お買いなさいということでしょうねw そんなに買えまへんがな。


トップチューブ、シートチューブ、シートステーの集合部を見ると、HELIUM SL に与えられた性能が窺い知れます。コンフォートラインを担うトップチューブとヘッドチューブとの接合部は横扁平形状で、縦方向に撓りやすくなっていますね。そしてこのシートステーの細さったらありません。


このシートステーは高弾性カーボンを使用することにより、細いだけでなくさらに肉薄でしたそうで、振動吸収性をさらに高めながら必要な剛性はしっかり確保しているんだそうです。100km 超走るとお尻が痛くなりやすいおいちゃんにとって、お尻に優しいことは大切な性能ですので、これは歓迎すべきでしょう。ま、剛性とのバランスがどの程度の塩梅なのか、ですけどね。虚弱な身体を鍛えるほうが先決なんでしょう。


大ボリュームの プレスフィット BB30 周辺の造形がまたすごいですね。ダウンチューブ、シートチューブとも横幅一杯に拡がっているので、ペダリングパワーを全て推進力に変換してやるぞという強い意思を感じます。剛脚さんのモガキに応えることは勿論ですが、貧脚だからこそ全力が伝わることは大切なんですよね。世界中の貧脚さん、一緒に喜びましょうw


ドロップエンドはほんの少しキックアップした形状になっていますね。このほんの少しが、トラクションを高めるためには効くんですね。パヴェでもしっかりリヤホイールを抑え込んで暴れないようにしている訳です。調べてみましたが、シートステー、チェーンステーとエンドが一体成型かどうかはわかりませんでした。ゴメンナサイ m(_ _)m あ、多分エンドはカーボン製だと思います。シフトケーブルはここから出てきます。写真では紐組みなのでアウターワイヤーが綺麗なアーチを描いていますが、EPS や Di2 でも収まりは良さそうですね。


こちらは今年の TDF で登坂中の THOMAS DE GENDT. 胴抜きっぽいカラーリングは同じ白耳義の巨人EDDY "HANNIBAL" MERCKX を彷彿とさせます。LOTTO SOUDAL RED がほんの少しだけ MOLTENI ORANGE よりの発色なのは、気のせい?



ジオメトリがこちら。身長 180cm ですが柔軟性に乏しい老体なので、トップチューブ長 565mm の M サイズがおいちゃんにジャストフィットです。しかし、白耳義の人って身長高いんだなぁ、、、

元来イタ物好きなおいちゃんなんですが、スリットが入った F- SPLITFORK、フォーク内蔵式の F-BRAKE、空気の流れを整える F-SURFACE PLAS などなど、RIDLEY の名を世界に知らしめたギミック満艦飾の NOAH SL とともにツートップを張るこの HELIUM SL, 冒頭にも書きましたが、結構本気で購入を検討しているフレームです。ダウンヒルを本気で楽しむなら、残念ながら登坂はつきものですし、体型だけはクライマーなので、あとは虚弱貧脚を鍛えて HELIUM SL に乗りさえすれば、登坂苦行もなんとかなるんじゃないかという甘い算段をしていますよ。ふふふ、もしかしたら秘密兵器にしていた登坂力が目覚めてしまうかもしれませんよw (それはないな)

(from RIDLEY, JP SPORTS GROUP, BIKERADAR, CYCLE SPORTS)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back