calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1360

GUEE SOL 700 PLUS & INOX Mini-R

日曜日の名古屋は晴れのち曇り。午前中はおバカさん日和でしたので、せっせとトレーニングしていた方も多かったことでしょう。風邪気味のおいちゃんは午後からちょっと走れそうだったんですが、日が陰ってしまったせいで肌寒さが身に凍みましたので大人しく自重してました。変温動物よろしく陽射しがないと体温が上がらないので、汗流して風邪を治すこともできませんからね。火曜日がいい天気なら、そこで走ろうと企んでますよ(休日出勤という噂は無視します!)

さて今日は、秋の夜長でおバカさんの存在を強烈にアピールしてくれる FR ライトを紹介しましょう。


GUEE SOL 700 PLUS & INOX Mini-R

台湾メーカー GUEE が、ナイトライドを楽しむサイクリストのためにリリースした新型ライト。フロントライトの SOL 700 PLUS は周囲の明るさに合わせて自動的に明るさを調整するアンビエントセンサーを搭載、リヤライトの INOX Mini-R は後方だけでなく真下にも広範囲に配光することで、周囲からの被視認性を大幅に高める工夫が凝らされています。

では順番に見ていきましょう。


GUEE SOL 700 PLUS

6061アルミを CNC 切削加工して造り出される SOL シリーズのハイエンドモデルとなる SOL 700 PLUS は、その名の通り最大 700LM の明るさを放ちます。紹介動画がありますので、早速ご覧ください。



では、オサライしましょう。


本体はスクエア形状のシンプルなデザインで、アクセントカラーの赤が効いていてそこそこのクォリティを感じさせる仕上がりになっています。レンズサイドを敢えて露出させることで、横方向にも 180°で照射、被視認性に配慮していることがわかりますね。防水性能は IPX5 ですので、まあ日常よくある程度の雨なら大丈夫で、豪雨の中一晩中走るとなると浸水する可能性はあります。


Auto Mode では、Hi, Standard, Low, Off の4段階で周囲の明るさによって自動的に調整してくれます。ちょっと注意が必要なのは Off になった時で、センサー自体は作動しているためバッテリーの消耗が継続する点です。走行後は必ずマニュアルモードに戻して、しっかり Off にすることをお忘れなく。

3.7V リチウムイオンバッテリーをフル充電するには、Micro USB 経由で7時間必要です。寝る前かオフィスでせっせと充電しましょう。ランタイムは Hi(700LM):3.5h, Standard(500LM):5h, Low(250LM):9.5h, Strobe:7h, Flash:14h となっています。Auto Mode は環境次第なのでなんともいえないところ。街中の走行なら Low で十分でしょうね。


最大 700LM を発揮するだけに、冷却性能に優れたアルミボディとはいってもご覧のようにエアベンチレーション機能は必須でしょう。CAT EYE のこれほどの大仰な仕掛けではありませんが、700LM なら走行風でなんとか冷める範囲ということでしょうか。


ちょっと面白いのがこちらのマウントブラケット。ライトを支えるレールパーツを外せば、動画にあったようにそれぞれのアダプタを介してアクションカムの装着が可能です。


GoPro 乃セットは本当に簡単に行えます。


SONY の場合はアダプタの装着方法の関係上、ブラケットも前側にぐるっと回転させることが必要にはなりますが、いちいち専用マウントをセットする手間を考えれば、その程度で済むなら大歓迎ですね。

ネットショップでは送料込、税込のコミコミで \8,300- 程度で手に入りますので、コスパを考えると相当「買い」ではないかと思います。

【仕様】

ボディー アルミニウム6061
モード 5段階切り替え、オートモード(点灯のみで点滅はなし)、マニュアルモード
 マニュアルモードの点灯時間
  Hi (700LM):3.5h, Standard (500LM):5h, Low (250LM):9.5h, Strobe:7h, Flash:14h
リチウムポリマー充電池 マイクロUSB充電式、充電時間:7時間
取付サイズ 22.2mm~32mmブラケット式
生活防水 IPX5

続いて、リヤライト。


GUEE INOX Mini-R

フツーのリヤライト機能に加えて、下側にも 360°照射するリヤライト。バイクのシートポスト位置を中心に広い範囲の路面を照射するため、かなり遠くからでも視認してもらえるので、ナイトライドでの安全度が高まります。こちらも紹介動画がありますので、ご覧ください。



くるっと回すマウントへの脱着方法がカワイイ。では詳細を見ていきましょう。


言うなれば赤いスポットライトを浴びているようなものですから、常に移動する赤い光に包まれるという未知の体験がどんなものなのか、ちょっと興味あります。


360°照射すると言っていますが、前後方向だけはタイヤとシートピラーの影となってしまうのはご愛敬。周辺をこれだけ明るく照らしてくれればなんの問題もありません。しかし相当な派手さですね。


それもそのはず、リヤライトでありながらその明るさは 60LM もあるんですね。しかも、モードも5パターンあります。

 Mode 1 リヤ LED:Strobe 下:360°点灯 ランタイム:6.5h
 Mode 2 リヤ LED:Flash 下:360°点灯 ランタイム:7h
 Mode 3 リヤ LED:Random 下:360°Strobe ランタイム:6.5h
 Mode 4 リヤ LED:点灯 下:360°Strobe ランタイム:7h
 Mode 5 リヤ LED:Flash 下:360°Flash ランタイム:12h

最も使いそうな Mode 5 では12時間ものランタイムを誇りますので、ブルベなど一晩中走る時にも充電なしでイケます。なお、バッテリーは SOL 700 PLUS と同じ 3.7V リチウムイオンバッテリーですが、Micr USC を経由したフル充電は3時間で完了します。日常生活防水性能 IPX5 というのも同じです。

【仕様】

ボディー ステンレススティール
明るさ 60LM
5段階切り替え(上記参照)
リチウムポリマー充電池 マイクロUSB充電式、充電時間:3時間
シートポスト取付サイズ:27.2mm~31.6mmバンド式
生活防水 IPX5

この秋、街乗り用の MTB のライトを前後とも新調しようと企んでいるんですが、ここにきてやっと本命を見つけられたようです。高額なハイスペック機材は全てロードバイクに投入するだけに、街乗り用 MTB にかけられる予算はなしw でもライトは必要なので、前後 \13,000- 程度で揃えられるコスパの良さは非常に魅力的です。使い勝手が良く脱着も簡単、おまけに安いときたら、これが第一候補になるかもしれないなぁ。

(from GUEE, AKI CORPORATION)

※ Amazon はこちら。AKI WORLD ブランドで出ていますね。これもブランド知名度の低さゆえでしょうか。SOL 700 PLUS は一時的に在庫なしですが、予約は可能なようです。



※ こちらは楽天ショップです。

ギー SOL 700 PLUS GUEE 自転車 フロントライト【送料無料】

価格:8,262円
(2015/11/1 23:17時点)




GUEE Inox Mini-R (イノックス ミニR) 路面照射機能付 テールライト USB充電

価格:3,888円
(2015/11/1 23:18時点)


関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back