calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1366

GROWTAC GT-Roller FLEX 3

土曜日の名古屋は嫌~な感じの曇りでした。日曜日は雨模様でしょうねぇ、、、綺麗な秋晴れが続いた平日をへらへら過ごして体力を温存していたはずだったんですが、どういう訳か木曜あたりから発熱、今も頭痛が痛いので、この週末は大人しくしているしかなさそうです。ま、恵みの雨ということで勘弁しておいてやりましょう。ちょっと仕事するとこれだからな、、、もっとサボろっと(違)

さて今日は、仕事は別にサボってもいいんですが(おい)、貧脚はもうちょっとだけ強化したいおいちゃんが真剣に購入を考えているトレーナーを紹介しましょう。


GROWTAC GT-Roller FLEX 3

「トレーナに乗るんじゃない!自転車と走るトレーナ!」を標榜する、固定ローラーとも3本ローラーとも異なり、真性度の高い知る人ぞ知る新しいタイプのトレーナー。本当に速く走るために必要な走り方を体得したいなら、自宅にある固定ローラーと3本ローラーは始末して、すぐにこれに変えることを考えるべきではないかと思わされるトレーナーと言えるかもしれません。

まずは GT-Roller Flex のなんたるかを知るための動画をご覧ください。「ローラーであってローラーではない」と喝破したブログ(すごく勉強になります)もあるように、まったく新しいトレーナーであることの理由がわかると思いますよ。なお、動画中のトレーナーは旧モデルで、Flex 3 ではありません。



ある意味、最大の特徴とも言える「動くフロント」、MotionController の様子がこちら。



ペダリングの強度の違いによってロールセンター位置が変わるなんて考えて走ったことなんて、40年以上乗ってますが一度もありませんでした。実走行感を得られるのも勿論ですが、バイクにも無理な負荷がかからなくていいですね。

スマートコーチング流のトレーニングにも使用されている様子が紹介されていました。



宮澤選手や後関選手のフォームを見ると、すごい説得力ありますね。理屈はよくわかりますので、おいちゃんのような貧脚でもこうした意識を持てば何かが変わるんじゃないでしょうか。

ここまでの動画3本でおいちゃんの言いたかったことはほぼ終了していますがw、とりあえず細部も見ておきましょう。


まずは負荷特性から見ておきましょう。最大 1400W まで、10段階に調整できるようになっています。


負荷調整はこのリモートレバーを操作するんですが、今となってはなんとなく懐かしささえ感じさせるインデックス式シフトレバーを想起させるスタイルで、、、


ケーブルはここを伝わって、、、


ここからメインフレームに引き込まれて、、、


ローラーユニット手前から引き出されて、、、


2本ローラーへの負荷を伝えます。なお、インナーワイヤは錆に強いステンレス製ですから、トレーナー漕ぐともれなく付いてくる汗がかかっても大丈夫ですが、おバカさんならタオルかけておくのを忘れませんよね。

ちなみに、この負荷ユニット自体の強度は Flex 3 になって旧世代よりも強度が高まり、破損のおそれが低くなったそうです。ユニットが剥き出しでなんとなくぶつけることが多そうなので、Flex 2 で誰かぶち壊したことがあるんでしょうw すぐ改良したんでしょうね。この辺りの対応の早さは流石日本製品です。

キモである MotionController 3 は、100kg までの体重制限があります。フロントフォークを保持しつつ前後左右に可動するという重要な役割を担っているだけに、メタボなお父さんは体重管理をしっかりしておきましょうね。


収納時のスタイルがこちら。う~ん、コ、コンパクト?まぁ、横幅は164mm ということなので、ベッドと壁の隙間とかに収納できそうといえばできそうです。おバカさんによっては、天地を逆にしてメインフレームをサイクルスタントに掛けておくとか、折り畳み式の左右の脚は折り畳んだまま、バイクをセットしたままスタンド代わりにしている、なんて荒業を繰り出しています。スタンド代わりにするとそのうち横倒しになりそうでコワイですが、心配じゃないんでしょうかね、、、


その左右の脚は、それぞれこのレバーで締緩します。安定性確保のため、入念に操作しましょうね。室内落車の惨劇、経験者ならおわかりだと思いますが、ダンシングした時にここがぐらつくと、、、想像するだけでも恐ろしいことがおきますからね。


本体サイズは W 900(164) x H 435(負荷調整レバー除く) x L 1055~1155mm, 負荷ユニットは W 180 x H 135mm です。負荷調整レバー自体も折り畳めます。


脚に小さく入る Made by Japan の文字通り、GROWTAC は神奈川県川崎市中原区にある会社です。あら、大田区内の中原街道側に住んでいたおいちゃんとしてはちょっと親近感が湧きますね。東京事務所は品川区南大井ということで、東急大井町線で通勤していたおいちゃんとしてはまたまた親近感が湧きます。というか、買うしかねんじゃね?みたいに思っていますが、愛知県名古屋市のディーラーとして Roadbike Equipment にも取扱いをさせてみるとか、、、いかがでしょうか、木村社長?と勝手に Love Call を送ってみましたw カトーサイクルに販売代行してもらおうかしら、、、

対応可能なバイクは 700C, 27インチのロードバイクで、タイヤサイズは 20~25C、ホイールベースは 950~1050mm, フォークエンド幅100mm, フロントフォークが 9mm 軸でクイックリリースに対応していること、しかも、しっかり固定できる SHIMANO のクイックが推奨されているほか、エンドに脱輪防止の爪がないタイプのフォークの場合は固定力に不安が残るため、使用しないよう GROWTAC では注意喚起しています。

全身を使って効率よくバイクを前にすすめるための総合的なスキルを習得できるという GT-Roller Flex 3 , いかがでしょうか。トレーナーとは言うものの、あくまでも実走行に近い状態でペダリングできることにより、3本ローラーとも固定ローラーとも違うトレーニング効果が得られるので、ひと冬じっくり乗り込んだら春先には虚弱な貧脚からもうちょっと全身がシェイプされて剛脚になれてしまうんじゃないかと、乗る前からドキドキしているおいちゃんでした。でもこれ、ワクドキ感じゃなくて、動悸とか、ふ、不整脈なんじゃないのか?orz

(from GROWTAC, IT ENGINEER ROADBIKE DIARY, Cyclowired)

※ 楽天ショップにありました。とりあえず予約対応のようですが、11月下旬ころにはなんとかなりそうかも。

【代引・同梱不可】グロータック GT-Roller Flex3 本体 自転車と走るトレーナー 【自転車】【ローラー台(固定タイプ)】

価格:74,196円
(2015/11/7 23:07時点)
感想(1件)


関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back