calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1374

GIYO I GAUGE GF-15BT, GM-21BT, GM-55BT & GM-73BT

火曜日の名古屋は曇りのち雨。比較的暖かかったものの、おバカさんにとっては恨めしい雨なので、おいちゃんもどんよりした気分で一日を過ごしました。体調不良に加えて雨となると、仕事なんざしている場合じゃなく、お休みしなければなりません(違)どうやらこの雨、2、3日続くようですから、週末と合わせて季節外れの6連休くらいにしちゃおうかと、、、、あ、ダメだそうです orz

さて今日は、ここにもスマート化が及んだという製品を紹介しましょう。題して、スマートポンプ。



GIYO I GAUGE GF-15BT, GM-21BT, GM-55BT & GM-73BT

専用アプリケーション I GAUGE をダウンロードした iPhone や Android, タブレットと Bluetooth で通信して、ポンピング時の充填空気圧を画面で確認できる新型ポンプ4種類。ハイエンドモデルのフロアポンプが GF-15BT, ハンディポンプは、左からホースなしの直接充填式 GM-21BT, ホース内蔵式 GM-55BT, ホース別体式 GM-73BT となっています。


こちらが I GAUGE の画面。表示項目に関する説明が見つけられなかったので、ここからはおいちゃんの推測ですが、一応内容を見てみましょう。一番上のアイコンは MTB, Road, DH のいずれかを示していますが、これは多分 Shrader, Presta, Dunlop という米仏英バルブの種類を示しているんじゃないかなと思います。でもそうだとしたら DH アイコンが何を意味するのかがよくわかりませんね。そうなると、充填しようとしている空気圧がそれぞれの用途に合っているのかどうかを直感的に知らせているのかもしれません。すみません、おいちゃん限界 m(_ _)m

画面下に PSI / BAR 表示選択アイコンが並び、選択によって中央部分の表示が切り替わるのでしょう。この画面では 240PSI (!) まで入れる予定でセットしてポンピングをはじめ、現在 124 PSI まで充填できているということですね。バッテリーインジケータも右端にあります。

では、ポンプも順番に見ておきましょう。


GIYO I GAUGE GF-15BT

ハイポリッシュ仕上げのアルミニウムボディは、なかなかの高級感が漂います。I GAUGE 対応ということでエアゲージはなくなっていますが、減圧バルブつきの GCT-I ポンプヘッドを採用するなど、使い勝手でも競合製品に引けを取らないレベルでしょう。最大空気圧は 200 PSI で、対応バルブはShrader, Presta, Dunlop となっています。なお、バッテリーとして CR2023 が必要です。


GIYO I GAUGE GM-21BT

アルミ素材を CNC 加工で削り出した直接充填式モデルは、ヘッド部分を差し替えることで Shrader, Presta, Dunlop に対応するクレバーツインバルブを採用しています。全長は 17.8cm とハンディポンプとしてはやや長めで、120PSI まで充填でき、こちらも CR2023 が必要です。


GIYO I GAUGE GM-55BT

ホース内蔵式のこちらは、全長 11 cm で 120PSI まで入れられます。


GIYO I GAUGE GM-73BT

最後は、ボディ下部に脚がついて、フロアポンプのように使えるタイプで、こちらも全長 11 cm ですが 140PSI まで入れられます。ハンディポンプの使用シーンを考えると、見た目は一番アレですが、140 PSI までいれられるので、ロードバイク乗りとしてはこれが一番いいんじゃないでしょうか。

ハンディポンプも全て Shrader, Presta, Dunlop に対応できますが、モデルに寄ってバルブヘッドが違うのは興味深いところです。

まぁ考えてみると、他社製品も含めて、信頼できるエアゲージが付いているポンプはこれまでフロアポンプモデルのハイエンドクラスにしか用意されていませんので、こうしたギミックの存在価値は確かにあると思います。特にハンディポンプユーザーには歓迎されるんじゃないでしょうか。ただ、それでかえって指定空気圧まで必死に入れようとしてポンピングでハアハア逝っちゃうおバカさんが増えそうな気がするんですが、テキトーなところでやめておきましょうね。

(from GIYO, AKI CORPORATION, BiCYCLE CLUB)

※ Amazon はこちら。一時的に在庫なし状態ですが、問屋さんが広報したのでそのうち入荷しますね。全体的に楽天より高めですが、それでも欲しいというお大尽様は早めに予約しておきましょう。左から順に GF-15BT, GM-21BT, GM-55BT, GM-73BT です。



※ こちらは楽天ショップです。

GIYOジーヨ GF-15BT【フロアポンプ】【bluetooth】【スマホ】【専用アプリ】

価格:16,038円
(2015/11/15 23:33時点)




GIYOジーヨ GM-21BT【携帯ポンプ】【bluetooth】【スマホ】【専用アプリ】

価格:8,262円
(2015/11/15 23:34時点)




GIYOジーヨ GM-55BT【携帯ポンプ】【bluetooth】【スマホ】【専用アプリ】

価格:9,039円
(2015/11/15 23:35時点)




GIYOジーヨ GM-73BT【携帯ポンプ】【bluetooth】【スマホ】【専用アプリ】

価格:8,942円
(2015/11/15 23:36時点)


関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back