calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1414

ILMIK Vaatteet-Kask

昨日覚悟したほどは日中の寒さはきびしくありませんでしたが、夜になると流石に冷えてきました。例によって足先の攣りと戦いながらブログを書いていますが、そろそろレッグウォーマーを出動させないと危険なレベルになってきましたね。フツーの人よりも寒さに弱いおバカさんならおわかり頂けると思いますが、アラフィフ仲間は暑がりオヤジが多いので、もしかしたらおいちゃんは若者なのかもしれません(違)

さて今日は、寒いこの時期の街乗りにかぶりたいカスクを紹介しましょう。いつものヘルメットよりも暖かそうに思えるんですよね。


ILMIK Vaatteet-Kask

「サイクルベースあさひ」といえば知らぬおバカさんはいないと思いますが、そこで取り扱っている ILMIK のバイザー付きカスク。カジュアルファッションとのコーデが楽な Black なので、下にバンダナやニットキャップ等を仕込めば防寒対策にもなるでしょう。


フツーのヘルメットとは明らかに異なる丸みを帯びたフォルムで、アンコの中身は分厚めのスポンジをきっちり詰め込んであります。フロントからの写真でなんとなく懸念されるのが横幅の狭さ。実際、あさひのスタッフによると横幅はやや狭めということですので、ハチが大きめのおバカさんはちょっと注意してください。


サイドビューで目につくのは側頭部の開口面積の大きさ。今の時期はキャップ必須ですね。安全性に関しては、柔構造のカスクはどうしてもフツーのヘルメットには及ばないので、スピードを上げる時には適さない訳ですが、ゆっくり走る街中ならこれでもかぶらないよりはいいでしょう。小洒落たスタイルにもなりますし。アラフィフのおいちゃんならクラシックスタイルでキメたいところです。


後頭部にはベルクロストラップのアジャスターがあるので、サイズ調整が可能です。下にキャップかぶる時もこれなら安心。


内側のパッドは、フツーのヘルメットとは違いソフトな布張りとなっています。汗かくとちょっと不快な思いをするかもしれませんから、夏場にかぶるべきじゃないかもしれません。


かぶった時のイメージがこちら。思った以上にツバが大きいので、小雨程度なら視界確保に役立ちそうです。あ、マネキンは小顔過ぎるから、その分は割り引いて考えましょうw


キャップっぽい雰囲気なので、ヘルメット嫌いのジテ通学しているお子様のために買ってあげるというのもアリかもしれません。いまだに白いドカヘルみたいなのかぶっている学生を見ると、ちゃんとしたサイクルヘルメットかぶらせた方がいいのに、、、と思いますからね。ヘルメットが嫌いでも、これならかぶってくれるかもしれません。ま、一回コワい目に遭わないと懲りない、という若者も多いですが、その一回が致命傷になりかねないので、そうなる前にヘルメットをかぶる習慣をつけてやりましょう。

よく見ると、ステッチカラーが2色用意されているようです。カジュアルにいくなら White ステッチ、シックにまとめるなら Black ステッチがおススメかな。

(from CYCLE BASE ASAHI, BiCYCLE CLUB)

※ 楽天ショップにありました。ここでの扱いは White ステッチモデルだけです。ひょっとしたらロットごとにステッチカラーが違う、ということなのかもしれませんね。Black ステッチモデルが欲しいなら、マジックで塗ればいいかw

[送料無料][自転車][イルミック]Vaatteet-Kask バイザー付きカスク カラー:ブラック サイズ:フリー [904][CBA-1]

価格:7,480円
(2016/1/8 23:01時点)


関連記事
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back