calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
145

RIDLEY NOAH FAST

今日はグライペル様の降臨を祝して
グライペル様の愛車を紹介します。


RIDLEY NOAH FAST

以前のトップモデル NOAH をベースに開発された
新ハイエンドモデル。

FAST(Future Aero Speed Technology)とは、
流体力学に焦点を当てながら、乗り心地を犠牲にしないという
理想を実現させたテクノリジーのこと。
NOAH FAST には3つの"F"が搭載されています。

はじめの "F" はこれ。


空気の乱れを抑制し加速につなげる F-Split Fork

フロントフォークとシートステイに設けられたたスリットが "F-Split Fork 。
走行風に対して反対方向に乱気流を発生させる
ホイールの上半分に注目し、フォークとステーに
スリットを設けることで乱流の発生を抑えているとのことです。

こちらをご覧ください。

F-SPLITFORK from ridley-bikes on Vimeo.


、、、ホンマかいな、、、
なんとなく理屈はわかる気はするんですが、
どれほどの効果があるかはわかりません。

でも、気持ちのうえでのドーピング効果は高そうです。

続いて、2つ目の "F" 。


F-BRAKE はカーボンのしなりを活かして制動する構造
流石に唯一無二の存在

NOAH FAST の最大の特徴がこれです。
こんなブレーキシステム見たことありませんね。
こちらもまずビデオをご覧ください。


パヴェを走り回るベルギーメイドなので、
耐久性とかも大丈夫なんでしょうね、きっと、、、
でも、カーボンって、折れるものですから、
なんらかの補強は施してあるようにも思えます。


正面から見るとブレーキアーチがなく
なんともいえない違和感



他社が採用したカムテールではなく
RIDLEY は流線型のダウンチューブ


滑らかな曲線を描くトップチューブは
快適性と空力性能をバランスさせている


全てのチューブが徹底的に空力を意識した造形
であることがよくわかる

そして、各チューブの前端には3つの "F" である
F-Surface が投入されています。


シートチューブ周辺の空気の流れを整え、
空気の剥離を抑えることで空気抵抗を減少させるのが F-Surface 。
ヘッド / ダウン / シートチューブなどに
粒子状のテープを貼ることで整流効果を高めています。


ISP後部にプリントされる "FAST" が誇らしげ



極薄のシート&チェーンステー


フロントブレーキと同じく F-BRAKE を搭載



湾曲したシートステーが快適性の高さを物語る


リドレーが持てる技術の粋を集めた最新鋭バイク


様々なギミックが好き者を惹きつける RIDLEY 。
エアロバイク好きには堪らないと思います。

グライペル様のような力感溢れる勢いをつけて
思い切ってみてはいかがでしょうか。

(from RIDLEY, Cyclowired.jp, CYCLE SPORTS

いやぁ、参りました。そして、おめでとう、グライペル!
根暗とか言ってごめんなさい。
カヴに勝ってないし、なんて言って失礼しました。


André Greipel Lotte BELISOL
Tour de France stage 5 Champion

カヴを打ち負かし、サガンも抑え込んでの
ステージ2連勝は、本当に実力がある選手の証ですね。
これほど力感溢れるガッツポーズが似合う選手もなかなかいません。


直接対決で敗れ5位に沈んだカヴ

それに比べ、いまひとつ精彩を欠く黄帽。
こんな時は小柄な体が一際小さく見えます。
なんか、泣きそうだし。


実力を認めさせ会心の笑顔

これでもう陰口をたたく人もいなくなるでしょう。
これから先のスプリントステージでも
更に勝ち星を重ねる可能性もあり、
マイヨヴェール争いにも絡んでくることでしょう。
今日から私はグライペル様と呼ばせて頂きます。


前日の敢闘賞ゼッケンをつけたユキヤも忘れずに

おっと、昨日のヒーローも今日はちょっと不運でした。
ゴール前の落車騒動に巻き込まれて、今日は58位。
明日以降の活躍を祈っています。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back