calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1450

VITTORIA CORSA & CORSA SPEED TU

金曜日の名古屋はずっと曇り。12℃ という最高気温がまったく感じられない寒い一日でした。この週末は春の嵐だそうで、全国的に荒れ模様ということは「おバカさん達、全員終了」ということでしょうか、、、さらに来週は月曜から再び CAMPAGNOLO 寒波で真冬に戻るそうですので、おいちゃんは中旬過ぎまではダメそう、、、その後は花粉の季節か、、、社長、春休み頂きます!

さて今日は、おいちゃんも信者の一人であるあのタイヤの新型を紹介しましょう。


VITTORIA CORSA & CORSA SPEED TU

泣く子も黙るタイヤの王者 VITTORIA が満を持して登場させた新型 TU 2種類。コンパウンドに DIRECTA PLUS 社製 GRAPHENE という極薄シート状のカーボンを採用することで、スピード、グリップ、耐パンク性能、耐久性の全てにおいて大きく進歩したタイヤとして生まれ変わったとのことです。一時、他社のハイエンドモデルの後塵を拝した感があった VITTORIA の乾坤一擲となるか、早速見てみましょう。

最初は「そもそも GRAPHENE ってな~に?」というおいちゃんの疑問に応えてくれる動画をご覧いただきましょう。



な、なんかすごいことになっていますね、タイヤ。気軽に踏んづけて乗っていていいのか気圧されてしまいますが、気にせず乗りましょうw では、オサライしましょう。


DIRECTA PLUS 社製の GPAPHENE は G+ という種類のもので、他の GRAPHENE よりもコンパウンドやカーボンに添加された時の効果を 4~6倍に高めるというスグレモノ。質や状態、更には形状に拘ることでその効果を得ているんだそうです。皆目わからん話しで、大人しく聞いているしかありません、、、


こちらは 6,000km 走行後のトレッドパターン。表面のグルーブには気になるほどの摩耗は見られませんね。GRAPHENE を採用した CORSA シリーズの耐久性がいかに優れているのかの証明ということでしょう。


GRAPHENE を採用したタイヤには G+ のロゴマークがサイドウォールに小さく入るだけですが、その効果は絶大のようですね。

では、タイヤそのものについて見ていきましょう。まずは CORSA から。


VITTORIA CORSA TU

CORSA CX の後継モデルは、CX の名を捨ててすっきりしました。オールラウンドモデルなので、これから一番お世話になるのがコイツでしょうね。サイズ展開は 23C(265g), 25C(280g), 28C(330g) の 3サイズになります。


スペックチャートはこんな感じ。23C(Green), 25C(Blue), 28C(Red) を比べると、スピードレンジと耐久性は同レベルですが、エアボリュームと太さに比例して、重量、柔軟性に違いがありますね。グリップと耐パンク性能は 23C, 25C は同じレベルになっています。


トレッドパターンの特徴は、進行方向に掘られたグルーブにあります。CX で見慣れたヤスリ目や杉目のパターンが姿を消し、新鮮な印象です。進行方向に入るグルーブは排水性能に効くものなので、これがあるのはまあ頷けますが、グリップ性能の鍵を握る横方向へのグルーブが一切ないのは、コンパウンド自体のグリップ力が優れているという自信の表れかもしれません。


また、トレッドがサイドウォールにまで回り込んでいるのも特徴かもしれません。ここまで倒せるのはアラフィフ素人のスピードレンジじゃまずありませんw サイドウォールの色が CX より少し白っぽくなったかな?


今中先生、Cyclowired のインプレッションでは例によって悪い事は一切言ってませんw


先生によると、本場のパヴェならともかく、国内で走るなら 25C までで十分だそうです。何も文句をつけるところがない、まさにオールラウンドタイヤの新しいベンチマークとなるタイヤという評価だそうですよ。

【スペック】

ラインアップ チューブラー、オープンチューブラー
コンパウンド G+ Isotech 4C
ケーシング CoresupunK 320TPI
サイズ/重量
 23-28"/265g、25-28"/280g、28-28"/330g(チューブラー)
 700x23c/235g、25c/240g、28c/265g(オープンチューブラー)

次は、更にスピードを追求した CORSA SPEED です。


VITTORIA CORSA SPEED TU

CRONO CS の後継モデルとなるのが、この CORSA SPEED です。要は TT やヒルクライム用タイヤ、ということでしょう。最初のイラストでもおわかりのように、CORSA では 4種類使われていたコンパウンドを 1つのみとして、徹底的に軽さに拘った構造となっています。


スペックチャートからも TT に必要となるスピードレンジや軽さ、柔軟性に特化していることがわかりますね。耐久性の劣ること劣ることw TT やヒルクライムなど、まさに決戦用であることがわかります。柔軟性に優れているので、今まで使っているタイヤよりも 0.3~0.5bar ほど空気圧を高めにしても快適性が損なわれることはないということです。


その特性はトレッドパターンにも見られます。左が CORSA, 右が CORSA SPEED です。センター部分からはグルーブが消え、完全にスリックになっていますね。潔い割り切り方です。


今度は右が CORSA, 左が CORSA SPEED になっています。このショットを見ると、トレッドのサイドウォールへの回り込み方やケーシングも異なっていることがわかります。高速コーナリングがない TT ではサイドウォールにはトレッド面は不要ですからね。


そして、競合製品と比べてどれくらい早いのかというテスト結果がこちら。50km の TT で他社製の最速タイヤに比べ 32秒のアドバンテージを得られるということです。なおこのテストは今日は紹介していない Tubeless Ready(TLR) モデルで行ったものです。TLR はまた後日紹介しましょうかね。


今中先生によれば、軽いのにグリップや耐久性を犠牲にしていないということですが、先程のスペックチャートを見る限り、耐久性に関してはちょい乗りのインプレッションではなく、ある程度距離を乗らないと判断はできないということなのでしょう。それでも他社の決戦用タイヤに比べれば、長距離のヒルクライムなどで分単位でのタイム向上が予想できるということですので、素人が遊んでいる範囲ならほとんど心配する必要はないでしょうね。


「なかなかエエ具合やないか、へっへっへ、、、こりゃ売れるな、ウハウハですわガッポガッポですわ~♪」なんてお下品なことはお考えではないと思いますが、今中先生がなかなかお気に入りのご様子でしたので、やはりおいちゃんの次のタイヤは CORSA にしてみます。

【スペック】

ラインアップ チューブラー、オープンTLR
コンパウンド G+ Isotech 4C
ケーシング Coresupun 320TPI
サイズ/重量 23-28"/220g(チューブラー)、700x23c/205g(オープンTLR)

(from VITTORIA, INTERMAX, Cyclowired)

※ Amazon はこちら。左:VITTORIA CORSA 右:VITTORIA CORSA SPEED です。



※ こちらは楽天ショップです。

ヴィットリア vittoria コルサ CORSA チューブラー タイヤ

価格:13,360円
(2016/2/12 23:39時点)




ヴィットリア vittoria コルサ スピード CORSA SPEED チューブラー タイヤ 23-28"

価格:14,580円
(2016/2/12 23:40時点)


関連記事
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back