calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1451

GIANT SLR 0 WHEELSYSTEM

土曜日の名古屋は午後から雨になりました。雨のわりにはやや暖かくなったので、ダウンジャケットではなくトラックジャケットで出掛けたんですが、寒さはあまり感じずに済みました。でも、花粉でしょうねぇ、鼻がつまり気味で気分がサガるのなんの。日曜日は春の嵐とか言われてますので、おとなしく新製品漁りでもしておきましょう。

さて今日は、台湾の巨人がリリースしたホイールを紹介しましょう。


GIANT SLR 0 WHEELSYSTEM

FR セットで 1331g という超軽量のフルカーボン WO ホイール。Tubeless Ready でもありながら台湾製品らしくコスパに優れているところも見逃せません。リヤは DYNAMIC BALANCED LACING という GIANT 独自のスポーク組みを導入し、ホイールの回転時のバランスを追求しています。ブランドネームやデカールが目立たないので、中華フレームならコーデもたやすいでしょう。

このホイール、まず注目すべきはリヤホイールでしょう。


GIANT SLR 0 WHEELSYSTEM Rear


まぁ、なんとなく眺めている分には 何の変哲もないホイールに見えますね。でもこれ、よくよく考えて造られているんですと。


SLR 0 最大の特徴である DYNAMIC BALANCED LACING (DBL), ドライブトレイン側の対向するスポークが異なるテンションで組まれ、写真とイラストの黄スポークは赤スポークよりも短くて高いテンションになっています。この仕組みは、ホイールが回転し始めると対向するスポークテンションが均衡するように設計されているんだそうで、駆動剛性が向上し、他社製フルカーボン WO より 16%以上、重量駆動剛性比では 10%以上も優れると謳っています。


アップで見ると、実はスポークの太さもちょっと違うことがわかりませんか?錯覚じゃなくて、ちゃんと差があるんですって。スポークは DT Swiss Aerolite straight pull / Aerocomp straight pull の2種類で、21本組みとなっています。左右でフランジ径が異なるのも、テンションバランスの最適化のためだそうです。


ハブも DT SWISS 240S のパーツを利用、FR とも可能な限り両端にフランジが位置するのは横剛性確保のためです。


エアロリムは U 字型の断面形状で、リム幅 23mm, リムハイト 30mm と、ちゃんとエアロしてます。オールラウンドタイプですね。


Cyclowired での実測重量は、リムフラップ込みで 750g だったそうです。


バルブナット用の面を出す専用スペーサーが付属しているんですが、、、ちとダサいのは否めませんね。おいちゃんは取っ払っちゃいます。

続いてフロントホイール。


GIANT SLR 0 WHEELSYSTEM Front

こちらは DT Swiss Aerolite straight pull, bladed の 16本ラジアル組みです。以上。


リヤと同じ条件での実測重量は585g 立ったそうです。カタログ重量 +4g なので、まぁ良心的でしょう。


Tubeless Ready というところも魅力的かもしれません。TU 推しとしてはちょっと戸惑いますが、いずれ TL にも挑戦してみたいと思っている WO ユーザーは、このホイール買っておけば改めて新しい TL ホイールを買う必要はありません。


こちらが TL 化キットと専用ブレーキパッドです。ちゃんと付属してくるのは親切ですね。

寝ても覚めても「イタ物がいい!」と言い募っているラテン系のおいちゃんですが、セカンドバイクとか街乗り用なら中華製でもいいような気がしてきましたので、このホイールはそれ用に合わせてみるならいいかもしれません。ただ、絶対的な性能はかなり高く評価されているので、勿論ファーストバイク用に使ってもなにも問題はないでしょう。むしろ、コスパが良いぶん、ガンガン走り倒せるという考え方もありますからね。試乗できる機会があったら、乗ってみたいなぁ。

【スペック】

サイズ 700C
リム素材 軽量フルカーボンコンポジット
リム高 30mm
リム幅 23mm
フロントハブ ジャイアント Alloy
リアハブ ジャイアント Alloy、スターラチェット式フリー
スポーク DTスイス Aerolite straight pull/Aerocomp straight pull
スポーキング フロント16本(ラジアル組)、リア21本(Dynamic Balanced Lacing組)
対応スプロケット シマノ11速および10速
対応タイヤ チューブレス、クリンチャー
実測重量(リムフラップ込み) フロント585g、リア750g
付属品 ブレ―キパッド、チューブレス用リムテープ&バルブ

(from GIANT, Cyclowired, Bicycle Shop HOSONUMA)

※ Amazon にありました。左:Front 右: Rear です。



※ こちらは楽天ショップです。

GIANT ジャイアント GIANT SLR0WHEELSYSTEM(FRONT) 自転車小物【Mens】

価格:102,600円
(2016/2/13 23:15時点)




GIANT ジャイアント GIANT SLR0WHEELSYSTEM(REAR) 自転車小物【Mens】

価格:135,000円
(2016/2/13 23:15時点)


関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back