calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1467

FULCRUM SPEED 40T

日曜日の名古屋は暖かい晴れに恵まれました。花粉飛散が絶好調らしく、おいちゃんも相当の被害を受けております。花粉症じゃないおバカさん達にとっては最高の日和だったのでしょうが、花粉症になると小春日和は憂鬱なものなんですよ。三河地区東部なんてスギ花粉の巣窟なんですから、そこに踏み込むのは自殺行為、こんな日は街にいるに限ります、、、G.W.明けまで我慢だな。

さて今日は、ホイールの新調を検討中のおバカさんにおススメしたいホイールを探してきました。


FULCRUM SPEED 40T

多くのファンを持つ FULCRUM RACING SPEED シリーズをベースに、リムを 4mm ワイド化した正常進化バージョンがこちらの SPEED 40T. 名前の通りリムハイトは 40mm で、ヒルクライムも含めたオールマイティな性能を発揮する 3K カーボンフィニッシュのフルカーボン TU ホイールです。

まずはリヤホイールから見ていきましょう。


FULCRUM SPEED 40T Rear Wheel

リムハイト 40mm, リム幅 24.5mm は FR とも同じで、25C 以上のタイヤを履く昨今の流行りにしっかり対応しています。もはや懐かしい響きさえ感じる CAMPAGNOLO G3 と同じ目的で組まれた 2:1 TWO-TO-ONE SPOKING が、姉妹メーカーたる FULCRUM の顔になりましたね。


FULCRUM で注目すべきはブレーキシューが当たる面の仕上げ。デカール部分とはちょっと見た目が違っているのがおわかりでしょうか?


これが 3Diamant treatment なんですね。どんな天候でもブレーキの制動力を確保するという証です。MAVIC でいうところの EXALITH と同じ目的です。


ステンレス製のエアロスポークは F 18本、 R 21本と、このカテゴリのホイールとしては平均的な本数です。アルミニップルを外出しにしてあるのは、整備性の問題でしょうか。予め固着対策しておくほうが無難でしょうね。


なお、スポークとリムの接続方法にも FULCRUM は拘っていて、DRSC(DIRECTIONATED RIM-SPOKE COUPLING) としてトレードマークを取得しています。この仕組みのおかげでリム全周にわたって同じテンションで組めるようになっているんだそうですよ。ホイールといえば振れ取りが宿命ですが、こうした機構が奢られていると素人には手が出しにくくなりますね。学生時代、部の振れ取り台を遣って手組みホイールの振れを取っていた頃が懐かしい、、、


リヤハブはオネエチャン譲りの CULT Ceramic Bearing を採用したカーボン製。フリーは CAMPAGNOLO, SHIMANO の2種類に対応します。ということは SRAM はダメなのかな?SHIMANO がイケるなら SRAM もイケる、というホイールも多いので、SRAM ユーザーは確認が必要でしょうね。剛性確保のためか、アルミ製のラージフランジとなっています。


CULT(CERAMIC ULTIMATE LEVEL TECHNOLOGY) は、CAMPAGNOLO でお馴染みですね。写真の真ん中にある黒い CARAMIC BEARING が極限まで抵抗を減らし、スムースな回転を支える心臓部です。これが高いんだよねぇ。


バルブと反対側のリム形状や重量を工夫することにより、リムの縦振れを防ぎ、バランスを取ってあります。まぁ、最終的にはタイヤを張ったうえで最終バランスを調整するわけですが、あらかじめリムのバランスが取れていれば作業は最小限で済みますね。

続いてフロント。


FULCRUM SPEED 40T Front Wheel

フロントは至ってクリーンな仕上がり。ただ、デカールの "SPEED" の文字が間延びして見えるのがちょっと残念感を醸し出しております。 "FULCRUM" と "SPEED" では字数が2つ違うため、同じスペースで文字を入れるとどうしてもこんな仕上がりになってしまうのでしょう。ただ、昔の CAMPAGNOLO ならこうした見え方を良しとしたことはなかったでしょうえぇ。FULCRUM だから、と言うか時代というか、なんと言うか、、、


フロントハブはシャフトギリギリまで削り取られたようで、フランジは極小化されています。

軽さ、低転がり抵抗、エアロダイナミクス、横風の影響の低さなど、オールマイティに使えるカーボンホイールを探しているなら、SPEED 40T も候補に入れてみてはいかがでしょうか?

【スペック】

重 量 フロント / 525g、リア / 688g(683 g カンパニョーロ) FR 1,213 g(1,208g / カンパニョーロFW ボディー)
リム フル・カーボン、3K フィニッシュ、H40mmハイト(F+R)
ブレーキ面 3Diamant ブレーキ面
ハブ カーボン製ボディー、アルミ製フランジ、フリー側はオーバーサイズ・フランジ、アルミニウム・アク スル
ベアリング CULT™ セラミックベアリング
スポーク フロント / 18本、リア / 7本+14本、ステンレス・スチール製、
       プロファイル / エアロΦ2.2 - 2 - 1.5 - 2、アンチ・ローテーション、アルミニップル
その他 HG FWボディーには、P.E.O.表面処理

(from FULCRUM, KAWASHIMA CYCLE SUPPLY, Cyclist)

※ 楽天シップにありました。納品まで1~2週間くらいはかかりそうです。





関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back