calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1468

GIANT SLR 0 AERO WHEELSYSTEM

月曜の名古屋は時折雨が降る一日でした。Rainy day & Monday always get me down ♪ ということで、週の初めから鬱々としてませんか?おいちゃんはしてますw まぁ週初めなんざそんなものですから、気にせず火曜日を迎えれば、いやいやながら働くペースも上がると思います、多分、、、上がると思います、、、

さて気を取り直して、今日は以前紹介したホイールの兄貴分を見てみましょう。


GIANT SLR 0 AERO WHEELSYSTEM

以前紹介した SLR 0 同様、GIANT が誇る DYNAMIC BALANCED LACING で組まれたエアロホイールセット。リムハイトは 55mm なのでハイスピードレンジで使うなら迷わずこちらを選びましょう。そうそう、Tubeless Ready の WO というところも同じです。


GIANT SLR 0 AERO WHEELSYSTEM Rear

昨日紹介した FULCRUM もそうですが、DYNAMIC BALANCED LACING もやはり 2:1 スポーキングをベースにして改良されたもの。G3 や 2:1 TWO-TO-ONE SPOKING より 21本のスポークがほぼ均等にバラけているので、なにかしらのテクノロジーが導入されているようには見えないのがオツなところです。


DYNAMIC BALANCED LACING はこれでした。回転すると Red スポークには引張力が、Yellow スポークには圧縮力が掛かるというものでしたね。それに合わせてスポーク長も変えてある、というのもありました。詳しくはこちらをご参照ください。


スポークは DT SWISS Aerolite straight pull / Aerocomp straight pull を使い分けています。


リヤハブは DT SWISS STAR Ratchet を組み込んだモデルで、駆動側のみラージフランジとして剛性バランスを取っています。


Tubeless Ready なので、TL 履きたくなった時に改めてホイールを購入しなくて済みます。


リム素材には T700カーボン原糸と高耐熱性り人を組み合わせて GIANT 社内で製造したものを採用しています。レジンを撚り込んだのは、ブレーキングの摩擦熱による破損を防ぐためだそうです。レジンは高熱になると粘性が増し、カーボン繊維に浸透しにくくなるものの、そこは世界の巨人、蓄積した知見で強度を確保しているということですよ。リム幅は 23mm なので 23C とほぼ面一になるはずです。最近流行りのワイドリムよりはやや細めですが、26C ではクリアランスがシビアなフレームとの組み合わせならこのリムのほうが安心できますね。


リム断面形状は U 字に近い形。これも最近のエアロホイールの定石通りです。ニップルは内蔵式なので、整備にはプロの手を借りましょう。


バルブナット用の面を出すスペーサーが付属するのも SLR 0 と同じです。カッコ悪いけど。


Cyclowired によると、リムフラップ込みの実測重量はご覧の通りです。

次はフロント。


GIANT SLR 0 AERO WHEELSYSTEM Front

こちらは 16本の DT SWISS Aerolite straight pull スポークをラジアル組みにしています。16本か、、、スカスカですね。


スモールフランジをハブ幅一杯迄広く取り、横剛性を確保していることがわかります。


こちらも、Cyclowired によると、リムフラップ込みの実測重量はご覧の通りです。公式 HP では FR 1535g, 実測重量 1591g(リムテープ込)なら、まぁ誠実なんじゃないでしょうか?


Tubeless キットと専用パッドが付属します。


Cyclowired でのインプレッションは細沼御大がしていて、平地やダウンヒルが多いコースや、軽量ホイールしか乗った事がないおバカさんが初めて買うディープホイールとしてはおススメということです。まぁ素人 BORA ユーザーのおいちゃんとしてもそのおススメには頷けますが、55mm をフロントに履くと強い横風でハンドルを取られやすい点には注意が必要かなぁと思います。とくにスピードを出している時にブワッと来られると、簡単に1車線分くらい横っ飛びしますからねぇ。

でも、一旦スピードに乗った時の進みの良さやスピード維持のしやすさは、ディープホイール特有の魅力ですから、お試ししてみたいなら、これ逝っとくといいでしょう。なんといっても、FULCRUM SPEED 40T の半額強というコスパには抗えないでしょ?こちとら 55mm, SPEED 40T は 40mm, 15mm も高いのに値段は安いんだから、いかにお得か、おわかりでしょ?これなら奥方様にも言い訳が立つっちゅーもんですわ(違)

【スペック】

サイズ:700C
リム素材:軽量フルカーボンコンポジット
リム高:55mm
リム幅:23mm
フロントハブ:ジャイアント Alloy
リアハブ:ジャイアント Alloy、スターラチェット式フリー
スポーク:DTスイス Aerolite straight pull/Aerocomp straight pull
スポーキング:フロント16本(ラジアル組)、リア21本(Dynamic Balanced Lacing組)
対応スプロケット:シマノ11速および10速
対応タイヤ:チューブレス、クリンチャー
実測重量(リムフラップ込み):フロント708g、リア883g
付属品:ブレ―キパッド、チューブレス用リムテープ&バルブ

(from GIANT, Cyclowired)

※ Amazon はこちら。左:Front 右:Rear です。Front のサムネールが REAR, REAR のサムネールが FRONT となっているので、ご購入前には必ずお問い合わせのうえ、ご確認ください。ここでは品名ベースで表記しました。



※ こちらは楽天ショップです。

GIANT ジャイアント GIANT P-SLRO AERO WHEELSYSTEM (FRONT) FW350000053 自転車小物【Mens】【Ladies】

価格:95,040円
(2016/2/29 23:55時点)




GIANT ジャイアント GIANT MY15 P-SLR0 AEROGIANT P-SLRO AERO WHEELSYSTEM (REAR) RW350000054 自転車小物【Mens】【Ladies】

価格:116,640円
(2016/2/29 23:55時点)


関連記事
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back