calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
149

Kask Bambino TT Helmet

今日紹介するのは、
TT で気になった TEAM SKY のヘルメットです。



Kask Bambino TT Helmet TEAM SKY


Kask Bambino TT Helmet Black

TEAM SKYが使用する特徴的なTTヘルメット。
フレームデザインで新たに導入された
カムテールロジックにも通ずる設計なのでしょう。
これまで TT ヘルメットの定番だった尻尾がなくなり
横風の影響を低減したフォルムです。


口元近くまでの大型バイザーが顔の凹凸をカバー


バイザーの固定方式はマグネット



3D DRY インナーパッドや ECO レザーストラップ
などの快適装備は VERTIGO、固定用バンドは
MOJITO から譲り受けた模様


この他のカラバリは白色です。


White

サイズはワンサイズで48-58cmです。
げっ、、、もしかして入らないという日本人、多いかも。

今のところ国内発売は未定のようです。
でもきっと発売されるでしょう。
wiggle さんでは売ってますしね。

TT ヘルメットとしては大人しいフォルムなので、
発売されれば結構人気出ると思いますから、
今から注視しておきましょう。

(from DIATECH PRODUCTS, BIKERADER,com

個人TTはウィギンスが勝利!
最大のライバルであるエヴァンスに大差をつけることに成功しました。


1 Brad Wiggins

なんとツールでは初のステージ優勝。
ウィギンスが速いのか、エヴァンスが遅いのか、、、
どうやらウィギンスが相当速いようです。


2 Christopher Froome

速いウィギンスについていけた唯一の選手がフルーム。
実力は相当なものです。

ウィギンスのアシストとして頑張るのか、
それとも山岳に強いフルームの下剋上が起こるのか、
後半戦の楽しみのひとつです。


3 Tejay Van Garderen

3位にはこれまた若手の注目株、TJ が入りました。
エヴァンスより速いなんて、間違いなくエースになれるでしょう。
、、、てゆうか、エヴァンスどこ?!


4 Fabian Cancellara

そしてやっと4位にスパルタカス。
ウィギンスに遅れること57秒。

序盤のマイヨジョーヌを死守したツケと
山岳でのダメージがあったのでしょう。
本人なりにはベストを尽くした結果だったようですから、
休養日にしっかり回復すれば復活するでしょう。


6 Cadel Evans

なんと6位、エヴァンス。
ウィギンスとの差、1分43秒は予想以上の大差がついた
印象ですが、大丈夫なんでしょうか。

レース後のコメントでは、本人なりに納得の差に収まった
ようなことを言っていますし、
なんといってもエヴァンスのことですから
後半の山岳に入ってから本領を発揮するような気はします。

でも、エヴァンス友達少ないからなぁ。
山岳に入っても陽気なアメリカンの TJ が速くて
エヴァンスがちょっとブレーキかかったら、
皆 TJ のアシストしたりしないかしら、、、
こちらでも下剋上あるかもしれませんね。


125 Yukiya Arashiro

ユキヤはちゃんと58分台で完走してます。

彼にとって今日の TT は、
山岳での過酷なアシストをする前のつなぎのステージ。
本気で走る必要のないので順位は気にしなくてもよいのです。
ボクレールを従えて峠越えをリードする姿を見たいですね。


総合争いで絶対的な本命がいない今、
若者による下剋上のようなドラマも
期待して後半戦を待ちましょう。

ということで、明日は休養日ですので
お祭りレポートも一旦お休みです。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back