calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1495

GROWTAC GT-Roller Q1.1

月曜日の名古屋は日中はまあまあ暖かい晴れの一日になりました。朝晩はまだ寒いですが、寒がりのおいちゃんでもなんとか生きていられる気温になってきましたね。世の中のおバカさんの活動もかなり活発になってきましたし、花粉が収まりさえすればそろそろ走りたいところです。もう少し、もう少しの辛抱だな、、、

その間にゴロゴロするなら、こんなのに乗ってみたいというゴロゴロを見つけましたよ。


GROWTAC GT-Roller Q1.1

異次元のトレーナーとして一部の好事家?から高く評価されている GT-Roller FLEX 3 を造った GROWTAC が新たにリリースした 4本ローラー。3年の開発期間をかけ、インドアでも心からスポーツサイクリングを楽しむことができる環境を作りたいという想いが込められた入魂の逸品です。


素人サイクリストにとって、3本ローラーに乗ることは心理的にも物理的にもそれなりにハードルが高いもの。理屈を理解して習熟しないと室内落車の憂き目に遭うのが 3本ローラーの宿命という認識でした。GROWTAC はそこに着目し、初心者でも乗りやすく、上級者のレースを想定したハードなトレーニングでも「超安定」した走行ができるように 4本ローラーを開発したそうです。


ちょっと見にくいんですが、ローラーの内部に 3本のリブが仕込まれているのがおわかりでしょうか?これ、強度を高めて反響音を抑えることに貢献しているんだとか。


フロントの 2本ローラーは、リアと違って間隔をあけずにセットされています。つまり、 2点でタイヤとローラーが接することによって、ほぼフォークエンドの真下で接地する実走と似たハンドリングになり、ややフォークエンドよりもやや前方でローラーと接する 3本ローラーよりも直進安定性が増すんだそうです。また、スウィング機構も搭載し、ハンドルが切れた時や大きなトルクがかかるモガき時などでもタイヤの接地圧を一定に保ってくれるんだそうですよ。ふーん。


その解説資料がこちら。そうか、フォークエンドの真下からフォークの延長線と地面の接点までの距離をトレイル量というんですね。これが長いと直進安定性が向上し、短いと悪化するという訳ですか。ベントフォークが高い直進安定性と鈍いハンドリングを持ち、ストレートフォークだと鋭いハンドリングになるものの直進時にフラフラしやすくなるのは、これが理由なんですね。なるほど、勉強になります m(_ _)m


こちらは見慣れたリヤローラー。実はここにも仕掛けがあって、ユニットごとスライドする機構が仕込まれています。これはペダリングの動きやトルク変動によって前後に動くバイクに合わせるためのもので、これが優れた走行安定性と乗り心地をもたらすんだそうですよ。


GT-Roller FLEX 3 でもそうでしたが、GROWTAC の製品はフィニッシュの良さも魅力のひとつ。流石は Made in JAPAN ですね。


GROWTAC GT-Roller Q1.1 にはエレベーター機能というものがあって、フロントをリアより上げることで 3本ローラーでは実現できなかったヒルクライムポジションをとれるようになっています。自前で負荷調整機能を併用すれば、ヒルクライムトレーニングもできますね。


そうそう、こんな感じ。ただ、現実のヒルクライムと GROWTAC GT-Roller Q1.1 のこのポジションでは、タイヤと地面の接地位置、角度が違うんじゃないかと思うんですが、、、そのあたりの説明はなかったので、どこまで現実に近い走行感が得られるのかはわかりません。ま、所詮アラフィフ素人の戯言ですから気にするほどの違いはないんでしょうけどね。


さて、収納面で苦労するのが常だった 3 本ローラーに対し、GROWTAC GT-Roller Q1.1 には折り畳み機能が搭載されているので、ここをこう持って畳むと、、、


こんなに小さく、、、小さくなりますw バラバラにできるアレには及びませんが、アレにはアレなりの、コレにはコレなりの良さがありますので、収納性だけをとって比較するのはアレですね(なにがなんだか)


このサイズでも機能すると仮定すると、三輪車とかでもトレーニングができるのではないかと、妄想してみましたが、無視してくださいませ。


さて、この GROWTAC GT-Roller Q1.1 を見て「、、、これ、乗ってみたいぞ」と思ったアナタ、もう少しだけ我慢してください。現在予約は受け付けているようですが、桜が葉桜になる頃までは待たないといけないようですので、それまでウズウズしてお待ちくださいませ。

【仕様】

サイズ H97mm×W583mm×L1354mm(折り畳み時 734mm)
重 量 約14kg
国内特許取得済


(from GROWTAC)

※ 楽天ショップにありました。只今予約受付中で、4月上旬以降の入荷予定みたいですね。

■グロータック GT-Roller Q1.1 4本ローラー台

価格:95,040円
(2016/3/28 00:28時点)


関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back