calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
150

BIOTEX POWER & POWERFUL STRETCH NO SLEEVE MESH INNER

今日紹介するのはツールでもお馴染みの
酷暑日でも走る方のためのインナーウェアです。


BIOTEX POWER NO SLEEVE MESH INNER

イタリア製高機能メッシュインナーウェア。
日本の蒸し暑い盛夏には最適なインナーです。


Back style

ナチュラルフィットなので締め付け感はありません。

一方、こちらはストレッチタイプです。


BIOTEX POWERFUL STRETCH
NO SLEEVE MESH INNER Black

ボディへのフィッティングはタイトですが、
スプリントなどの激しい動きにもしっかりついてきます。


BIOTEX POWERFUL STRETCH
NO SLEEVE MESH INNER White

スキンスーツの時でもインナーを着用したいなら
こちらがオススメです。


Androni Giocattoli is sponsored by BIOTEX

プロの戦いの場でその性能がいかんなく
発揮されています。

良いインナーを身に着けると驚くほど快適性が高まります。
インナーへの投資は惜しまないほうがいいですよ。
この夏の一枚として是非どうぞ。

(from BIOTEX)



BIOTEX イタリア製 POWER ノースリーブ メッシュインナー(24477) 【マラソン1207P02】

価格:3,980円
(2012/7/11 18:00時点)
感想(2件)




BIOTEX POWERFLEX Stretch ノースリーブ メッシュインナー(24478) 【マラソン1207P02】

価格:4,980円
(2012/7/11 18:00時点)
感想(0件)




今日のツールは初めての休養日。
こちらのお祭りレポートも休養をかねて
前半の振り返りなぞしてみたいと思います。


チーム1位は TEAM SKY
流石オールスターキャストなだけはあります。


個人総合1位ジョン・レノン?!ノエル・ギャラガー?!
みたいなブラッドレー・ウィギンス。
初めてのマイヨジョーヌに初めてのステージ優勝でも
はしゃぐことのない冷静なレース運びが際立ちます。
でも、地味っちゃ地味ですな。


今レース最大のスター、現在3勝を挙げたサガン。
マイヨヴェールの大本命に躍り出ました。
あと何勝するか、非常に楽しみですね。
あと、ゴール時のパフォーマンスも。


ウィギンスの最強のアシストにして最大のライバル、
フルーム。激坂で見せた登坂能力の高さは
山岳ステージでの活躍を予感させます。
ウィギンスの調子次第では下剋上もあるかも?!


フランス国民待望の貴公子、ピノ。
7つもの山岳を超える厳しいコースで錚々たる
追走メンバーを全て置き去りにしました。
サガン、フルームとともに新しい力の台頭
を痛感するとともに、世代交代を印象付けました。


第2ステージは勝ったものの、精彩を欠いているカヴ。
ボトル運びに徹するプロフェッショナルな姿勢には
頭が下がりますが、やはり豪快なスプリントで
ライバル達を一蹴する姿こそ、皆が待ち侘びています。
暴れん坊の復活やいかに?


欠場の弟に変わって活躍するかと思いきや
ずっと調子が上がらないお兄ちゃん。
山岳に入って本来の調子を取り戻せるか、、、
ちょっと厳しそうですね。


残念ながら今日DNFとなった TT 世界チャンピオン。
トニー・マルティンの次の目標はロンドン。


そして、本当に残念なことにドーピング違反の容疑で
拘束されたレミ・ディグレゴリオ(コフィディス)。
チームは彼を暫定出場禁止としたものの、
このままレースを続行するとのことです。
コフィディス、前科があるだけになんとも
やるせない思いがします。


トマ・ボクレール、ピエール・ロランとともに
すっかりチームの顔になったユキヤ。
まずは敢闘賞で表彰台に立ちました。
次はステージ優勝を狙っていくとのことなので
期待しましょう。


休養日明けのステージはさっそく過酷なコースなので、
回復力のある選手が活躍するでしょう。
今年のツールはいろいろあるので、楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back