calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1529

SILCA SUPER PISTA 2016

水曜の名古屋は暑い陽射しが降り注ぐ一日でした。午後の一番暑い時間帯に小一時間ほど走ったんですが、ヤワ肌が少し赤くなるくらいでした。まだ空気は爽やかなので気持ち良かったんですが、帰社後にどっと眠気に襲われるとか、虚弱にも程がありますね。仕事してる場合じゃないですよほんとに。やはりワークライフバランスは3:7くらいが良さそうです、、、

さて今日は、あの名作が現代に甦ったというお話をひとつ。


SILCA SUPER PISTA 2016

フロアポンプのデファクトとして一世を風靡した SILCA SUPERPISTA が基本構造はそのままにアップデートされて再び登場しました。オリジナルの良さはしっかり引き継ぎながら、他社製品と比べても引けを取らないギミックを装着、しかも $450.00 のプライスタグを提げる ULTIMATE に対し、約半額となる $235.00 というお値段は、「ULTIMATE 欲しいけど高過ぎ」というお父さんが狂喜乱舞するんじゃないでしょうか。では早速見てみましょう。


まず、全体を見て感じるのは LEZYNE を意識したと思われるフォルム。ULTIMATE から受け継いだ SILCA としてのデザインを一切崩していないのにそう感じるのは、ゴツくなったベースと大型化されたエアゲージ、バルブドックのデザインが、LEZYNE のそれに近づいたからかもしれません。


エアゲージは 75mm径へと拡大され、非常に高コントラストのインジケータがプリントされたので、視認性が一層良くなりました。また、ゲージの精度も、業界平均が 5%程度なのに対して 2%まで高められる等、機材としての正確性に妥協はありません。ULTIMATE ではチューブに採用されたテーマカラーの Red は、エアゲージリングやバルブヘッド、バルブドックバーに採用されました。ラインナップのセカンドグレードとしてのポジションではあるものの、高い品質が感じられます。


そういえば、チューブ自体も随分柔軟で長くなったようですね。おいちゃんの SUPERPISTA のケーブルは、この写真と同じようにハンドルの中央部にかけても、その硬さゆえ緩やかなカーブを描いて引っ掛かっているだけで、こんな急角度で U 字型に曲がったりしません。おかげで持ち運ぶ時にバルブヘッドがポンプのシリンダーやおいちゃんの脚に容赦なく襲いかかってきます。


ベースにはクリート付きのサイクリングシューズで踏んでも大丈夫なように特殊なエラストマーを配置、ポンピング時の安定性を確保しています。ULTIMATE ではフローティング構造だったゲージはベースと一体化され、同様にエラストマーに包まれているので、無用な傷付きも防いでくれそうです。ガンガン使い倒す現場での使い勝手は ULTIMATE よりもこちらのほうがいいんじゃないでしょうか。


そして、SILCA の真髄とも言えるのがこの内部構造です。左側の写真のような他社製品では、プラスティック製ピストンにゴム製 O リングを使用していることが多く、保証期間 2年というものが多いのに対し、SILCA では 7076 FULL ALUMINUM 製ピストン、ポンピングで熱を持ったシリンダー内部でも作動性に優れる伝統の 3.5mm 厚フルグレインレザーガスケット、保証期間 25年となっています。高くても多くのファンがついている理由がこれなんでしょうね。ちなみにこの部材は ULTIMATE 譲りだそうですので、大切な部分には最高のものを使う姿勢には好感が持てますね。そういえば、アルミの権化とも言える LEZYNE のハイエンドモデルは、この辺りの部材もフルアルミ製でしたっけ。それぞれのメーカーの威信がかかっているのでしょうね。


ULTIMATE では Rose Wood だった伝統の木製ハンドルにはワンピースの Beech 材が採用されました。センター部分のグルーブはなさそう。両端のブランドバッジは ULTIMATE よりグレードダウンされていますが、まぁ仕方ないでしょう。


バルブヘッドにはプレッシャーリリースボタンが装備され、チューブ内の残存エアをリリースすることができるようになっています。例の破裂音を避けることができるようになったのは、嬉しくもあり寂しくもあり。古くからのファンは、どうしてもこのバルブヘッドを HIRAME にしたくなるのでしょうね。この所業は最早無我の境地でしょうから、お好きになさって頂ければよろしいかと。でも一度くらいは使ってやりましょうね。もしかしたら「これ、意外にイイかも。」なんて発見があるかもしれないですし。

再登場した SUPERPISTA, 亜米利加では 5/27 から発売予定だそうですので、日本にも夏頃には届くんじゃないでしょうか。どれくらい良くなったのか、おいちゃんも楽しみに待っていますよ。

(from SILCA, BIKURADAR, BIKERUMOR)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back