calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1531

THM-Carbones Clavicula SE

金曜日の名古屋は曇り時々晴れのおバカさん日和でした。どうやらこの週末は夏のような晴天に恵まれるようで、日焼け必至のようですね。おバカさん達は真っ黒焦げになることでしょう。美白命のアラフィフとしてはスキンケアが気になるところですが、まぁ日焼け止めヌリヌリして精一杯の抵抗を試みるしかありませんね。

さて今日は、貧脚を誇る(?)アラフィフには必須の飛び道具を探してきました。


THM-Carbones Clavicula SE

CANYON, MERIDA などがこぞって超軽量バイクに採用する驚異的な軽さのカーボンクランク。5本中3本のスパイダーアームを肉抜きし、アクスルまでカーボン化することで、最も軽いモデルでは 293g (PCD 110mm) を実現しているので、ヒルクライムなど軽さが効くレースバイクに装着したいところです。


THM-Carbones の他のクランクでは、アクスルと左クランクの嵌合部には金属製のインサートがあったんですが、、、


Clavicula SE ではそれを排除して軽量化に拘っています。インサートがなくなったからといっても強度はしっかり確保してあるそうですから、その点はご心配なく。


クランク側の嵌合部もカーボン製です。なお、重量制限があって、自重、荷物、おバカさんの体重を全部まとめて 120kg がリミットとのことですので、ワガママバディのお父さんはお気を付けください。


競合製品との重量比較がこちら。左端が本製品(494.8g)なんですが、対象がなかなかの顔触れですよ。左から順に、Clavivula Classic(こりゃ同社製品 540.8g), Sworks(663.2g), THM-M,(これも同社製品 579.9g), SiSL2(609.4g), Lightning(548.2g), SLK(651.6g), Campy Overtorque(669.8g), Red22(667.4g), FSA KForce lite(672.3g), Super Record 4 arm(678.3g), Record(674.8g), Shimano 9000(698g), Praxis(828.8g), Force22(782.3g), Record Square(894.7g) です。なお、この重量はクランク、ベアリング、チェーンリング、チェーンリングボルトの合計だそうです。クランク長は揃えてあると推測しました。


こちらは平均的な歪み量 (Blue) と重量剛性比 (Red) の比較です。先程と同じ順序で並んでます。Cravicula SE の重量剛性比は 3.54 というのはわかりましたが、それ以外は具体的な数値が拾えませんでしたのでご想像にお任せします。要するに、軽くても剛性もちゃんと確保してあるんだよ、という訳ですね。

さて、この THM-Carbones Clavicula SE はクランク単体販売なので、当然チェーンリングを買わなければなりません。THM-Carbones では Praxisworks を推奨しているので、一緒に見ておきましょう。


Praxisworks Road 130BCD Clover

7075 T6 アルミを冷間鍛造で製造したチェーンリング。熱による素材性質の変化がなく、耐摩耗性に優れ、精度の高い製品が作れるので、マスプロメーカー品と比べても著しく変速性能が劣るということはないでしょう。いや、わかりませんが、そうあってほしいところです。


Praxisworks のチェーンリングには LeaveTime Shifting Technology が投入されていて、素早く正確なシフト操作ができるようになっています。ご覧のギア版裏にそれが盛り込まれているんですね。①シフトエレベータ(ピン)でチェーンを持ちあげ ②インナー→アウターへのガイドでチェーンを移動させ ③シフト時に果たすべき役割ごとにひとつひとつ異なる歯形でチェーンを掴み ④チェーンの掛かり過ぎを防ぐグルーブでスムースな回転を実現する、という仕掛けだそうです。

なお、シフトエレベータ(ピン)は様々なクランクに合わせるために少々長めに製造されているそうで、クランク裏に当たる場合は「ガリガリ削っちゃって!」だそうです。遠慮せずガリガリやっちまいましょう。


Praxisworks Road130BCD Classic

こちらはもうすこしレトロなデザインのモデル。素材等は同じですので、組みつけるフレームにあわせて選べばよいでしょう。


こちらがチェーンリング Praxisworks Road130BCD Clover をセットした様子。宣材写真で見たことありますね。

また、PCD 110mm に合うのはこちら。


Praxisworks Road110BCD 52/36 DA7950

こちらも冷間鍛造の 7075 T6 アルミです。Shimano DURA ACE 7950用ですので、お名違えなく。


>Praxisworks Road110BCD 46/36 DA 7950


ボルトカバーも付属しています。

Cravicula クランクは Classic の頃から見聞きしてはいましたが、実際にレースでガンガン使われているところを見ると、ヒルクライム用に選ぶのも一興かと思いました。おいちゃんの場合、貧脚をどうにかしなければ話しにならないのは重々承知ではありますが、なんといってもアラフィフですから、「金で解決できることは金で解決する」という潔さには自信があるので、速攻買うべきなんでしょうね。ただ、ヒジョーにお高くていらっしゃるので、スナイパーに速攻狙撃されることは間違いなく、乗る前に死亡、という憂き目に遭うのが困ったものです。

誰ですが、「見た目地味だからわかんねーぜ!」などと背中を押すおバカさんは、、、(嬉)

(from THM-CARBONES, TRI SPORTS, Cyclowired)

※ Amazon はこちら。




※ 楽天ショップにもありました。

(ティーエイチエムカーボネス/THM-CARBONES)(自転車用クランク)Clavicula SE クランク (170/110) 工具付

価格:192,240円
(2016/5/20 16:35時点)


関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back