calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1536

ROCKBIKES TOMAHAWK

日曜の名古屋は午後から晴れ間がのぞき、「これなら走れたかもなぁ」と嘆くおバカさんで溢れていました。まぁ TOJ もあったし、あちこちでイベントもあったので、ドロドロになるのを覚悟して走っていた人も多かったでしょうね。おいちゃんはしこしこお仕事してましたけど、梅雨入りしちゃったことですし、チャンスを見てこそっと走るしかないかな、、、ま、当分走れなさそうです。

さて今日は、本格的に検討を始めた街乗り用シングルスピードを探してきました。


ROCKBIKES TOMAHAWK

A6061 T6 Aluminium 製のエアロフレームにブルホンバーをセットした ROCKBIKES の最新型シングルスピードバイク。最新型といってもまるっきりの Brand new model ではなく、久々の登場となったわけですが、法律に則ってちゃんと SHIMANO 105 FR ブレーキを装備し、アッセンブルされるパーツ類もデザインコンセプトを同じくする SIXTH COMPONENTS で統一されているので、このまますぐ乗り出せます。


ブルホーンバーステムは HORUS で組まれているようですね。ブルホーンバーはブレーキレバーをセットした時の収まりがイイので、非常にクリーンなスタイリングにマッチします。この写真ではブレーキケーブルはバーに沿わせていますが、個人的にはバーに穴をあけてインターナルルーティング化したいところです。ブレーキレバーもちょっとチープな印象なので、もうちょっとアップグレードしてもいいかな。ま、街乗り用ですから、あまり周囲の目を惹いてもいけませんので、このあたり割り切りも必要ではありますね。


フォークはコラムまでカーボン製になった模様です。軽さと剛性の確保と同時に、キックバックを軽減するためにはカーボンフォークがデフォでしょう。ホイールは MACHUS でしょうかね? MACHUS ロゴが見当たらないので、もう少しダウングレードした完成車用のホイールかもしれません。


エアロフレームはどうやら同社の ROCKET と同じようですね。ヘッドチューブ周りのフィン状の造形や、横方向に潰しが入った翼断面形状は、最新のカムテール形状でこそないものの、ひと目でエアロフレームとわかるものになっています。


リヤセンターの詰め方もなかなかのエグさで、コンパクトな後ろ△とも相まって踏んだ時の反応は機敏でしょうね。いや、街乗りなんだから踏んじゃいけませんけど。


旧型の TOMAHAWK ではフツーの形状だったシートポストも、ROCKET と同じエアロ形状の専用カーボンシートポストへと進化しました。ダブルボルトのシートクランプもやはり ROCKET と同じですね。なお、サドルはセンターホールが開いている SETH サドルをセットしています


一番はじめに交換したくなりそうなのがこのクランクです。雰囲気に文句はないんですけど、なんとなく華がないというか地味というか、、、コンパクトのパーツが増えていることもあって、適当なものを見つけたら変えてしまえばいいかな、なんて考えてます。なにげに ROTOR とか楕円とかセットしてみても、、、街乗り用だからそこまでイレこんじゃイケませんかね。また、リヤブレーキは BB 下にセットされます。整備性は悪そうですが、105 なので信頼性はそこそこ大丈夫そう(CAMPAGNOLO 信者のおいちゃんは SHIMANO のブレーキ使ったのは遠い昔なので、最近のものがどうかは知らんけど)。


シングルスピードのアイコンともいえるリヤエンドは正爪。コグは固定とフリーのコンパチになっている模様ですので、固定だとあっという間にコケそうなおいちゃんはあっさりフリーにします。下り坂や停車前はペダリングしたくないですからね。


街乗り用バイクの素材としてはいろいろイジリ甲斐がありそうな TOMAHAWK, ここへきて購入候補の最右翼に浮上しました。価格は税抜きで 160,000円、サイズは 500/530/560 mm の3サイズですが、ブルホーンバーのままなら 530mm, トラックバーに換装することを考えるなら 560mm ですね。将来はトラックバーに変える気がするので、560 mm にしておいて、最初のうちは TT よろしくアップバーをアームレスト代わりにしてブレーキレバー握るとしますか(そんな強靭な体幹ではないわっ!)。

(from ROCKBIKES, SIXTH COMPONENTS, KON'S CYCLE, CYCLE SPORTS, BiCYCLE CLUB)
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back