calender
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
pochitto na !
search
twitter
profile

99prince

Author:99prince
自転車歴43年。名古屋近辺でまったり乗ってます。ロードバイクの最新ニュースだけでなく、製品に関する自分自身の感想やレビュー、プロショップとのおつきあいなども。時々懐かしいネタが出てくるかも。

special thanks
shop
Internet shop

Gear

Wear
like !





QR code
QR
counter
1551

RAVEMEN PR900

連日 RIO OLYMPIC で盛り上がっていたら、いつの間にかお盆休みが終わっていました。当分社会復帰ができないとお嘆きのおバカさん達も多いことでしょう。ご多聞に漏れず、おいちゃんも RIO 閉幕まではダメだと思いますので、社長、予め謝っておきます m(__)m まぁ閉幕後もすぐにエンジン全開とはならないと思いますけどネw

さて今日は、普段だったらスルーする可能性が高い中華製品ですが、ちょっと気になったので一緒に見て下さいませ。


RAVEMEN PR900

High / Low 切り替えができ、シーンに合わせて9つのモードが選択できるうえ、競合よりも廉価なフロントライト。後出しがゆえの先行製品のいいとこ取りに加え、中華ならではの価格競争力で猫目さんといえども無視できない存在になるかもしれませんね。では、まず紹介動画をご覧ください。



ちょいちょい突っ込みどころがありそうですねw ではオサライしましょう。


LED は CREE XP-2. そう、定評ある CREE 製なんですね。このあたりは中華でも抜かりありません。左側が MTB 用の High ビーム, 右側がロード用の Low ビームです。トレイルなどで暗闇を走行することがある MTB 用は、800LM (2.5h) / 500LM (3.5h) / 300LM (7h) , ロード用は、400LM (4.5h) / 200LM (7.5h) / 100LM (13.5h) / 100LM Flash / 50LM (20h) となっています。また、緊急時の注意喚起などに使えるターボモードでは、900LM の強烈な光を放ちます。※( )内はランタイム。


こちらが MTB 用。まぁ堤防道路や農道のような街路灯がない道を走る時はこちらを使うこともあるでしょう。


こちらがロード用。これでも十分明るいですね。おバカさん達はこちらのお世話になることが多いでしょう。


点灯時にランタイムがちゃんと表示される点はポイント高いですね。モードを変えるとランタイムも変わりますから、バッテリー切れを未然に防ぐのに役立ちそうです。


サイズは 100 x 48 x 27 mm, 202g というもの。まぁ手頃な大きさということでしょうか。シンプルなシルエットなので、ハンドルバー周りがごちゃごちゃせずに済みそうです。


ブラケットは手でセットできるタイプのクロージャです。


ボディサイドには冷却用のルーバーらしきものがありますが、、、LEZYNE などと比べると溝が浅すぎて放熱のための表面積を全然稼げていないし、エアの流れも制御できていないようなので、熱ダレは不可避でしょうw そもそも風の入口となるフロント側と、風が抜ける通り道となるリア側を、黒いパーツで塞いでしまっているので、ルーバー足り得ていませんw

ボディはアルミニウムとグラスファイバー製で、IPX8 ということで、水深2mで30分くらいは耐えられるとのことですから、まぁ雨天時もなんとかなるでしょう。あまり悪口ばかり書いてもいけないので、ここらでちょっとホメとかないといけませんw


リチウムイオンバッテリーは 5200mAh, 3.7V です。充電は microUSB を経由してこんな感じでどうぞ。


iPhone 用のモバイルバッテリーとしても使えます。


有線タイプのリモコンスイッチも付属します。

「結構いいライト買えたな」という満足感、エッジがきちんと立っていてドキドキするような高級感、精緻なデザインを手にすることができたという高品質感などは、おそらく期待しないほうがいいと思うんですけど、500LM 以上の明るさで1万円を切る値段というコスパの良さは魅力的だと思います。日本市場に参入したばかりの中華ライトということに一抹の不安は残りますが、猫目さんよりは安いので、お試し買いしてみてもいいかもしれませんね。

【仕様】

LED CREE XP-2
バッテリー リチウムイオン5200mAh、3.7V
ボディ アルミ+グラスファイバー製(100×48×27mm、202g)
モード
 ロードバイクモード(50ルーメン、100ルーメン、200ルーメン、400ルーメン、パルス)
 MTBモード(300ルーメン、500ルーメン、800ルーメン)
 ターボモード(900ルーメン)
ランタイム
 ロードバイクモード 約20時間/50ルーメン、約13.5時間/100ルーメン、約7.5時間/200ルーメン、約4.5時間/400ルーメン
 MTBモード:約7時間/300ルーメン、約3.5時間/500ルーメン、約2.5時間/800ルーメン
付属品 ブラケット、USBケーブル、有線リモコンボタン

(from RAVEMEN, Cyclowired)

※ Amazon にありました。左:PR900 右はやや光量が劣る PR600 です。

関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

mail

名前:
メール:
件名:
本文:

track back